【悲報】30代が中小企業診断士を取得しても転職に有利にならない

【悲報】30代が中小企業診断士を取得しても転職に有利にならない

30代で中小企業診断士を取得したら、転職で有利になるかな?

誇れるようなスキルや実績がないから、ここらで国家資格を取得して人生を逆転したい。

 

肩書きを手に入れて、他の人に負けないようになりたい。

そして、人生を安定させたい。

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 30代で中小企業診断士は転職に有利にならないとわかる
  • 中小企業診断士を目指す前にやるべきことがわかる
  • 中小企業診断士にならずに人生を逆転する方法がわかる

 

僕、佐藤誠一は、小さなWebマーケティングの会社を経営しています。

つまり、中小企業診断士の見込み客に該当する人間です。

 

断言しますが、30代で中小企業診断士を取得しても、転職で有利にはなりません。

なぜなら、中小企業診断士は独占業務の資格じゃないから。

弁護士や税理士のような独占業務資格ではないので、ぶっちゃけあまり価値がありません。

 

実際に調べてもらえばわかりますが、求人はかなり少ないです。

そして求人があったとしても、輝かしい実績がないと採用されません。

 

さらに、僕たち経営者の本音は下記のとおり。

会社経営のプロなら、なんで自分で会社を経営しないの?

結論、実績のない中小企業診断士=仕事ができなそうで印象が悪いです。

つまり、資格を取るだけじゃダメして、実績がないと意味ない資格なんです。

 

30代で中小企業診断士を取得するなら、その前にやるべきことあり。

どうすれば中小企業診断士でやっていけるか、経営者の視点で解説します。

 

また、中小企業診断士にならなくても、今から人生は逆転可能。

今から人生を逆転する方法も解説しますね。

この記事を読むことで、将来の展望がちょっと見えると思います。

目次

【悲報】30代が中小企業診断士を取得しても転職に有利にならない

【悲報】30代が中小企業診断士を取得しても転職に有利にならない

残念ながら、30代で中小企業診断士を取得しても、転職は有利になりません。

前述のとおり、中小企業診断士は独占業務の資格じゃないから。

税理士や弁護士のように独占業務資格じゃないし、コンサルなら無資格でもできるから中小企業診断士の価値は低いです。

 

そして、30代で中小企業診断士を取得した人に抱くイメージは、ちょっと厳しいですが下記のとおり。

「もう30代なのに誇れるスキルがないから、中小企業診断士でも取っておこう」みたいな人に見える。

 

結論、あまり仕事ができる人に見えないので、転職では有利にならない感じ。

1000時間以上も勉強して、合格率4%くらいしかない難関資格ですが、取得するメリットが見当たりません。

※痛烈ですみません。でも経営者視点から見ても真実です。

30代で中小企業診断士を取得して有利になる条件

じゃあ、どういう人なら中小企業診断士が有益なの?

30代で中小企業診断士を取得して、有利になるのは下記のような人だけだと思います。

  1. すでにコンサル会社に勤めてる→社内のキャリアアップに使える
  2. すでに経営コンサルタントとして独立している→信用の担保に使える
  3. すでに会社経営をしてて儲かってる→コンサル事業部を立ち上げるときの信頼性の担保に使える

 

残念ですが、上記以外の人が取得しても意味がありません。

該当しないなら、勉強するだけムダです。

※こちらも痛烈で申し訳ありません。でも真実です。

中小企業診断士を取得しても現場では使えない

なぜなら、知識だけで企業の売上が上がったら苦労しないから。

結論、知識があってもコンサルスキルや実績がないと無意味です。

 

本当に申し訳ないですが、僕たち経営者は中小企業診断士をちょっとバカにしてます。

「肩書きがないと仕事ができない人」という印象なので。

※もちろんそうじゃない人もいると思いますが。

 

現実、「経済学」とかも現場では役に立たないですよ。

  • ケインズ経済学
  • 古典派経済学

とかも中小企業診断士で勉強しますが、中小企業には無意味。

 

知識があるのはわかったから、売上を上げてくれ!

