営業が楽しいと思える3つの方法【それでもダメなら環境を変える】

スーツ

どうしたら営業が楽しいと思えるかな…?

最近、営業が辛い…

最初の頃は楽しかったのに、いつの間にか毎日辛い…

 

改めて営業を楽しみたいなぁ。

でも、どう頑張っても営業を楽しめなかったらどうしよう…

こういった悩みに答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 営業を楽しむ方法がわかる
  • どうしても営業を楽しめないときの対処法がわかる

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やりました。

  • 保険営業7年
  • 法人向けWebコンサル営業3年

保険営業時代は、営業が辛くて辛くて仕方なかったです。

生活できなくなって、破産も経験しました。

 

ところが、法人向けWebコンサル営業に転職したら、営業が楽しくなったんです。

この記事は、営業が辛かったけど、楽しめるようになった僕が書いたので信ぴょう性あるかと。

 

今、営業が辛いあなたが、どうしたら楽しめるか解説します。

営業が楽しいと思える3つの方法【やりがいが見つかる】

電話

営業が楽しくなる方法は、下記の3つです。

  1. 売れない方法は一切やめる
  2. 出会いを楽しむ
  3. 目の前の相手の悩み解決に徹する

これでけっこう楽しめますよ。

 

1つずつ解説します。

①売れない方法は一切やめる【楽に売る】

売れない方法は一切やめましょう。

売れないから辛いので。

 

うまくいかない方法を続けてたら、誰だって嫌になりますよ。

楽に売れる方法にシフトしましょう。

営業で楽に売れる方法【Webを使え】

結論、Webを使えば営業は楽勝です。

99%の営業マンがWebを使ってないので、

一人勝ちできるから。

 

僕もWebを使って、上場企業の契約もらえましたよ。

Webを使ったら、

  • 新規開拓のアポ取得率10~20%
  • 239社を新規開拓できた

という感じなので、営業が楽勝になりました。

 

具体的なノウハウは、【実証済み】営業の新規開拓の方法4選【アポが取れたら与えればOK】にまとめてます。

Webを使えばあなただけ、一人勝ちできますよ。

【実証済み】営業の新規開拓の方法4選【アポが取れたら与えればOK】

【悲報】テレアポと飛び込みは時代遅れです

なぜなら、Webが進化したから。

だいたいの情報がググれば出てくるので、

営業もWebを使わないと勝てないですよ。

 

そもそもテレアポと飛び込みって、Webがなくて情報を取れなかった時代の手法です。

つまり、もう20年前に終わってます。

テレアポと飛び込みが辛い理由は、

時代に合ってないからです。

 

この辺は下記の2記事にまとめたのでどうぞ。

これで、テレアポと飛び込みの苦しみから解放です。

テレアポするにしても楽な営業にシフトする

どうしてもテレアポしないとなら、やみくもに電話するのはNG。

不効率だから。

 

ちゃんと準備してから電話すれば、

楽勝でアポとれますよ。

僕がやってたテレアポの方法は、アポ取得率10%くらい。

つまり、10社かけたら1社アポとれます。

 

具体的なノウハウは、【悪用厳禁】法人営業のテレアポのコツ【アポ取得率10%の裏ワザ】にまとめてます。

辛い方法はやめて、もう楽に営業しましょう。

【悪用厳禁】法人営業のテレアポのコツ【アポ取得率10%の裏ワザ】

②出会いを楽しむ

シンプルに出会いを楽しみましょう。

出会えるのは営業の特権だから。

 

例えば、

  • 友達
  • 彼女候補
  • かわいがってくれる先輩

などを作る目的で営業したっていいんです。

 

仕事と称して出会えるのは、営業だけですよ。

人脈の広さを武器にすれば売れます

営業マン最大の強みは、人脈が多いこと。

常に新しい人と会う仕事だから。

 

意外かもですが、営業マンに人を紹介してほしいと思ってる人は多いですよ。

例えば、

  • 人材を募集している企業の社長
  • 彼氏がほしい女性
  • 友達を増やしたい人

なんかは、実はあなたの人脈に魅力を感じてます。

 

あなたの人脈を紹介してもらう代わりに、

向こうの人脈も紹介してもらいましょう。

ようは、人脈をトレードしてさらに人脈を広げれば、見込み客リストは永遠に増えますよ。

人脈トレードで見込み客リストを増やす=売上安定

見込み客リストを増やせば、あとは打率で契約になります。

結果、売上が安定する感じ。

 

なので、戦略的に人脈トレードの仕組みを作りましょう。

例えば、下記なんかがいいですね。

  • 合コン
  • 異業種交流会
  • 飲み会

参加者が気軽に人脈を紹介しやすい場を作ればOKです。

【体験談】僕がやってた人脈トレードの仕組み

僕は下記をやって、見込み客リストをガンガン増やしました。

  • 20代異業種交流会(20代だけが参加できる異業種交流会)
  • 「普通の飲み会」というイベント
  • 毎週末の合コン

おもしろいように見込み客リストが増えたので、参考にどうぞ。

 

あと、シンプルに楽しいですよ。

③目の前の相手の悩み解決に徹する

あなたの商品を売らなくていいので、目の前の人の悩み解決に徹しましょう。

見込み客を紹介してもらえるから。

 

仮に、あなたの仕事と関係なくても、目の前の人のために動くんです。

売る義務がないし、感謝されるので楽しくなりますよ。

 

大丈夫、結果的に売上も増えます。

【体験談】僕がやってた悩み解決

例えば、こんな感じ。

  1. 彼氏がほしい女性
  2. 合コン企画
  3. 彼氏ゲット
  4. 感謝されてお客さんになってくれた

などなど。

 

