IT営業に必要な7つのスキル【あなたがIT営業に向いてる人か診断】

IT営業に必要な7つのスキル【あなたがIT営業に向いてる人か診断】

転職を考える人

IT営業に必要なスキルを知りたいな。

将来性がありそうだし、稼げそうだからIT営業に興味があるけど、未経験だからやっていけるか不安…

 

どんなスキルが必要で、どうすればスキルを身につけられるのかな?

できれば転職前にスキルを身につけたい。

転職に失敗したくないなぁ…

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • IT営業に必要なスキルがわかる
  • IT営業に必要なスキルを身につける方法がわかる
  • IT営業に向いてる人の特徴がわかる
  • IT営業に転職する前に勉強しておいた方がいいことがわかる
  • 未経験からIT営業への転職に失敗しないコツがわかる

 

僕、佐藤誠一は元IT営業マンです。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業
26~31歳 メットライフ生命の営業
31~33歳 保険代理店の営業
33~36歳 Webマーケティングの営業(IT営業)
36歳~現在 Webライター

 

結論、IT営業に必要なスキルは下記の7つです。

  1. マーケティングスキル
  2. リサーチスキル
  3. 新規開拓のスキル
  4. ヒアリングスキル
  5. プレゼンスキル
  6. クロージングスキル
  7. マネジメントスキル

僕はこの7つのスキルで、上場企業からも契約をもらってました。

 

この記事では、IT営業に必要なスキルと、そのスキルを身につける方法を紹介します。

実際にIT営業で売れてた僕が書いた記事なので、それなりに信ぴょう性があるかと。

佐藤誠一

IT営業に転職してきちんと稼げるようになると思うので、挑戦したい人は最後まで読んでみてください。

【基礎情報】IT営業の仕事内容

【基礎情報】IT営業の仕事内容

前提として、IT営業の仕事内容を知っておきましょう。

主な仕事内容は下記のとおり。

  • 見込み客の新規開拓
  • 見込み客のヒアリング
  • プレゼン資料などの作成
  • プレゼンして自社商品・サービスを売る
  • 契約作業
  • アフターフォロー
  • 技術者との打ち合わせ

 

また、一口に「IT営業」といっても下記の10種類があります。

  1. ハードウェア営業
  2. ソフトウェア営業
  3. SIer営業
  4. 受託開発の営業
  5. クラウドサービスの営業
  6. AIの営業
  7. VR・AR・MRの営業
  8. ブロックチェーンの営業
  9. ITコンサル
  10. Web系の営業

IT営業の詳細な仕事内容は、10種類のIT営業の仕事内容【未経験者におすすめの4つのIT営業も解説】にまとめたので基礎知識としてどうぞ。

IT営業に必要な7つのスキル【スキルを身につける方法も紹介】

IT営業に必要な7つのスキル【スキルを身につける方法も紹介】

転職を考える人

で、IT営業に必要なスキルって何?

くりかえしですが、下記の7つです。

  1. マーケティングスキル
  2. リサーチスキル
  3. 新規開拓のスキル
  4. ヒアリングスキル
  5. プレゼンスキル
  6. クロージングスキル
  7. マネジメントスキル

1つずつ解説します。

佐藤誠一

スキルを身につける方法も紹介しますね。

①マーケティングスキル

マーケティングスキル=集客力なので、営業マンの必須スキルです。

どんなに上手に話せるとしても、話す相手がいなければ売れません。

 

具体的に、IT営業に活かせるマーケティングスキルは下記の3つです。

  1. フロントエンドとバックエンド
  2. 見込み客を増やして接触頻度を増やす
  3. 顧客を見込み客・既存客・固定客に分けて管理

営業とマーケティングの違い【営業マンが1人でやれば売れ続ける戦略】で、マーケティングスキルを身につける方法がわかります。

②リサーチスキル

リサーチスキルが必要な理由は、良い見込み客を見つけるため。

佐藤誠一

例えば、お金がない見込み客ばかりに営業しても、効率的に売れません。

良い見込み客だけに営業すると、少ない労力で大きな成果を出せます。

 

