営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】

法人営業でおすすめの業界

営業職でおすすめの業界を知りたい。

あと、営業の仕事の選び方も知りたいな。

営業は未経験だから、転職に失敗したくない…

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業職でおすすめの業界4選【就職・転職の参考にどうぞ】
  • 良い営業の仕事の11の条件
  • 営業職でおすすめしない業界12選

 

どうせ営業に転職するなら、働きやすい営業がいいですよね?

売れやすいとか、ノルマがキツくないとか。

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

個人向けの生命保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年です。

 

2つの営業職をやってみての感想は、下記のとおり。

  • 個人向けの保険営業→超きつかった
  • 法人向けWebコンサル→すごい楽だった

つまり、営業職にも良い悪いがあるとわかったんです。

 

営業を10年やった僕の見解ですが、良い営業の仕事の条件は下記の11個。

  1. 希少性が高い
  2. 競合が少ない
  3. 法人営業
  4. 企業の売上に貢献するもの
  5. 利益率が高いもの
  6. 無形商材
  7. 毎月継続的に売れるもの
  8. いつでも辞めれるもの
  9. 最悪の場合のリスクが小さいもの
  10. 営業マンの決定権が強いもの
  11. 警戒されないもの

これらを元に、営業でおすすめの業界を紹介します。

 

超きつい営業と、すごい楽な営業を両方経験した僕が書いた記事なので、信ぴょう性があるかと。

この記事を読むことで、どの営業を選べばいいかわかると思います。

それでは、さっそく見ていきましょう!

営業職でおすすめの業界4選【就職・転職の参考にどうぞ】

営業でおすすめの業界4選【就職・転職の参考にどうぞ】

営業でおすすめの業界を4つご紹介します。

  1. IT・Web
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

上記の「良い営業の仕事の11の条件」に当てはまるものが多い業界です。

①IT・Web

IT・Web系の営業はおすすめです。

最新技術やAIを使ったものは、目新しくてニーズが多く、売れやすいからです。

※僕がいる業界です(^^)

 

例えば、下記などは良いですね。

  • システム会社
  • Webサイトを作っている会社
  • Webシステム会社
  • アプリ会社

IT業界は将来性もありますし、人材不足なので1人あたりの給料も高くなりやすいです。

幸い、IT未経験者でも転職できます。※僕も未経験でIT営業に転職できました。

 

上記の良い営業の仕事の11の条件に当てはまるものは、下記の7つ。

  1. 希少性が高い
  2. 競合が少ない
  3. 法人営業
  4. 企業の売上に貢献するもの
  5. 利益率が高いもの
  6. 無形商材
  7. 警戒されないもの

良い営業の業界の条件を多く満たしています。

②電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系

インフラ系はおすすめです。

人間が生きていくために必要なもので、競合が少ないからです。

 

インフラ系とは、例えば下記などですね。

  • 電力会社
  • ガス会社
  • 鉄道会社
  • NTT

大手の法人向けのルート営業なので、ぶっちゃけ楽です。

 

ただし電力会社に限っては、発電所をもっている電力会社が良いですね。

電力自由化で新しくできた電力会社の営業は、競合が多くてきついです。

【デメリット】中途採用の募集が少ない

1つ問題点は、インフラ系の会社は中途採用が少ないこと。

体質が古く新卒至上主義が強いため、転職組にはハードルが高いです。

 

上記の良い営業の仕事の11の条件に当てはまるものは、下記の7つ。

  1. 希少性が高い
  2. 競合が少ない
  3. 法人営業
  4. 利益率が高いもの
  5. 毎月継続的に売れるもの
  6. 最悪の場合のリスクが小さいもの
  7. 警戒されないもの

良い営業の業界の条件を多く満たしています。

③石油業界

石油業界の営業もおすすめです。

人が生きていくために必要なものなので、売れやすいからです。

法人向けのルート営業がほとんどで、新規開拓は少ないため楽です。

 

上記の良い営業の仕事の11の条件に当てはまるものは、下記の8つ。

  1. 希少性が高い
  2. 競合が少ない
  3. 法人営業
  4. 企業の売上に貢献するもの
  5. 利益率が高いもの
  6. 毎月継続的に売れるもの
  7. 最悪の場合のリスクが小さいもの
  8. 警戒されないもの