自分で解決できない悩みは、詳しい専門家を紹介すればOK。

専門家が知り合いにいないなら、開拓すればOKでして、見込み客リストが増えます。

 

この辺のノウハウは、営業の極意は「相手の悩み解決」の一点のみ【細かいノウハウも紹介】にまとめてます。

結論、目の前の相手の悩みを解決するだけで、売上も上がっていきます。

営業の極意は「相手の悩み解決」の一点のみ【細かいノウハウも紹介】

どうしても営業が楽しいと思えないときの3つの対処法【環境を変える】

ジャンプ

営業を楽しむ方法はなんとなくわかったよ。

でも、それでも楽しめなかったらどうしよう…

という人は、下記の3つがおすすめ。

  1. 売れやすい営業に転職する
  2. あなたが向いてる営業に転職する
  3. どうしても辛いなら営業を辞める

 

ようは、環境を変えた方がいいです。

たぶん、あなたのいるべき場所はそこじゃないかも。

 

1つずつ解説しますね。

①売れやすい営業に転職する

そもそも売りにくい営業をやってるなら、そりゃ楽しくないですよ。

売れないから。

 

商材を変えればウソみたいに売れることあるので、転職すればOKです。

【体験談】営業が楽しい業界はITだった

冒頭でお伝えしたとおり、僕は保険営業→法人向けWebコンサル営業に転職しました。

そしたら、たくさん売れました。

 

前述の、

  • アポ取得率10~20%
  • 239社を新規開拓
  • 上場企業から契約をもらった

は、すべて法人向けWebコンサル営業に転職してからの話。

 

結論、保険は売りにくいけど、Webコンサル(IT営業)は売れました。

IT営業の売りやすさは、

【実録】営業が楽しい業界はIT【あなたに合う営業に転職する方法】にまとめたので、興味あればどうぞ。

【実録】営業が楽しい業界はIT【あなたに合う営業に転職する方法】

あなたの業界は売れにくい業界かも

そもそも難易度が高い営業だと、苦しいばかり。

営業の難易度が高い業界は、

営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】にまとめたので、チェックしてみましょう。

 

あなたのいる業界は、辛いランキング上位かも。。。

営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】

②あなたが向いてる営業に転職する

今の営業が、あなたと相性が悪い可能性もあります。

あなたに向いてないから、売れないわけです。

 

向いてないのは悪いことじゃないので、

向いてる営業に転職しましょう。

あなたに向いてる営業がわかる方法

でも、自分に向いてる営業なんてわからないよ…

という人は、営業に強い転職エージェントに相談すればOK。

適性診断してくれて、あなたに向いてる営業や、その会社を紹介してくれます。

 

営業に強い転職エージェントは、

【経験者向け】営業でおすすめの転職エージェント3選【起業を目指せ】にまとめたのでどうぞ。

 

すべて無料なので、とりあえず話だけ聞いてみるのでも大丈夫ですよ。

【経験者向け】営業でおすすめの転職エージェント3選【起業を目指せ】

③どうしても辛いなら営業を辞める

どうしても辛すぎるなら、営業自体が向いてないので辞めて大丈夫。

世の中には、他にもたくさん仕事があるので、営業にこだわる必要はありません。

【体験談】僕も営業よりWebライターの方が向いてた

実は僕、営業を10年やった後に、Webライターに転職してます。

営業に疲れちゃったので。

 

で、結論、なんとWebライターの方が向いてたんです。

営業時代より楽に稼げるし、毎日やっても飽きません。

 

こんなことなら、さっさとWebライターに転職すればよかった…

と後悔してるくらいです。

なので、あなたが営業に向いてない=他に天職がある証拠。

 

天職は楽しいですよ。

あなたの天職に出会うカンタンな方法

適職診断ツールを使えばOK。

カンタンにあなたの天職がわかります。

 

僕も色々やったんですが、

フューチャーファインダーが高精度でよかったです。

たぶん新卒が使う適職診断ツールですが、社会人が使ってもOK。

 

151も質問に答えないとですが、その分、高精度の診断結果が出ます。

フューチャーファインダー

151の質問に答えるといっても、20分くらいで診断は終わりますよ。

※僕はIT系が向いてると出たので、Webライターに転職しました。

 

しかも、フューチャーファインダー無料。

無料・20分であなたの天職がわかるので、やっといて損はないかと。

 

あなたが本当に楽しめる仕事がわかりますよ。

まとめ【営業が楽しいと思えないなら行動あるのみ、無理なら転職しよう】

スーツの男性

最後にもう一度、営業が楽しくなる3つの方法をまとめておきます。

  1. 売れない方法は一切やめる
  2. 出会いを楽しむ
  3. 目の前の相手の悩み解決に徹する

本気で営業を楽しみたいなら、行動を変えましょう。

 

この記事で紹介したことで、できそうなことからやってみてください。

マジで営業が楽しくなりますよ。

 

それでも、どうしても営業を楽しめないなら、下記の3つをやればOKです。

  1. 売れやすい営業に転職する
  2. あなたが向いてる営業に転職する
  3. どうしても辛いなら営業を辞める

 

どうしても辛いなら、環境を変えるのも立派な行動です。

本気で人生を良くしたいなら、今すぐ行動しましょう。

 

ちなみに、この記事で紹介した営業に強い転職エージェントは、

【経験者向け】営業でおすすめの転職エージェント3選【起業を目指せ】にまとめてます。

 

また、あなたに向いてる仕事がわかる無料の適職診断ツールは、フューチャーファインダーです。

 

行動すれば、仕事は楽しめます。

できることからやってみてください。