法人営業に向いてる人の特徴23選【適性がないなら転職はやめとけ】

法人営業に向いてる人の特徴10選【きちんと勉強すれば売れます】

転職を考える人

法人営業に向いてる人の特徴を知りたいな。

転職を考えてるけど、自分に適性があるのか知りたい。

 

やっていけるか不安だから、法人営業のきついところとかコツとかも知っておきたい。

あと、未経験で法人営業に転職するコツも知りたいな。

 

でも、もし法人営業に向いてないなら、僕はどんな仕事に向いてるのかな?

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • あなたが法人営業に向いてる人か適性診断できる
  • 法人営業の種類や業界ごとに向いてる人の特徴がわかる
  • 法人営業に向いてない人の特徴がわかる
  • 法人営業のきついところとやりがいがわかる
  • 法人営業で売れるコツがわかる
  • 未経験から法人営業に転職するとき失敗しないコツがわかる
  • 法人営業に向いてない人におすすめの転職先がわかる

 

僕、佐藤誠一は法人営業をやってきました。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 営業の種類
26~31歳 メットライフ生命の営業 個人営業、法人営業
31~33歳 保険代理店の営業 個人営業、法人営業
33~36歳 Webマーケティングの営業 法人営業
36歳~現在 Webライター Webから仕事の依頼がくる

 

実際に法人営業をやってきた僕が「法人営業に向いてる人の特徴」をまとめた記事です。

営業をやってると他業界の営業マンともよく会うもので、多くの法人営業マンの特徴も参考に記事化してみました。

なので、それなりに信ぴょう性があるかなと。

 

さらに、法人営業の種類や業界ごとの向いてる人の特徴や、向いてない人の特徴もまとめたので、あなたが法人営業に向いてるかわかります。

 

もし向いてるとしても、きつい部分や売り方のコツも知ってから検討しましょう。

経験者の僕が「法人営業への転職に失敗しないコツ」もまとめたので、参考になると思います。

 

また、もしあなたが法人営業に向いてなくても大丈夫。

他に向いてる仕事がある証拠なので、あなたが向いてる仕事に転職を検討してみてください。

佐藤誠一

この記事を読むことで、次にどんな仕事に転職したらいいかわかります。

自分に向いてる仕事をしたい人は、最後まで読んでみてください。

目次

法人営業に向いてる人の特徴23選【求められる能力と仕事内容】

法人営業に向いてる人の特徴23選【求められる能力と仕事内容】

結論、法人営業に向いてる人の特徴は下記の23個です。

12個以上に当てはまるなら、あなたは法人営業に向いてます。

佐藤誠一

いくつ当てはまるか数えてみてください。

  1. リサーチが得意な人
  2. 根回しできる人
  3. コミュニケーション能力が高い人
  4. ロジカルシンキングができる人
  5. ヒアリング能力が高い人
  6. ドライに交渉できる人
  7. ドライな中にもちょっとした人間くささがある人
  8. 堂々としてる人
  9. 明るすぎない人
  10. 細かいことに気づける人
  11. 臨機応変に動ける人
  12. 責任感が強い人
  13. 飲み会が嫌いな人
  14. まずは相手に与える人
  15. 試行錯誤できる人
  16. 勉強が好きな人
  17. 自己投資できる人
  18. 新しいことに敏感な人
  19. あまり落ち込まない人
  20. 清潔感のある人
  21. 自己管理できる人
  22. 上昇志向が強い人
  23. いつか起業したい人

あなたはいくつ当てはまりましたか?

それでは、1つずつ詳しく解説していきます。

①リサーチが得意な人

法人営業はリサーチが命だから。

相手がどんな法人かわからないと、さすがに売りにくいですからね。

 

具体的には、下記とかでリサーチします。

  • 見込み法人のホームページ
  • SNSやYoutube
  • ニュースリリース
  • 四季報
  • 東京商工リサーチ

佐藤誠一

普段からググったり、SNSをチェックする習慣がある人は向いてます。

②根回しできる人

法人営業は根回ししないと売れないから。

具体的には、下記のような根回しが必要です。

  • 担当者を味方につけておく
  • 社長を味方につけておく
  • 経理担当者を味方につけておく

 

例えば、下記のような人が向いてますね。

  • 「仕事の段取り」を重視する人
  • 旅行の計画を立てるのが好きな人
  • 恋愛は戦略的に進める人

佐藤誠一

行き当たりばったりの人はあまり向いてません。

③コミュニケーション能力が高い人

会話しやすい状況を作らないと売れないからです。

具体的には、下記ができる人が法人営業に向いてます。

  • 相づちを打てる
  • 5W1Hで質問できる
  • 相手の喜怒哀楽に合わせる

佐藤誠一

「あなたは話しやすい」と言われたことがある人は、法人営業に向いてます。

④ロジカルシンキングができる人

法人営業は、論理的に売る必要があるからです。

現場は下記のようなイメージ。

  • 数字や実績が重視される
  • 根拠が重視される
  • 順序よく話さないと伝わらない

 

