IT営業は未経験でも転職できる【転職に失敗しない5つのコツも解説】

IT営業は未経験でも転職できる【転職に失敗しない5つのコツも解説】

IT営業に転職を考える人

未経験だけど、IT営業に転職してみたい。

将来性がありそうだし稼げそうだから、挑戦してみたいんだよね。

 

でも、未経験でも転職できるの?

なんか勉強した方がいいことがあれば知っておきたいな。

転職に失敗しないコツも知りたい。

 

あと、IT営業で売れるコツも教えてほしいな。

自分にやっていけるか不安だなぁ…

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • IT営業は未経験でも転職できるとわかる
  • IT営業の仕事内容や年収がわかる
  • IT営業の将来性やキャリアプランがわかる
  • IT営業のきついところとやりがいがわかる
  • 未経験からIT営業への転職に失敗しないコツがわかる
  • 未経験でも転職しやすいIT営業の種類がわかる
  • 未経験でもIT営業で売れるコツがわかる

 

僕、佐藤誠一は元IT営業マンで、未経験から転職しました。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業
26~31歳 メットライフ生命の営業
31~33歳 保険代理店の営業
33~36歳 Webマーケティングの営業(IT営業)
36歳~現在 Webライター

 

結論、未経験でもIT営業に転職は可能です。

なぜなら、IT営業は人が足りないから。

IT業界は成長を続けており、営業マンも技術者も足りてないので未経験でも採用されやすいです。

※僕も33歳×未経験で転職できました。

 

ただし、IT営業によっては転職しにくい種類もあるので知っておきましょう。

Webマーケティング営業時代に「全国職業相談センター」というサイトを作って、3000人以上の転職相談にのった経験もあります。

僕が対応して、無事にIT営業に転職していった人もいますよ。

 

この記事では、未経験からIT営業の内定をもらう方法や、転職に失敗しないコツも解説。

IT営業で売れるコツまでわかるので、転職後のイメージになると思います。

佐藤誠一

僕はIT営業で239社を新規開拓して、上場企業からも契約をもらってたので「売れるノウハウ」も解説します。

IT営業に転職して活躍したい人は、最後まで読んでみてください。

IT営業は未経験でも転職できる【IT業界は成長してるから】

IT営業は未経験でも転職できる【IT業界は成長してるから】

くりかえしですが、IT営業は未経験でも転職できます。

IT業界は成長していて、人手不足だから。

技術者はもちろん、営業マンも足りていません。

IT人材需給に関する調査(概要)

出典:経済産業省「IT人材需給に関する調査(概要)

 

dodaが発表している「転職求人倍率」によると、IT業界の求人倍率は6倍くらい。

つまり、1人の求職者に対して6件も求人がある状態です。

IT営業の未経験者さんでも、転職しやすい状況ってことですね。

参考:doda「転職求人倍率レポート

IT営業マンの仕事内容【IT営業は10種類ある】

IT営業に転職を考える人

で、IT営業ってどんな仕事するの?

主な仕事内容は下記のとおりです。

  • 見込み客の新規開拓
  • 見込み客のヒアリング
  • プレゼン資料作成
  • 自社商品を売る
  • 契約後のアフターフォロー

 

また、一口に「IT営業」といっても、下記の10種類があります。

  1. ハードウェア営業
  2. ソフトウェア営業
  3. SIer営業
  4. 受託開発の営業
  5. クラウドサービスの営業
  6. AIの営業
  7. VR・AR・MRの営業
  8. ブロックチェーン技術の営業
  9. ITコンサル
  10. Web系の営業

仕事内容の詳細は、10種類のIT営業の仕事内容【未経験者におすすめの4つのIT営業も解説】にまとめたので、転職前に知っておきましょう。

IT営業の種類別の年収【ただし売れないと稼げない】

IT営業に転職を考える人

IT営業って、どれくらい稼げるの?

