法人営業の飛び込みはやめた方がいい【やる場合のコツも解説】

ルート営業の転職先はあなたの好きな商材で選ぶ

法人営業の飛び込みって、意味あるの?

なんか効率悪い気がする…

 

自分の飛び込み営業のやり方が間違っているのかな?

 

飛び込み営業のコツも知りたい。

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 法人営業の飛び込みはやめた方がいい【7つの理由で解説】
  • それでも法人営業の飛び込みで新規開拓するコツ

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

個人向けの生命保険営業7年、法人向けのWebコンサル営業3年です。

 

生命保険営業のときに、法人の飛び込みもやってみました。

 

結果はゼロ…

まったく成果を出せませんでした。

 

まず受付を突破できないし、ほとんどが門前払い。

大惨敗です。

 

ですが、法人向けのWebコンサル営業のときは、メールで新規法人の開拓に成功。

239社の新規法人のアポをとって、

18社から契約をいただきました。

 

結論、飛び込み営業は効率が悪いのでやめた方がいいです。

 

この記事は、法人の飛び込み営業で失敗したけど、別の方法で法人開拓に成功した僕が書いたので、信ぴょう性があると思います。

 

「でも、会社が飛び込み営業しろっていうから、やるしかない…」という人のために、飛び込み営業のコツも書いてみました。

 

あなたの法人開拓の参考になればうれしいです(^^)

それでは、さっそく見ていきましょう!

法人営業の飛び込みはやめた方がいい【7つの理由で解説】

法人営業の飛び込みはやめた方がいい【7つの理由で解説】

法人営業の飛び込みはやめた方がいい7つの理由は、下記のとおり。

  1. 効率が悪い
  2. 飛び込み営業は迷惑です
  3. 売れてない営業マンであることを見せにいくようなもの
  4. 受付突破という無駄な作業がある
  5. 体力の消耗
  6. お金がかかる
  7. 特定商取引法がめんどくさい

それぞれ解説していきます。

①効率が悪い

飛び込み営業は効率が悪いです。

だって、アポもとってない相手に会いに行くんですから。

 

アポとってから話した方が、無駄が少ないですよね。

 

どんなにがんばっても、担当者や社長に会えなければ時間と労力の無駄。

何もしていないのと同じです。

 

担当者や社長が不在のときも多いので、これも時間の無駄です。

僕が営業部長なら、「なに飛び込み営業なんかやってんだ!」と怒りますね(^^;

②飛び込み営業は迷惑です

飛び込み営業は迷惑です。

だって、あなたも飛び込み営業にこられたら迷惑でしょ?

 

自分がやられて嫌なことを、人にしてはいけません。

 

飛び込み営業が嫌われる理由は、

興味のないことに時間をとられるからです。

あなたも、聞きたくもない話に貴重な時間をとられるのは嫌ですよね。

 

ホリエモンの「多動力」という本によると、

「相手の時間を奪う失礼な行為」とあります。


マンガで身につく 多動力 (NewsPicks Comic)

 

飛び込み営業は相手の時間を奪う失礼な行為なので、やめましょう。

 

今後の時代は、「飛び込み営業=失礼」という認識が進んでいくと思われるので、将来性もありません。

③売れてない営業マンであることを見せにいくようなもの

飛び込み営業をすることは、あなたが売れていない営業マンだと見せにいくようなものです。

だって、売れてる営業マンは飛び込み営業しないですからね。

 

あなたの印象が悪くなるだけなので、

マイナスが大きいです。

 

「こいつ、売れてないから飛び込み営業させられてるんだなぁ…」って思われたら、

絶対買ってくれないですよ。

④受付突破という無駄な作業がある

法人の飛び込み営業は、受付突破があるのでやめた方がいいです。

受付の人を突破しないと担当者や社長に会えないわけですから、非効率です。

 

受付の人に売りたいわけじゃないのに、受付の人を納得させないといけません。

これが無駄です。

 

受付突破する方法は簡単です。

受付を通さなければいいだけです。

 

受付を通さず直接担当者や社長にコンタクトをとる方法は、

営業で受付突破する方法【結論:受付を通さずメールすればOK】で解説しています。

営業で受付突破する方法【結論:受付を通さずメールすればOK】

⑤体力の消耗

飛び込み営業って、体力を消耗しますよね(^^;

1日歩き回りますからね。

 

疲れるし、腹へるし、汗かくし、疲弊がすごいです。

 