なので、普段からロジカルシンキング(論理的思考)ができる人は向いてます。

「物事の根拠や理屈」が気になる人は向いてますね。

論理的じゃないことにイライラする人は最高。

⑤ヒアリング能力が高い人

相手の悩みを聞き出して、その悩みを解決する方法を提案したら売れるから。

自分が話してるより、人の話を聞く方が多い人は向いてます。

 

佐藤誠一

「話を聞くのがうまいね」と言われたことがある人も、法人営業に向いてますよ。

ちなみに、法人営業のヒアリング方法は、営業のヒアリングのコツ7選【法人契約をもらいまくったテクニック】にまとめたので、転職前の勉強にどうぞ。

⑥ドライに交渉できる人

法人営業の現場は、けっこうドライだからです。

ドライな理由は下記のとおり。

  • 人間関係より数字が重視されるから
  • 稟議があるから

 

仕事の話やお金の話を、ドライに進められる人は法人営業に向いてます。

MEMO
ドライに断れる人も向いてますね。

法人営業では、条件に合わないと営業マン側が断るシーンもあるので。

佐藤誠一

例えば、上司から飲み会に誘われてもドライに断れる人は、法人営業の才能アリです。

⑦ドライな中にもちょっとした人間くささがある人

基本はドライがいいですが、ちょっとした人間くささも必要です。

今までドライだった人がちょっと人間くささを出すと、ギャップがあって印象が良くなるから。

結果、売れてしまいます。

 

具体的には、最後のクロージングで下記のように言うと売れやすいですね。

  • ホンネを言いますと…
  • 個人的にはこうしてほしいです。
  • 御社と長いお付き合いをするならこっちのプランがいいかと。

相手も人間なので、こういう人間くさいセリフは刺さるものです。

 

佐藤誠一

下記のように言われたことがある人は、法人営業に向いてると思います。

  • ギャップがあるよね
  • 意外と人間味があるよね

⑧堂々としてる人

法人営業はハッタリも大事だからです。

仮に売れてなくても「売れてる人っぽさ」を演出すると、ホントに売れたりします。

佐藤誠一

僕もよくハッタリで売ってました(笑)
「堂々としてるよね」と言われたことがある人は、向いてると思います。

⑨明るすぎない人

法人営業は人間性より数字が大事だから。

稟議が必要なので、性格の明るさは上層部に伝わりません。

注意
やたら人間性で押し切ろうとする人は、かえって売れないので要注意。

そういう人は個人営業の方が向いてます。

⑩細かいことに気づける人

細かい変化に気づけないと売れないからです。

具体的には、下記に気づく必要あり。

  • 担当者の表情
  • 見込み法人の社内の変化
  • 見込み法人のホームページの更新

 

こういう細かい変化に気づいて、

営業マン

何かあったんですか?

と聞くことで、相手がホンネを話してくれてビジネスチャンスになることもあります。

佐藤誠一

細かいことが気になる人は、法人営業に向いてますよ。

⑪臨機応変に動ける人

営業は水物なので、臨機応変な対応が必要だから。

下記はあるあるです。

  • 見込み企業の上層部の考え方が変わった
  • 担当者が変わった
  • 急に契約が取り消しになった

 

佐藤誠一

仕事のトラブルが起きても臨機応変に対応できる人は、法人営業でもやっていけるかと。

反対に、パニックになる人は向いてません。

⑫責任感が強い人

見込み法人に数字を示した以上は、約束を果たさないといけないから。

前述のとおり、法人営業は数字が重視されるので、コミットする必要があります。

「仕事は責任をもってやるものだ」という意識がある人なら大丈夫。

反対に、テキトーな人は向いてません。

⑬飲み会が嫌いな人

法人営業に飲み会は不要だから。

数字で売る営業なので、飲み会はなくても売れます。

注意
というか「飲み会しないと売れない=商品力が弱い」って証拠なので要注意。

そういう会社には転職しない方がいいですよ。

転職会議などの口コミサイトで、飲み会を頻繁にやってないかチェックしておきましょう。

 

