営業から事務に転職して後悔すること5選【あなたの天職を知る方法】

営業から事務に転職して後悔すること5選【あなたの天職を知る方法】

営業から事務に転職したい女性

営業から事務職に転職したいな。

営業のノルマとか人間関係がキツすぎて、もう辞めたい。

 

ただ、事務職って楽そうに見えるけど、転職して後悔しないか不安…

AIにとられていく仕事っていうし…

 

事務職に転職したいっていうか、自分が好きになれてやりがいを感じる仕事に転職したいなぁ

こういった不安や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業から事務に転職して後悔すること5選
  • 事務職以外に楽な仕事【在宅フリーランス】
  • あなたの天職を知る方法

僕、佐藤誠一は元営業マンです。

現在はフリーランスのWebライターとして、毎日家でパジャマで仕事をしています。

 

結論、事務職はけっこうデメリットが多いので注意してください。

営業から事務職に転職して後悔することをまとめたので、参考にしてください。

 

また、営業がキツすぎて辞めたい人向けに、事務職以外に楽な仕事を紹介します。

あなたの転職の参考になればうれしいです。

営業から事務に転職して後悔すること5選

営業から事務に転職して後悔すること5選

営業から事務職に転職して効果することは、下記の5つです。

  1. AIにとられていく仕事
  2. 事務職でも人づきあいはある
  3. 評価されない、ほめてもらえない
  4. 潰しがきかない
  5. 給料が安い

1つずつ解説しますね。

①AIにとられていく仕事

事務職はAIにとられますよ。

オックスフォード大学が発表した「消える職業・なくなる仕事」に、事務系の職種が多いからです。

オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

出典:週刊現代『オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

 

具体的には、

  • 給与・福利厚生担当者
  • 税務申告書代行者
  • データ入力作業員
  • 簿記、会計、監査の事務員

などが該当します。

 

理由はAIの発達ですね。

今まで人間がやっていた事務的な仕事は、すべてAIが行うようになります。

 

これから事務職を目指すのは、沈んでいく船に乗るようなものですね。

将来性はないでしょう。

②事務職でも人づきあいはある

営業から事務に転職したい女性

人づきあいが苦手だから、事務に転職したい!

という人もいると思いますが、事務職も人づきあいはありますよ。

 

例えば、

  • オフィス内の人間関係
  • 上司との人間関係
  • 取引先とのつきあい

などなど。

 

せまいオフィス内での仕事なので、むしろ営業より逃げ場がありません。

人間関係のトラブルが起きると、営業よりきついです。

③評価されない、ほめてもらえない

事務職は評価されにくいです。

評価基準が曖昧だから。

 

例えば、

  • パソコンが上手
  • 電話対応が上手
  • 書類作成が上手

って、明確な基準がないので評価しにくいんですよね。

 

あと、事務職って「できて当然の仕事」って思われがちなので、評価されにくい。

事務職=雑用と思っている人も多いので、ほめられることは少ないです。

 

営業だったら「売上」という明確な評価基準がありますが、事務職にはありません。

④潰しがきかない

事務職は潰しがきかないです。

スキルとして評価されないからです。

 

前述のとおり「誰でもできる仕事」と思われているので、転職も不利。

 

例えば、

  • 事務職を10年やってました!
  • パソコンが上手です!
  • 書類作成が上手です!

って転職活動でアピールしても、

あっそ

で終わりです。

 

スキルが評価されないので、30歳を過ぎたら他の仕事への転職は厳しいです。

 

営業から事務に転職したい女性

1つの会社で長く事務職やるからいいもん!

と思っていても、職場の人間関係でモメたら終わりです。

⑤給料が安い

売上を生まない仕事だからです。

どちらかというと、会社の人件費を増やしてしまう職種ですね。

 

その証拠に、大手企業の事務職は派遣社員も多いです。

正社員で雇いたくないからですね。

 

営業だったら売上に応じて給料が上がりますが、事務職は低いまま。

営業から事務に転職したい女性

がんばって事務職を続けたら、いつかは給料あがるかも!

