10種類のIT営業の仕事内容【未経験者におすすめの4つのIT営業も解説】

10種類のIT営業の仕事内容【未経験者におすすめの4つのIT営業も解説】

IT営業に転職を考える人

IT営業の仕事内容を知りたいな。

伸びてそうだし将来性もありそうだけど、IT業界の経験がないからイメージがわかないんだよね。

 

自分にできるのかな…?

理解を深めて、本当に転職していいか判断材料にしたい。

自分に向いてるIT営業の種類も知りたいな。

 

あと、必要なスキルとか、転職前に勉強しといた方がいいこととか知りたい。

初めてのIT業界だから、転職に失敗したくないなぁ…

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • IT営業の仕事内容と種類がわかる
  • 未経験者さんにおすすめのIT営業の種類がわかる
  • IT営業に必要なスキルがわかる
  • 未経験でIT営業に転職する前に勉強すべきことがわかる
  • 未経験のIT営業の転職に失敗しないコツがわかる
  • あなたに向いてるIT営業の種類がわかる
  • IT営業でスキルアップすると起業も可能

 

僕、佐藤誠一は元IT営業マンです。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業
26~31歳 メットライフ生命の営業
31~33歳 保険代理店の営業
33~36歳 Webマーケティングの営業(IT営業)
36歳~現在 Webライター

 

Webマーケティング営業でIT営業を経験しています。

IT営業をやってると他の種類のIT営業マンにもたくさん会うもので、よく話を聞いてました。

 

また、Webマーケティング営業時代に「全国職業相談センター」というサイトを作って、3000人以上の転職相談にのった経験もあります。

転職を考える人

IT営業ってどんな仕事ですか?

という相談はまぁまぁあって、僕が対応して無事にIT営業に転職していった人もいます。

 

そんな僕が「IT営業の仕事内容」をまとめたので、それなりに信ぴょう性があるかと。

おすすめのIT営業の種類や、あなたに向いてるIT営業もわかるので転職の参考になると思います。

佐藤誠一

未経験からのIT営業の転職に失敗しないコツもまとめたので、スムーズにキャリアを始められるかと。

今回の転職に失敗したくない人は、最後まで読んでみてください。

目次

基本的なIT営業の仕事内容【技術者との打ち合わせアリ】

基本的なIT営業の仕事内容【技術者との打ち合わせアリ】

まず、IT営業の仕事内容は下記のとおりです。

  • 見込み客の新規開拓
  • 見込み客のヒアリング
  • プレゼン資料の作成
  • 自社商品・サービスを売る
  • 既存客のアフターフォロー
  • 契約書類の作成など事務作業
  • IT技術者との打ち合わせ

 

特殊なのは、IT技術者との打ち合わせがあることですね。

営業で案件をもらってきても、システムエンジニアなどと下記を打ち合わせしないといけません。

  • そもそも実現可能なシステムか?
  • 費用感は合っているか?
  • 納期は現実的か?

佐藤誠一

営業マンは現場で「できます!」と言っても、会社に持ち帰って技術者に話したら「できない!」と言われることアリ。

IT営業は、技術者との打ち合わせが重要です。

社内のIT技術者と、良い人間関係を構築しておくのも仕事のうちですね。

無理難題ばかりもっていくと、IT技術者に嫌われて仕事をしにくくなります。

IT営業は10種類ある【年収や将来性も解説】

IT営業は10種類ある【年収や将来性も解説】

IT営業に転職を考える人

ちなみに、IT営業ってどんな種類があるの?

大きく分けると下記の10種類があります。

  1. ハードウェア営業
  2. ソフトウェア営業
  3. SIer営業
  4. 受託開発の営業
  5. クラウドサービスの営業
  6. AIの営業
  7. VR・AR・MRの営業
  8. ブロックチェーン技術の営業
  9. ITコンサル
  10. Web系の営業

1つずつ解説しますね。

佐藤誠一

まずはどんな種類があるか把握してから、転職先を選んでいきましょう。

①ハードウェア営業【通信機器・サーバー・パソコン】

仕事内容 ハードウェアを売ること
年収 400万~600万円
将来性 ★★★☆☆
メリット 信用があって売れやすい
デメリット 年収はあまり高くない
営業の難易度 ★★☆☆☆
転職の難易度 ★★★★★

