営業が嫌いな人に元営業マンが真実を語る【10年やってきた本音】

営業が嫌いな人に元営業マンが真実を語る【10年やってきた本音】

営業の仕事って嫌いだなぁ…

特にスキルもないから、転職先は営業くらいしかなさそうだけど、本音はやりたくない。

 

まともな仕事で、人に誇れるような仕事をしたいなぁ。

それで、安定して稼ぎたい。

営業は嫌いだけど、自分にできるかなぁ?

こういった悩みや疑問に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 営業が嫌いな人に元営業マンが真実を語る【イメージと現実の違い】
  • 営業職の良いところ3選【営業の向こうには自由がある】
  • あなたが営業に向いてるかチェック

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

経歴は下記のとおり。

年齢 仕事
26〜31歳 メットライフ生命の営業
31〜33歳 保険代理店の営業
33〜36歳 Webマーケティング営業
36歳〜現在 Webライター

 

ぶっちゃけ、営業ってイメージ悪いですよね?

そのイメージが本当なのかを、10年の経験から解説します。

MEMO
営業をやってると、他業界の営業マンとも仲良くなります。

多くの業界の営業マンに聞いた現実もまとめたので、けっこう信ぴょう性があるかと。

佐藤誠一

イメージ通りのこともあれば、イメージと現実が違うこともあります。

営業職に転職を検討していて、今回の転職に失敗したくない人は最後まで読んでみてください。

 

「営業以外でおすすめの仕事に転職したい!」という人は、「営業以外であなたに向いてる仕事を選ぶ」で該当箇所にジャンプできますよ。

目次

営業が嫌いな人に元営業マンが真実を語る【イメージと現実の違い】

営業が嫌いな人に元営業マンが真実を語る【イメージと現実の違い】

営業が嫌いな人向けに、10年営業の現場を見てきた真実を語ります。

くれぐれも、営業に転職する前に読んでくださいね。

ノルマに追われる→本当

営業である以上、ノルマからは逃れられません。

売れなかったら、存在価値がないからです。

 

ノルマを達成できないと、下記のようなデメリットあり。

  • 上司から怒られる
  • 給料が減る
  • 社内での立場が悪くなる
  • 休日がなくなる
  • 残業が増える

佐藤誠一

ノルマがない営業職はありませんので、ノルマは覚悟しておきましょう。

営業でノルマなしはありえない【あなたの天職に出会う3つの方法】も参考にどうぞ。

 

ただし、ノルマの量は会社によります。

中にはノルマ設定が低い会社もあるので、会社選びが重要です。

楽な営業をしたい人は、営業が楽な業界3選【ただし自信がないならマジでやめといた方がいい】をどうぞ。

へこへこ頭を下げなければいけない→売り方と商材による

頭を下げて売ってるのは、売れない営業マンです。

お願いしないと売れないからです。

きちんとセールススキルを身につければ、頭を下げなくても売れます。

だって、営業して価値を提供するわけですから、へりくだる必要はありません。

 

ただし、社会から必要とされてない商材を無理やり売る営業は、頭を下げないと売れません。

売れるセールススキルについては、営業のコツ14選【営業10年経験者が本当に売れたスキルだけを厳選にまとめてます。

お世辞を言わないといけない→売り方と商材による

お世辞を言ってる営業マンは、下記のどちらかor両方です。

  • 売り方が悪い
  • 商品力がない

売れる営業マンor商品力があれば、お世辞を言わなくても売れます。

お客さんの方から「売ってください」と言ってくるからです。

接待しないといけない→業界と商材による

営業って、飲み会接待が多いイメージありますよね(^^;