具体的に、見込み客をリサーチする方法は下記があります。

  • ホームページ
  • ニュースリリース
  • IR情報
  • 東京商工リサーチ
  • 帝国データバンク
  • SNS
  • YouTube

詳しいリサーチノウハウは、法人営業の新規開拓の方法3ステップ【自動集客のマーケティング戦略】にまとめたので勉強にどうぞ。

③新規開拓のスキル【アポ取りのスキル】

見込み客を新規開拓して、アポを取れるスキルが必要です。

アポが取れないと商談に進めないから。

 

具体的な新規開拓スキルは下記のとおり。

  • メールでアポを取る
  • 見込み法人のホームページの問い合わせフォームからアポをとる
  • ミニセミナーをYouTube動画にして見込み法人にURLを送る
  • 紹介依頼して紹介連鎖を起こす
  • Webを使って新規の見込み客を集める
  • 飛び込みとテレアポはやらない

こちらも、法人営業の新規開拓の方法3ステップ【自動集客のマーケティング戦略】でスキルを身につける方法がわかります。

④ヒアリングスキル

ヒアリングスキルが必要な理由は、見込み客の悩みを聞き出せないと提案できないから。

「IT営業=相手の悩みをITで解決する仕事」だと思ってもらってOKです。

 

悩みを聞き出せないと話にならないので、ヒアリングスキルを身につけましょう。

具体的なヒアリングのノウハウは下記の7つです。

  1. 事前に見込み客を調べる
  2. ヒアリングシートを使えば楽勝
  3. SPINで質問する
  4. 3C分析をする
  5. BANTで質問する
  6. 想像させる
  7. 「ぶっちゃけた話…」と聞く

営業のヒアリングのコツ7選【法人契約をもらいまくったテクニック】で、スキルを身につける方法がわかります。

⑤プレゼンスキル

プレゼンスキルが必要な理由は、上手に伝えられないと売れないから。

結論、型どおりにプレゼンすれば売れます。

 

佐藤誠一

僕が実際にプレゼンして、一番売れたのは下記の9ステップです。

  1. ヒアリングで明らかになった見込み客の問題点・悩みを共有・再確認
  2. 商品のメリットではなく、商品から得られる結果を伝える
  3. 理由や根拠を数字で示す
  4. 他社と何が違いのか説明
  5. 1つデメリットを伝える
  6. こちらのメリットも伝える
  7. 他のお客様の声や事例
  8. 手軽に購入できることを伝える
  9. 希少性を伝える

この9ステップの型で上場企業から契約をもらってました。

営業のプレゼンテーションの9ステップ【成約率が上がる資料のコツ】でプレゼンスキルを身につける方法がわかるので、勉強にどうぞ。

⑥クロージングスキル

クロージングスキルが必要な理由は、見込み客の背中を押してあげないと買ってくれないから。

具体的なクロージングスキルは下記のとおりです。

  • みんな買ってて残りわずか
  • 最初にクロージングする
  • 商品から得られる結果を伝える
  • 3つ提案する
  • あえて他社をすすめる
  • 契約しない方がいいケースを伝える
  • 「買わない損失」も伝える

 

詳しくは【実証済み】営業クロージングのコツ15選【成約率70%の話法を解説】をどうぞ。

佐藤誠一

クロージングスキルの身につけ方もわかります。

⑦マネジメントスキル

IT営業は、契約をもらった後が大事な仕事なので。

例えば、システム開発であれば契約後に開発が始まるので、営業マンがお客様と技術者の橋渡しになってプロジェクトを進める必要があります。

 

具体的には下記のようなマネジメントが必要です。

  • プロジェクトを進めるマネジメント
  • 技術者を取りまとめるマネジメント
  • アフターフォローする力

転職を考える人

マネジメントとかやったことない…

という人は、本で勉強するのがおすすめです。

昔に流行った本ですが、わかりやすくマネジメントを学べるので、転職前に勉強しておきましょう。

IT営業に向いてる人の特徴23選

IT営業に向いてる人の特徴23選

転職を考える人

IT営業に必要なスキルはなんとなくわかったけど、そもそも僕はIT営業に向いてるのかな…?