パソコン・通信機器・サーバーなど、ハードウェアの営業です。

ハードウェアの会社は下記などが有名。

  • Sony
  • NEC
  • 東芝
  • 日立
  • 富士通
  • IBM
  • Apple

 

ルート営業×代理店営業が多いです。

家電量販店など、自社商品を売ってくれてる代理店をルートで回って、販売促進する仕事です。

※ルート営業については、ルート営業の5つのコツ【少しでも楽に売上アップするスキルを解説】に詳しくまとめてます。

佐藤誠一

ただし、ハードウェア営業は大手が多く、未経験からの転職は難しいです。

また、営業の難易度が低いこともあり、年収はあまり高くありません。

②ソフトウェア営業【ソフト・ゲーム・OS】

仕事内容 パッケージ化されたソフトウェアを売ること
年収 500万~700万円
将来性 ★★★★☆
メリット パッケージ化されてるので売りやすい
デメリット パッケージ化されてるので自由度が低い
営業の難易度 ★★☆☆☆
転職の難易度 ★★★☆☆

ソフト・ゲーム・OSなど、パッケージ化されたソフトウェアの営業です。

※新しいソフトウェア開発を請け負う営業ではありません。

 

こちらもルート営業×代理店営業が多いですね。

また、「反響営業」といって、問い合わせしてくれた見込み客に営業するケースもあります。

※反響営業については、【経験者が解説】反響営業に向いてる人の特徴7選【意外と難しいです】にまとめてます。

 

商品がパッケージ化されていることや、ルート営業・反響営業が多いので営業の難易度は低めですが、会社によってはテレアポが多くてキツいところもあります。

あと、パッケージ化されてるので、提案の自由度が低いのはデメリットですね。

 

ソフトウェアの有名企業は下記のとおり。

  • マイクロソフト
  • Oracle
  • Salesforce
  • SAP

ただし、有名な大手企業だと未経験では転職が困難です。

佐藤誠一

未経験者は、中小やベンチャー企業からキャリアを始めるのが良いでしょう。

③SIer営業【システム開発のコンサル営業】

仕事内容 新しいシステム開発のコンサルの営業
年収 450万~1000万円
将来性 ★★★★☆
メリット 売れれば稼げる
デメリット 豊富な知識が必要
営業の難易度 ★★★★☆
転職の難易度 ★★★★☆

「SIer」とは、下記のようなシステム開発の業務を一括で請け負う仕事です。

  • コンサルティング
  • 設計
  • 開発
  • 運用・保守

 

ゼロからシステム開発するので、営業であっても豊富なIT知識が必要です。

なので、未経験者さんにはちょっと難しいですね。

また、ライバルが多いので営業の難易度も高め。

そのかわり、売れたときのインセンティブは大きいです。

 

有名なSIer企業は下記などがあります。

  • 野村総研
  • NTTデータ
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • 新日鉄住金ソリューションズ

佐藤誠一

ただし、大手は転職が難しいので、中小やベンチャー企業から始めるのもアリでしょう。

④受託開発の営業【新しいシステムやアプリの開発】

仕事内容 新しいシステム開発の営業
年収 450万~700万円
将来性 ★★★☆☆
メリット 新しいシステムを作るやりがいがある
デメリット 豊富な知識が必要
営業の難易度 ★★★★☆
転職の難易度 ★★★★☆

「受託開発」は、SIerより少し業務範囲が限定されてる感じですね。

※コンサルティングや運用保守はナシで、システム開発のみを請け負うイメージ。

 

こちらもゼロからシステム開発するので、営業マンであっても豊富なIT知識が必要です。

現場で難しい質問にとっさに答えられる知識が必要で、どちらかというと経験者向けの営業ですね。

ライバル社が多いので、営業の難易度も高めです。

佐藤誠一

ただ、中小やベンチャー企業の募集も多く、SIerよりは転職の難易度が下がります。

⑤クラウドサービスの営業【IaaS・PaaS・BaaS・SaaS】

仕事内容 クラウドサービスの営業
年収 500万~700万円
将来性 ★★★★★
メリット 時代に合ってるので売れやすい
デメリット 大手が多く入社が難しい
営業の難易度 ★★★☆☆
転職の難易度 ★★★★★