良い営業の業界の条件を多く満たしています。

ただし、石油業界も新卒至上主義の会社が多く、転職は難関です。

④大手メーカー

大手メーカーの営業もおすすめです。

大手メーカーは業界の上をとっているので、競合が少なく立場も強いからです。

 

例えば下記などですね。

  • 大手の自動車メーカー
  • 電子部品メーカー
  • 化学系メーカー
  • 大手の飲食メーカー

ネームバリューがあるのも有利な点ですね。

 

上記の良い営業の仕事の11の条件に当てはまるものは、下記の4つ。

  1. 法人営業
  2. 企業の売上に貢献するもの
  3. 毎月継続的に売れるもの
  4. 警戒されないもの

条件を満たしているものは少なめですが、後述する「営業でおすすめしない業界12選」に比べたらマシです。

ただし、大手メーカーも新卒至上主義の会社が多く、転職は難関です。

営業でおすすめの4業界に転職するコツ

ぶっちゃけ、転職エージェントに頼った方がいいかと。

なぜなら上記4業界は、営業の中でも人気なので倍率が高いから。

転職エージェントに推薦状をもらって、プッシュしてもらわないと難しいのが現実。

 

IT・Web系の営業は転職のハードルは少し下がりますが、下記の3業界は特に難関です。

  • 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  • 石油業界
  • 大手メーカー

 

大手企業の紹介にも強い転職エージェントに登録して、紹介を待てばOK。

求人があれば連絡がきます。

無料で登録・相談できるので、やれることは全部やっといた方がいいかなと思います。

可能性を広げてみましょう。

 

大手企業の紹介にも強い転職エージェントは、下記の3社です。

  1. doda:約10万件の求人数がある大手。まずはこちらに登録しましょう
  2. マイナビエージェント:サポート期間無制限の大手。非公開求人多数
  3. 【パソナキャリア】:年収アップの転職が得意な大手。こちらも登録して損はないはず

各社とも5分くらいで登録作業は終わります。

非公開求人も多いので、思わぬ紹介があるかもしれませんよ。

良い営業の仕事の11の条件

良い営業の仕事の11の条件

冒頭で説明した、良い営業の仕事の11の条件を解説しておきます。

※順序が前後してごめんなさい。

  1. 希少性が高い
  2. 競合が少ない
  3. 法人営業
  4. 企業の売上に貢献するもの
  5. 利益率が高いもの
  6. 無形商材
  7. 毎月継続的に売れるもの
  8. いつでも辞めれるもの
  9. 最悪の場合のリスクが小さいもの
  10. 営業マンの決定権が強いもの
  11. 警戒されないもの

なぜ11の条件が大切なのかを知った上で、就職先を選びましょう。

①希少性が高い

希少性が高いことは超大切です。

売れやすいからです。

 

例えば、砂漠でノドが乾いて死にそうな人になら、500mlの水のペットボトル1本を10万円で売ることもできるでしょう。

希少性が高いほど、売れます。

②競合が少ない

競合が少ないほど売れます。

消費者の選択肢が減るからです。

業界を選ぶときは、競合他社が少ない業界を選びましょう。

③法人営業

個人営業ではなく、法人営業を選びましょう。

個人営業は面倒くさいからです。

 

法人営業のメリットは、下記のとおり。

  • ビジネスライクに話せるので、商談の時間が短い
  • 法人にメリットがあるとわかれば、すぐ売れる
  • 単価が大きいので、給料が高い
  • 土日祝は休み
  • 面倒くさいつきあいが少ない

 

反対に、個人営業のデメリットは下記のとおり。

  • どんなに商品が良くても、感情に左右される
  • 商談の時間が長い
  • 単価が小さいので、給料が安い
  • 土日祝も働くため、休めない
  • 飲み会などつきあいが多い

前述のとおり僕も個人営業と法人営業を両方やりましたが、法人営業の方が100倍楽でした。

個人営業はもう二度とやりたくありません。

 

法人営業の楽さについては、法人営業が楽な5つの理由【あなたが向いてるかもチェック】にまとめてます。

法人営業が楽な5つの理由【あなたが向いてるかもチェック】

④企業の売上に貢献するもの

企業の売上に貢献するものを売るのが、一番簡単です。

企業が一番喜ぶのは、売上アップだからです。

 

