営業の離職率が低い業界を解説【離職率が高い会社を見抜く方法】

営業の離職率が低い業界を解説【離職率が高い会社を見抜く方法】

営業の離職率が低い業界は、どこなのかなぁ?

もっと稼ぎたいし、成長したいから営業に興味があるんだよね。

 

でも、営業って離職率が高そう…

ブラック企業も多そう…

 

やる前からこんなこと思うのは良くないけど、やっぱり不安…

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業の離職率が低い業界を解説【メーカーが良い】
  • 営業の離職率が高い業界【覚悟が必要】
  • 営業の離職率が高い会社を見抜く7つの方法

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験があります。

 

保険営業は離職率が90%以上だったので、離職率の高い業界は経験済みです。

 

また、営業を長くやってると、営業マンの友達も増えます。

業界によっては、離職率が低い会社があるのも事実です。

 

この記事は、営業を10年やった僕の経験や、

営業マンの友達から聞いた話を土台にしているので、けっこう信ぴょう性があると思います。

 

未経験から営業に転職を考えてるあなたの、参考になればうれしいです(^^)

営業の離職率が低い業界を解説【メーカーが良い】

営業の離職率が低い業界を解説【メーカーが良い】

営業の離職率が低い業界で代表的なのは、

メーカー系です。

メーカーの離職率が低い理由は、下記の4つです。

  1. 法人営業(個人営業はめんどくさい)
  2. 有形商材(形があるので売りやすい)
  3. ルート営業(新規開拓がない)
  4. ノルマが低い

この4つの条件がある営業は、ぶっちゃけ楽です。

楽なので、離職率が低いというわけ。

 

ちなみに、楽な営業の特徴は、

楽な営業の4つの条件【楽な営業の具体例と転職方法も解説】にまとめてので、読んでみてください。

楽な営業の4つの条件【楽な営業の具体例と転職方法も解説】

メーカー営業はノルマが低い

上記で触れたとおり、メーカー営業はノルマが低いです。

理由は、前年より売上が少しでも多ければ、良い評価をもらえるから。

 

例えば、前年度比1%上昇とかでも問題ありません。(もちろん会社によるけど)

 

あまり高い目標を達成してしまうと翌年が辛くなるので、ほどほどに営業する業界です。

上司も低めの目標を立てる人が多いので、ですね。

 

あと、

  • 残業禁止
  • 休日多め

なので、勤務体制も楽。

 

この辺の情報は、僕の友達で元アイシン精機の社員さんから教えてもらいました(^^)

ルート営業だし、基本は価格交渉だけなので超カンタンだったそうです。

 

ただし、メーカー系は新卒じゃないと入社できないので、転職は難しいです。

他にはインフラ系も離職率が低いよ

他にも、営業の離職率が低い業界は、

  • 電気
  • ガス
  • 鉄道

などですね。

いわゆる「インフラ系」というやつ。

 

理由は、安定してるからです。

 

昭和的な企業も多いので、メーカー系同様、ほどほどに仕事をする文化があります。

だから、楽なので離職率も低いです。

 

ただしインフラ系も、新卒じゃないと入社できません。

 

ちなみに、メーカーやインフラ系の会社については、

営業でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界も解説】にまとめたので、興味あれば読んでみてください(^^)

営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】

営業の離職率が高い業界【覚悟が必要】

営業の離職率が高い業界【覚悟が必要】

営業の離職率が高い業界は、下記のとおり。

  • 保険会社
  • 不動産会社
  • 証券会社
  • 銀行
  • 農協
  • 訪問販売
  • 車の営業
  • MR(医薬品の営業)
  • 広告営業

 

理由は下記の2つです。

  • 個人営業なので、めんどくさい
  • 新規営業なのできつい

 

離職率が高い営業の詳細は、

営業の離職率は高い【営業ができるようになるメリットも解説】にまとめたので、必ず読んでおきましょう。

営業の離職率は高い【営業ができるようになるメリットも解説】

営業の離職率が高い会社を見抜く7つの方法

営業の離職率が高い会社を見抜く7つの方法

離職率が高い会社を見抜く方法は、下記の7つです。

  1. いつも求人してる会社は注意
  2. 抽象的な求人情報の会社は注意
  3. 面接で質問に答えてくれない会社は注意
  4. 営業手法が飛び込み・テレアポの会社は注意
  5. 夜遅くに事務所の電気が付いてないか
  6. 営業マンのSNSをチェック
  7. 衰退している業界じゃないか

詳しく解説していきます。

①いつも求人してる会社は注意

離職率が高くて、人が足りてない可能性があるからです。

本来、人気の会社は入社できないもの。

 

いつも求人している=不人気の証拠です。

  1. 人が辞める
  2. 人が足りないから、誰でも採用する
  3. ミスマッチが増える
  4. 結果、また離職率が高くなる

という悪循環に陥ってるかも…

売上が伸びてるなら問題なし

ただし、売上の推移を確認しましょう。

売上が伸びてるなら、人が必要なので求人するのは当然なので、離職率が高いとは限りません。

 

売上が伸びてないのに、いつも求人している会社は危険です。

②抽象的な求人情報の会社は注意

求人情報の内容は抽象的な会社は、離職率が高い可能性大です。

本当のことを書くと、誰も来てくれないから。

 

例えば、

  • アットホームな会社です!
  • 若い人が活躍できる会社です!
  • 成長できる環境がここに!

