在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

在職中に転職活動のやり方を知りたいな。

転職活動のスケジュールが複雑そうだから、流れも知っておきたい。

 

あと、内定が出たのに今の会社から引き留められたらどうしよう…

働きながら転職活動するのって、忙しくなりそうだなぁ…

誰か代わりにやってくんないかな?

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 在職中の転職活動のコツがわかる
  • 在職中の転職活動の流れがわかる
  • 引き留めに遭ったときの対処法がわかる
  • 忙しい転職活動を楽にする方法がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談を受けてきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

在職中に転職活動をしたいんですが、コツとかありますか?

という相談は、かなり多かったです。

 

実際に僕がアドバイスして、無事に転職できた人は多く、そのノウハウを記事にまとめました。

正直、スケジュールがちょっと複雑なので、まずはイメージをつかみましょう。

 

在職中の転職活動がけっこう忙しいので、

できるだけ楽に転職活動する方法もお伝えします。

この記事を読めば、在職中の転職活動に成功する確率が上がるので、参考にしてみてください。

目次

在職中の転職活動のコツ3選【これで失敗しない】

在職中の転職活動のコツ3選【これで失敗しない】

在職中の転職活動に失敗しないコツは、下記の3つ。

  1. 会社にバレないように転職活動する
  2. 有給を使って面接に行く
  3. 今の会社の仕事で手を抜かない

この3つさえやっとけば、だいたいは失敗しません。

1つずつ解説しますね。

①会社にバレないように転職活動する

バレると面倒だから。

例えば、

  • 社内に居づらくなる
  • 面接に行けないように仕事を振られる
  • 辞めさせてもらえない

などの弊害が出ることも。

※社内の人間関係にもよりますが。

 

基本はバレないように転職活動しましょう。

転職活動がバレないコツ

下記の5つです。

  1. スマホは常に裏返し→メールでバレないために
  2. 会社のパソコンで求人サイトを見ない
  3. 会社のメアドで応募企業とやり取りしない
  4. 面接に行く服装で出社しない
  5. 仲の良い同僚にも言わない

この辺を守れば大丈夫。

 

詳しくは、在職中の転職活動がばれるケースと対応策【さっさと内定をもらう方法】にまとめたので、一応読んでおくと安心かと。

在職中の転職活動がばれるケースと対応策【さっさと内定をもらう方法】

履歴書に連絡がつきやすい時間帯を記載しておく

在職中の転職活動のため、連絡は基本メールがありがたいです。

お電話の場合は、平日の17時~20時は電話に出やすいです。

 

など、履歴書に書いておくと良いですね。

どうしても電話が良いときもあるでしょうし、これならお互いストレスがないしバレにくいです。

②有給を使って面接に行く

面接は平日が多いからです。

土日に面接してくれる企業も増えてますが、まだまだって感じ。

 

事前に面接日がわかっていれば、有給申請をしておきましょう。

有給をもらうのは社員の権利【ただし、バレないように】

有給は社員の権利であり、理由なくもらってOKです。

  • 私用により
  • 家庭の事情で

などで有給申請すればOK。

※くれぐれも「転職活動のため」はダメですよ。

 

ただし、不自然に有給を取りまくるのはバレやすいので配慮が必要。

あくまでも自然なペースで有給をとりましょう。

面接日程が合わない場合→他の候補日をもらう

応募企業から打診があった面接候補日に休めないなら、無理せず他の日程をもらいましょう。

在職中に転職活動していることを伝えておけば、応募企業も他の日程をくれるから。

 

というか、もしそこで不採用になる企業なら、どのみち合わないのでサヨナラでOK。

  • 応募企業=上
  • あなた=下

って関係ではなく、50:50なので堂々と他の日程をもらえば大丈夫です。

③今の会社の仕事で手を抜かない

これ、一番大事です。

なぜなら、立つ鳥跡を濁さずが大事だから。

どうせ転職するし、テキトーでいいや。

と思ってしまうと、辞めるときに揉めがち。

※嫌がらせを受けるとか。

 

在職中の転職活動は忙しいですが、有終の美だと思って最後は頑張りましょう。

【ちなみに】退職してからの転職活動との違い

退職してから転職活動も考えてる人

退職してから転職活動するのと、どう違うの?

