【結論】営業で嫌いな客は切れ【関係を続ける場合の対処法も解説】

【結論】営業で嫌いな客は切れ【関係を続ける場合の対処法も解説】

営業マン

営業で嫌いな客がいて嫌だなぁ…

 

仕事だから無理してでも付き合わないといけないけど、

本当はもう切りたい!

 

嫌いな客の対応方法を知りたいなぁ

こういった悩みや疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 【結論】営業で嫌いな客は切れ【被害が大きくなる】
  • どうしても関係を続けないといけない場合の対処法

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験があります。

 

たくさんの人と関わってきたので、当然、嫌なお客さんもいました(^^;

 

最初は、

仕事だからガマンして付き合わないと!

と無理してましたが、結論、付き合わない方がいいですね。

被害が拡大するから。

 

この記事は、営業10年の経験の中で嫌なお客さんと関わってきて、

最終的に対処法を見つけ出した僕が書いたので、かなり信ぴょう性があるかと。

 

嫌いなお客さんがいるあなたの、参考になればうれしいです(^^)

【結論】営業で嫌いな客は切れ【被害が大きくなる】

【結論】営業で嫌いな客は切れ【被害が大きくなる】

結論、営業で嫌いなお客さんは切りましょう。

営業マンにも、お客さんを選ぶ権利があるからです。

営利活動=お客さんを選ぶべき

ビジネスは50:50です。

買い手が売り手を選べるように、売り手も買い手を選べるフェアな関係です。

 

例えば、こんな感じ。

住宅ローン 信用情報に傷がない人しか借りれない
生命保険 健康な人しか入れない
高級車 お金がある人しか買えない

だから、嫌いな人に無理に売る必要はありません。

 

公務員だったら誰でも対応しないとですが、あなたはビジネスマンです。

利益になる人とだけ、商売をすればいいんです。

 

買い手だって、「売ってもらえない」というリスクを抱えています。

例えば、あなたがどこに行ってもトイレットペーパーを売ってもらえなかったら、困りますよね?

 

つまり、買い手もあなたに切られたら困るんです。

ビジネスは50:50なので、堂々としていましょう。

お客様は神様ではない

三波春夫さんの「お客様は神様です」って有名な言葉ですが、勘違いしてはいけません。

  • お客様=神様
  • 営業マン=奴隷

という意味ではありませんよ。

 

そもそも「お客様は神様です」と言っていいのは、売り手だけです。

買い手が言ってはいけません。

 

営業マンを奴隷だと思っている人は、こっちからお断りでOKです。

【注意】関係を続けるほど被害が大きくなる

嫌いな客と関係を続けると、被害が大きくなります。

要求がエスカレートするからです。

 

一度、無理な要求を受け入れてしまうと、どんどん漬け込まれます。

  • 後から要求を足してくる
  • オプションも値引きを要求してくる
  • 少しでも気に入らないと「解約する」と脅迫する
  • プライベートの関係を求めてくる
  • ちょっとしたミスをずっと責め続ける

一度要求を飲んでしまったことがきっかけで、どんどんエスカレートします。

 

もはや、ヤクザのやり方ですね。

深みにハマるほど関係を切りにくいので、早い段階で切りましょう。

僕の嫌いな客の体験

保険営業時代の話です。

知人からAさんを紹介されました。

 

Aさんに会ってみると、かなりのクレーマー体質。

  • 人の文句ばかり言う
  • 自慢話が多い
  • 上から目線
  • 僕を奴隷だと思っている

という感じ。

 

うわ~、めっちゃ苦手なタイプだわ~

でも、知人から紹介された手前、一応保険の話もしないとなぁ…

と思いつつ、内心「断ってくれないかな」と思いながら保険の話をしました。

 

でも、Aさんは僕から保険を契約しました。

そして大変だったのは、契約した後でした。

 

保険には「約款」といって、保険の内容が事細かに書かれている本があるんです。

100ページ以上あるので、約款の内容をすべて説明する保険営業マンはいません。

 

説明するのは「重要事項」だけです。

 

でもAさん、約款に書かれていて僕が説明してないことを、

聞いてない!

