営業が楽な業界3選【ただし自信がないならマジでやめといた方がいい】

楽な営業の4つの条件【楽な営業の具体例と転職方法も解説】

楽な営業を知りたいな。

営業に転職を考えてるけど、営業の自信がないから、できるだけ楽な営業がいい。

 

ルート営業とか法人営業は楽って聞いたけど、実際はどうなの?

こういった疑問に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 営業が楽な業界がわかる
  • 営業が楽じゃない業界がわかる
  • 営業の自信がないならやめといた方がいいとわかる

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

  • 保険営業:7年
  • Webマーケティング営業:3年

営業を10年もやってると、あらゆる業界の営業マンと知り合います。

営業マン同士は、情報共有のために繋がりたいので。

 

あらゆる業界の営業マンの話を聞いて、

この業界は営業が楽そうだな。

この業界はマジでキツそう…

というのが見えてきます。

 

この記事では、実際にあらゆる業界の営業マンから聞いた生の声を反映させて、営業が楽な業界をまとめました。

生の声を元にしてるので、かなり信ぴょう性があるかと。

 

営業に転職を考えてるけど、できれば楽な営業をやりたいあなたの参考になるかと。

結論、あなたが転職すべき仕事が見えてきます。

営業が楽な業界3選

楽な営業の4つの条件【具体例も紹介】

結論、営業が楽な業界は下記の3つです。

  1. メーカー
  2. インフラ業界
  3. IT業界

1つずつ解説します。

①メーカー営業

理由は、ピラミッドの頂点をとってるので、基本的に立場が強いから。

知名度もあるし、新規開拓もないので、ぶっちゃけだいぶ楽です。

【実話】アイシン精機の元営業マンの感想

僕の友人に、アイシン精機の元営業マンがいます。

彼いわく、メーカー営業はこんな感じ。

  • 定時上がり
  • 行き先が決まっているルート営業
  • 新規開拓はない
  • 製品の提案と価格交渉がほとんど
  • ノルマが低い

ノルマも「去年より下がらなければいい」というくらいなので、楽だそうです。

②インフラ営業

楽な理由は、競争相手が少ないから。

例えば、下記のような会社ですね。

  • 電力会社
  • ガス会社
  • 鉄道会社
  • NTT

そもそもインフラをもってて立場が強いので、上から営業できるのも強みです。

 

インフラ営業については、営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】でも解説してるので、参考にどうぞ。

営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】

③IT営業

楽な理由は、ほとんどの企業がITに興味があるから。

例えば、下記のような点ですかね。

  • 顧客を集客してくれるWebマーケティングシステム
  • 業務を削減してくれるITシステム
  • 顧客を囲い込めるアプリ

 

IT業界は、常に時代の最先端をいってるので、あらゆる業界が注目しており営業しやすいです。

【体験談】IT営業をやった僕の感想

冒頭でもお伝えしたとおり、僕もIT営業(Webマーケティング営業)をやりましたが、たしかに楽でした。

個人的に楽だと感じた点は、下記のとおり。

  • アポを取りやすい(新規開拓しやすい)
  • 顧客は法人のみ(個人はメンドくさい)
  • ノルマがゆるい

もともと利益率が高い業界なので、ノルマも低めでした。

 

この辺は、【実録】営業が楽しい業界はIT【あなたに合う営業に転職する方法】にもまとめてます。

【実録】営業が楽しい業界はIT【あなたに合う営業に転職する方法】

メーカー・インフラ・ITの営業に転職する方法

結論、転職エージェントに頼った方が無難です。

メーカー・インフラ・ITは大手が多いので、転職エージェント経由の方が内定率が高いから。

 

ようは、京都のお座敷遊びみたいなもんで、大手企業ほど「一見さんお断り」なんです。

見ず知らずの個人は、信用がないですからね。

 

なので、転職エージェントに間に入ってもらうことで、転職エージェントの信用で採用してもらうイメージです。

 

メーカー・インフラ・ITの転職に強いのは、下記の3社の転職エージェントです。

無料なので、とりあえず上記3社に登録して、紹介の様子を見ましょう。

徐々に候補を絞っていけばOKです。

 

メーカー・インフラ・ITの営業に転職できる可能性が、グッと上がりますよ。

 

各社の評判は、下記の3記事にまとめたので参考にどうぞ。

【よくある質問①】ルート営業は決して楽じゃない

ちなみに、ルート営業は楽っていうけど、実際はどうなの?

たしかに、新規営業より楽な部分もありますが、安易に「ルート営業は楽」と解釈するのは危険です。

なぜなら、下記の理由でルート営業もきついから。

  • 売れないと言い訳できない
  • 取引先を潰したときの責任が重い
  • 売上が足りないと新規営業あり

 

詳しくは、ルート営業がきつい4つの理由【転職先は好きな商材で選ぶと売れる】にまとめたので、参考にどうぞ。

ルート営業がきつい4つの理由【転職先は好きな商材で選ぶと売れる】

【よくある質問②】反響営業は決して楽じゃない

反響営業は、問い合わせ対応するだけだから楽じゃないの?

結論、反響営業も楽じゃないです。

なぜなら、100%仕留めないと怒られるから。

 

せっかく問い合わせが来たのに、営業マンが潰してしまうと責任は重いです。

この辺は、営業の19種類一覧【あなたに合う営業や会社に出会う方法まで解説】にまとめてます。

営業の19種類一覧【あなたに合う営業や会社に出会う方法まで解説】

【よくある質問③】代理店営業は決して楽じゃない

代理店営業は楽なの?