みたいなのはNGです。

 

本来なら、

  • 給料の規定
  • 休日の規定
  • 休暇制度
  • キャリアアップの事例

などを書くべきですよね。

だって、求職者が知りたいのはそういう細かい情報だから。

 

細かい情報を書くとブラック企業だとバレる会社ほど、抽象的な表現でごまかそうとしています。

③面接で質問に答えてくれない会社は注意

面接で、

  • 給料
  • 休み

などの質問に答えてくれない会社は、危険です。

何か後ろめたいことがあるからです。

 

一般的には、給料や休みを聞くのはNGとされてますが、大事な雇用契約のことなので必ず聞きましょう。

まともな会社なら、すべて答えてくれますよ。

 

まともな会社は隠すことがないからです。

 

給料や休みを聞いて不機嫌になる面接官や、精神論で答えてくる会社はNGです。

④営業手法が飛び込み・テレアポの会社は注意

飛び込み・テレアポで営業してる会社は、離職率が高いです。

両方とも、非効率で精神的にきつい営業手法だからです。

 

優良企業は、飛び込み・テレアポで営業させません。

きちんとマーケティングに力を入れてるので、効率的な営業ができます。

 

面接では、必ず営業手法を確認しましょう。

⑤夜遅くに事務所の電気が付いてないか

夜遅くに、応募企業の事務所に電気がついてないか確認しましょう。

22時以降も電気がついてるなら、ちょっと危険。

 

営業は残業手当がつかないことが多いので、

サービス残業している可能性が高いからです。

サービス残業が常態化している会社は、当然、離職率が高いです。

⑥営業マンのSNSをチェック

応募企業の営業マンの名前を、SNSで検索しましょう。

休日や夜遅くに仕事をしているようなら、要注意です。

 

応募企業のホームページを見て、営業マンの名前をSNS検索してみてください。

 

最近の企業のホームページには、

「社員インタビュー」などのページがあるので、名前はわかるかと。

実名で引っかかりやすいFacebookなどで、検索してチェックしましょう。

⑦衰退している業界じゃないか

そもそも衰退している業界なら、離職率は高いです。

売れないからです。

 

例えば、下記のような業界は避けるべき。

  • 印刷業
  • ミシンの営業
  • 新聞の営業

伸びてる業界の営業は、売りやすいので離職率は低いです。

 

ちなみに、一番伸びてる業界は「IT業界」です。

IT業界の営業は売れやすいので、時代的に良いですね。

 

IT営業については、

【実録】営業が楽しい業界はIT【あなたに合う営業に転職する方法】にまとめたので、興味あれば読んでみてください(^^)

【実録】営業が楽しい業界はIT【あなたに合う営業に転職する方法】

離職率が低い営業に転職する方法

離職率が高い営業を見抜く方法を解説してきましたが、現実的には、

1人で見抜くのはちょっと難しいですよね(^^;

あなたは転職のプロじゃないし、企業を見抜くプロでもありません。

 

なので、めんどくさかったら、

離職率が低い営業職を紹介してくれる転職エージェントに相談しちゃいましょう。

離職率が低い会社だけをピックアップしてくれるので、です(^^)

 

詳しくは、営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】にまとめたので、参考にどうぞ。

営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】

まとめ【営業で離職率が低いのはメーカーやインフラ系】

まとめ【営業で離職率が低いのはメーカーやインフラ系】

この記事をまとめます。

  • 営業の離職率が低い業界はメーカーやインフラ系だけど、転職は難しい
  • 離職率が高い営業は、個人営業や新規営業
  • 面接で質問に答えてくれない会社は要注意
  • 飛び込み・テレアポで営業してる会社は要注意
  • 応募企業の営業マンのSNSをチェックしましょう

営業の離職率が低い会社に転職したいあなたの、参考になればうれしいです(^^)

記事の内容を参考に、実際に転職活動をしてみましょう。

 

ちなみに、離職率が低い営業職を紹介してくれる転職エージェント」は、

営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】にまとめてます。

 

また、未経験から営業に転職したい人は、

そもそも営業がどんな仕事なのか知っておきましょう。

知らずに転職して、あとで後悔したくないですよね?

 

営業職の全体像については、

営業は未経験からでも転職できる【売れる方法や業界の選び方も解説】にまとめたので、読んでおいてください(^^)

営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】

あなたの転職の参考になればうれしいです!