【実録】営業が楽しい業界はIT【あなたに合う営業に転職する方法】

【実録】営業が楽しい業界はIT【あなたに合う営業に転職する方法】

営業が楽しい業界に転職したいな。

 

営業だから売らなきゃいけないけど、

商品が良いと思えないし、お客さんに悪い気がする…

 

今の会社は嫌いだけど、営業自体は好き。

だから、営業が楽しい業界で再スタートしたい。

 

売れるようになってもっとお金もほしいし、自信をもちたいなぁ

こういった悩みや要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 【実録】営業が楽しい業界はIT【特にWeb系は売りやすい】
  • 楽しい営業の6つの条件【ITはすべて該当】
  • あなたに合う楽しい営業に転職する方法

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

  • 保険営業7年
  • 法人向けWebコンサル営業3年

の経験があります。

 

正直、保険営業は嫌いでした。

 

保険なんて誰も欲しがらないし、名刺を出しただけでウザがられるからです。

売れなくていつも悩んでました。

 

でも、その後に法人向けのWebコンサル営業に転職してからは楽しかったです(^^)

保険より売れるから。

 

最終的には仕事をもらいすぎてキャパオーバーになって、新規契約をやめたくらいです。

2つの営業をやったことで、苦しい営業と楽しい営業があることを知りました。

 

両方を体験した僕が書いた記事なので、ある程度の信ぴょう性はあると思います。

営業が楽しい業界について解説します(^^)

【実録】営業が楽しい業界はIT【特にWeb系は売りやすい】

【実録】営業が楽しい業界はIT【特にWeb系は売りやすい】

営業が楽しい業界は、IT業界です。

理由は、売れるから。

 

特に売りやすいのは、Web系です。

多くの企業は集客したいので、Webがハマるからです。

多くの企業がWeb集客に注目している【売れるから楽しい】

多くの人が見ているメディアはWebです。

若い人のテレビ離れが進んで、Youtubeに移っているのが良い事例ですね。

 

従来のメディア、

  • テレビ
  • ラジオ
  • 新聞
  • 雑誌

から、Webに人が移動しています。

 

企業が自社商品をアピールするなら、人がいるところが良いですよね。

だから、Web集客に企業が注目しています。

 

注目している=売りやすいです。

売りやすい=楽しいです(^^)

Webの強みは効果測定できること

Web集客のメリットは、細かく効果測定できることです。

  • どんな人が
  • いつ
  • どこで
  • どの広告を
  • 何秒見て
  • その後、どんな行動をとったか

までわかります。

 

細かい効果測定ができることで、集客の質を上げていくことができます。

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌では、細かい効果測定はできません。

 

企業もWebに投資するなら回収したいので、効果測定できるWeb集客に注目しているんです。

 

特に、今までWeb集客をやってこなかった企業は、すべてが新鮮なのでサービスを買ってくれやすいです。

IT技術の進歩はみんなが興味ある

最新のIT技術は、みんなが興味あります。

今までできなかったことが、できるようになるからです。

 

人は基本的に、新しいものに興味をもつ生き物。

だから、ITやWeb系サービスは売れやすいんです。

 

みんなが興味をもってくれるので、

楽しい営業ですよ(^^)

 

従来からある商品・サービスは、新鮮さがありません。

だから売りにくいんです。

 

例えば、

  • 保険
  • 証券
  • 不動産
  • 建築
  • 自動車
  • 医薬品
  • 人材

などは新しいものも出ていますが、ITほどの進化はしてません。

消費者側も期待感がないので、売りにくいんです。

【体験談】僕もWeb系サービスで売れまくり

保険営業で成果を出せなかった僕でも、法人向けのWebコンサル営業では売れました。

僕が売ってたのは、集客できるサイトを企業に売ること。

 

冒頭でもお伝えしたとおり、キャパオーバーになって新規契約を止めたくらいです。

 

保険営業で苦しんできた僕の感想は、

やっぱり、世の中に必要とされてるものは売れるんだ!