でも、それは業界と商材によります。

ライバルが多い業界だと、接待も必要でしょう。

また、売りにくい商材だと、接待しないと売れません。

佐藤誠一

ライバルが少なくて、売りやすい商材なら接待しなくても売れます。

だって、商材で価値を提供してるわけですから、さらに接待する必要はないからです。

接待については、【結論】営業の接待はやめた方がいい【接待しないでも売れる方法】も参考にどうぞ。

嘘をついて売りつける→営業マンと商材による

嘘をついて売ってる営業マンは、下記のどちらか。

  • もともと嘘つきタイプの営業マン
  • 商品力が低すぎて、嘘つかないと売れない

誠実で、商品力が良ければウソをつかなくても売れます。

いらないものを売りつける→商材が悪い

いらないものを無理やり売りつけるのは、商材が悪すぎるからです。

MEMO
営業職を選ぶときは、商材で選びましょう。

本当に良いものは、売りつけなくても売れます。

 

売りにくい商材を扱うと、無理やり売る営業マンになってしまいます。

この辺は、いらないものを売る営業スキル3選【社会悪なので転職した方がいい】も参考にどうぞ。

話がうまくないと売れない→嘘

「営業=話がうまくないと売れない」という認識は違います。

営業は相手の話を聞く仕事だからです。

営業の仕事は下記の2つだけ。

  1. 相手の悩みを聞き出す
  2. 相手の悩みの解決策を提案する

 

だから、話を聞く能力の方が大切。

トップセールスの人ほど口下手です。

話の聞き方のスキルは、営業のヒアリングのコツ7選【法人契約をもらいまくったテクニック】にまとめています。

人から拒絶される仕事→売り方と商材による

営業って人から拒絶されるイメージありますが、売り方と商材次第。

  • 売り込み色が強い→拒絶
  • いらない商材→拒絶

つまり、正しい売り方で商材が良ければ、拒絶はされません。

なんか宗教っぽい→会社による

なんか宗教っぽい営業マンっていますよね。

宗教っぽい会社の営業マンは、どうしても宗教っぽくなります。

 

よく宗教っぽいと言われるのは、下記の営業ですね。

  • 外資系の生命保険会社の営業マン
  • ワンマン社長の会社の営業マン

佐藤誠一

いらない商品を無理やり売るときは宗教っぽさが必要だったりしますが、売る商材を変えた方がいいですね。

理不尽なことが多そう→本当

営業は理不尽が多いです。

人相手の仕事だからです。

 

例えば下記など、理不尽はマジで多いです。

  • 契約するって言ってたのにキャンセルされた
  • 自分が悪くないことでも怒られる
  • 会社の尻拭いは営業マンの仕事

でも、どんな仕事でも理不尽はありますよね?

根性がいる仕事→本当

営業は根性いります。

メンタルの状態が成果に反映しやすいからです。

 

例えば、

燃える営業マン

しんどいけど、あと1件営業しよう!

みたいなのが実を結ぶことが多いです。

 

だから、営業の会社ってどうしても体育会系の雰囲気になりがちです。

佐藤誠一

僕がいたメットライフ生命も超体育会系でした(^^;

この辺は、【実話】営業は体育会系の面がある【体育会系以外の仕事を選べばOK】も参考にどうぞ。

飛び込み営業がきつそう→本当

飛び込み営業はマジできついです。

拒絶されまくって、自分の存在価値を感じなくなるからです。

注意
結論、飛び込み営業を強いる会社に転職してはいけません。

飛び込み営業は、もう時代に合ってないからです。

詳しくは、飛び込み営業が辛いときの対処法【無駄だし迷惑だから辞めましょう】にまとめています。

嫌いな人とも付き合わなきゃいけない→本当

営業は人付き合いが多いので、どうしても嫌いな人と付き合うこともあります。

特に最初はお客さんを選んでられないので、嫌いな人とも話さないといけません。

嫌いな人をうまく転がすくらいの気持ちが必要です。

ずっと売り続けないといけない→本当

営業である以上、ずっと売り続けないといけません。

営業を長く続けられる人は、そもそも売るのが好きな人です。

佐藤誠一

僕はずっと売り続けるのに疲れたので、営業をやめました。

参考:営業が辛い時の5つの理由と解決策【辞めたいなら転職して大丈夫だよ】

営業職の良いところ3選【営業の向こうには自由がある】

営業職の良いところ3選【営業の向こうには自由がある】

営業は嫌なところもありますが、良いところもあります。

僕も営業を10年続けられたのは、良いところを感じていたからです。

 