転職したい人

平日昼間にサクッと仕事して、プライベートはきちんと確保したい。

という人は法人営業向きです。

反対に、「飲み会をしないと不安」という人は法人営業に向いてません。

⑭まずは相手に与える人

先に見込み法人に利益を与えたら、無条件で売れるから。

具体的には下記のイメージ。

  • 見込み法人にお客さんを紹介して、まず儲けてもらう
  • 見込み法人に良い人材を紹介して採用してもらう
  • 見込み法人の経費を削減してあげる

 

ようは「借り」を作って、お礼に契約をもらえばいいだけですね。

「自分が何かほしいなら、まずは相手に与えるべき」という考え方の人は、法人営業にかなり向いてます。

プレゼントするのが好きな人も才能アリ。

 

ちなみに、この「与える営業」の具体的なノウハウは、営業のコツ14選【営業10年経験者が本当に売れたスキルだけを厳選】にまとめたので興味あればどうぞ。

⑮試行錯誤できる人

法人営業は試行錯誤の連続だから。

具体的には下記のくりかえしです。

  1. Aプランをやってみよう
  2. Aプランのここはうまくいかなかったけど、ここはうまくいった
  3. Aプランのうまくいった部分を活かして、Bプランを試してみよう

佐藤誠一

今までの仕事でも試行錯誤してきた人は、法人営業に向いてます。

反対に、試行錯誤がメンドくさい人は向いてません。

⑯勉強が好きな人

法人営業は、ずっと勉強し続けないと売れないから。

具体的には下記のような勉強が必要です。

  • 自社商品の勉強
  • 競合他社の商品の勉強
  • 見込み法人の業界の勉強

佐藤誠一

今までも仕事の勉強を続けてきた人は、法人営業でもやっていけます。

反対に、勉強するのが嫌いな人は向いてません。

⑰自己投資できる人

自己投資しないと、チャンスが広がらないからです。

具体的には、下記のような行動が必要。

  • 社長が集まる交流会に、参加費を払って行ってみる
  • 経営の勉強会にお金を払って参加して、社長と仲良くなる

佐藤誠一

自己投資を「出費」と考える人は向いてません。

今までの仕事でも自己投資してきた人は、法人営業でもやっていけるでしょう。

⑱新しいことに敏感な人

常に新しい手法を取り入れないと、継続的に売れないからです。

下記のように新しい取り組みが常に必要。

  • 最新の成功事例をマネる
  • 競合他社の成功事例をマネる

変化を嫌う人はちょっと向いてません。

ガンバって変化してきた人は法人営業に向いてます。

 

ちなみに、近年の営業マンの課題は「Webの活用」です。

Webを使ってる営業マンはまだ少ないので、あなたが取り入れたら先行者利益を取れますよ。

詳しいノウハウは「Webを使った営業の完全講義」にまとめたので、転職前の勉強にどうぞ。

⑲あまり落ち込まない人

法人営業は辛辣なことを言われることもあるから。

具体的には下記のようなことがありますよ。

  • 飛び込み営業でバサッと断られる
  • テレアポ営業したらクレームになる
  • 「契約する」と言ってたのに急に断られる

佐藤誠一

人間だから落ち込むのは当たり前ですが、あまり落ち込みすぎないのは重要。

「寝たら忘れる人」は法人営業の才能アリです。

⑳清潔感のある人

清潔感のある見た目は最低限だから。

メラビアンの法則によると、人の印象は下記で決まるそうです。

  • 見た目:55%
  • 声の質:38%
  • 話す内容:7%

 

結論、半分以上は見た目が勝負ですね。

どんなに良いことを言っても、見た目がダメだと売れるものも売れません。

MEMO
普段から見た目に気をつかってる人は、法人営業に向いてます。

㉑自己管理できる人

法人営業は、行き当たりばったりでは売れないから。

営業目標を達成するために、下記を考える必要があります。

  • 今日は何社にアプローチすればいいか
  • いつまでに商談を終わらせる必要があるか
  • 売上が足りない場合はどうするか

いちいち上司が管理してくれない会社が多いので、自己管理能力は必須です。

 

例えば、下記のような人は向いてますね。

  • 上司に言われなくても、すすんで仕事をやってきた
  • 学生時代のテスト勉強は早めに始めていた
  • 夏休みの宿題を前半で終わらせていた

佐藤誠一

自己管理できない人は向いてません。

㉒上昇志向が強い人

法人営業で売れるようになったら、けっこう稼げるから。

業界にもよりますが、年収2000万円以上を稼ぐ営業マンはゴロゴロいますよ。

法人営業は単価が高いので、売れれば稼げます。

燃える人

たくさん売って稼ぎたい!