一般的に、企業の悩みは下記の4つと言われています。

  1. 売上を上げたい
  2. 経費を削減したい
  3. 人材を採用したい
  4. 資金調達したい

たしかに、経費削減、人材採用、資金調達も喜ばれますが、やっぱり一番興味があるのは売上アップです。

 

だって、売上が上がれば下記が叶うから。

  • 経費を気にしすぎなくていい
  • 人材を採用する資金が手に入る
  • 資金調達の必要がなくなる

企業の売上に貢献する商材を扱っている会社にしましょう。

⑤利益率が高いもの

利益率が高い商材を売りましょう。

利益率が低いと、営業マンが儲からないからです。

 

例えば、下記のような条件がそろえば、営業マンも儲かります。

  • 仕入れ値が安い
  • 開発費が安い
  • 人件費が安い
  • 高くても売れるもの

⑥無形商材

有形商材よりは無形商材がおすすめ。

利益率が高いからです。

 

例えば下記など、IT系は無形商材が多いので良いですね。

  • ITシステム
  • Webサイト
  • アプリ

僕はWeb業界の人間ですが、たしかに利益率が高くて助かってます(^^)

⑦毎月継続的に売れるもの

毎月継続的に売れるものを扱いましょう。

毎月ゼロから新規を売り続けるのは、きついからです。

 

例えば、下記などが良いですね。

  • 毎月仕事を頼まれるもの
  • 毎月仕入れてくれるもの
  • 毎月使うもの

 

ダメな例は、下記のような営業。

  • 金融商品(保険、投資信託)
  • 不動産

毎月新規を売りつづけないといけないので、超きついです。

⑧いつでも辞めれるもの

いつでも辞めれる営業職にしましょう。

ずっとやり続けないといけない責任があるものは、辞めたくても辞められないからです。

 

良い例は、下記などは良いですね。

  • Webサービス
  • Webサイトコンサル

こちらから一方的に辞めやすい商材だと、仕事のリスクが低いです。

 

悪い例は下記です。

  • 保険営業
  • 銀行の営業

長期のフォローが必要で、担当者がつくものは辞めにくいです。

⑨最悪の場合のリスクが小さいもの

最悪の事態が起きたときに、リスクの小さいものを売りましょう。

リスク対策ができていないと、クレームがヤバいからです。

 

悪い例は、下記などの投資系です。

  • 投資信託
  • 投資用不動産
  • 先物営業

 

もし価値が急落してしまった場合、ものすごいクレームになります。

怒るお客さん

増えるって言ったじゃない!

責任とりなさい!

困るお客さん

退職金が半分になった!

これからどうやって生活すればいいんですか?

死ねって言うんですか?

こうなった場合、会社は何も助けてくれませんよ。

「担当者なんだから何とかしろ」としか言ってくれません。

リーマンショックで自殺した営業マン

2008年のリーマンショックのときに、投資系商品のほとんどが下落しました。

お客さんからクレームに耐えきれず、会社も助けてくれなかったため、自殺した営業マンがたくさんいました。

特に投資系は、個人で責任と取り切れないのでおすすめしません。

⑩営業マンの決定権が強いもの

営業マンの決定権が強い商材・会社で働きましょう。

商談は現場が命です。

 

いちいち「会社に確認します」と言ってたら、ビジネスチャンスを逃します。

営業マンがその場で裁量をふるえるものが良いですね。

 

これは極論ですが、自分が社長になるのが一番です。

自分に決定権があれば、営業は最強です。

でも、「社長になれ」と言われても困ると思うので、できるだけ営業マンに裁量権のある会社を選びましょう。

⑪警戒されないもの

警戒される商材はダメです。

売りにくいからです。

 

例えば、下記は警戒されやすいので、おすすめしません。

  • 生命保険
  • 投資信託
  • 投資用不動産
  • 先物取引

「あえて警戒される商材で自分を鍛えたい」という理由があれば別ですが、「警戒される」というのはビジネスとして非効率です。

営業職でおすすめしない業界12選

営業でおすすめしない業界12選

最後に、営業でおすすめしない業界12選をご紹介します。

  1. 保険の営業
  2. 証券営業
  3. 先物営業
  4. 銀行
  5. 農協
  6. 広告営業
  7. 人材業界
  8. 不動産営業
  9. MR(医薬品の営業)
  10. 自動車の営業
  11. リフォーム営業
  12. 太陽光パネルの営業