営業の良いところは下記の3つ。

  1. 売れれば稼げて自由
  2. 自由時間が多い
  3. 独立できて支配から逃れられる

1つずつ解説しますね。

①売れれば稼げて自由

営業は、売れれば稼げて自由です。

売ることが仕事なので、それが終われば何も言われないからです。

佐藤誠一

僕も月初で大きな売上をあげて、残り遊んでた月もありました。

月収400万円の月もありましたよ。

売れれば最高の仕事です。

②自由時間が多い

多くの会社は、朝礼後にみんな営業先に向かいます。

上司がずっと監視するわけじゃないので、けっこう自由時間があります。

 

なので、サボろうと思えばサボれます。

本当はアポがないけど、アポに行くふりしてサボる人もいます。

 

営業のサボり方については、営業のサボりはOK【おすすめのサボり方11選も解説】にまとめてます。

時間の自由が利くので、ちょっとした用事を済ませたり、一時的に帰宅することもできます。

③独立できて支配から逃れられる

営業力がつけば、会社のために働く必要はありません。

自分で好きな商材を選んだり作ったりして、独立できるからです。

会社の支配から逃れられるので、自由な人生になりますよ。

【体験談】僕も独立しました

僕も独立したタイプです。

今は独立してから営業したお客さんの仕事を、毎日自宅でやっています。

※今はWebライターです。

  • 出勤がない
  • スーツも着ない(いつも部屋着)
  • 面倒な人づきあいがない
  • 好きな時間に寝て、好きな時間に起きる
  • 休憩が自由
  • スタバで作業もあり
  • 月収50万円くらい

 

ものすごく自由な生活です。

でも、営業をやったから今の生活ができています。※売上をもってこれるから。

なので、営業をやってよかったと思ってます。

将来、自由な生き方をしたい人は、営業は良いですよ。

あなたが営業に向いてるかチェックしてみよう

あなたが営業に向いてるかチェック

そもそも、あなたが営業に向いてるかもチェックしておきましょう。

もし向いてないなら、他の仕事を考えた方がいいからです。

 

一例ですが、営業に向いてる人の特徴は下記のとおり。

  • 人の話を聞ける人
  • 論理的思考ができる人
  • リサーチが好きな人
  • 行動しながら考える人
  • 年上にかわいがられる人
  • 多趣味の人
  • 人と違うことをしたい人
  • 細かいことに気づける人
  • 自分の利益より相手の利益を優先できる人
  • Webに強い人

 

さらに詳しい営業の適職診断は、【適職診断】営業職に向いている人の特徴49選【25個以上なら天職】にまとめてます。

佐藤誠一

必ず転職する前に診断してくださいね。

【適職診断】営業職に向いている人の特徴49選【25個以上なら天職】

【営業に向いてる人】あなたが好きになれる商材で選ぶ

営業に向いてると診断結果がでた人は、あなたに合う営業会社を選びましょう。

営業に向いてるといっても、営業にもたくさんの種類があるからです。

注意
特に、あなたが好きになれる商材じゃないと辛くなりますよ。

本当は良いと思ってないのに、ムリやり売りつけないといけないから。

 

あなたに合う営業会社に転職したい人は、営業未経験者向けの転職エージェントに会社を紹介してもらうのがコツ。

キャリアカウンセリングをしてくれて、あなたに合う商材・会社を紹介してくれます。

 

営業未経験者向けの転職エージェントは、営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】にまとめておきました。

MEMO
キャリアカウンセリングしてもらいつつ、商材情報を見せてもらいつつ、興味ある商材があれば話を聞いてみるといいと思います。

【ちなみに】営業でおすすめの4業界

ちなみに、営業でおすすめの業界ってある?