代表的なIT営業の種類別の年収は、下記のイメージです。

営業の種類 年収
外資系IT企業の営業 年収800万~3000万円
ITコンサル営業 年収800万~2000万円
日系大手IT企業の営業 年収800万~2000万円
SIer営業 年収450万~1000万円
クラウドサービスの営業 年収500万~700万円
ソフトウェア営業 年収500万~700万円
AIの営業 年収500万~700万円
ブロックチェーン技術の営業 年収500万~700万円
受託開発の営業 年収450万~700万円
Web系の営業 年収400万~700万円
VR・AR・MRの営業 年収400万~700万円
ハードウェア営業 年収400万~600万円

年収イメージについては、IT営業の平均年収ランキング12【未経験で稼げるIT営業に転職するコツ】に詳しくまとめてます。

佐藤誠一

ただし、営業なので売れないと稼げません。

自分の年収は自分で決めるのが「営業職」です。

IT営業に必要なスキル【少しずつ身につけていけばOK】

IT営業に転職を考える人

う~ん、IT営業でやっていけるか不安だなぁ…

IT営業で売れるには、どんなスキルが必要なの?

結論、下記の7つのスキルが必要です。

  1. マーケティングスキル
  2. リサーチスキル
  3. 新規開拓のスキル
  4. ヒアリングスキル
  5. プレゼンスキル
  6. クロージングスキル
  7. マネジメントスキル

 

現段階で7つすべてができなくても大丈夫なので、営業しながら身につけていきましょう。

7つのスキルを身につける方法は、IT営業に必要な7つのスキル【あなたがIT営業に向いてる人か診断】にまとめてます。

佐藤誠一

不安なら、転職前に少し勉強しておくと安心です。

IT営業マンの将来性やキャリアプラン

IT営業に転職を考える人

IT営業に転職した未来も知っておきたいな。

将来性とかキャリアプランはどんな感じなの?

結論、将来性はバツグンです。

なぜなら、まだまだ伸びていく業界だから。

特に下記の分野は、さらに拡大すると思われます。

  • AI
  • VR
  • 5G
  • IoT
  • SNS

この辺は、【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】も参考になるかと。

 

また、IT営業のキャリアパスは下記の7つがあります。

  1. 管理職に昇進
  2. 実績を作って大手に転職
  3. 外資系IT企業に転職
  4. ITコンサルタントに転職
  5. マーケティング職に転向
  6. 起業する
  7. 技術職に転向

7つのキャリアプランの詳細は、【経験者が解説】IT営業の7つのキャリアパス【将来性は明るいです】を参考にどうぞ。

佐藤誠一

あらゆる業界の中でも、ITは圧倒的な勢いがあるので、将来性は問題ないかと。

IT営業のきついところ【やりがいもある】

IT営業に転職を考える人

でも、IT営業にもきついところはあるわけでしょ?

きついところとやりがいを両方知ってから検討したい。

IT営業のきついところとやりがいは下記のとおりです。

きついところ やりがい
ノルマがきつい

テレアポがきつい

クレームがきつい

緊急対応がきつい

覚えることが多い

商材が弱いときつい

クライアントと技術者にハサまれる

他の営業よりは全然マシ

売れるとけっこう稼げる

自由度が高い

将来性がある安心感

技術職への転向も可能

きついところとやりがいの詳細は、IT営業のきついところ7選【経験者がやりがいや楽しいところも解説】にまとめてます。

佐藤誠一

両方知った上で、それでもやりたいと思ったら転職してみましょう。

IT営業に向いてる人の特徴【12個以上なら向いてる】

IT営業に転職を考える人

そもそも、僕はIT営業に向いてるのかな?

もし向いてなかったら辞めておこうかな…

結論、IT営業に向いてる人の特徴は下記の23個です。

12個以上に当てはまるなら、あなたはIT営業に向いてます。

佐藤誠一

あなたがいくつ当てはまるか数えてみましょう。

  1. リサーチが得意な人
  2. 根回しできる人
  3. コミュニケーション能力が高い人
  4. ロジカルシンキングができる人
  5. ヒアリング能力が高い人
  6. ドライに交渉できる人
  7. ドライな中にもちょっとした人間くささがある人
  8. 堂々としてる人
  9. 明るすぎない人
  10. 細かいことに気づける人
  11. 臨機応変に動ける人
  12. 責任感が強い人
  13. 飲み会が嫌いな人
  14. まずは相手に与える人
  15. 試行錯誤できる人
  16. 勉強が好きな人
  17. 自己投資できる人
  18. 新しいことに敏感な人
  19. あまり落ち込まない人
  20. 清潔感のある人
  21. 自己管理できる人
  22. 上昇志向が強い人
  23. いつか起業したい人

あなたはいくつ当てはまりましたか?