という人は法人営業向きですね。

 

ちなみに法人営業の年収の詳細は、法人営業の年収ランキング15【稼げる法人営業に転職する4つのコツ】にまとめてます。

㉓いつか起業したい人

法人営業で売れるようになったら、起業しても食っていけるから。

そもそも営業って「お金をもってくる仕事」だし、売れるなら会社に属してる理由がないですよね。

起業して、業務提携して好きな商材を売ればいいだけです。

 

佐藤誠一

僕も法人営業で起業しました。

「自由に生きたい人」は法人営業が向いてると思います。

ちなみに営業で起業する方法は、フルコミッション営業を経験者が解説【あなたがやっていけるか診断】にまとめたので興味あればどうぞ。

法人営業の種類別に向いてる人の特徴を解説

法人営業の種類別に向いてる人の特徴を解説

転職を考える人

法人営業っていっても、いろいろ種類があるでしょ?

法人営業の種類ごとに向いてる人の特徴も知りたいな。

結論、法人営業には主に下記の5種類があります。

  1. 新規営業
  2. ルート営業
  3. 飛び込み営業
  4. テレアポ営業
  5. 反響営業

それぞれ向いてる人の特徴を解説しますね。

※ちなみに法人営業の種類については、法人営業は7種類ある【あなたに向いてる法人営業が一発でわかる方法】に詳しくまとめてます。

法人の新規営業に向いてる人の特徴17選

法人の新規営業に向いてる人の特徴は下記の17個です。

9つ以上に当てはまるなら向いてるかと。

  1. 行動しながら考える人
  2. 年上からかわいがられる人
  3. 初対面の人とすぐ仲良くなれる人
  4. 空気を読める人
  5. 人のせいにしない人
  6. マメな人
  7. 人と違うことをしたい人
  8. 記憶力がある人
  9. 相手の悩みに親身になれる人
  10. 体力がある人
  11. マルチタスクが得意な人
  12. プライドが高くない人
  13. バカになれる人
  14. プレッシャーに強い人
  15. 負けず嫌いの人
  16. ウソをつける人
  17. 理不尽に耐えられる人

詳しくは、【適職診断】営業職に向いている人の特徴49選【25個以上なら天職】にまとめてます。

法人のルート営業に向いてる人の特徴15選

法人のルート営業に向いてる人の特徴は下記の15個です。

8つ以上に当てはまれば向いてるかと。

  1. 話したことを覚えてる人
  2. 細かいことが気になる人
  3. 面倒見がいい人
  4. 人と話すのが好きな人
  5. 誰とでも仲良くできる人
  6. 話を聞くのが好きな人
  7. 効率的な人
  8. 体力がある人
  9. 年上にかわいがられる人
  10. 古い友達が多い人
  11. 約束を守れる人
  12. リサーチが好きな人
  13. 勉強が得意な人
  14. 論理的思考ができる人
  15. メンタルが強い人

詳しくは、ルート営業に向いてる人の15の特徴【転職に失敗しないコツも解説】にまとめてます。

法人の飛び込み営業に向いてる人の特徴7選

法人の飛び込み営業に向いてる人の特徴は下記の7つです。

4つ以上に当てはまれば向いてるかと。

  1. 鋼のメンタルの持ち主
  2. 話がうまい人
  3. 第一印象が良い人
  4. 頭の回転が速い人
  5. 体力がある人
  6. クレームに強い人
  7. バカになれる人

詳しくは、飛び込み営業に向いてる人の7つの特徴【鋼のメンタルがないときつい】にまとめてます。

法人向けのテレアポ営業に向いてる人の特徴7選

法人のテレアポ営業に向いてる人の特徴は下記の7つです。

4つ以上に当てはまれば向いてるかと。

  1. メンタルが強い人
  2. 怒られてもヘッチャラな人
  3. 切り替えが速い人
  4. 罪悪感がない人
  5. いい声の人
  6. 相手の話を聞ける人
  7. 体力がある人

詳しくは、【経験者が解説】テレアポ営業に向いてる人の特徴7選【きついですよ】にまとめてます。

法人向けの反響営業に向いてる人の特徴7選

反響営業とは、問い合わせしてきた人に営業する手法のことです。

法人の反響営業に向いてる人の特徴は下記の7つ。

4つ以上に当てはまれば向いてると思います。

  1. 人の話を聞ける人
  2. テレアポ営業が得意な人
  3. 臨機応変に対応できる人
  4. 強引な人
  5. クレームに強い人
  6. 勉強が好きな人
  7. マーケティングを理解してる人

詳しくは、【経験者が解説】反響営業に向いてる人の特徴7選【意外と難しいです】にまとめてます。

法人営業の業界別の向いてる人の特徴

転職を考える人

そもそも、法人営業ってどんな業界があるの?

業界によっても向いてる人の特徴は違うの?

