法人営業が楽な5つの理由【あなたが向いてるかもチェック】

法人営業が楽な5つの理由【あなたが向いてるかもチェック】

法人営業が楽ってほんと?

 

もっと稼ぎたいし、

人に自慢できるような仕事をしたいし、

スキルを積んで自信をつけたいけど、

 

自分が法人営業をやっていけるか不安…

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 法人営業が楽な5つの理由【売れるコツも紹介】
  • 法人営業のきついところ
  • あなたは法人営業に向いてるのかチェック

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

個人向けの保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年です。

 

法人営業も個人営業もやっての結論は、

法人営業の方が圧倒的に楽です。

個人営業は難しいので、おすすめしません。

 

なぜ法人営業が楽なのかと、法人営業のコツも解説します。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです(^^)

法人営業が楽な5つの理由【売れるコツも紹介】

法人営業が楽な5つの理由【売れるコツも紹介】

法人営業が楽な理由は、下記の5つ。

  1. 新規開拓が楽
  2. メリットがあれば契約してくれる【感情に左右されない】
  3. 単価が大きい
  4. アポが平日昼間
  5. アポの時間が短い

個人営業との違いや、営業の種類、法人営業で売れるコツも解説します(^^)

①新規開拓が楽

法人営業は新規開拓がカンタンです。

相手法人にメリットがありそうなら、人間関係がなくても会ってくれるからです。

 

新規開拓の手順は、下記のとおり。

  1. ググって企業をリストアップ
  2. 企業のホームページの問い合わせフォームから連絡
  3. 相手法人のメリットを提示

以上でカンタンにアポが取れます(^^)

実際僕もこの方法で、

1年半で239社の新規法人を開拓しました。

 

個人営業は、そもそもリストアップが難しいです。

※個人情報がうるさい時代なので。

 

法人営業の新規開拓については、

法人営業の新規開拓のコツは3つだけ【アポが取れたらヒアリング】で詳しく解説しています(^^)

法人営業の新規開拓のコツは3つだけ【アポが取れたらヒアリング】

②メリットがあれば契約してくれる【感情に左右されない】

法人は、メリットがあるとわかれば契約してくれます。

人間関係がなくても、数字を達成できるなら契約するからです。

 

法人が求めているものは、下記の4つだけです。

  1. 売上を上げたい
  2. 経費を下げたい
  3. 良い人材を採用したい
  4. 資金調達したい

このどれかで結果が出る提案なら、契約してくれます。

 

一方、個人営業はメリットがあっても契約してくれません。

個人は感情に左右されるため、明らかにメリットがあっても契約にならないことがあります。

③単価が大きいので契約数が少なくていい

法人は単価が大きいので、少ない契約数でも大きな売上になります。

個人が支払うお金に比べたら、ゼロが1つ2つ違うからです。

 

例えば、法人と個人の単価の違いはこんな感じ。

売るもの 法人営業 個人営業
ITシステム 数百万~数千万円 無料ばかりを好む
生命保険 年払い1000万円以上 月1万円くらい
社用車10台 1台だけ

というように、法人営業の方が売上が大きいです。

もちろん、売上が大きい=儲かります。

 

法人でも個人でも人に営業するのは変わらないので、同じ時間を使うなら法人営業の方が効率的です。

④アポが平日昼間

法人営業は、アポが平日昼間だけなので楽です。

みんなが働いてる時間に合うからです。

 

なので、平日夜と土日祝は休みです。

プライベートも楽しめますね(^^)

 

一方、個人営業は相手が働いてない時間に仕事をしなければいけません。

  • 相手が仕事が終わったあと→平日夜
  • 相手が休みの日→土日祝

一般的には個人営業の方が、労働時間が長いです。

 

僕も法人営業と個人営業を両方やって、

法人営業の方が休めました(^^)

⑤アポの時間が短い

法人営業のアポの時間は、

一般的に30分~1時間くらいです。

相手も忙しいので、ダラダラと商談できないからです。

 

なので、やろうと思えば1日5アポとかも可能です。

短い時間で仕事をこなせるので、効率が良いです。

 

一方、個人営業のアポの時間は2時間くらいあります。

個人相手なので、雑談から入ったり、ご飯を食べてから本題に入ることもあるからです。

 

単価が低いのにアポの時間が長いので、不効率です。

 

法人営業の方が楽に稼げます。

法人営業と個人営業との違い

ちなみに、法人営業と個人営業の違いを、

法人営業と個人営業の10の違い【どちらに合うかもチェック】にまとめているので、一応見ておいてください。

 