近年はクラウドが伸びているので、けっこう売りやすいです。

代表的なクラウドサービスは下記のとおり。

  • GCP(Google Cloud Platform)
  • AWS(Amazon Web Services)
  • Microsoft Azure

佐藤誠一

ただし、クラウドサービスは大手が多く、未経験者だと転職が難しいです。

⑥AIの営業【Web系のAIシステム・IoT】

仕事内容 AIシステムの営業
年収 500万~700万円
将来性 ★★★★★
メリット AIのニーズが高まっていて売れやすい
デメリット けっこう勉強が必要
営業の難易度 ★★★☆☆
転職の難易度 ★★★☆☆

今、世の中がAIに注目しているので、売りやすいのがメリット。

中小やベンチャー企業の募集も多く、転職のハードルは低めです。

未経験者でも転職できる可能性があるので、けっこうチャンスかなと。

佐藤誠一

勉強することは多いですが、見込み客側もAIに詳しくないことが多く、未経験者でもなんとか乗り切れてしまう可能性もあるでしょう。

AIは今後も伸びていくので、今のうちに経験を積んでおくのがおすすめ。

⑦VR・AR・MRの営業

仕事内容 VR・AR・MR技術やサービスの営業
年収 400万~700万円
将来性 ★★★★★
メリット ニーズが高まってるので売れやすい
デメリット 中小企業の導入はこれから
営業の難易度 ★★★☆☆
転職の難易度 ★★★☆☆

こちらも注目のジャンルであり、VR・AR・MRの導入を考える企業も多く、売れやすいのがメリット。

また、中小やベンチャー企業の募集もあるため、未経験者でも転職しやすいです。

佐藤誠一

まだまだ伸びるジャンルなので、今のうちに転職して経験者になってしまうのもアリですね。

⑧ブロックチェーン技術の営業

仕事内容 ブロックチェーン技術・システムの営業
年収 500万~700万円
将来性 ★★★★★
メリット 将来性がバツグン
デメリット かなり勉強が必要
営業の難易度 ★★★☆☆
転職の難易度 ★★★★☆

ブロックチェーンとは、「セキュリティが強いシステム」だと思ってください。

ビットコインとかで有名になりましたね。

 

特に金融業界では必要不可欠なシステムと言えるでしょう。

新しい技術で、今後はもっと伸びてくるので勉強する価値は大きいです。

 

ブロックチェーンで有名な大手は下記のとおり。

  • NTTデータ
  • 日立


佐藤誠一

中小やベンチャーでブロックチェーンの開発をしている企業もあり、転職しやすいので未経験者さん向けです。

ただし、かなり勉強しないといけません。

⑨ITコンサル

仕事内容 ITに関する幅広いコンサルティングの営業
年収 600万~1000万円
将来性 ★★★★★
メリット 売れれば稼げる
デメリット 高度で幅広い知識が必要
営業の難易度 ★★★★★
転職の難易度 ★★★★★

IT系のコンサルティングファームで営業・コンサルを行います。

有名な企業は下記のとおり。

  • アクセンチュア
  • アビームコンサルティング
  • デロイトトーマツコンサルティング
  • KPMGコンサルティング

 

イメージ的にはSIerよりも広い視点で、「ITを使ってクライアントの事業を伸ばす」みたいな仕事です。

ただし転職できるのはエリートだけなので、未経験から転職するのは難しすぎます。

⑩Web系の営業

仕事内容 Webサービスの営業
年収 400万~700万円
将来性 ★★★★★
メリット 中小企業でもニーズがあり見込み客が豊富
デメリット 時代の変化に弱い
営業の難易度 ★★★☆☆
転職の難易度 ★★★☆☆

僕がいた業界です。

Web系の営業には、下記のような種類があります。

  • Webサイトの作成
  • Webサービスの作成
  • SEO対策
  • Web記事執筆の代行
  • Web広告の代行
  • YouTubeの動画編集
  • Webコンサル

 

ぶっちゃけ、未経験者でも売れます。

※僕も未経験から転職しましたが、普通に売れました。

もちろん勉強することは多いですが、転職してから勉強しても現場で通用する感じです。

中小やベンチャーの募集も多く、未経験者が転職しやすいのもメリット。

 

また、勉強していくとWebマーケティングスキルも身についてくるので、下記のような副業で稼ぐことも可能です。

  • ブログ
  • SNS
  • YouTube

佐藤誠一

僕もWeb系の営業で働きながら、Webマーケティングを勉強しました。

現在はWebライター×ブロガー×YouTuber×オンラインスクールで稼げてます。

フリーランスに転向しやすいのが、Web営業の強みかなと。

ただし、Web系は変化が速いのがデメリットですね。

特にSEOとかはトレンドが変わりやすく、変化についていくのが大変です。

未経験者におすすめのIT営業4選

IT営業に転職を考える人

で、未経験者にはどのIT営業がおすすめなの?