法人営業の業界と、それぞれに向いてる人の特徴は下記のとおりです。

業界 向いてる人
IT業界 新しいものが好きな人、論理的思考ができる人
メーカー 人付き合いがいい人、交渉がうまい人
インフラ業界 ヘコヘコしたくない人、安定して稼ぎたい人
石油業界 ヘコヘコしたくない人、安定して稼ぎたい人
不動産業界 度胸がある人、上昇志向が強い人
金融業界 プレッシャーに強い人、メンタルが強い人
広告業界 メンタルが強い人、体力がある人
人材業界 フットワークが軽い人、人当たりがいい人
建設業界 面倒見がいい人、マメな人
商社営業 論理的思考ができる人、プレゼンがうまい人
コンサルティング業界 論理的思考ができる人、起業しても稼げる人
医薬品業界 勉強ができる人、簡潔に話せる人
印刷業界 人当たりがいい人、マメな人
旅行業界 提案力がある人、人当たりがいい人
運送業界 元気な人、交渉力がある人

 

各業界の詳細は、法人営業の業界15選【ラクに売れて稼ぎやすい4つの業界も紹介する】にまとめてます。

佐藤誠一

転職に失敗しないためにも、あなたに向いてる業界を選びましょう。

法人営業に向いてない人の特徴7選【4つ以上に該当するならやめとけ】

法人営業に向いてない人の特徴7選【4つ以上に該当するならやめとけ】

転職を考える人

反対に、法人営業に向いてない人ってどんな人?

結論、下記の7つに該当する人はあまり向いてません。

特に4つ以上に当てはまる人は、法人営業は辞めといた方がいいかも…

  1. 話が長い人
  2. 感情的な人
  3. 人間関係を重視しすぎる人
  4. 数字に弱い人
  5. 逆算できない人
  6. スピリチュアルが好きな人
  7. パソコン操作が苦手な人

あなたがいくつ当てはまるか数えてみてください。

1つずつ解説しますね。

①話が長い人

法人営業の商談は30分~1時間だから。

正直、余計な話をしてるヒマはありません。

下記のような人はあまり向いてないかと。

  • ついつい余計な話をしてしまう
  • よく脱線してしまう
  • 雑談が好き

 

こういった人は、個人営業の方が向いてますね。

参考:【7年経験者が解説】個人営業に向いてる人の9つの特徴【きついです】

②感情的な人

法人営業は、数字やロジカルシンキングが必要な営業だから。

感情的な人は商談でミスしやすいので、あまりおすすめしません。

佐藤誠一

感情的な人は、クリエイターとかの方が向いてます。

③人間関係を重視しすぎる人

法人営業は、人間関係より数字が重視されるから。

担当者もすぐ変わるので、人間関係はあまり深くならないことも多いです。

 

人間関係重視の人は、個人営業の方が向いてます。

詳しくは、【7年経験者が解説】個人営業に向いてる人の9つの特徴【きついです】をどうぞ。

④数字に弱い人

法人営業は数字で売る営業だからです。

注意
根拠をもって説明しないと、稟議が通らず売れません。

根拠を出すには、数字が必要不可欠。

正直、数字に弱いのは致命的です。

⑤逆算できない人

法人営業は契約までの期間が長いからです。

プレゼンしてから稟議の結果を待たないといけないので、すぐに契約をもらえるわけではありません。

注意
逆算して営業しないと、締め日に間に合わずノルマを達成できなくなります。

佐藤誠一

計画的に行動できない人は、ちょっとやっていけないかと…

⑥スピリチュアルが好きな人

法人営業はロジカルシンキングが必要だから。

スピリチュアルな要素はゼロです。

 

営業は下記が現実。

  • 運で営業するのは素人
  • 論理的に営業するのがプロ

スピリチュアルに頼る人は売上が安定しにくいので、あまりおすすめしません。

この辺は、【悲報】営業に運は関係ない【イチローから学ぶ運気を上げる方法】に詳しくまとめてます。

⑦パソコン操作が苦手な人

法人営業は、わかりやすい資料を作れないと売れないから。

注意
見込み法人の担当者は、あなたが作ったプレゼン資料をそのまま稟議にかけます。

担当者はあなたが売る商品のプロじゃないので、上層部にうまく説明してくれないのが普通。

 

「見ただけで売れる」というレベルの資料を作らないと、稟議が通らず売れません。

 