ですね。

 

売りにくい商品は、世の中から必要とされてないから売れないんです。

世の中の役にたつ商品は、どんどん売れます。

 

売れるので楽しかったですよ(^^)

 

ちなみに、保険営業とWebコンサル営業のアポ取得率の違いは、下記のとおり。

  • 保険営業:1%未満
  • Webコンサル営業:約20%

保険は世の中から必要とされておらず、Webは必要とされてるのが明確ですよね。

 

ちなみに、僕のWebコンサル営業の営業方法は、

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】にまとめたので、興味あれば読んでみてください(^^)

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

楽しい営業の6つの条件【ITはすべて該当】

楽しい営業の6つの条件【ITはすべて該当】

そもそも「楽しい営業」の条件は、下記の6つかと。

  1. お客さんや世の中の役にたつ商品
  2. 売りやすい
  3. 儲かる
  4. ノルマがきつくない
  5. 平日昼間の営業
  6. 法人営業

6つすべてに該当するのが、IT営業ですね。

理由は前述のとおりです。

 

「ノルマがきつくない」については、ITは売れるからきつくないって感じ。

 

個人営業はゼロで、法人営業だけです。

法人営業は平日昼間だけなので、個人営業のように平日夜や土日の仕事はありません。

 

個人営業のようなめんどくささもなくドライなので、ですね。

 

ちなみに、法人営業と個人営業の違いを知りたい人は、

法人営業と個人営業の10の違い【どちらに合うかもチェック】を読んでみてください(^^)

法人営業と個人営業の10の違い【どちらに合うかもチェック】

楽しくない営業を続けると自分・お客さん・時間の三重苦

正直、楽しくない営業はやめた方がいいと思います。

  1. 自分が辛くなる
  2. お客さんに迷惑をかける
  3. 人生の時間がもったいない

という三重苦になるからです。

 

例えば、こんな感じです。

営業マン

今の営業楽しくないなぁ…

全然売れないし、ノルマはきついし…

 

自分がお客さんだったら絶対買わないよなぁ、こんな商品。

自分の親とか友達に勧めたくないもん。

 

でも仕事だからしょうがないのかなぁ…

しょうがない、今日もお客さんにウソついて勧めてくるかぁ

 

またこの営業マンきたよ…

正直、こんな商品いらないよ。

 

営業マンの対応するだけ時間無駄だな。

 

この営業マンから商品買ったけど、ぶっちゃけ後悔してる。

ぜんぜん使えない商品じゃないか。

 

あーあ、お金を無駄にしたな。

もう二度と買わない。

 

こんな状態が5年も10年も続くと思うと、

ぞっとしますよね。

営業マンもお客さんも、両方デメリットしかありません。

 

だったら、すぐに辞めるべき。

あなたの人生の時間は超貴重なので、

もったいないですよ。

 

「仕事だから…」という理由もわかりますが、楽しくないことに人生を使うのはリスク。

だから、すぐに辞めましょう。

 

僕も楽しい営業に転職して、

営業って楽しいんだなぁ

と初めてわかりました。

 

そして、

こんな業界があるなら、さっさと転職すればよかった!

もっと若いうちから楽しみたかったなぁ

後悔しましたよ。

 

楽しい営業をやって、

人生も楽しみましょう(^^)

あなたに合う楽しい営業に転職する方法

あなたに合う楽しい営業に転職する方法

IT業界の営業が楽しいのはわかったけど、

自分に合う会社はどうやって探せばいいの?

と思う人は、ジェイックに相談してください。

ジェイックは、営業の転職が得意な転職エージェントだからです。

 

転職先の定着率が94.3%なので、あなたに合う会社を紹介してくれます。

ジェイックは43社しか認定されてない、

「職業紹介優良事業者」なので相談も安心です。

 

相談はすべて無料なので、気軽に相談してみてください。

あなたに合う営業の会社が見つかりますよ。

 

もちろん、IT営業の会社も紹介してくれます(^^)

 

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

まとめ【営業が楽しい業界はIT】

まとめ【営業が楽しい業界はIT】

この記事をまとめます。

  1. 営業が楽しい業界はITです
  2. 特にWeb系はニーズがあるので売りやすい
  3. 楽しい営業の条件は6つ【ITはすべて該当する】
  4. 楽しくない営業は自分・お客さん・時間の三重苦
  5. あなたに合う楽しい営業に転職するならジェイックに相談

楽しい営業に転職したいあなたの参考になればうれしいです(^^)

今が楽しくない営業なら、楽しい営業に転職しましょう。

 

ちなみに、営業の楽しいところややりがいを、

営業の楽しいところ・やりがい15選【営業でやっていくための方法】にまとめたので、読んでみてください。

 

営業で継続して売っていく方法も、少し解説してます(^^)

営業の楽しいところ・やりがい15選【営業でやっていくための方法】

あなたの転職の参考になればうれしいです!