と期待しても、売上を生まない以上、なかなか給料は上がりません。

事務職以外に楽な仕事【在宅フリーランス】

事務職以外に楽な仕事【在宅フリーランス】

営業から転職したい女性

営業が辛すぎて楽そうな事務職に転職したいけど、

別に事務職じゃなくても、楽そうな仕事なら興味あるなぁ

という人は、在宅のフリーランスが良いですよ。

毎日家で仕事ができるから。

 

冒頭でもお伝えしたとおり、僕は毎日パジャマで仕事してます。

【体験談】在宅フリーランスはノルマ・人づきあいなし

営業と違って、在宅フリーランスはノルマも人づきあいもありません。

僕は在宅のフリーランスWebライターですが、1ヶ月のアポ数は0~1件。

 

家族以外とは、ほとんど会いません。

ノルマもないので、のんきに仕事をしてます。

 

フリーランスだから上司もいないので、うざい人間関係もなし。

正直、在宅フリーランスを1回やってしまうと、もう普通の仕事には戻れません。

 

ちなみに、在宅のフリーランスWebライターの僕の1日のスケジュールを、年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】にまとめてるので、興味あればどうぞ。

正社員じゃない【フリーランスで手に職つけた方がいいよ】

正社員じゃないと不安な女性

でも、フリーランスって正社員じゃないんでしょ?

正社員じゃないと将来が不安…

という人もいるかもですが、終身雇用が崩壊した今、正社員も不安です。

手に職をつけた方が、よっぽど安定です。

 

この辺は、「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】が参考になるかと。

在宅フリーランスの職種

営業から転職したい女性

でも、自分にできる在宅の仕事なんてあるのかな?

という人は、【現役が語る】在宅ワークにおすすめの職種3選【NGな仕事も解説】を参考にどうぞ。

代表的な在宅ワークの職種を紹介しています。

 

あなたにできるものがあるかもしれませんよ。

在宅フリーランスできついのは、最初稼げないこと

少々きついのは、最初はあまり稼げないことですね。

正社員じゃないので、給料が保証されてるわけじゃないので。

 

最初は収入が少ないですが、スキルが上がると稼げるようになります。

あなたの天職を知る方法

あなたの天職を知る方法

営業から転職したい女性

事務職に転職したいっていうか、

自分がやりがいをもってできる仕事なら何でもいいんだよね。

 

私の天職ってなんだろう?

という人は、下記7つの質問に答えてみてください。

あなたの転職が見えてきますよ。

  1. あまり苦労せずできたことはありませんか?
  2. あなたが「確実に向いてない」と思う仕事はなんですか?
  3. あなたが嫌いな仕事は何ですか?
  4. 時間を忘れて没頭できることはありませんか?
  5. 漠然とでもいいので興味があるジャンルはありますか?
  6. あなたはどんなときに喜びを感じますか?
  7. できることならどんな人生にしたいですか?

 

詳しくは、自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】にまとめてます。

自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】

まとめ【営業から事務に転職すると後悔する】

まとめ【営業から事務に転職すると後悔する】

この記事をまとめます。

  • 営業から事務に転職すると後悔することも多い
  • 事務職は人づきあいも多いし、将来性もない
  • 事務職以外に楽な仕事は在宅フリーランス
  • 手に職をつける方が将来は安泰
  • あなたの天職を知りたいなら7つの質問に答えてみよう

営業から事務職に転職を考えているあなたの、参考になればうれしいです(^^)

 

営業が辛すぎるなら、辞めていいと思いますよ。

僕は営業を10年やりましたが、辞めてよかったと思ってます。

 

営業を辞めたい女性が辞めていい理由を、営業を辞めたい女性は辞めてOK【退職方法と転職活動方法も解説】にまとめたので、読んでみてください。

 

営業を辞めて大丈夫な理由や、営業からの転職活動のコツを解説しています。

転職活動を始める前に読んでおいてください。

あなたの転職の参考になればうれしいです!