もしIT営業に向いてそうなら、転職を検討してみてください。

IT営業に向いてない人の特徴【4つ以上なら向いてない】

反対に、IT営業に向いてない人の特徴は下記の7つです。

4つ以上に当てはまるなら、IT営業は辞めといた方がいいかと…

  1. 話が長い人
  2. 感情的な人
  3. 人間関係を重視しすぎる人
  4. 数字に弱い人
  5. 逆算できない人
  6. スピリチュアルが好きな人
  7. パソコン操作が苦手な人

 

IT営業の向き不向きの詳細は、法人営業に向いてる人の特徴23選【適性がないなら転職はやめとけ】にまとめたので、詳しく適性診断したい人はどうぞ。

佐藤誠一

法人営業の記事ですが、IT営業とほとんど一緒です。

未経験からIT営業への転職に失敗しない5つのコツ

未経験からIT営業への転職に失敗しない5つのコツ

IT営業に転職を考える人

IT営業のことはなんとなくわかってきたけど、具体的にどうやって転職すればいいの?

未経験で転職するから、失敗しないか不安なんだよね…

結論、未経験からIT営業への転職に失敗しないコツは、下記の5つです。

  1. 未経験でも採用されやすいIT営業に絞る
  2. 転職する前にITの基礎知識を勉強しておく
  3. 世の中の役に立つ商材を扱う会社を選ぶ
  4. あなたと相性が良いIT企業を選ぶ
  5. IT営業未経験者の志望動機の書き方を学ぶ

1つずつ解説しますね。

【コツ①】未経験でも採用されやすいIT営業に絞る

未経験者では転職できないIT営業もあるので、採用されやすいIT営業に絞って応募しましょう。

未経験者さんでも採用されやすいIT営業は、下記の4つです。

  1. ソフトウェア営業
  2. AIの営業
  3. VR・AR・MRの営業
  4. Web系の営業

 

将来性も問題ない4つなので、まずはこのあたりから始めてみるのが良いかと。

4つのIT営業の詳細は、10種類のIT営業の仕事内容【未経験者におすすめの4つのIT営業も解説】にまとめてます。

佐藤誠一

個人的にはWeb系の営業がおすすめ。

伸びてるし、副業や起業もしやすいからです。

【コツ②】転職する前にITの基礎知識を勉強しておく

やる気が伝わって採用されやすいからです。

面接で答える人

ITは未経験なので、基礎的な知識の勉強も始めています。

と言うと好印象です。

 

具体的に勉強しておくといいのは、下記の5つですね。

  1. IT業界の知識
  2. 応募する企業の商材の知識
  3. 応募する企業の競合他社の商材の知識
  4. 見込み客の業界の知識
  5. 技術的な知識(ITと営業)

5つの詳細は、IT営業に必要な5つの基礎知識【最速の勉強法は転職しちゃうこと】にまとめてます。

 

また、IT系の資格を勉強してみるのもアリですね。

技術系の知識がメインですが、勉強になると思います。

IT営業マンが勉強してもいいかなと思う資格は、IT営業におすすめの資格9選【断言:もっとも必要なのは営業力です】を参考にどうぞ。

佐藤誠一

事前に勉強しておくと、IT営業に転職後もスムーズに仕事に入っていけますよ。

【コツ③】世の中の役に立つ商材を扱う会社を選ぶ

当たり前ですが、世の中の役に立つIT商材を売ってる会社に転職しましょう。

粗悪品を扱う会社だと、売れるたびに罪悪感に押しつぶされるから。

注意
仮に稼げるとしても、世の中の役に立たない仕事は辛いですよ。

お客様を騙してるみたいだし、クレームも多いですしね。

 

IT営業に転職を考える人

でも、世の中の役に立つ商材かどうか判断できるの?

具体的には、下記の4つの観点で商材を調べてみましょう。

  1. 客観的に見て良さそうか
  2. 他社と比べて良い商材か
  3. 悪い評判が多くないか
  4. あなた自身が商材を好きになれるか

佐藤誠一

1つでもダメっぽい会社なら、転職しない方がいいですよ。

【コツ④】あなたと相性が良いIT企業を選ぶ

あなたに合ってるIT企業じゃないと、仕事が辛くなるからです。

相性が悪いと、売れなくてノルマを達成できず、上司から怒られてばかりの生活になるかも…

反対に、あなたと相性がいいIT企業なら、たくさん売れて稼げるし、仕事も楽しいですよ。

相性がいいIT企業がわからない人

でも、自分と相性がいいIT企業なんてわからないよ…

という人は、IT営業に強いキャリアカウンセラーに適性診断してもらうといいかと。

ヒアリングしてくれつつ、あなたと相性がいいIT企業を絞ってくれますよ。

 