目的は疲れることではなく、契約をもらうこと。

消耗が大きい飛び込み営業はやめましょう。

⑥お金がかかる

飛び込み営業って、お金がかかりますよね。

  • 電車賃
  • ガソリン代
  • ドリンク代

など。

 

お金がかかるわりに、成果が少ないです。

費用対効果が悪いので、やめましょう。

⑦特定商取引法がめんどくさい

今は特定商取引法がうるさいので、飛び込み営業がやりにくくなっています。

 

訪問時に、

  • 会社名
  • 氏名
  • 販売目的での訪問
  • 販売の種類

を伝えなければならないからです。

 

こんなこと言ったら、「売り込みですよ~」と言っているようなものです。

余計に受付突破が難しくなります。

 

特定商取引法が厳しいのは、消費者を守るため。

営業マン側には不利です。

 

時代的にコンプライアンスがうるさくなって、「会うならアポをとりましょう」という流れになっています。

おそらく、今後もっと飛び込み営業がやりにくい時代になるでしょう。

目的は飛び込むことじゃなく、契約をもらうこと

営業の目的は飛び込むことじゃなくて、契約をもらうことですよね。

だから、営業手法にこだわるのはナンセンスです。

 

ようは、売れればどんなやり方だっていいんです。

はっきりいうと、売れれば正義です。

 

飛び込み営業を強要する上司や会社は、

時代遅れなので辞めた方がいいですよ。

 

だって、本当に優秀な上司や会社だったら、

売れる方法を営業マンに教えられるからです。

 

どう教えればいいかわからないから、飛び込み営業させてるだけですよ。

 

飛び込み営業しなくても、法人営業はできます。

冒頭でお伝えしたとおり、

僕はメールで239社の新規法人を開拓して、18社から契約をもらいました。

 

本当はもっと契約をもらえたのですが、仕事がキャパオーバーになるので契約もらうのをやめました。

今も新規の依頼は、すべてお断りしてます。

 

飛び込み営業じゃなくても、売れる方法はあります。

 

ちなみに、僕がメールだけで239社の新規法人を開拓した方法は、

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】で解説しているので、ご興味あれば読んでみてください(^^)

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

それでも法人営業の飛び込みで新規開拓するコツ

それでも飛び込み営業をやる場合のコツ

「それでも、会社が飛び込み営業やれって言うんだよなぁ…」という人もいると思うので、飛び込み営業のコツも書いてみました(^^)

 

参考になればうれしいです。

事前に企業のことを調べておく

やみくもに飛び込むのではなく、訪問したい企業のホームページを見て、事前に情報を仕入れましょう。

飛び込み先に刺さるアプローチトークができることがあるからです。

 

相手が悩んでいそうなことに切り込めば、商談になる確率が増えます。

飛び込み営業も準備が必要ということですね。

飛び込む時間に注意

飛び込む時間に注意しましょう。

相手が忙しい時間に行っても会ってもらえないからです。

 

一般的に、12~13時は嫌がられます。

貴重な休憩時間を奪われるから。

 

あなたも、貴重な休憩中に時間を奪われたらイヤですよね(^^;

 

中小企業の場合、担当者や社長は外出が多いのでなかなか会えません。

外回りが終わって、帰社する時間を狙って飛び込むのが良いですね。

 

帰社する時間は受付の人に聞けば、なんとなくわかります。

営業マン

〇〇様はいらっしゃいますか?
あいにく出かけております。

受付の女性

営業マン

何時ころにお戻りの予定でしょうか?

と聞いてしまいましょう。

背筋を伸ばして胸をはる

背筋を伸ばして胸をはりましょう。

前向きで自信に満ち溢れている印象になり、話を聞いてくれる確率が高まるからです。

 

背中が丸まっている人って、なんか自信なさそうに見えますよね(^^;

 

姿勢を正すだけでも、すがすがしい印象になりますよ。

演じること

飛び込み営業のコツは、役者になったつもりで演じることです。

演じることで良い営業マンになれますし、断られても本当のあなたは傷つかないからです。

 

トークスクリプトは、役者が読むセリフだと思ってください。

役として営業しているわけですから、受付の女性に引かれても気になりません。

 

この方法は本やネットに出ていませんが、けっこう使えるマインドです。

おもしろいのでやってみてください(^^)

とにかく元気よく挨拶

事務所に入ったときは、元気よく挨拶しましょう。

印象が良いからです。

営業マン

あの…、すみません…、ちょっとよろしいでしょうか…

という暗い感じだと、受付の人もヒきますよ。

 

元気良い挨拶は、相手に前向きな印象を与えます。

 