パワーポイントなどの操作に不慣れだと苦戦するでしょう。

ちなみに、稟議が通りやすいプレゼン資料の作り方は、営業のプレゼンテーションの9ステップ【成約率が上がる資料のコツ】にまとめたので参考にどうぞ。

法人営業のきついところ5選【大変なところも知ってから検討しよう】

法人営業のきついところ5選【大変なところも知ってから検討しよう】

転職を考える人

法人営業のきついところも知っておきたいな。

悪いことも知った上で慎重に検討したい。

結論、法人営業のきついところは下記の5つです。

  1. 受付を突破できない
  2. 新規のアポを取りにくい
  3. ノルマがきつい
  4. 会社によっては飲み会や接待がある
  5. 稟議を通さなければならない

 

詳細は、法人営業のきついところ5選【個人営業と比較してメリットも解説】にまとめたので、事前に知ってから検討しましょう。

法人営業のやりがいや魅力【楽しいところも知っておこう】

転職を考える人

反対に、法人営業のやりがいって何?

やりがいや魅力は下記の7つです。

  1. 年収が高い
  2. 仕事がダイナミック
  3. 社長の人脈が広がる
  4. 起業しやすくなる
  5. 自信がつく
  6. キャリアパスの選択肢が多い
  7. ワークライフバランスが良い

 

詳しくは、法人営業のやりがいや魅力7選【人の役に立つ仕事じゃないと辛くなる】にまとめてます。

佐藤誠一

法人営業はとてもやりがいがある仕事です。

やりがいときついところを知った上で、それでも挑戦したいなら転職してみましょう。

法人営業で売れるコツ【転職前に勉強しておこう】

法人営業で売れるコツ【転職前に勉強しておこう】

転職を考える人

ちなみに、法人営業ってどうやって売るの?

売り方がわからないと、転職していいか不安…

法人営業のコツをちょっとだけ紹介すると、下記のとおりです。

  1. 法人営業リストはググればOK
  2. 法人営業の新規開拓は問い合わせフォームから
  3. アプローチは未来を伝える
  4. 初回訪問はヒアリングに徹する
  5. ヒアリングで潜在ニーズをつかむ
  6. プレゼンテーションは型でOK
  7. 法人営業のクロージングは「みんな買ってて残りわずか」

 

詳しいノウハウは、法人営業のコツ14選【スキルアップするやり方やおすすめの本も解説】にまとめてます。

佐藤誠一

実際に法人営業で売れたノウハウだけをまとめた記事です。

転職前に売り方もイメージしたい人は、勉強にどうぞ。

未経験から法人営業に転職するとき失敗しない3つのコツ

未経験から法人営業に転職するとき失敗しない3つのコツ

転職を考える人

ちなみに、未経験で法人営業に転職するときのコツがあれば教えてほしい。

転職に失敗したくないなぁ…

結論、転職に失敗しないコツは下記の3つです。

  1. 先に法人営業の勉強をしておく
  2. 売れやすい法人営業を選ぶ
  3. あなたが好きになれる商材を選ぶ

1つずつ解説しますね。

【コツ①】先に法人営業の勉強をしておく

先に勉強しておくと、スムーズに法人営業に入っていけるからです。

先ほど紹介した、法人営業のコツ14選【スキルアップするやり方やおすすめの本も解説】でも勉強できますし、本で勉強するのも良いでしょう。

 

法人営業でおすすめの本は下記の3冊です。

どれも1000円台の本ですが、売れるので投資回収は楽勝です。

佐藤誠一

僕もこの本で勉強しました。

成功したいなら、きちんと勉強しましょう。

【コツ②】売れやすい法人営業に転職する【おすすめ4選】

どうせ転職するなら、売れやすい法人営業がおすすめです。

割とラクに売れるので、仕事が楽しくなるから。

 

具体的には下記の4つの法人営業がおすすめです。

  1. IT・Web系
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

IT・Web系は常に最新技術が生まれてるので、目新しさで売れます。

佐藤誠一

僕もWeb系の営業をやりましたが、ラクに売れました。

 

インフラ・石油・大手メーカーは、営業マンの立場が強いので売れやすい感じ。

4つの法人営業の詳細や、未経験から転職するコツは、営業職でおすすめの業界4選【選定条件や12のおすすめしない業界】にまとめてます。

注意
どの業界に転職するかで、収入や売りやすさが決まってしまいます。

業界選びは慎重に。

【注意】おすすめしない法人営業6選

転職を考える人

反対に、おすすめしない法人営業ってあるの?

結論、下記の6つはおすすめしません。

おすすめしない営業 理由
保険営業 ノルマがきつすぎる
不動産営業 競合が多い、ノルマがきつい
広告営業 クレームが多い、ノルマがきつい
コピー機の営業 ペーパーレスで売りにくい
MR(医薬品営業) 医師に売るのは難易度が高い
銀行の営業 ノルマが多すぎる

 

6つの営業の詳細は、営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】を参考にどうぞ。

佐藤誠一

おすすめしない法人営業だと努力が実を結びにくいので、モチベーションを保つのも大変です。

僕は保険営業を7年やりましたが地獄でした。

【コツ③】あなたが好きになれる商材を選ぶ

好きな商材じゃないと売れないからです。

想像してみてください、下記って最悪じゃないですか?

