法人営業に向いてる人の特徴10選【きちんと勉強すれば売れます】

法人営業に向いてる人の特徴10選【きちんと勉強すれば売れます】

法人営業に向いてる人の特徴を知りたいな。

法人営業はやってみたいけど、自分にやっていけるか不安…

 

でも、もっと稼げる仕事をしたいなぁ。

スーツを着る仕事にも憧れるなぁ。

 

法人営業でスキルをつけて、将来の安心感もほしい。

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 法人営業に向いてる人の特徴10選【実体験から解説】
  • 法人営業で成功するならきちんと勉強しましょう

僕、佐藤誠一は法人営業の経験者です。

法人営業はたぶん得意な方です。

 

メールだけで239社の新規法人を開拓して、契約もらってました(^^)

 

この記事は、法人営業の経験者である僕が「法人営業に向いてる人」をまとめたので、信ぴょう性はあると思います。

私の周りにいた、法人営業がうまかった人の共通点も考慮して書きました。

 

法人営業に転職を考えているあなたの、参考になればうれしいです(^^)

法人営業に向いてる人の特徴10選【実体験から解説】

法人営業に向いてる人の特徴10選【実体験から解説】

法人営業に向いてる人の特徴は、下記の10個です。

  1. 法人の新規開拓ができる人
  2. ロジカルシンキング(論理的思考)ができる人
  3. ドライにお金の交渉ができる人
  4. ヒアリング能力が高い人
  5. 提案力がある人
  6. ドライな中にもちょっとした人間くささを持ってる人
  7. 飲み会営業をしない人
  8. 堂々をしている人
  9. 人と違うことをしたい人
  10. 明るすぎない人

1つずつ解説しますね(^^)

 

あなたがいくつ当てはまるか数えてみてください。

6つ以上当てはまれば、あなたは法人営業に向いてます。

①法人の新規開拓ができる人

法人営業は、新規開拓できなければ話になりません。

売り先がなければ、売上がないからです。

 

法人の新規開拓の具体例として、下記の記事を読んでみてください。

法人の新規開拓の基礎をまとめています(^^)

②ロジカルシンキング(論理的思考)ができる人

ロジカルシンキングはできた方がいいです。

法人営業は、相手企業にメリットがあれば契約してくれるので、相手のメリットを理論的に解説できないといけないからです。

 

大きい会社だと、担当者にプレゼンして稟議を通す必要があるため、提案が理論的でないと稟議が通りません。

 

ロジカルシンキングについては、

営業に必要なスキル7選【売る商材で会社を選ぶべし】の中で解説しているので、読んでみてください(^^)

 

個人営業はけっこう感情に左右されますが、法人営業は損得で判断されるのでロジカルシンキングが必要です。

営業に必要なスキル7選【売る商材で会社を選ぶべし】

③ドライにお金の交渉ができる人

ドライにお金の交渉ができる人は、法人営業に向いてます。

お金の交渉ができないと、契約をもらえないからです。

 

例えば、

他社さんでは○○○万円くらいでやってます。

はけっこう使ってました(^^)

 

法人営業では「他ではいくらでやってるのか?」を伝えることで、「じゃあうちもやろう」となりやすいです。

他社に遅れをとりたくないからです。

 

特定の業界だけに営業する法人営業だと、

ライバル会社と競争させるのも効きますよ。

A社さんはだいたい○○○万円くらいでやってます

というと、「じゃあ、うちはもっと出す!」というケースは多いです。

 

ライバル関係が強い業界ほど、効きますね(^^)

 

また、こちらの提示金額の根拠を明示すると良いです。

何にいくらかかっているのか知ってもらうことで、納得して契約してくれます。

 

お金の話をドライにできると、大きい契約をもらえます(^^)

④ヒアリング能力が高い人

法人営業は、ヒアリングが命です。

相手の悩みを聞き出し、それを解決する方法を提案すれば売れるからです。

 

ヒアリングが下手だと相手の悩みを把握できず、的外れな提案をして売れません。

  • 相手が何に悩んでいるのか
  • 何をしてほしいのか
  • どうなったら幸せなのか
  • いくらでやってほしいのか

を的確に把握して、それに応える提案をするだけで売れます。

法人営業は、実はけっこうシンプルです。

 

法人営業のヒアリングスキルについては、

営業のヒアリングの基礎14選【提案するときの2つのコツも解説】にまとめているので、読んでみてください(^^)

営業のヒアリングの基礎14選【提案するときの2つのコツも解説】

⑤提案力がある人

ヒアリング結果をもとに、的確な提案力が必要です。

ヒアリングがうまくいっても、提案がダメだと売れないからです。

 

例えば、提案金額に対して内容がトクであることを伝えるのも大切です。

内容に対して割安だと、契約してくれる可能性が高まります。

 

ただし、単純な値引きをしてはいけません。

付加価値をつけて、高い提案をしましょう。

 

また、わかりやすいプレゼン資料を作る能力も重要。

担当者は、提案した資料をそのまま稟議に使うからです。

 

プレゼン資料を見ればわかるくらいの、わかりやすさが大切です。

 