違いは下記の表のとおりでして、メリットデメリットにしてみました。

メリット デメリット
在職中 収入が途絶えない

計画的に見えて好印象

じっくり転職活動できる

焦って内定を取りにいかない

忙しい

バレない配慮が必要

面接のスケジュールが合いづらい

退職してから

退職後 転職活動に集中できる

面接の日程を合わせやすい

収入が途絶える

勢いで辞める人のイメージ

焦って内定を取りに行きがち

ブラック企業に入社するリスク

総合的に見ると「在職中に転職活動」の方がいいかなと。

 

ただし、貯金がある人は退職してからでもアリですよ。

必要な貯金額は、だいたい75万円くらいですかね。

 

この辺は、20代の転職活動に必要な貯金は75万円【お金が少なくても転職できる】にまとめてます。

20代の転職活動に必要な貯金は75万円【お金が少なくても転職できる】

在職中の転職活動の流れ7ステップ

在職中の転職活動の流れ7ステップ

在職中の転職活動の流れを知りたいな。

内定もらったり、退職を申し出たりする順序がイメージできない…

という質問が多かったので、在職中の転職活動の流れをまとめました。

下記の7ステップです。

  1. まずは就業規則の確認
  2. 転職活動
  3. 内定をもらう
  4. 今の会社に退職の申し出
  5. 内定承諾
  6. 今の会社を退職【引き継ぎ業務】
  7. 新会社に入社

1つずつ解説しますね。

①まずは就業規則の確認【1ヶ月目】

最初にやるのは、今の会社の就業規則の確認です。

なぜなら、辞められるまでの期間が書いてあるから。

 

内定先から、

いつから来れますか?

と聞かれたときにスムーズに答えられます。

 

これを最初にやっとかないと「内定が出たけど辞められない」というトラブルになります。

転職活動の最初にやりましょう。

②転職活動【1~3ヶ月】

就業規則を見たら、ようやく転職活動開始です。

具体的な流れは下記のとおり。

  1. 自己分析
  2. 求人を探す
  3. 企業研究
  4. 履歴書と職務経歴書を応募企業に送付
  5. 面接
  6. 内定

 

各ステップの詳細は、20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめてます。

この流れで転職活動をすれば、失敗はかなり減りますよ。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

何社くらいに応募すればいいか?→理想は20社

3社くらい内定をもらえるので、選択肢ができるから。

7社に応募すると1社くらい内定もらえますが、選択肢がないので迷います。

 

応募数については、転職の応募数は20社が安心【少ない応募で転職に成功する5つの方法】にまとめてます。

転職の応募数は20社が安心【少ない応募で転職に成功する5つの方法】

転職活動の期間は3ヶ月を見ておきましょう

集中力を維持しつつ、じっくり転職活動できるのが3ヶ月だから。

ダラダラとやることもできますが、疲れますよ。

 

この辺は、転職活動の開始時期は6月と12月【3ヶ月で良い会社に転職する方法】にまとめてます。

中途採用の内定が出やすい時期も解説してるので、参考になるかと。

転職活動の開始時期は6月と12月【3ヶ月で良い会社に転職する方法】

③内定をもらう

複数から内定をもらって、最終的にどこに転職するか決めましょう。

④今の会社に退職の申し出【タイミングはここ】

内定承諾の前に、今の会社に退職を申し出ましょう。

会社側の出方を見たいから。

 

すんなり退職に応じてくれれば問題ないですが、引き留めに遭ったりするとちょっと時間がかかります。

時間がかかる=内定先にも影響するので、

内定承諾より前に今の会社に退職を申し出てください。

退職の申し出は直属の上司に

管理者だから。

くれぐれも上司の上司とかに言っちゃダメですよ。

 