結論、下記の4つかなと。

  1. ソフトウェア営業
  2. AIの営業
  3. VR・AR・MRの営業
  4. Web系の営業

営業の難易度や転職の難易度からみて、この4つあたりがおすすめです。

佐藤誠一

また、4つとも時代の波にのってるジャンルのため、将来性も問題ないと思いますよ。

 

興味があれば、さっそく転職活動を始めてみましょう。

IT営業に転職する方法は、IT営業は未経験でも転職できる【転職に失敗しない5つのコツも解説】にまとめてます。

【ちなみに】あなたがIT営業に向いてる人か診断

IT営業に転職を考える人

IT営業の種類はわかったけど、そもそも僕はIT営業に向いてるのかな…?

もし向いてなかったらどうしよう…

結論、IT営業に向いてる人の特徴は下記の23個です。

12個以上に当てはまるなら、あなたはIT営業に向いてます。

いくつ当てはまるか数えてみましょう。

  1. リサーチが得意な人
  2. 根回しできる人
  3. コミュニケーション能力が高い人
  4. ロジカルシンキングができる人
  5. ヒアリング能力が高い人
  6. ドライに交渉できる人
  7. ドライな中にもちょっとした人間くささがある人
  8. 堂々としてる人
  9. 明るすぎない人
  10. 細かいことに気づける人
  11. 臨機応変に動ける人
  12. 責任感が強い人
  13. 飲み会が嫌いな人
  14. まずは相手に与える人
  15. 試行錯誤できる人
  16. 勉強が好きな人
  17. 自己投資できる人
  18. 新しいことに敏感な人
  19. あまり落ち込まない人
  20. 清潔感のある人
  21. 自己管理できる人
  22. 上昇志向が強い人
  23. いつか起業したい人

 

反対に、IT営業に向いてない人の特徴は下記の7つです。

4つ以上に当てはまるなら、あなたはIT営業に向いてないかと…

  1. 話が長い人
  2. 感情的な人
  3. 人間関係を重視しすぎる人
  4. 数字に弱い人
  5. 逆算できない人
  6. スピリチュアルが好きな人
  7. パソコン操作が苦手な人

詳しくは、法人営業に向いてる人の特徴23選【適性がないなら転職はやめとけ】にまとめたので適性診断にどうぞ。

佐藤誠一

法人営業の記事ですが、IT営業とほぼ一緒です。

IT営業の営業手法

IT営業に転職を考える人

ちなみに、IT営業ってどうやって売るの?

転職しても、売れなかったらダメだよね…

IT営業で売れるコツは下記の7つです。

  1. ターゲットを絞る
  2. テレアポや飛び込みで新規開拓しない
  3. まずは相手に与えまくる
  4. 相手の話をよく聞く
  5. プレゼンの型で売る
  6. アフターフォローを徹底する
  7. 技術系の知識を勉強する

詳しいノウハウは、IT営業で売れるやり方7選【安定して売れ続ける仕組みの作り方も解説】にまとめてます。

IT営業のセールスプロセス

IT営業に転職を考える人

ちなみに、IT営業ってどういう流れで売るの?

王道の流れは下記の2つです。

①アポ取り(アプローチ)→ヒアリング→プレゼン→クロージング


②アポ取り(アプローチ)→ヒアリング→テストクロージング→プレゼン→クロージング

この辺のノウハウは、営業プロセスの図5選と運用方法【部下をやる気にさせる方法も解説】に詳しくまとめてます。

佐藤誠一

転職する前に、売れるノウハウも勉強しておきましょう。

IT営業のキャリアプラン

IT営業に転職を考える人

ちなみに、IT営業ってどんなキャリアプランがあるの?