と言われるのが現実なので、あなたにコンサルスキルや実績がないなら仕事になりません。

中小企業診断士を取得するのは自由ですが、取得するだけじゃダメってことですね。

【現実】中小企業診断士の求人はかなり少ない

実際に求人サイトとかで調べてもらえばわかりますが、中小企業診断士の求人は少ないです。

前述のとおり、独占業務資格じゃないので需要がないからでしょうね。

 

求人があったとしても、下記のようなところだけです。

  1. コンサルティング会社
  2. 税理士事務所・会計事務所
  3. 商工会議所など

コンサルティング会社は即戦力じゃないとムリ

コンサルティング会社は中小企業診断士の募集が一番多いですが、転職は難関です。

30代だと、コンサルティングの即戦力を求められるから。

 

というか、中小企業診断士がなくても、コンサル実績があれば転職できます。

つまり、資格より実績重視でして、中小企業診断士の有無はどうでもいい感じ。

中小企業診断士をもってても、「あぁ、もってるのね」くらいの評価にしかならず、中小企業診断士があることが内定の決め手になることもありません。

 

結論、下記のような人じゃないと採用されません。

  • コンサルティング会社で実績がある
  • 自分で会社を経営して儲かった

大手コンサル会社は学歴も見られるので、さらに難関ですよ。

税理士事務所、会計事務所も募集が少ない

なぜなら、税理士・会計士も経営のアドバイスができるから。

法律上も税理士・会計士が経営アドバイスを行うことは問題なしなので、結論、中小企業診断士が必要ないんです。

財務面からコンサルティングできるので、むしろ税理士・会計士の方が有利。

 

ビジネス的にも税理士・会計士の方が有利でして、理由は「先生」と呼ばれるから。

税理士・会計士は歴史もあり、資格的にも世間的にも地位が高いです。

コンサルするなら、「先生」と呼ばれる税理士・会計士の方がやりやすい。

中小企業診断士は「先生」と呼ばれることはなく、士業の中でも地位はかなり下です。

商工会議所なども募集が少ない

商工会議所も可能性はありますが、募集は少ないです。

なぜなら、人を雇うお金がないから。

具体的には下記の3つですが、どれも募集は少なめ。

  1. 商工会議所
  2. 中小企業支援センター
  3. 中小企業団体中央会

 

そして、仮に転職できても給料はメチャ安いです。

給料が安いなら、頑張って資格をとった意味がないですよね。

【もちろん】中小企業診断士事務所の募集がほぼない

そもそも、中小企業診断士事務所の数が少ないから。

中小企業診断士事務所の数が少ない理由は明確で、儲からないから。

結論、中小企業診断士はけっこう夢がありません。

「資格を取ること」が目的になってませんか?

う~ん、でも中小企業診断士を取ったら、なんか良さそうじゃない?

ちょっと手を胸に当てて考えてほしいんですが、資格を取ることが目的になってませんか?

資格は目的ではなく、手段ですよ。

目的 手段
ハワイに行きたい 飛行機に乗る
税務に関わる仕事がしたい 税理士になる
法律に関わる仕事をしたい 弁護士になる
中小企業のコンサルをしたい 経営コンサルタントで十分

 

ハワイに行くことが目的だったのに、いつの間にか飛行機に乗ることが目的になってしまい、

機内食では絶対にお寿司を食べたい!

お寿司が機内食で出る航空会社はどこだろう?

みたいに、謎の検索を永遠に続ける人のようなものです。

「中小企業診断士になりたい」は、目的は見失ってる可能性があるので要注意。

肩書きにこだわらない方がいい

でも、誇れるようなスキルや実績がないから、国家資格を取得して肩書きがほしいんだよね…

肩書きにこだわるのは、やめた方がいいですよ。

実績の方が大事だから。

 

肩書きがあるのに中身が伴ってないと、肩書きがない人よりダメージがデカいですよ。

  • 税理士なのに、税金のことを知らない
  • 弁護士なのに、法律のことを知らない
  • フランスで修行したシェフなのに、美味しくない

わかりますかね?落差が大きい分、大きくイメージダウンしますよね。

 

結局のところ、実績がある人は仕事がうまくいくし、肩書きは周りの人が勝手につけてくれます。

肩書きにこだわると、かえってガッカリされて凹むことアリですよ。

 

繰り返しですが、中小企業診断士を取るのは自由ですが、資格だけあってもダメでして、スキルや実績が伴わないと意味なし。

他人と比較するのはやめよう

でも、自分は周りの人と比べると劣ってると思う…

だから、人に負けない資格を取得したいんだ。

結論、他人と比較するのもやめましょう。

他人との比較は、終わりがないから。

 

仮に誰かに勝てたとしましょう。

でも、世の中には「上には上がいる」ので、また悩むことになりますよ。

結論、他人と比較しても疲弊するだけ。

 

むしろ「誰に何を言われようと、自分が幸せならそれでいい」という生き方の方が楽ですよ。

僕もYoutubeやTwitterをやっており、たまにアンチコメントがきますが気にしてません。

なぜなら、今の生活が幸せだから。

 

「そういう意見もあるんだな」と思うくらいで、その人と比較したりしません。

他人との比較は不毛すぎる。

中小企業診断士を目指す前にやるべき3つのこと

中小企業診断士を目指す前にやるべき3つのこと

中小企業診断士だけを取っても意味ないのはわかった。

ちなみに、中小企業診断士を取る前にやっといた方がいいことってある?