上司がヘソを曲げてトラブルになることも。

退職の申し出や退職手続きについては、会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】をどうぞ。

会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】

⑤内定承諾【入社日の決定】

今の会社を辞められるとわかったら、内定承諾をしてください。

ここで入社日も決まります。

⑥今の会社を退職【引き継ぎ業務】

いよいよ退職ですが、その前に引き継ぎを業務をやっておきましょう。

前述のとおり、立つ鳥跡を濁さずです。

 

忙しいと思いますが、事前に引継ぎ資料を作っておくと便利。

有給消化でゆっくり休めます。

⑦新会社に入社

という感じで、新会社に入社します。

少々複雑な流れですが、だいたいのイメージをつかんでおきましょう。

よくある質問①:内定先に待ってもらうことはできますか?

結論、できます。

ただし、一般的には1ヶ月が限度かなと。

2ヶ月とか3ヶ月だと、他の人を採用すると思うので。

 

この辺はあくまで会社次第でして、交渉次第では引き延ばせるかと。

引き伸ばして内定取り消しになるなら、縁がなかったと思うのも良いかも。

急かされる会社=人材不足=離職率が高い=ブラックかもしれないから。

よくある質問②:引き留めに遭ったらどうすればいいですか?

下記を上から順にやっていけばOKです。

  1. 日付入りの退職届を出す
  2. 退職届を内容証明郵便で送る
  3. 「労働基準監督署に相談します」という
  4. 退職代行を使う
  5. 無断欠勤

一般的には最初の「日付入りの退職届を出す」で辞められます。

法的書類ですからね。

 

そもそも会社側に引き留める権利はないので、強気で「辞めます!」が一番効きますよ。

引き留めの対処法も、会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】にまとめてるので、万が一の際はどうぞ。

在職中の転職活動が忙しくて辛いときの対処法

在職中の転職活動が忙しくて辛いときの対処法

在職中の転職活動のイメージがわかった。

でも、働きながら転職活動って忙しくて大変そうだなぁ…

 

疲れるし大変そうだし、誰か代わりにやってくんないかなぁ…

という人は、転職エージェントに頼りましょう。

転職活動の代行をしてくれるから。

転職エージェントが無料でやってくれること

具体的には、下記を無料でやってくれます。

  • 自己分析
  • あなたに合う企業の紹介
  • 応募企業への連絡やスケジュール調整
  • 内定が出やすい履歴書や面接の対策

転職活動の手間を、半分以上は軽減できると思います。

あなたが転職のプロになる必要はない

そもそもあなたが転職のプロになる必要はないので、餅は餅屋に任せると楽ですよ。

優れた人は「人を使うのがうまい」ってことで、なんでも1人でやらなくてOKです。

 

紹介される企業が気に入らないなら断ってもOKなので、

転職エージェントにも相談を考える人

とりあえず転職エージェントにも相談してみるかぁ

くらいのテンションでいいと思いますよ。

※どうせ無料ですしね。

 

信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

※「未経験者」とありますが、経験者の転職でも対応してくれます。

 

てことで、できるだけ楽に転職活動しましょう。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

まとめ【在職中の転職活動のコツを押さえて行動開始】

まとめ【在職中の転職活動のコツを押さえて行動かいし】

最後にもう一度、在職中の転職活動の3つのコツをまとめておきます。

  1. 会社にバレないように転職活動する
  2. 有給を使って面接に行く
  3. 今の会社の仕事で手を抜かない

 

そして、在職中の転職活動の流れは下記の7ステップです。

  1. まずは就業規則の確認
  2. 転職活動
  3. 内定をもらう
  4. 今の会社に退職の申し出
  5. 内定承諾
  6. 今の会社を退職【引き継ぎ業務】
  7. 新会社に入社

だいたいのイメージはついたと思うので、

さっそく行動開始しましょう。

まずは、今の会社の就業規則を見てみてください。

 

忙しくてどうしても転職活動が辛いなら、無理せず転職エージェントに相談すると楽です。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】を参考にどうぞ。

合わなきゃ断ればいいので、情報収集のつもりでいいかなと。

 

あなたが無事に転職できるのを祈ってます。