注意
ホントは商材を良いと思ってないけど、ノルマがあるからムリやり売る。

お客様に罪悪感があり、売れれば売れるほど辛くなる。

基本ですが、好きな商材じゃないと仕事が楽しくないですよ。

 

転職を考える人

でも、好きな商材とかよくわからないなぁ…

という人は、営業に強い転職エージェントに商材リストを見せてもらうのもアリかと。

転職エージェントは企業の商材をよくわかってるし、キャリアカウンセラーが無料で適性診断もしてくれるので、あなたが好きになれる商材が見つかりやすいです。

 

適性診断してもらいつつ、商材リストを見せてもらいつつ、興味ある商材や会社があれば詳しく話を聞いてみるといいかなと。

営業に強い転職エージェントは下記の記事にまとめたので、必要ならどうぞ。

法人営業に向いてない人におすすめの転職先3選

法人営業に向いてない人におすすめの転職先3選

転職を考える人

どうやら僕は法人営業に向いてないみたいだ…

じゃあ、どんな仕事なら向いてるのかな?

適性診断の結果、法人営業に向いてないようなら下記の3つの転職先がおすすめです。

  1. 個人営業に転職する
  2. 手に職がつく仕事に転職する
  3. あなたに向いてる仕事に転職する

こちらも1つずつ解説しますね。

【転職先①】個人営業に転職する

法人営業に向いてなくても、個人営業なら向いてるかもしれないから。

個人営業に向いてる人の特徴は下記の9つです。

5つ以上に当てはまれば向いてるかと。

  1. 聞き上手な人
  2. 人を笑わせるのが得意な人
  3. 誰とでも仲良くなれる人
  4. 記憶力がある人
  5. 人望のある人
  6. マメな人
  7. 休まず働ける人
  8. お酒を飲める人
  9. 年上からかわいがられる人

 

詳しくは、【7年経験者が解説】個人営業に向いてる人の9つの特徴【きついです】にまとめてます。

佐藤誠一

個人営業のやりがいもまとめてるので参考にどうぞ。

【転職先②】手に職がつく仕事に転職する

転職を考える人

う~ん、というか営業自体が不安になってきた…

営業以外ならどんな仕事がおすすめ?

結論、手に職がつく仕事がいいですよ。

終身雇用も崩壊したことだし、手に職をつけないと安定して食っていけないから。

 

これからも需要があって、おすすめの手に職は下記の7つです。

※どれも未経験から転職できます。

仕事 平均年収
プログラマー

(慣れれば在宅可)

450万円(振れ幅300万~2000万円)
インフラエンジニア

(残業少なめ)

500万円(振れ幅300万~1000万円)
Webデザイナー

(女性向けのデザインの仕事)

450万円
Webライター

(在宅可)

10万~700万円
マーケティング

(副業でも稼げる)

500万円
宅地建物取引士

(独占業務資格で安定)

450万円
CADオペレーター

(手に職がつく事務職)

470万円

 

7つの仕事の詳細や、未経験から転職する手順は下記の2記事にまとめてます。

佐藤誠一

ちなみに、現在の僕はWebライターです。

手に職をつけたので、在宅で年収750万円くらい。

 

ありがたいことに、けっこう幸せです。

【転職先③】あなたに向いてる仕事に転職する

転職に迷う人

う~ん、どれもピンとこないなぁ…

という人は「あなたに向いてる仕事」がおすすめ。

向いてる仕事は最初は興味ないけど、だんだん楽しくなってくるから。

 

具体的には下記のような「人生の好循環」が起き始めます。

  1. 興味ないけど、向いてるから仕事ができてしまう
  2. 上司や先輩からほめられる
  3. ほめられて嬉しいから、もっと頑張る
  4. 向いてる上にガンバるから、もっと成果が出る
  5. 仕事に自信がついて、いつの間にか仕事が楽しくなる

佐藤誠一

結論、生きてること自体も楽しくなってきますよ。

【体験談】僕は営業よりWebライターの方が向いてた(笑)

さんざん法人営業のことをお伝えしてきてアレですが、僕は営業よりWebライターの方が向いてました。

営業より少ない力で、大きな成果が出たから。

 