結論、下記の3つをやっておきましょう。

  1. 自分でビジネスをやってみる
  2. 営業力を身につける
  3. コンサルティングの実績を作る

この3つをやった上で中小企業診断士を取得するのは、有益だと思います。

1つずつ解説しますね。

①自分でビジネスをやってみる

まず、自分でビジネスをやってみましょう。

ビジネス経験がない人が、中小企業診断士で他人の会社をコンサルするのはおかしいから。

 

今はWebが進化してるので、お金をかけなくてもビジネスできますよ。

詳しくは、脱サラに失敗しない方法9選【失敗しにくいビジネス事例も紹介】をどうぞ。

脱サラに失敗しない方法9選【失敗しにくいビジネス事例も紹介】

②営業力を身につける

営業力は絶対に身につけましょう。

中小企業診断士で食っていくには、営業力が必要だから。

 

仮にコンサル会社に転職しても、営業の連続ですよ。

「コンサル」ってカッコいい感じですが、現実はテレアポしまくりです。

営業のコツは、営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】にまとめてます。

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】

③コンサルティングの実績を作る

もちろん、コンサルティングの実績も作りましょう。

前述のとおり、実績がない中小企業診断士に価値はないから。

 

別に中小企業診断士資格がなくてもコンサルはできるので、個人で営業してコンサルすればOKです。

というか、これができないと中小企業診断士を取得しても食っていけませんよ。

ここまでやれば「資格はいらないな」と気づくはず

なぜなら、上記の3つができたら、すでに安定して稼げてるから(笑)

目的は資格を取ることではなく、安定して稼ぐことかと。

安定して稼ぐためにも、上記3つに挑戦して損はないと思いますよ。

中小企業診断士にならずに人生を逆転させる方法

中小企業診断士にならずに人生を逆転させる方法

う~ん、なんか中小企業診断士は違う気がしてきた…

でも、30代の今から、どうやって人生を生きていけばいい?

できたら、今から逆転ホームランを打ちたいな。

結論、手に職をつけましょう。

手に職があれば、安定して生きていけるから。

 

終身雇用の崩壊=信頼できるのは自分のスキルしかありませんよね。

需要のある手に職をつければ、中小企業診断士じゃなくても安定して食っていけますよ。

 

30代から身につけるなら、下記の手に職がおすすめです。

  1. 営業スキル
  2. プログラミングスキル
  3. マーケティングスキル

1つずつ解説しますね。

①営業スキル

営業スキルを身につけたら最強です。

なぜなら、営業=お金をもってくるスキルだから。

 

多くの企業が「売れる営業マン」を採用したがってるので、営業力があれば人生は安泰です。

売れれば、年収1000万円とかも可能です。

 

でも、僕は営業の才能があるのかな?

あなたが営業に向いてるかは、【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】を読めばわかります。

【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】

営業スキルを身につけるなら営業に転職すればOK

結論、普通に営業に転職しましょう。

幸い、営業は未経験OKの求人も多いです。

 

でも、どんな営業を選べばいいかわからない…

という人は、商材で会社を選ぶのがコツ。

なぜなら、あなたが好きな商材なら売りやすいから。

 

あなた自身が良いと思ってない商品を無理やり売りつけるのは、罪悪感がヤバいし、お客さんに失礼です。

なので、給料や休暇制度ではなく、商材で転職先を選ぶのがコツです。

あなたが好きになれる商材の見つけ方

でも、自分が好きになれる商材ってどうやって探すの?

