転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】

転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】

転職エージェントの使い方を知りたいな。

求人サイトを眺めてるけど、どれが自分に合う会社かわからないから、誰かに相談したい。

 

転職エージェントって使ったことないから、どんなもんかわからないんだよね。

 

ググると「転職エージェントに騙された」みたいな人もいるから、注意点とかも知りたいな。

それと、そもそもどこに相談すればいいの?

こういった疑問に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職エージェントの使い方がわかる
  • 転職エージェント利用時の注意点がわかる
  • 転職エージェントの選び方がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

転職エージェントって、どうやって使うんですか?

なんか注意点ありますか?

という相談はけっこう多かったですね。

 

ぶっちゃけ、転職エージェントの使い方はあまり重要ではありません。

向こうもプロなので、登録すればあとはきちんとリードしてくれるから。

 

ただし、使い方の注意点はあるので、知っておきましょう。

僕がアドバイスして、きちんと転職できた人は多いので、この記事も信ぴょう性はあるかと。

 

この記事を読むことで、無事に転職できますよ。

転職エージェントの使い方【あまり考えなくていいです】

転職エージェントの使い方【あまり考えなくていいです】

結論、転職エージェントの使い方は、あまり考えなくてOK。

向こうもサービスなので、登録すればきちんと使い方を教えてくれるからです。

転職エージェントに登録してからの流れ

だいたいどこも下記のとおり。

  1. 登録
  2. 面談・ヒアリング
  3. 企業の紹介
  4. 履歴書・職務経歴書の作成
  5. 応募
  6. 面接
  7. 内定
  8. アフターフォロー

「面談・ヒアリング」で詳しく聞けるので、とりあえず登録でいいと思います。

転職エージェントを利用するメリット

そもそも、転職エージェントのメリットなんなの?

求人サイトと何が違うの?

メリットは下記のとおりです。

  • あなたに合う企業を選定してくれる
  • 応募企業ごとに、履歴書や面接の内容を考えてくれる
  • 面接のスケジュール調整をやってくれる
  • 面接後に企業にプッシュしてくれる
  • 年収交渉してくれる

求人サイトのデメリットは「どれが自分に合うかわからない」ということですよね。

転職エージェントでは、プロのキャリアカウンセラーがあなたに合う企業を選んでくれます。

 

デメリットは選択肢が減ることですが、選択肢って多ければいいってもんでもないですよね。

数社に絞ってくれた方が選びやすいので、あなたが転職先を選びやすくする手伝いをしてくれる感じです。

 

最近は「適職診断」をしてくれる転職エージェントも増えてるので、未経験の仕事への転職も大丈夫です。

転職エージェントが無料の理由【悪徳エージェントに注意】

人材を紹介して、企業からお金をもらってるからです。

ようは「人材紹介料」ですね。

 

ただ、これだと転職エージェントの怖い部分が見えてきますよね。

例えば、「相性が悪い企業でも、無理やり転職させちゃえば儲かる」みたいな。

 

ただ、この辺は防止策があって、転職者が短期離職したら、人材紹介手数料を返金しないといけないんです。

なので、無理やり転職させようとするのは、転職エージェントもリスクがあります。

 

ただし、事実、手数料の高い企業に転職させようとする悪徳転職エージェントもあるので要注意。

※コンプライアンスを重視していて信頼できる転職エージェントは、後述します。

転職エージェント利用時の注意点【主人公はあなた】

転職エージェント利用時の注意点【主人公はあなた】

転職エージェントを使うときの注意点を知りたいな。

ググると「転職エージェントに騙された」みたいな人もいるみたいだから。

転職エージェント利用時の注意点は、下記の3つです。

  1. 自分から積極的に行動する
  2. 転職エージェントに決めさせない
  3. 紹介される企業は口コミサイトで確認

転職するのはあなたなので、あくまでも主人公はあなた。

転職をサポートしてくれるといっても、あなたも行動が必要ってことです。

 

1つずつ解説しますね。

①自分から積極的に行動する

なぜなら、転職エージェントも人間なので、

やる気のある人を応援したくなるから。

ようは、転職エージェントに丸投げしないで、あなたも積極的に行動することが大事です。

 

例えば、下記のような感じが良いですね。

  • 積極的に担当者に希望を伝える
  • わからないことは担当者に聞きまくる
  • 返信は早くする

仮にあなたが転職エージェントの担当者だったら、上記のような人を応援したくなりますよね。

担当者が親身になってくれるほど良い転職ができるので、あなたからも積極的に動きましょう。

【勘違い】僕らは転職エージェントのお客様じゃない

転職エージェントのお客様は、あくまでも企業です。

なぜなら、お金を払ってるのは企業だから。

 

ググると、求職者の人が転職エージェントに対して、

お客様である僕に対して、すごく失礼だ!