提案力については、

営業のプレゼンの9ステップ【成約率がグンと上がる法則】にまとめているので、読んでみてください(^^)

営業のプレゼンの9ステップ【成約率がグンと上がる法則】

⑥ドライな中にもちょっとした人間くささを持ってる人

ちょっとした人間くささを出していきましょう。

法人営業はドライな雰囲気なので、そんな中で人の温かみに触れると契約してくれやすいからです。

 

ようはギャップですね(^^)

ドライな雰囲気の中に人間くささがあると、相手がギャップ萌えを感じてくれます。

 

例えば、

営業マン

こうすれば、○○さん喜んでくれるかなと思って(^^)

営業マン

いやぁ、だって喜んでほしいじゃないですか。

営業マン

僕、○○さん話しやすくて好きなんですよね。

こういう一言がズキュンと刺さります(^^)

⑦飲み会営業をしない人

飲み会営業をする人は、法人営業に向いてません。

法人営業にお酒はいらないからです。

 

※飲み会営業が効果的なのは、どちらかというと個人営業です。

 

法人営業は、平日昼間にスマートにするものです。

「接待はダサい」という風潮になっているので、飲み会営業に頼っている人は法人営業で売れません。

⑧堂々をしている人

堂々としている人は、法人営業に向きます。

ゴマすってヘコヘコしている人は、足元を見られてしまうからです。

 

堂々と振る舞いましょう。

 

下手(したて)に出ないと契約してくれない相手とは、契約をしてはいけません。

契約後の方が「こっちは客だぞ!」といって、無理難題をふっかけてくるからです。

 

堂々として、対等に付き合ってくれる顧客とだけ契約しましょう。

※傍若無人に偉そうにするって意味じゃないですよ。丁寧だけど堂々とするって意味です。

⑨人と違うことをしたい人

人と違うことをしたい、普通が嫌だという人は、法人営業に向いています。

企業は営業に慣れているので、

従来の営業手法は通用しないからです。

 

例えば、

  • あからさまな営業トーク
  • あからさまなテレアポトーク
  • あからさまな飛び込み営業

は、もう現場では通用しません。

 

時代は変化しています。

営業手法も、どんどん新しいものを開発していかないと通用しません。

 

ちなみに、僕も「人と違うことをしたい」と思うタイプで、人がやらない営業手法をやってうまくいきました。

「ほとんどの営業マンがWebを使ってない」ということに着目して、

Webを使った新規法人開拓をしていました。

 

メールだけで239社の新規法人のアポが取れて、18社から契約をもらいました。

僕がやってた手法は、メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】にまとめているので、興味あれば読んでみてください(^^)

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

⑩明るすぎない人

法人営業は、明るすぎないくらいがちょうどいいですね。

変に明るすぎると、

軽くて胡散臭く見えるからです。

 

普通のトーンで、普通のテンションで会話をすればOKです。

 

トーンとテンションを上げすぎると、

「いかにも営業マン」って感じがして警戒されます。

あなたも、やたらトーンと転職が高い営業マン嫌いですよね(^^;

【おまけ】法人営業の魅力、個人営業との違い、きついところ

法人営業の魅力や、個人営業との違い、法人営業のきついところを下記の3記事にまとめているので、読んでみてください(^^)

 

「そもそも法人営業とは?」という基礎がわかります。

法人営業で成功するならきちんと勉強しましょう

法人営業で成功するならきちんと勉強しましょう

自分に法人営業をやっていけるのかな…

と不安に思っていませんか?

 

法人営業に向いてるからといって、売れるとは限りません。

きちんと法人営業の勉強をして、それを実行しましょう。

勉強して実行すれば、必ず売れます(^^)

 

法人営業のコツを、

法人営業のコツを解説【本やネットに載ってない裏ワザも紹介】にまとめているので、読んでみてください。

そして、実行してみましょう(^^)

法人営業のコツを解説【本やネットに載ってない裏ワザも紹介】

まとめ【法人営業に向いてる人の特徴は10個】

まとめ【法人営業に向いてる人の特徴は10個】

この記事をまとめます。

  • 法人営業に向いてる人の特徴を見て、あなたが向いてるか確認しよう
  • 法人営業のやり方をきちんと勉強しよう

自分は法人営業に向いてるのかな?

自分にやっていけるか不安…。

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

もし向いてるようなら、法人営業にチャレンジしてみましょう。

法人営業ができるようになれば、

食いっぱぐれはありません。

 

どの企業も法人営業できる人材を求めてますし、起業も可能です。

 

ちなみに、営業は本で勉強するのもお忘れなく。

良い本であれば、実践するだけで売れるからです。

 

僕が営業をやってきて、実戦で成果が出た本だけを、【必読】営業の本でおすすめの5冊【これだけ読んどきゃ大丈夫】にまとめています(^^)

 

転職する前に、事前学習だと思って読んでおいてください。

本をたくさん買って読むのも大変なので、

この5冊で十分です(^^)

【必読】営業の本でおすすめの5冊【これだけ読んどきゃ大丈夫】

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!