修行のためにやるならおすすめですが、そうでないならおすすめできません。

おすすめしない理由とともに解説します。

保険の営業

保険の営業はおすすめしません。

※生命保険、損害保険ともにおすすめしません。

 

「良い営業の仕事の11の条件」に該当するものが、「無形商材」の1つしかないからです。

あとは、ぜんぶ条件から外れています。

 

もちろん、ノルマもきついです。

経費は自腹ですし、給料の返金義務もあります。

 

生命保険営業に限らず、保険代理店向けの代理店営業もおすすめしません。

僕は保険代理店の経験もありますが、代理店営業の人たちの苦労はすさまじいものでした。

おべっか使って、お世辞をいって、接待して、本当に大変そうでした。

 

保険営業の辛さについては、保険営業を辞めたい理由20選を元保険屋が語る【辞めた後の転職先】を参考にどうぞ。

保険営業を辞めたい理由20選を元保険屋が語る【辞めた後の転職先】

証券営業

証券営業もおすすめしません。

「良い営業の仕事の11の条件」に該当するものが、「無形商材」の1つしかないからです。

 

メインは投資信託の販売ですが、前述のとおりクレームがきついです。

投資信託は減ると思ってください。

「投資は自己責任」と頭ではわかっていても、お客さんは担当者にクレームを入れるものです。

 

あともちろん、ノルマもきついです。

ノルマがあるので投資信託を売らなきゃいけないけど、売ったら売ったでクレームがくるので、精神的にきつい仕事です。

先物営業

先物取引の営業もおすすめしません。

お客さんが投資しても減ることが多く、クレームがヤバいです。

 

先物取引は、価値が減ってしまった場合は「追い証拠金」といって、減った分を補填しなければいけません。

減った分をお客さんに請求しにいくときは、地獄です。

 

だって、減らしておいたあげく「さらにお金を出せ」と言いに行くんですから…

怒るお客さん

お前が出せ!

今なんとかしろ!

絶対払わないからな!

とかいうのは、しょっちゅうです。

投資系営業の中でも、最高峰にきつい営業です。

銀行

銀行はおすすめしません。

将来性がビミョーだから。

 

低金利時代のため、本業の融資は儲かりません。

そのため、銀行は保険や投資信託を売って稼いでいます。

 

つまり、保険会社や証券会社の下の代理店です。

だったら、保険会社や証券会社に就職する方が良いですよね。

 

銀行員のノルマは、保険会社や証券会社の営業マンよりきついです。

  • 生命保険:〇件
  • 投資信託:〇件
  • 定期預金:〇〇〇〇万円
  • 融資:〇件

というように、いくつもノルマがあるので超きついです。

農協

農協もおすすめしません。

銀行同様、売らなきゃいけないものが多いからです。

  • JA共済
  • JAローン
  • 定期預金
  • 農薬
  • 肥料
  • 農機具
  • テレビ

など、たくさんノルマがあります。

売っても給料が上がりにくいので、おすすめしません。

広告営業

広告営業もおすすめしません。

めっちゃ嫌われるし、クレームがすごいからです。

 

企業に「広告だしませんか?」と営業するわけですが、広告はリスクが高いため企業に警戒されます。

広告は効果がなくても、広告料金が発生するからです。

 

広告効果がないと、クレームがすごいです。

広告を売らなきゃノルマを達成できないし、売れたら売れたでクレームがある厳しい仕事です。

人材業界

人材業界もおすすめしません。

競合他社が多いからです。

 

例えば、人材紹介会社は全国に17000社以上あります。

コンビニのローソンが全国で約15000店なので、人材紹介会社はローソンより多いんです。

 

人材紹介の免許を持っているだけの会社も含めて17000社ですが、競合が多いのは事実です。

 

企業は人材紹介の営業に慣れてしまっているため、目新しさがありません。

営業しても「あぁ、人材の会社ね…」と軽くあしらわれることも多いです。

競合が多い業界はおすすめしません。

不動産営業

不動産営業もおすすめしません。

「良い営業の仕事の11の条件」に該当するものが、1つもないからです。

 