転職エージェントのキャリアカウンセラーだと無料。

「あなたと相性がいい×優良商材を扱ってるIT企業」の求人も見せてくれます。

 

登録してサクッと適性診断を受けつつ、求人情報を見せてもらいつつ、良さげな求人があれば詳しく話を聞いてみるといいと思います。

IT営業に強い転職エージェントは下記の記事にまとめたので、必要ならどうぞ。

佐藤誠一

転職に失敗しないためにも、できることは全部やっといた方がいいかと。

【コツ⑤】IT営業未経験者の志望動機の書き方

IT営業の未経験者さんは、志望動機を重視されます。

採用担当者は「なんでIT営業?」がシンプルに疑問だから。

 

さらに深掘りすると、下記にも答えられないといけません。

  • なんでIT業界?
  • なんで営業?
  • なんでうちの会社?

この辺は答え方がありまして、詳しいノウハウは、【例文あり】IT営業の志望動機の型【面接でツッコまれないコツも解説】にまとめてます。

佐藤誠一

面接で志望動機をツッコまれないコツもまとめたので、転職活動を始める前に勉強しておくと安心かと。

【おまけ】IT営業の自己PRの書き方

ちなみに、自己PRのコツは下記のとおりです。

  • 営業未経験者:コミュニケーション能力を発揮したエピソード
  • 営業経験者:営業実績や売れたエピソード
  • IT営業経験者:IT営業の実績

自己PR=あなたの強みをアピールすることなので、営業に活かせそうなエピソードや実績を見せましょう。

自己PRの作り方は、【例文あり】転職の自己PRのコツ【楽に完成させる2つの方法も紹介】も参考にどうぞ。

未経験でもIT営業で売れるコツ7選

未経験でもIT営業で売れるコツ7選

IT営業で売れるか不安な人

IT営業に転職するコツはわかったけど、そもそもIT営業で売れるかなぁ…

仮に良い会社に転職できても、売れなきゃダメだよね…

結論、IT営業で売れるコツは下記の7つです。

  1. ターゲットを絞る
  2. テレアポや飛び込みで新規開拓しない
  3. まずは相手に与えまくる
  4. 相手の話をよく聞く
  5. プレゼンの型で売る
  6. アフターフォローを徹底する
  7. 技術系の知識を勉強する

詳しいノウハウは、IT営業で売れるやり方7選【安定して売れ続ける仕組みの作り方も解説】にまとめてます。

佐藤誠一

安定して売れ続ける仕組みの作り方も解説してます。

失敗しないために、転職前に売り方も勉強しておきましょう。

まとめ【IT営業は未経験でも転職できるので挑戦してみよう】

まとめ【IT営業は未経験でも転職できるので挑戦してみよう】

ということで、IT営業に転職したいなら、さっそく転職活動を始めてみましょう。

行動しないと何も始まらないので。

注意
当たり前ですが、良い求人からとられていきます。

来週にはあなたに合う求人がなくなってることも…

本来なら転職できたはずの会社を失うのは、人生単位の損失です。

 

転職に迷う人

う~ん、どうしよう…

と考えてても答えは出ないので、具体的な求人情報を見るなど、転職活動しながら考えていきましょう。

 

最後にもう一度、未経験からIT営業への転職に失敗しないコツをまとめておきます。

  1. 未経験でも採用されやすいIT営業に絞る
  2. 転職する前にITの基礎知識を勉強しておく
  3. 世の中の役に立つ商材を扱う会社を選ぶ
  4. あなたと相性が良いIT企業を選ぶ
  5. IT営業未経験者の志望動機の書き方を学ぶ

 

未経験者さんでも転職しやすいIT営業は、下記の4種類です。

  1. ソフトウェア営業
  2. AIの営業
  3. VR・AR・MRの営業
  4. Web系の営業

詳細は、10種類のIT営業の仕事内容【未経験者におすすめの4つのIT営業も解説】を参考にどうぞ。

 

また、「あなたと相性が良いIT企業×優良商材を扱うIT企業」の求人を選ぶのも忘れずに。

どのIT企業を選べばいいかわからない場合は、IT営業に強いキャリアカウンセラー(転職エージェント)に適性診断してもらえばOKです。

 

あとは行動あるのみ。

今日から一歩を踏み出してみてください。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