あなたが法人営業と個人営業、どちらに向いてるかもわかります(^^)

法人営業と個人営業の10の違い【どちらに合うかもチェック】

営業は21種類もある

この記事は法人営業と個人営業を比較しながら解説していますが、営業は全部で21種類もあります。

どんな営業職があるのか、全体を把握してから選びましょう。

 

転職してから「やっぱりあっちの方がよかった…」と後悔しても遅いので(^^;

 

営業の種類は、

営業は21種類ある【営業の辛い部分も知っておきましょう】にまとめているので、読んでおきましょう。

営業は21種類ある【営業の辛い部分も知っておきましょう】

また、営業の種類の中でも、特に楽な営業を、

楽な営業の4つの条件【楽な営業の具体例と転職方法も解説】にまとめています。

楽な営業の4つの条件【楽な営業の具体例と転職方法も解説】

できるだけ楽な営業をしたい人は、読んでおきましょう(^^)

法人営業のコツ【転職前に売れるイメージをつかもう】

自分に法人営業ができるのかな…

不安にもなりますよね?

 

転職する前に、法人営業のイメージをつかんでおきましょう。

 

法人営業のイメージを、

法人営業のコツを解説【本やネットに載ってない裏ワザも紹介】にまとめたので、読んでおきましょう。

 

上記記事を読んで、

自分にもできそうだ!

とイメージがわけば、法人営業にチャレンジしてみましょう(^^)

法人営業のコツを解説【本やネットに載ってない裏ワザも紹介】

法人営業のきついところ

法人営業のきついところ

法人営業は、楽なことばかりではありません。

転職する前に、きついところも知っておきましょう。

稟議を通さないといけない

法人営業は、稟議を通さないといけないことがあります。

担当者と商談していても、担当者には決裁権がないからです。

 

上にあげてもらって、GOが出ないと契約になりません。

 

稟議が通るかどうかは、プレゼン資料が超重要。

稟議が通るプレゼン資料の作り方を、

営業のプレゼンの9ステップ【成約率がグンと上がる法則】にまとめています。

営業のプレゼンの9ステップ【成約率がグンと上がる法則】

ただし、中小企業など社長と直接話せる場合は、稟議が必要ありません。

金額が大きいのでミスの責任が重い

法人営業は単価が大きいだけに、責任も重いです。

個人より金額が大きいので、緊張感があります。

 

トラブルを防止するためには、

  • 契約前にデメリットをしっかり説明する
  • 契約書で、こちらの責任が重くなりすぎないようにする
  • もし失敗した場合の対処法を、契約前に想定しておく

などをしっかりやっておきましょう。

 

また、その他の法人営業のきついところは、

法人営業のきついところ5選【個人営業と比較してメリットも解説】にもまとめているので、読んでおきましょう。

法人営業のきついところ5選【個人営業と比較してメリットも解説】

あなたは法人営業に向いてるのかチェック

あなたは法人営業に向いてるのかチェック

そもそも、あなたが法人営業に向いてるかもチェックしておきましょう。

法人営業が楽といっても、向いてなかったら辛いので。

 

あなたが法人営業に向いてるかは、

法人営業に向いてる人の特徴10選【きちんと勉強すれば売れます】にまとめているので、チェックしてみましょう。

 

法人営業に向いてる人の10個の特徴があるので、あなたがいくつ当てはまるか数えてみましょう。

6つ以上あてはまれば、あなたは法人営業に向いています(^^)

法人営業に向いてる人の特徴10選【きちんと勉強すれば売れます】

まとめ【法人営業は楽です】

まとめ【法人営業は楽です】

この記事をまとめます。

  • 法人営業が楽な理由は5つ
  • 法人営業と個人営業の違いを知っておきましょう
  • 営業は21種類もあるので全体を把握して選びましょう
  • 法人営業で売れるイメージを知っておきましょう
  • 法人営業のきついところもある
  • あなたが法人営業に向いてるのかチェック

法人営業が楽ってほんとかなぁ?

自分が法人営業をやっていけるか不安…

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

また、法人営業の魅力ややりがいを、

法人営業の魅力ややりがい9選【優良企業に転職する方法も解説】にまとめているので、転職前に読んでおきましょう。

 

法人営業できると、マジで人生変わりますよ(^^)

法人営業できれば独立もできるので、

支配されない人生も送れます。

 

僕は現在独立していますが、法人営業をやっててよかったと痛感してます。

法人営業の魅力ややりがい9選【優良企業に転職する方法も解説】

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!