結論、下記の4つの業界がおすすめです。

  1. IT・Web
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

理由は、割と売れやすいので初心者向けだから。

IT・Web系は常に最新技術が生まれているので、目新しさで売れます。

佐藤誠一

冒頭でも少し触れましたが、僕はWebマーケティング営業の経験があります。

たしかに売れやすく、新規開拓もラクだったし、上場企業からも契約をもらってました。

 

インフラ・石油・大手メーカーは、営業マンの立場が強いから売れやすい感じですね。

この4つの業界の詳細は、営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】にまとめたので、興味あればどうぞ。

【営業に向いてない人】営業以外であなたに向いてる仕事を選ぶ

営業に向いてないと診断結果が出た人は、営業以外であなたに向いてる仕事に転職しましょう。

向いてる仕事をする方が、人生は楽しいから。

 

あなたに向いてる仕事に転職すると、下記の人生の好循環が起きてきます。

  1. 最初は興味ないけど、向いてるから仕事ができてしまう
  2. 上司や先輩からほめられる
  3. ほめられて嬉しいから、もっと頑張る
  4. 向いてる上に頑張るので、もっと成果が出る
  5. 仕事に自信がついて、いつのまにか好きな仕事になってる

結論、生きてること自体も楽しくなってきますよ。

【体験談】僕は営業よりWebライターの方が向いてた

先ほども触れましたが、現在の僕はWebライターという仕事をしてます。

ぶっちゃけ、営業よりWebライターの方が向いてました。

Webマーケティング営業をやってるときに、Webライター業務が必要になったから始めた感じです。

最初は興味なかったですが、スルスルと成果が出たので興味をもちました。

 

営業より少ない労力で大きな成果が出るので、

あ、僕はWebライターの方が向いてるな。

よし、Webライターを本業にしよう。

って感じで転職しました。

Webライターはどこでも仕事ができるので、夫婦でのんきにノマド生活していて幸せ。

結論、あなたの向いてる仕事に転職すると、人生は楽しいかなと。

あなたに向いてる仕事がすぐわかる方法

でも、自分に向いてる仕事なんてわからないよ…

という人は、自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】を参考にどうぞ。

記事内の「7つの質問」に答えることで、あなたに向いてる仕事が見えてきます。

 

「どうしても向いてる仕事がわからないときの対処法」も解説してるので、本気で向いてる仕事を知りたい人にいいかと。

自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】

まとめ【営業のイメージと現実は違うこともある。慎重に検討しよう】

まとめ【営業のイメージと現実は違うこともある】

この記事をまとめます。

  • 営業の真実を知っておきましょう【イメージと違うことも】
  • 営業職には良いところもあります
  • あなたが営業に向いてるかチェックしましょう
  • 営業に向いてるならさっそく転職してみよう
  • 営業に向いてないなら、あなたに向いてる仕事に転職すれば人生は楽しい

 

あとは行動あるのみ。

行動しないと何も始まらないので。

 

前述のとおり、まずはあなたが営業に向いてるか診断しましょう。

あなたが営業に向いてるかは、【適職診断】営業職に向いている人の特徴49選【25個以上なら天職】で診断できます。

 

営業に向いてるなら、あなたが好きになれる商材を探しましょう。

好きな商材は、本当に良いと思ってるので売れます。

 

あなたが好きになれる商材情報は、転職エージェントに登録して見せてもらうと情報収集に良いかなと。

営業に強い転職エージェントは、営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】に詳しくまとめてます。

 

また、営業でおすすめの業界は下記の4つです。

  1. IT・Web
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

詳細は、営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】をどうぞ。

 

営業に向いてないと診断結果が出たら、あなたに向いてる仕事に転職すればOK。

あなたに向いてる仕事は、自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】を読むと見えてきます。

 

まずは営業の適職診断をして、本当に営業に転職するか考えてみましょう。

今日から一歩を踏み出してみてください( ̄^ ̄)ゞ