ただし注意点は、やたら大きい声であいさつしないこと。

声の大きさはTPOに合わせましょう。

相手の時間を奪うことを謝る

受付の人や担当者・社長と話すときは、相手の時間を奪うことを謝りましょう。

 

突然やってきて「会いたい」と言うわけですから、すごく図々しい奴であることは間違いありません。

 

だから、きちんと謝りましょう。

営業マン

お忙しいところ申し訳ありません。

営業マン

突然やってきてすみません。

営業マン

貴重なお時間をいただき申し訳ありません。

この一言がないとクレームになることがあるので、必ず言いましょう。

名刺を渡す

できるだけ名刺は渡しましょう。

爪跡を残したいですからね。

 

特に、担当者や社長に会えたら名刺を渡してください。

 

ただし、受付突破もできなくて相手が嫌がっているようであれば、名刺は渡さない方がいいですね。

印象が悪くなりますし、名刺の連絡先を見て会社にクレームを入れられる可能性があるからです。

訪問の目的を明らかにする

訪問の目的を明示してください。

なぜ来たのかを明示しないと、「なんだこいつ」と不審者扱いされます。

 

前述の特定商取引法もあるので、訪問の目的を伝えましょう。

営業マン

〇〇〇株式会社の〇〇です。

このエリアを担当しており、ご挨拶に伺いました。

営業マン

〇〇〇株式会社の〇〇です。

御社ホームページをみて、〇〇〇〇の件でお伺いしました。

など、訪問の目的を伝えましょう。

資料をおいてくる

資料をおいてきましょう。

口で伝えるより伝わるからです。

 

担当者や社長に会えなくても、資料を置いてくることで再訪のチャンスが生まれます。

営業マン

先日お渡しした資料、見ていただけましたか?

と後日電話して、アポにつなげることもできますね。

担当者や社長に会えて当然という態度で受付に話す

「担当者や社長に会えて当然」という態度で、受付の人に話してください。

会えて当然という態度をとると、受付の人も「会わせなきゃいけないかな…」とマジで思うからです。

 

具体的には、担当者や社長の知り合いを装うと良いですね。

営業マン

〇〇〇株式会社の〇〇と申します。

本日、〇〇社長様はいらっしゃいますでしょうか?

と聞くと、いかにも飛び込み営業に見えるので、断られます。

営業マン

〇〇〇株式会社の〇〇ですが、〇〇社長はいますか?

こんな感じでOK。

社長の知り合いに感じますよね。

 

これで受付突破してる営業マンは、けっこういます(^^)

初回訪問の目標は名刺をもらうこと

初回訪問の目標は名刺をもらうことです。

いきなり飛び込んだわけですから、あまりずけずけとこちらの話をしすぎるのはよくないからです。

 

名刺の連絡先に連絡して、アポをとりつけましょう。

アポをとれば次回からは受付突破もできるので、通常の商談になります。

 

「初回訪問はスマートに」がコツですね(^^)

商品のメリットではなく、商品から得られるメリットで興味付け

初回訪問でも興味付けのアプローチが必要です。

こちらの商品に興味を持ってもらえなければ、次がないからです。

 

アプローチするときは、商品のメリットではなく、

商品から得られるメリットを伝えましょう。

 

相手は商品に興味がないからです。

商品をつかって得られる自分のメリットを知りたいんです。

 

上手なアプローチ方法は、

営業のアプローチでは商品で得られる結果を伝える【成功例も紹介】にまとめいているので、読んでみてください(^^)

営業のアプローチ方法は商品で得られる結果を伝える【例も紹介】

まとめ【飛び込み営業はやめた方がいい】

まとめ【飛び込み営業はやめた方がいい】

この記事をまとめます。

  • 法人営業の飛び込みはやめた方がいい理由は7つ
  • それでも飛び込み営業をやる場合はコツを押さえよう

飛び込み営業って、効率悪いよなぁ…

でも、会社がやれっていうからやらないといけないし…

 

なんとか売れるようになりたいなぁ。

という人の参考になればうれしいです。

会社が飛び込み営業を強要してこないようであれば、他の方法で法人開拓しましょう。

 

ちなみに、「法人営業のコツを知りたい!」という人は、

法人営業のコツを解説【本やネットに載ってない裏ワザも紹介】にまとめているので、読んでみてください(^^)

 

現場で成果がでた方法だけを紹介しています。

法人営業のコツを解説【本やネットに載ってない裏ワザも紹介】

あなたの営業活動の参考になればうれしいです!