結論、下記のようなキャリアプランがあります。

  • 管理職に昇進
  • 実績を作って大手に転職
  • 外資系IT企業に転職
  • ITコンサルタントに転職
  • マーケティング職に転向
  • 技術職に転向

 

詳しくは、【経験者が解説】IT営業の7つのキャリアパス【将来性は明るいです】にまとめてます。

佐藤誠一

将来の選択肢は広いので、けっこう魅力がある仕事です。

ただし、売れればの話ですが…

IT営業のキツいところとやりがい

IT営業に転職を考える人

あと、IT営業のキツいところも知ってから判断したいな…

結論、IT営業のキツいところは下記の7つです。

  1. ノルマがきつい
  2. テレアポがきつい
  3. クレームがきつい
  4. 緊急対応がきつい
  5. 覚えることが多い
  6. 商材が弱いときつい
  7. クライアントと技術者にハサまれる

 

ただし、下記のようなやりがいもありますよ。

  • 他の営業よりは全然マシ
  • 売れるとけっこう稼げる
  • 自由度が高い
  • 将来性がある安心感
  • 技術職への転向も可能

キツいところとやりがいの詳細は、IT営業のきついところ7選【経験者がやりがいや楽しいところも解説】にまとめておきました。

佐藤誠一

両方を知ってから、慎重に検討しましょう。

IT営業に必要なスキル【転職前に勉強しておこう】

IT営業に必要なスキル【転職前に勉強しておこう】

IT営業に転職を考える人

IT営業に必要なスキルとか、転職前に勉強しといた方がいいことも知りたいな。

IT営業に必要なスキルは下記の7つです。

  1. マーケティングスキル
  2. リサーチスキル
  3. 新規開拓のスキル
  4. ヒアリングスキル
  5. プレゼンスキル
  6. クロージングスキル
  7. マネジメントスキル

 

それぞれのスキルの詳細と、スキルを身につける方法は、IT営業に必要な7つのスキル【あなたがIT営業に向いてる人か診断】にまとめてます。

佐藤誠一

転職する前から売れるスキルを勉強しておくと、スムーズにIT営業に入っていけますよ。

未経験でIT営業に転職する前に勉強すべきこと

また、転職前に勉強しておいた方がいいことは下記のとおり。

  • IT業界の知識
  • 応募企業の競合他社の商材の知識
  • 見込み客の業界の知識
  • 技術的な知識

この辺を知ってないと売れにくいので、勉強しておいて損はないかと。

詳しくは、IT営業に必要な5つの基礎知識【最速の勉強法は転職しちゃうこと】にまとめてます。

 

また、IT系の資格で勉強するのもアリですね。

IT営業マンが勉強してもいいかなと思う資格は、IT営業におすすめの資格9選【断言:もっとも必要なのは営業力です】を参考にどうぞ。

未経験からIT営業への転職に失敗しないコツ

未経験からIT営業への転職に失敗しないコツ

IT営業に転職を考える人

IT営業についてはなんとなくわかってきたけど、転職に失敗したらどうしよう…

そもそもうまく転職活動できるか不安だ…

うっかり、変な会社に転職したらイヤだなぁ…

結論、未経験からIT営業への転職に失敗しないコツは下記のとおり。

  • 未経験でも採用されやすいIT営業に絞る
  • 世の中に役立つ商材を扱う会社を選ぶ
  • あなたと相性がいいIT企業を選ぶ
  • IT営業未経験者の志望動機のコツを学ぶ

 

この辺の詳細は、IT営業は未経験でも転職できる【転職に失敗しない5つのコツも解説】にまとめてます。

佐藤誠一

これらを実践するだけでも、かなり失敗を防げますよ。

応募する企業で必要な知識を勉強しておく

できれば、応募する企業で必要な知識を勉強しておきましょう。

本気が伝わって採用されやすくなるから。

面接で答える人

御社の業務に必要な◯◯◯◯について、すでに勉強を始めています。

みたいに言うと印象がいいですよね。

MEMO
ホームページや求人情報を見ると、必要な知識はある程度わかります。

転職後もスムーズに業務に入れるので、事前に勉強しておくのがおすすめ。

プログラミングに触れておくと無難

可能であれば、事前にプログラミングに触れてみるのもアリかなと。

ITの基礎がわかるから。

プログラミングを少しわかってる方が、営業の現場で話をしやすいですよ。

※貪欲に勉強していることが伝わるので、採用されやすくなるメリットもあり。

 