代理店営業も楽じゃないです。

理由は下記のとおり。

  • 人をやる気にさせて売上をあげなきゃいけないから
  • ライバルが多いから
  • 接待が多いから

 

代理店営業の辛い部分も、営業の19種類一覧【あなたに合う営業や会社に出会う方法まで解説】にまとめてます。

【よくある質問④】法人営業(BtoB)は個人営業より楽です

法人営業と個人営業って、どっちが楽なの?

結論、法人営業の方が楽です。

理由は下記のとおり。

  • 法人はアポの時間が短い
  • 平日昼間だけ働けばいい
  • 条件さえ合えば契約してくれる

 

ぶっちゃけ、個人営業はメンドくさいのでおすすめしません。

詳しくは、法人営業と個人営業の10の違い【どちらに合うかもチェック】をどうぞ。

法人営業と個人営業の10の違い【どちらに合うかもチェック】

楽じゃない営業7選【業種や手法問わず選抜】

楽な営業に転職する方法

反対に、楽じゃない営業ってどれなの?

結論、下記の7つは特にきついです。

  1. 先物取引の営業
  2. 保険の営業
  3. 不動産営業
  4. 広告営業
  5. 飛び込み営業
  6. テレアポ
  7. 個人営業

ぶっちゃけ、営業に自信がないなら絶対やめといた方がいいですよ。

 

どれくらいきついのかは、営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】にまとめたので、参考にどうぞ。

営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】

【悲報】営業に自信がないならやめといた方がいい

【悲報】営業に自信がないならやめといた方がいい

できるだけ楽な営業に転職したいけど、そもそも営業の自信がないんだよね…

ちゃんと売れるか不安だ…

という人は、悪いことは言わないので、営業はやめといた方がいいですよ。

理由は下記の2つです。

  1. 向いてる人しか生き残れないから
  2. AIに営業マンの仕事が奪われていくから

 

従来型の営業はオワコン化しつつあるので、今から営業に転職するのは慎重な判断が必要です。

①向いてる人じゃないと生き残れない

弱肉強食の世界だからです。

営業会社の内部は、

  • 売れてる人は無条件で偉い
  • 売れてない人は人間じゃない

って感じです。※マジで。

 

当然ですが、毎月成果をあげないといけないので、売り続けられる人は稀です。

ちなみに、僕がいた保険会社の離職率は、90%を超えてました。

 

マジできつい仕事なので、自信がないなら他の仕事の方がいいですよ。

あなたが営業に向いてるかは、【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】にまとめたので、転職前にどうぞ。

【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】

②AIに営業マンの仕事が奪われていくから

すでに奪われてます。

例えば、AmazonのAIは、すでに営業マンの仕事を奪ってます。

 

Amazonで買い物すると、「これを買った人はこれも買ってます」みたいに出てきますよね。

あれは、AmazonのAIが統計データを使って、その人が欲しがるものをどんどん提案しているんです。

 

瞬時に表示されるので、人間の営業マンでは勝てません。

今後も生き残れる営業マンは、ごく一部のスーパースターだけなので、自信がない人はやめておきましょう。

 

この辺は、【悲報】9割の営業マンはいらない【潜在ニーズを売れば生き残れる】にまとめてます。

【悲報】9割の営業マンはいらない【潜在ニーズを売れば生き残れる】

営業以外でおすすめの業界

結論、IT業界です。

なぜなら、ITは伸びてるから。

  • AI
  • 5G
  • アプリ
  • SNS
  • Youtube

などを見れば明らかですよね。

 

IT業界の将来性は、【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】にまとめてます。

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

 

未経験からIT業界の仕事ができる仕事は、下記のとおり。

  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • Webマーケティング
  • Webライター

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】をどうぞ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

【体験談】僕も営業→ITに転職して正解だった

僕は営業を10年やった後、フリーランスのWebライターに転職しました。

毎日家でパソコン作業をする仕事で、年収は750万円くらいです。

 

結論、営業の100倍良いですね。

理由は下記のとおり。

  • ノルマがない
  • 人に会わなくていい
  • ずっと家で仕事ができる
  • 自分のペースで仕事ができる
  • 通勤がない
  • 起きる時間や寝る時間が自由
  • 休日が自由

どう考えても、営業より100倍マシです。

 

前述のとおり、AIで営業はオワコン化しつつあり、スーパースターしか生き残れない状況。

だったら、時代に合った職業の方が良いと思いますよ。

まとめ【営業が楽な業界はあるけど、不安ならやめといた方がいい】

まとめ【結論:楽な営業もある】

最後にもう一度、営業が楽な3つの業界をまとめておきます。

  1. メーカー
  2. インフラ業界
  3. IT業界

 

メーカー・インフラ・ITの営業に転職するなら、大手企業の紹介に強い転職エージェントを使った方が良いですよ。

転職エージェントの信用を使えるので、内定率が上がるから。

 

メーカー・インフラ・ITの営業に強い転職エージェントは、下記の3社です。

 

各社の評判は、下記の3記事にまとめてます。

 

反対に、楽じゃない営業は下記の7つ。

  1. 先物取引の営業
  2. 保険の営業
  3. 不動産営業
  4. 広告営業
  5. 飛び込み営業
  6. テレアポ
  7. 個人営業

 

ただ、時代的に営業はオワコン化しつつあるので、自信がないなら他の仕事に転職した方がいいですよ。

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】をどうぞ。

 

ということで、あなたに合う仕事に転職できることを祈っています。

さっそく転職活動を始めてみましょう。