転職エージェントに商材の情報をもらえばOK。

求人サイトや企業のホームページではわからない商材の情報をもってます。

※企業にヒアリングをしてるから。

 

登録して商材の情報を見つつ、興味ある会社に話を聞いてみつつ、気に入った求人があれば応募してみればOKです。

下記のような大手にいくつか登録しておけば十分かと。

  1. doda:求人数が約10万件の大手。とりあえずここに登録
  2. マイナビエージェント:サポート無制限なのでじっくり情報取集できる
  3. 【パソナキャリア】:関東・関西・東海の企業に太いパイプあり。登録して損なし

②プログラミングスキル

プログラミングスキルを身につけるのも有益。

IT人材の需要が大きいからです。

  • AI
  • 5G
  • VR
  • アプリ
  • ゲーム

とかでイメージが湧くかと。

参考:【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

 

僕もIT業界の人間(Web系)ですが、需要が伸びてる業界なので今後も安泰かなと。

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

プログラミングスキルを身につける方法

スクールで学ぶのが良いと思います。

なぜなら、独学だと最初で挫折しやすいから。

 

プログラミング言語とか、マジで謎の外国語みたいなので、本を買っても進まないのが現実。

先行投資になりますが、スクールで勉強しちゃった方が確実だし、短期間で基礎が身につきます。

 

その後にIT企業に転職すれば、スクール費用なんて数ヶ月で回収できますよ。

※プログラマーの平均年収は425万円。

中小企業診断士の資格スクールに行く気だったなら、その費用をプログラミングスクールに回せばいいかなと。

 

最近は無料体験があるスクールも増えてるので、まずはプログラミングに触れながら考えればOK。

無料体験があるスクールは、【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】にまとめてます。

【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

③マーケティングスキル

これもけっこうおすすめの手に職。

なぜなら、マーケティングができたら個人で食っていけるから。

マーケティング=集客と販売のスキルでして、マーケティング会社に転職もできますが、将来はノマド生活で食っていくことも可能です。

ノマド生活とかも可能です

僕もマーケティングの仕事をしており、夫婦でのんきにノマド生活してますよ。

僕の職種は下記の2つ。

  1. Webライター
  2. Webマーケティング

毎日家でパジャマで稼いでる社長です(笑)

 

ぶっちゃけパソコンとネット環境があれば仕事ができちゃうので、ノマド生活が可能。

穏やかに、自由に生きたい人には良いかなと。

マーケティングスキルを身につける方法

下記の3つのうち、楽しいと思えることをやればOK。

  1. ブログ
  2. Youtube
  3. Webライター

どれもマーケティングスキルが身につくから。

 

参考になりそうな記事や動画を下に貼っとくので、興味があればどうぞ。

  1. ブログが続かない理由と続けられるコツ【600日更新ブロガーが語る】
  2. 無名の人がYoutubeのチャンネル登録1000人になる5つのコツ(※Youtube動画です)
  3. Webライターの完全講義

まとめ【30代で中小企業診断士を取得しても転職に有利にならない。本質を見よう】

まとめ【30代で中小企業診断士を取得しても転職に有利にならない。本質を見よう】

最後にこの記事をまとめます。

  1. 30代で中小企業診断士を取得して、転職は有利にならない
  2. スキルや実績がない中小企業診断士は、むしろ下に見られる
  3. 資格を取ることを目的にしない、あくまで手段
  4. 肩書きにこだわらない、他人と比較しない
  5. 中小企業診断士を取得する前に、自分でビジネスをやってみよう

今後の人生設計の参考にしてみてください。

 

30代はもう年齢的に転職が不利になり始めてるので、本気で人生を変えたいなら行動あるのみ。

迷ってる間に歳をとって、今日よりさらに転職が不利になりますよ。

 

「明日でいいや」の明日はやってきません。

行動すべきは今日からでして、行動しながら考えていきましょう。

 

中小企業診断士を目指すなら、その前に下記を実行あるのみ。

  1. 自分でビジネスをやってみる
  2. 営業力を身につける
  3. コンサルティングの実績を作る

 

もし中小企業診断士が違うと思うなら、手に職をつければOKです。

  1. 営業スキル
  2. プログラミングスキル
  3. マーケティングスキル

 

営業スキルを身につけるなら、普通に営業に転職すればOK。

あなたが好きになれる商材を選べば、売れます。

あなたが好きになれる商材は、転職エージェントにいくつか登録すると効率的に情報収集が可能。

  1. doda:求人数が約10万件の大手。とりあえずここに登録
  2. マイナビエージェント:サポート無制限なのでじっくり情報取集できる
  3. 【パソナキャリア】:関東・関西・東海の企業に太いパイプあり。登録して損なし

 

プログラミングスキルを身につけるなら、スクールで学びましょう。

IT企業に転職すればスクール費用の回収は余裕でして、まずは無料体験でプログラミングに触れながら考えましょう。

参考:【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

 

マーケティングスキルを身につけるなら、下記の3つのうち好きなのをやればOK。

  1. ブログ
  2. Youtube
  3. Webライター

 

あとは行動あるのみです。

今日から一歩を踏み出してみつつ、人生を考えていきましょう( ̄^ ̄)ゞ