Webマーケティング営業時代に、Webライター業務が必要になったので仕方なく始めました。

でもやってみたら、Webライターの方が成果が出たんですよね。

クライアントに喜んでもらえたので、うれしくなってもっと頑張りました。

そしたら、さらに成果がでる好循環に…

 

いつの間にかWebライターが好きになってたので、転職しちゃいました。

今では夫婦でのんきにノマド生活しながら仕事してるので、かなり幸せです。

佐藤誠一

結論、向いてる仕事は最初は興味ないけど、だんだん楽しくなってきます。

あなたに向いてる仕事が一発でわかる方法

向いてる仕事がわからない人

でも、自分に向いてる仕事なんてわからないよ…

という人は、プロのキャリアカウンセラーに適職診断してもらうといいかと。

適職診断ツールを使いつつ、ヒアリングしてくれつつ、高精度であなたに向いてる仕事を絞ってくれるから。

転職エージェントのキャリアカウンセラーだと無料です。

適職診断結果をもとに、あなたと相性がいい求人も見せてくれるので一石二鳥かと。

 

特に適職診断が強い転職エージェントは下記の3つ。

登録してサクッと適職診断を受けつつ、求人情報をみつつ、良さげな求人があれば詳しく話を聞いてみるといいと思います。

  • doda:求人数が約10万件の大手。適職診断の精度も高い
  • ウズウズ:20代向け。他社の10倍のカウンセリングで向いてる仕事を徹底追求。転職後の定着率95%
  • マイナビエージェント:高精度で独自の適職診断ツールあり。サポート無制限だから納得いくまで向いてる仕事がわかる

まとめ【あなたが法人営業に向いてる人か適性診断して転職しよう】

まとめ【法人営業に向いてる人の特徴は10個】

最後にもう一度、法人営業に向いてる人の23の特徴をまとめておきます。

12個以上に当てはまれば、あなたは法人営業に向いてます。

  1. リサーチが得意な人
  2. 根回しできる人
  3. コミュニケーション能力が高い人
  4. ロジカルシンキングができる人
  5. ヒアリング能力が高い人
  6. ドライに交渉できる人
  7. ドライな中にもちょっとした人間くささがある人
  8. 堂々としてる人
  9. 明るすぎない人
  10. 細かいことに気づける人
  11. 臨機応変に動ける人
  12. 責任感が強い人
  13. 飲み会が嫌いな人
  14. まずは相手に与える人
  15. 試行錯誤できる人
  16. 勉強が好きな人
  17. 自己投資できる人
  18. 新しいことに敏感な人
  19. あまり落ち込まない人
  20. 清潔感のある人
  21. 自己管理できる人
  22. 上昇志向が強い人
  23. いつか起業したい人

 

もし法人営業に向いてそうなら、さっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと何も始まらないので。

今日から転職活動を始めてみてください。

注意
当たり前ですが、良い求人から他の人に取られていきます。

あなたに合う求人が来週にはなくなってることも…

 

本来なら転職できたはずの会社を逃すのは、人生単位の損失です。

 

転職を考える人

う~ん、どうしよう…

と考えてても答えは出ないので、転職活動しながら考えていきましょう。

転職活動の始め方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

 

未経験から法人営業への転職に失敗しないコツは、下記の3つです。

  1. 先に法人営業の勉強をしておく
  2. 売れやすい法人営業を選ぶ
  3. あなたが好きになれる商材を選ぶ

 

特におすすめの法人営業は下記の4つ。

  1. IT・Web系
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

4つの法人営業の詳細や、未経験から転職するコツは、営業職でおすすめの業界4選【選定条件や12のおすすめしない業界】を参考にどうぞ。

 

あなたが好きになれる商材がわからない場合は、営業に強い転職エージェントに商材リストを見せてもらうとラクです。

 

反対に、法人営業に向いてない人におすすめの転職先は下記の3つです。

  1. 個人営業に転職する
  2. 手に職がつく仕事に転職する
  3. あなたに向いてる仕事に転職する

 

手に職がつくおすすめの仕事は下記の7つです。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング
  6. 宅地建物取引士
  7. CADオペレーター

7つの仕事の詳細や、未経験から転職する手順は下記の2記事にまとめてます。

 

また、あなたに向いてる仕事は、プロのキャリアカウンセラーに適職診断してもらうと高精度でわかります。

  • doda:求人数が約10万件の大手。適職診断の精度も高い
  • ウズウズ:20代向け。他社の10倍のカウンセリングで向いてる仕事を徹底追求。転職後の定着率95%
  • マイナビエージェント:高精度で独自の適職診断ツールあり。サポート無制限だから納得いくまで向いてる仕事がわかる

 

あとは行動あるのみ。

今日から一歩を踏み出してみてください。

あなたの今後の人生設計の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