転職が失敗続きの人の5つの対処法【次を最後の転職にしなくていい】

転職が失敗続きの人の5つの対処法【次を最後の転職にしなくていい】

転職が失敗続きだ…

「次こそは!」と思って転職するんだけど、思ってたのと違うんだよね…

 

短期の退職を繰り返してるから、どんどん転職は不利になるし…

あーあ、どうして転職がうまくいかないんだろう…?

次の転職こそ成功して、最後の転職にしたいな。

こういった悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職が失敗続きの人の対処法がわかる
  • 短期離職から転職に成功するコツがわかる
  • 「次を最後の転職にしたい」とは思わない方がいい

 

僕、佐藤誠一は過去に6つの仕事を経験しており、そのうち4回は失敗しました。

経歴は下記のとおりです。

年齢 職業 成功or失敗 失敗理由
21~22歳 郵便局 失敗 ブラック
22~26歳 フリーター 成功(楽しかった)
26~31歳 保険営業 失敗 ブラック
31~33歳 保険代理店 失敗 破産した
33~36歳 ベンチャー企業 失敗 人間関係トラブル
36歳~現在 Webライター 成功(楽しい)

2勝4敗で、失敗の方が多いです。

4回も転職に失敗したので、「転職で失敗する法則」がわかりました。

20年近くの実体験に基づくデータなので、かなり信ぴょう性があるかと。

 

そして、過去の失敗を活かしたことで、現在の仕事はうまくいってます。

「もう転職に失敗しないコツ」も紹介するので、ぜひとも試してみてください。

 

この記事を読むことで、あなたが楽しく働ける仕事が見えてくると思います。

転職が失敗続きの人の5つの対処法【もう失敗しないコツ】

転職が失敗続きの人の5つの対処法【もう失敗しないコツ】

結論、転職が失敗続きの人の対処法は、下記の5つです。

  1. 条件だけで仕事を選ばない
  2. 応募企業のことを徹底的に調べ尽くす
  3. 向いてる仕事に転職する
  4. 最低でも20社は応募する
  5. 出社初日が勝負

これで、かなり失敗を防げます。

1つずつ解説しますね。

①条件だけで仕事を選ばない

条件だけで転職先を選んではいけません。

肝心の仕事内容に興味がもてないから。

 

ダメな選び方は、例えば下記のとおりです。

  • 休みが多いから
  • 家から近いから
  • 給料が良いから

これって、肝心の仕事内容にフォーカスしてないですよね。

条件だけで転職すると、仕事内容に興味をもてず辞めたくなります。

 

結論、仕事内容で転職先を選ぶと、失敗しにくいです。

この辺は、【断言】転職の決め手は仕事内容でいい【条件で選ぶと失敗しやすい】にまとめてます。

②応募企業のことを徹底的に調べ尽くす

応募企業のことは、徹底的に調べ尽くしてください。

転職に失敗する人ほど、調べが甘いから。

 

具体的には、下記をすべて見ると良いですよ。

  1. ホームページ
  2. 求人サイト
  3. SNS
  4. WANTEDLY
  5. LinkedIn
  6. 就職四季報
  7. 転職会議
  8. 転職エージェントで聞く

めんどくさいですが、ミスマッチになるよりはマシです。

僕も転職に失敗したときは、だいたい調べてませんでした。

 

結論、調べ尽くすことで、かなり失敗を防げます。

③向いてる仕事に転職する

次は向いてる仕事に転職しましょう。

向いてる仕事は、長続きするから。

 

あなたに向いてる仕事は、自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】を読めばわかりますよ。

向いてる仕事を知った上で企業選びをすれば、的を絞れるので失敗が減ります。

自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】

④最低でも20社は応募する

最低でも20社は応募しましょう。

3社くらい内定が出るので、比較できて失敗が減るから。

 

過去の僕もそうでしたが、転職に失敗するときは、だいたい応募数が少ないときです。

面倒ですが、人生を変える転職なので、20社は応募してください。

 

この辺のノウハウは、転職の応募数は20社が安心【少ない応募で転職に成功する5つの方法】にまとめてます。

⑤出社初日が勝負

転職後の出社初日は、あいさつと返事を全力でやってください。

印象が良いので、人間関係のトラブルを防げるから。

 

具体的には、下記を元気よくやること。

  • おはようございます!
  • はい!
  • わかりました!

体育会系に聞こえるかもですが、転職先の人たちからはかなり好印象ですよ。

結果、仕事を教えてもらえたり、何度も質問できる環境ができて働きやすくなります。

 

人間関係で失敗した人は、次の参考にどうぞ。

短期離職から転職に成功する3つのコツ

短期離職から転職に成功する3つのコツ

短期離職から転職が不安な人

転職の失敗を防ぐ方法はわかった。

でも、今の会社は期間が短いので、そもそも転職が不利だと思う…

短期離職でも、転職に成功する方法はないの?