クレームを入れてきたんです。

※お客さんに実害がない内容です。

 

そこからは酷かったですね。

  • 上司に謝りに来させろ(Aさんの住まいは他県)
  • 詫びの品は良いものをもってこい
  • お前が保険料を払え
  • 生命保険協会にチクるぞ

 

結局、Aさんの対応に多くの時間と労力を割かれてしまい、他の営業活動に支障が出ました。

 

だって、1日に何回も電話がかかったくるんですもん。

精神的にもかなり疲れましたね。

 

幸いだったのは、この頃僕はもう保険営業を辞めようと思っていました。

保険営業を辞めた理由はいくつかありましたが、ちょうど辞めるきっかけの1つになった感じです。

 

嫌な客と関係を続けてしまうと、マジでエスカレートしてヤバイので、早めに切りましょう。

どうしても関係を続けないといけない場合の対処法

どうしても関係を続けないといけない場合の対処法

ルート営業とかだと、嫌いな客でも関係を続けないといけないときありますよね。

どうしても関係を続けないといけない場合の対処法を、3つ解説します。

【対処法①】「かわいそうな人だ」と思って付き合ってあげる

あなたの心の中で、

この人、かわいそう…

と思っておきましょう。

 

これだけでだいぶ精神的にになりますよ(^^)

 

相手を「かわいそう」と思うことで、

  • イラッとしなくなる
  • 何を言われても「かわいそう」で済ませる
  • 完全にあなたの方が上

となるからです。

※もちろん、本人に「かわいそうですね」と言うのは厳禁ですよ。

 

相手は、人生をうまく生きられないかわいそうな人なんです。

かわいそうなので、優しく接してあげましょう。

【対処法②】連絡する優先順位は最下位でいい

嫌いな客の対応は、最後でいいですよ。

だってあなたは、他のまともなお客さんの対応で忙しいから。

 

前述のとおり、あなたもお客さんを選ぶ権利があるので、嫌なお客さんを優先的に相手する必要はありません。

 

関係を切りたい相手は、レスポンスを悪くするのは一番です。

何度電話が来ても、何回メールが来ても、あなたは他の仕事で忙しいわけですから、後で対応しましょう。

【対処法③】理論的に上司に相談

嫌いな客が、どれくらい会社の利益になっているのか計算しましょう。

もし利益率が悪いなら、お客さんを切った方がいい理由を理論的に上司に相談できるから。

 

対応にかかる時間や労力に対して、

  • 利益率が低い
  • 他のお客さんに時間と労力を使った方が儲かる
  • むしろ切った方がいい

と数字でわかれば、上司公認で無視できますよ(^^)

売れる営業マンは希少性を作り出す【嫌いな客が寄ってこない】

売上のために会いたくもない相手と関わって、

  • ヨイショして
  • お世辞を言って
  • 接待して

ってやってたら、売れないです。

 

希少性がないからです。

自分を安売りすると、嫌な客も寄ってきます。

 

売れる営業マンは、希少性があるから売れるんです。

  • ヴィンテージのジーンズ
  • プレミアがついたワイン

が高値で売れる理由は、希少性があるからですよね。

 

だから、売れる営業マンは自分を安売りしません。

嫌な客はバシッと断ります。

 

売れる営業マンになるには、自ら希少性を作っていく必要があります。

 

希少性を作る具体的な方法は、

  • メールの返信をすぐに返さない
  • 電話にすぐ出ない
  • すぐに会えない

という演出をしていきましょう。

 

こうした演出を積み重ねることであなたに希少性が生まれて、嫌な客も減っていきます。

 

「嫌な客に好き放題いわせている」という事実もあるので、今日から希少性を意識しましょう。

希少性を意識すると、良いお客さんに恵まれますよ(^^)

まとめ【営業で嫌いな客は切る】

まとめ【営業で嫌いな客は切る】

この記事をまとめます。

  • 営業で嫌いな客は切った方がいい
  • お客様は神様ではありません
  • 嫌いな客を関係を続けるほど、被害が大きくなる
  • かわいそうな人なので、哀れみをもって接する
  • 自ら希少性を作り出す

嫌いな客で困っているあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

記事に書かれていることで、実行できることからやってみましょう。

ストレスと無駄な労力が減って、楽しく仕事ができますよ!

 

ちなみに、営業自体が嫌いになってしまった人は、

営業が嫌いな人に元営業マンが真実を語る【10年やってきた本音】を読んでみてください。

 

嫌いな理由別に、対処法を解説しています(^^)

営業が嫌いな人に元営業マンが真実を語る【10年やってきた本音】

あなたの仕事の参考になればうれしいです!