テックアカデミーというプログラミングスクールでは、オンラインで2週間のプログラミング無料体験ができるので、転職前に活用するといいと思います。

詳しくは、【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】をどうぞ。

佐藤誠一

営業に転職するので、本講義は受けなくてもOKです。

あなたに向いてるIT営業に転職する

これ一番大事ですが、あなたが向いてるIT営業に転職しましょう。

向いてないと、売れなくて辛いから。

向いてるIT営業がわからない人

え~、でも自分に向いてるIT営業なんてわからないよ…

という人は、まず「あなたが興味をもてるIT営業の種類」から絞り込んでいきましょう。

※そもそも興味がないと売れにくいです。

 

向いてるIT営業がわからない人

う~ん、でも何に興味があるかすらワカラナイ…

という人は、IT営業に強いキャリアカウンセラーにアドバイスをもらうといいかと。

適性診断してくれて、あなたに合うIT営業を絞ってくれます。

 

転職エージェントのキャリアカウンセラーだと無料。

適性診断の結果をもとに、あなたに合うIT企業の求人情報も見せてくれますよ。

 

登録してサクッと適性診断を受けつつ、求人情報を見せてもらいつつ、気になった求人や会社があれば詳しく話を聞いてみるといいと思います。

IT営業に強い転職エージェントは下記の記事にまとめたので、必要ならどうぞ。

【おまけ】IT営業でスキルアップすると起業も可能

【おまけ】IT営業でスキルアップすると起業も可能

IT営業に転職後の未来ですが、スキルアップしていくと起業することもできますよ。

自分で売上をもってこれるなら、企業に属さなくても食っていけるから。

 

例えば、自分が好きな会社のIT商材を組み合わせて売ることも可能です。

IT営業で起業する方法は、フルコミッション営業を経験者が解説【あなたがやっていけるか診断】を参考にどうぞ。

【体験談】僕もIT営業で起業しました

僕はWebマーケティング営業で起業しました。

佐藤誠一

1人で営業できてるし、これなら起業してもやっていけるんじゃないか?

と思って起業してみたら、ホントに大丈夫でした。

 

起業してもやることは一緒なので、別に大変じゃなかったです。

  • 通勤なし
  • 上司なし
  • ノルマなし
  • 売るもの自由
  • 休日も自由

って感じなので、自由に生きたい人はいずれ起業してみてもいいかと。

MEMO
ただし、営業スキルがないと起業はムリです。

まずはIT営業に転職して、営業スキルを身につけていきましょう。

まとめ【IT営業の仕事内容を知った上で転職先を選ぼう】

まとめ【IT営業の仕事内容を知った上で転職先を選ぼう】

最後にもう一度、IT営業の主な仕事内容をまとめておきます。

  • 見込み客の新規開拓
  • 見込み客のヒアリング
  • プレゼン資料の作成
  • 自社商品・サービスを売る
  • 既存客のアフターフォロー
  • 契約書類の作成など事務作業
  • IT技術者との打ち合わせ

 

また、未経験者さんに特におすすめのIT営業は下記の4つです。

  1. ソフトウェア営業
  2. AIの営業
  3. VR・AR・MRの営業
  4. Web系の営業

 

あとは行動あるのみかなと。

行動しないと何も始まらないので。

注意
当たり前ですが、良い求人ほど先に取られていきます。

来週にはあなたに合うIT営業の求人がなくなってることも…

本来なら転職できたはずの会社を失うのは、人生単位の損失です。

 

転職に迷う人

う~ん、どうしよう…

と考えてもいいですが、転職活動しながら考える方が機会損失が少ないですよ。

なので、さっそく今日から転職活動を始めていきましょう。

IT営業に転職する方法は、IT営業は未経験でも転職できる【転職に失敗しない5つのコツも解説】にまとめてます。

 

また、転職先を選ぶときは、あなたに向いてるIT営業を選ぶのがコツ。

向いてるIT営業=才能があるので、売れて活躍できますよ。

 

あなたに向いてるIT営業がわからない場合は、IT営業に強い転職エージェントに適性診断してもらうといいかなと。

 

あとは行動あるのみ。

今日から一歩を踏み出してみてください。

あなたの転職の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