向いてなかったらどうしよう…

結論、IT営業に向いてる人の特徴は下記の23個です。

12個以上に当てはまるなら、あなたはIT営業に向いてます。

あなたがいくつ当てはまるか数えてみましょう。

  1. リサーチが得意な人
  2. 根回しできる人
  3. コミュニケーション能力が高い人
  4. ロジカルシンキングができる人
  5. ヒアリング能力が高い人
  6. ドライに交渉できる人
  7. ドライな中にもちょっとした人間くささがある人
  8. 堂々としてる人
  9. 明るすぎない人
  10. 細かいことに気づける人
  11. 臨機応変に動ける人
  12. 責任感が強い人
  13. 飲み会が嫌いな人
  14. まずは相手に与える人
  15. 試行錯誤できる人
  16. 勉強が好きな人
  17. 自己投資できる人
  18. 新しいことに敏感な人
  19. あまり落ち込まない人
  20. 清潔感のある人
  21. 自己管理できる人
  22. 上昇志向が強い人
  23. いつか起業したい人

あなたはいくつ当てはまりましたか?

詳しくは、法人営業に向いてる人の特徴23選【適性がないなら転職はやめとけ】にまとめたので適性診断にどうぞ。

佐藤誠一

法人営業の記事ですが、IT営業とほぼ一緒です。

【注意】IT営業に向いてない人の特徴7選

転職を考える人

反対に、IT営業に向いてない人ってどんな人?

IT営業に向いてない人の特徴は、下記の7つです。

4つ以上に当てはまるなら、IT営業はちょっと考えた方がいいかも…

  1. 話が長い人
  2. 感情的な人
  3. 人間関係を重視しすぎる人
  4. 数字に弱い人
  5. 逆算できない人
  6. スピリチュアルが好きな人
  7. パソコン操作が苦手な人

こちらも、法人営業に向いてる人の特徴23選【適性がないなら転職はやめとけ】で解説してます。

佐藤誠一

転職に失敗しないためにも、適性診断しておきましょう。

IT営業に転職する前に勉強しておいた方がいいこと

IT営業に転職する前に勉強しておいた方がいいこと

転職を考える人

ちなみに、IT営業に転職する前に勉強しといた方がいいことってある?

スムーズに仕事に入っていきたいな…

結論、転職前に勉強しといた方がいいことは下記の5つです。

  1. IT業界の知識
  2. 応募する企業の商材の知識
  3. 競合他社の商材の知識
  4. 見込み客の業界の知識
  5. 技術的な知識(ITスキルと営業スキル)

 

5つの詳細は、IT営業に必要な5つの基礎知識【最速の勉強法は転職しちゃうこと】にまとめてます。

佐藤誠一

転職後もスムーズに仕事ができるので、先に勉強しておくのがおすすめです。

【ちなみに】IT系の資格はなくてOK

転職を考える人

ちなみに、IT系の資格ってなんか取った方がいいの?

結論、IT系資格は取らなくていいです。

技術者向けの資格が多いので、IT営業マンはなくても大丈夫。

佐藤誠一

僕も資格はもってません。

資格がなくても営業はできます。

 

ただし、IT知識を勉強するためなら、資格の勉強はアリだと思います。

※勉強することが目的なので、合格しなくてもOK。

IT営業マンが取得してもいいかなと思う資格は、IT営業におすすめの資格9選【断言:もっとも必要なのは営業力です】にまとめたので興味あればどうぞ。

未経験からIT営業に転職する方法【失敗しないコツ】

未経験からIT営業に転職する方法【失敗しないコツ】

転職を考える人

IT営業に必要なスキルとか知識はなんとなくわかったけど、転職のコツも教えてほしい。

そもそも、転職できなかったら勉強する意味ないもんね…

結論、未経験からIT営業に転職するコツは下記の4つです。

  1. 未経験でも採用されやすいIT営業に絞る
  2. ITの基礎知識を勉強しておく
  3. 世の中に役立つ商材を扱う会社を選ぶ
  4. あなたと相性が良いIT企業を選ぶ

 