結論、下記の3つを実践してください。

  1. 退職理由・転職理由はポジティブに伝える
  2. 短期離職の反省を伝える
  3. 次こそは長く働くと伝える

短期離職はたしかに不利なので、少しでも印象が良くなるよう上記を実践すべき。

1つずつ解説しますね。

①退職理由・転職理由はポジティブに伝える

退職理由や転職理由は、ポジティブに伝えましょう。

印象が良くなるから。

 

具体的には、こんな感じです。

  1. 本当は御社のような仕事をしたく、やはり挑戦することにしました。
  2. 裁量権がなかったので、もっと自発的に動ける仕事がしたかったからです。
  3. チームより、1人でもくもくと仕事をしたかったからです。

くれぐれも「前の会社がつまらなかったからです」など、ネガティブな理由はNG。

 

ポジティブな退職理由・転職理由のコツは、下記の記事にまとめたので参考にどうぞ。

②短期離職の反省を伝える

短期離職することの反省を伝えましょう。

「失敗から学べる人」に見えて、好印象だから。

 

具体的にはこんな感じ。

今の会社をすぐに辞めてしまうことは、とても反省しています。

もっと企業分析を徹底すべきでした。

 

なので、前回の失敗を活かして、今回は企業分析を徹底しました。

その結果、御社で働きたいと思いました。

という感じで、失敗を活かしていることを伝えるチャンスです。

反省を伝えないと「人のせい」みたいな印象になるので、必ず反省を伝えましょう。

③次こそは長く働くと伝える

「御社では長く働きます」と伝えてください。

面接官が一番心配なのは、「うちもすぐに辞めるんじゃ?」だから。

前回の失敗を活かして企業分析した結果、御社で働きたいと思いました。

御社では長く働きます。

そして、長く御社に貢献したいです。

と伝えればOKです。

【注意】必ず在職中に転職活動すること

短期離職だと転職が不利で、なかなか内定が出ないからです。

  1. 転職活動が長引く=無収入期間が増える
  2. 空白期間が増えると、内定が出にくい

などの理由から、在職中の転職活動が無難。

 

在職中の転職活動のコツは、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】にまとめてます。

不安なら転職エージェントに相談する

う~ん、短期離職の転職はちょっと不安だなぁ…

面接でうまく話せるか心配だし、本当に内定もらえるかなぁ…?

という人は、転職エージェントに相談してみると無難かと。

転職のプロなので、短期離職でも内定が出るノウハウを教えてくれるから。

 

具体的には、下記を無料でやってくれます。

  • 応募企業ごとに、自己PRや志望動機を作ってくれる
  • 応募企業ごとに、面接で話す内容や、練習をしてくれる

結論、転職エージェントを使うと内定率が上がります。

短期離職者を採用している企業のリストもあるので、効率的に短期間で内定が出やすいですよ。

 

どうせ無料なので、とりあえず試しに転職エージェントに話を聞いてから、利用するか決めてもOK。

転職エージェントの使い方は、転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】にまとめてます。

「次を最後の転職にしたい」とは思わない方がいい

「次を最後の転職にしたい」とは思わない方がいい

短期離職でも転職する方法もわかったから、転職活動してみようかな。

次こそ長く働きたい。

次の会社で最後の転職にしたいな。

結論、「最後の転職にしたい」とは思わない方がいいですよ。

なぜなら、終身雇用が終わったから。

 

転職先の会社が、あなたを定年まで雇ってくれる可能性は低いです。

結論、「次を最後の転職にしたい」→「手に職をつけよう」にシフトするのがおすすめ。

【結論】手に職があれば自由に転職できる

手に職をつければ、自由に転職できます。

なぜなら、手に職がある人なら、どの企業も採用したいから。

 

終身雇用が終わった=頼れるのは自分のスキルしかありません。

逆に言えば、気に入らない会社ならさっさと辞めて、他の会社に転職することも可能。

 

スキルレベルによっては、転職のたびに年収交渉して、年収アップも可能です。

結論、次の会社を最後にするのではなく、手に職をつける意識でいきましょう。

【体験談】僕も手に職をつけました

僕も手に職をつけたら、人生が楽になりました。

僕の場合は、下記のスキルをもってます。

  1. 営業スキル
  2. Webマーケティングスキル

両方とも「会社の売上を上げるスキル」なので、割と転職はしやすいですね。

事実、スカウトもよくきてます。

 

手に職があれば会社員である必要すらないので、現在の僕はフリーランスです。

毎日家でのんきにパソコン作業するだけなので、控えめにいっても最高。

結論、手に職をつけると人生が楽になりますよ。

これからも稼げる手に職

これからも需要があって、長く稼げる手に職は下記のとおりです。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング職
  6. 営業職
  7. 宅地建物取引士
  8. CADオペレーター

幸い、すべて未経験から挑戦が可能です。

 

詳しくは、手に職がつくおすすめの仕事8選【おすすめしない手に職31選も解説】にまとめたので、興味あればどうぞ。

手に職がつくおすすめの仕事8選【おすすめしない手に職31選も解説】

まとめ【転職が失敗続きなら失敗しない方法を実践してみよう】

まとめ【転職が失敗続きなら失敗しない方法を実践してみよう】

最後にもう一度、転職が失敗続きのときの5つの対処法をまとめておきます。

  1. 条件だけで仕事を選ばない
  2. 応募企業のことを徹底的に調べ尽くす
  3. 向いてる仕事に転職する
  4. 最低でも20社は応募する
  5. 出社初日が勝負

これで、かなり失敗を防げますよ。

あなたに向いてる仕事は、自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】でわかります。

 

短期離職でも転職に成功するコツは、下記の3つ。

  1. 退職理由・転職理由はポジティブに伝える
  2. 短期離職の反省を伝える
  3. 次こそは長く働くと伝える

 

転職活動が不安なら、転職エージェントの手を借りましょう。

すべて無料なので、とりあえず初回面談だけしてから、本格的に利用するか決めてもOKです。

※嫌なら相談をやめてOK。

 

本当に転職するかは置いといて、情報収集のつもりで話だけ聞くのもアリですよ。

参考:転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】

 

「次を最後の転職にしたい」という気持ちはわかりますが、終身雇用も崩壊したので「手に職」をつけましょう。

参考:手に職がつくおすすめの仕事8選【おすすめしない手に職31選も解説】

 

これで転職の失敗はかなり防げるので、さっそく転職活動を始めましょう。

転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】をどうぞ。

 

次は良い会社に転職して、あなたが仕事を楽しめるのを祈ってます!