不動産営業とは、下記などです。

  • 新築戸建ての営業
  • 分譲マンションの営業
  • 投資用不動産の営業
  • 不動産仲介

特に投資用不動産会社の中には、詐欺っぽいことをやってる会社も一部あるので、「うさんくさい」と思われがち。

仕事がやりにくいので、あまりおすすめしません。

MR(医薬品の営業)

MRもおすすめしません。

顧客(医師)が少ないのに、ライバルが多いからです。

 

夕方に近くのクリニックを見てみてください。

待合室にスーツを着た人が座っています。

 

あれはMRの人たちで、医師に医薬品を売りたくて並んでいるんです。

医師は変わり者も多いので、けっこう骨の折れる仕事です。

自動車の営業

自動車の営業もおすすめしません。

「良い営業の仕事の11の条件」に該当するものが、1つもないからです。

価格競争にもなりやすく、営業マンの給料も上がりにくいです。

リフォーム営業

リフォーム営業もおすすめしません。

「良い営業の仕事の11の条件」に該当するものが、1つもないからです。

ほとんどが飛び込み営業なので、精神的にも辛いです。

 

過去に一部の詐欺業者によるリフォーム詐欺が横行したこともあり、警戒されやすく営業しにくいのもデメリットです。

太陽光パネルの営業

太陽光パネルの営業もおすすめしません。

「良い営業の仕事の11の条件」に該当するものが、1つもないからです。

 

ほとんどが飛び込み営業なので、精神的にも辛いです。

いまだに太陽光パネルに対して「あやしい」と思っている人も多く、警戒されやすいです。

まとめ【営業職でおすすめの業界の条件を知って転職しよう】

まとめ【営業でおすすめの業界の条件を知って転職しよう】

ということで、本気で営業に転職したいなら、さっそく転職活動をしてみましょう。

行動しないと何も始まらないので。

 

おすすめの営業の業界は下記の4つです。

  1. IT・Web
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

前述のとおり、上記4業界の営業は人気なので、倍率が高い難関です。

こうしている間にもどんどん良い求人が他の人に取られてるので、転職したいなら今日から行動しましょう。

行動が遅れるほど、残るのはキツい営業の求人です。

 

転職活動は最低でも3ヶ月かかるので、「転職したい」と思ったらすぐ行動した方が良いかと。

「明日でいいや」と思っても、その明日は永遠にやってこないし、チャンスを逃して年齢を重ねていくだけです。

まずは一歩を踏み出してみてください。

 

失敗しない転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

 

また、下記のおすすめの営業に転職するなら、ぶっちゃけ転職エージェントに頼った方がいいと思います。

  1. IT・Web
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

前述のとおり、人気で倍率が高いから。

転職エージェントに推薦状をもらって、プッシュしてもらった方が可能性がアップします。

 

大手企業の紹介にも強い転職エージェントに登録して、紹介を待てばOK。

無料で登録・相談できるので、やれることは全部やっておきましょう。

 

大手企業の紹介にも強い転職エージェントは、下記の3社です。

本気なら3社とも登録しておくと、チャンスが広がります。

  1. doda:約10万件の求人数がある大手。まずはこちらに登録しましょう
  2. マイナビエージェント:サポート期間無制限の大手。非公開求人多数
  3. 【パソナキャリア】:年収アップの転職が得意な大手。こちらも登録して損はないはず

 

良い営業の条件は下記の11個です。

  1. 希少性が高い
  2. 競合が少ない
  3. 法人営業
  4. 企業の売上に貢献するもの
  5. 利益率が高いもの
  6. 無形商材
  7. 毎月継続的に売れるもの
  8. いつでも辞めれるもの
  9. 最悪の場合のリスクが小さいもの
  10. 営業マンの決定権が強いもの
  11. 警戒されないもの

 

おすすめしない営業は下記の12個です。

  1. 保険の営業
  2. 証券営業
  3. 先物営業
  4. 銀行
  5. 農協
  6. 広告営業
  7. 人材業界
  8. 不動産営業
  9. MR(医薬品の営業)
  10. 自動車の営業
  11. リフォーム営業
  12. 太陽光パネルの営業

 

あとは行動あるのみ。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】