詳しい転職ノウハウは、IT営業は未経験でも転職できる【転職に失敗しない5つのコツも解説】にまとめたので参考にしてみてください。

佐藤誠一

これでだいぶ転職の失敗を減らせます。

ITの勉強をしていることをアピールする

面接で答える人

もうIT営業に必要な勉強を始めています。

とアピールすると、やる気が伝わって採用されやすいです。

 

具体的には下記のような勉強をしておくと、内定率がアップします。

  • ITの本を読んでいる
  • 応募企業の商品を勉強している
  • 見込み客企業の業界を勉強している

佐藤誠一

「やる気あります!」だけだと誰でも言えちゃうので、勉強していることを伝えて本気をアピールしましょう。

「競合他社をリサーチしている」とアピールする

こちらもやる気が伝わるので、内定率がアップします。

すでに入社しているかのように競合調査をすると、採用担当者は「すでにうちの社員」のように思って採用したくなる感じですね。

※もちろん中身が伴ってないと説得力がないので、きちんとリサーチしましょう。

 

面接で答える人

競合他社をリサーチした結果、やはり御社が一番だと思ったので志望します。

と言うと、しっかり企業研究してることが伝わって採用されやすいです。

MEMO
ついでに、リサーチで商材が強いIT企業を探しましょう。

商材が弱いとノルマ達成が難しいですよ…

商材・サービスを好きになれるIT企業に転職する

あなたが好きになれないIT商材・サービスは売れないからです。

注意
営業マンにとって一番の地獄は、「本当はよいと思ってない商品をムリやり売ること」です。

売れば売るほど、罪悪感が大きくなっていきますよ。

 

あなたが本当に良いと思える商材は、自然とすすめられるので自然と売れていきます。

佐藤誠一

シェア率や商品力はもちろん大切ですが、あなたが好きになれる商材を扱うIT企業に転職しましょう。

あなたが好きになれるIT商材・サービスを見つける方法

好きな商材がない人

う~ん、でも自分が好きになれる商材とかサービスってどうやって探すの?

IT未経験だから、そもそも良い商材かどうか判断すらできない…

という人は、IT営業に強い転職エージェントを活用するとラクです。

ヒアリングしてくれて、あなたが好きになれそうなIT商材を売ってる会社を絞ってくれるから。

佐藤誠一

転職エージェントはIT企業の商材をよくリサーチしてるので、あなたが調べる手間を省けます。

 

登録してサクッとキャリアカウンセリングを受けつつ、あなたに合いそうな商材リストを見せててもらいつつ、気になったIT商材や会社があれば詳しく話を聞いてみるといいと思います。

IT営業に強い転職エージェントは下記の2記事にまとめたので、必要ならどうぞ。

まとめ【IT営業に必要なスキルを勉強して活躍しよう】

まとめ【IT営業に必要なスキルを勉強して活躍しよう】

最後にもう一度、IT営業に必要な7つのスキルをまとめておきます。

  1. マーケティングスキル
  2. リサーチスキル
  3. 新規開拓のスキル
  4. ヒアリングスキル
  5. プレゼンスキル
  6. クロージングスキル
  7. マネジメントスキル

 

下記の記事でスキルを身につけられるので、さっそく勉強を始めてみてください。

※マネジメントスキルは「もしドラ」で学べます。

 

また、未経験からIT営業への転職に失敗しないコツは下記の7つです。

  1. 未経験でも採用されやすいIT営業に絞る
  2. ITの基礎知識を勉強しておく
  3. 世の中に役立つ商材を扱う会社を選ぶ
  4. あなたと相性が良いIT企業を選ぶ
  5. ITの勉強をしていることをアピールする
  6. 「競合他社をリサーチしている」とアピールする
  7. 商材・サービスを好きになれるIT企業に転職する

詳しい転職ノウハウは、IT営業は未経験でも転職できる【転職に失敗しない5つのコツも解説】にまとめてます。

 

あなたが好きになれる商材・サービスがわからない場合は、IT営業に強い転職エージェントに絞ってもらうとカンタンにわかります。

 

あとは行動あるのみ。

さっそく今日からできることを始めてみてください。

あなたの転職の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