と怒ってるのとかありますが、あれは完全に勘違いです。

だって、僕らは転職エージェントにお金を払ってないから。

 

求職者と転職エージェントは、あくまで「協力者」です。

お互いの利害が一致している協力者なので、あなたも積極的・協力的に行動する必要があります。

②転職エージェントに決めさせない

転職先を転職エージェントに決めさせてはいけません。

だいたい後悔するから。

 

あなたの人生なので、あなたが決めましょう。

転職って人生の大事なイベントなので、人に決めさせちゃダメですよ。

 

転職エージェントから紹介された企業に納得いかないなら、内定が出てても全部断ってOK。

あなたが納得いった場合のみ、転職してください。

 

※やたらと特定の企業ばかり勧めてくるなら、それは手数料狙いなのでそっと去りましょう。

③紹介される企業は口コミサイトで確認

転職エージェントから紹介された企業は、一応口コミサイトで確認しましょう。

ブラック企業かもしれないから。

 

転職会議などで確認できます。

もし、ブラック企業ばかり紹介してくる転職エージェントなら、そっと去りましょう。

「怪しい」と思ったら利用を停止していい

なぜなら無料だから。

お金を払ってない以上、相談を辞めてもデメリットがありません。

  • 転職エージェントの担当者と合わない
  • ブラックばかり紹介される
  • 希望と違う企業ばかり紹介される

という場合は、迷わず利用を停止してください。

 

他の転職エージェントを利用するとか、1人で転職活動するとか、他の方法にシフトすればOKです。

この辺は、転職エージェントがムカつくときの3つの対策【嫌な会社を実名で公開】にまとめてます。

転職エージェントがムカつくときの3つの対策【嫌な会社を実名で公開】

転職エージェントの選び方【テキトーでOKです】

転職エージェントの選び方【テキトーでOKです】

転職エージェントの使い方は、なんとなくわかった。

で、どこに相談すればいいの?

結論、どこでもいいです。

なぜなら、最終的にあなたと企業の相性がすべてだから。

 

どの転職エージェントを利用するかより、

「どの会社に転職するか」の方が100倍大事なので、転職エージェント選びに時間を割くのは非効率。

 

前述のとおり、気に入らなければ利用を停止すればいいだけなので、あなたが良さそうに思ったところにとりあえず相談する感じでOKです。

とりあえず大手3社くらいに登録すればOKです

どこでもいいといっても、どこがいいの?

とりあえず大手3社くらいに登録して、様子を見ればOKです。

大手のメリットは、求人数が多いから。

 

また、複数登録することで他社比較もできるので、客観的に見ることができます。

 

具体的には、とりあえず下記の3社でいいかと。

3社の評判は下記にまとめたので、興味あればどうぞ。

【注意】いきなり10社とか登録しない

管理しきれないから。

とりあえず3社くらいで十分。

 

で、相性が合わなかったら、他の転職エージェントに登録していく感じでOKです。

20代で未経験の仕事に転職したい場合

ちなみに、20代で未経験の仕事に転職したい人は、下記の転職エージェントが強いです。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】に詳しくまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

20代で未経験からIT業界に転職したい場合

20代で、未経験からIT業界に転職したい人は、下記の3社がおすすめです。

詳しくは、IT未経験者向けのおすすめ転職エージェント3選【ブラック企業に注意】にまとめたのでどうぞ。

IT未経験者向けのおすすめ転職エージェント3選【ブラック企業に注意】

20代で未経験から営業に転職したい場合

20代で、未経験から営業職に転職したい人は、下記の3社がおすすめ。

詳しくは、営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】にまとめてます。

営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】

まとめ【転職エージェントの使い方を知って上手に利用しましょう】

まとめ【転職エージェントの使い方を知って上手に利用しましょう】

結論、転職エージェントに登録すれば、きちんと使い方を教えてくれるので大丈夫。

一応、下記の注意点を守って使えば問題なしです。

  1. 自分から積極的に行動する
  2. 転職エージェントに決めさせない
  3. 紹介される企業は口コミサイト(転職会議とか)で確認

そもそも無料なので、合わないと思ったら別の転職エージェントに相談すればいいだけ。

 

どの転職エージェントに相談するかよりも、「どの企業に転職するか」の方が100倍大事なので、転職エージェント選びはテキトーにやって、どんどん転職活動を進めましょう。

 

もちろん、転職エージェントを使わなくてもOK。

転職エージェントを使わない転職活動のやり方は、転職エージェントを使わないほうがいいケース5選【頼らなくてOK】にまとめてます。

転職エージェントを使わないほうがいいケース5選【頼らなくてOK】

どんな方法であれ、あなたが良い会社に転職できるのを祈ってます!