30代前半の転職は余裕です【人生を左右する転職なので失敗を防ごう】

30代前半の転職は余裕です【人生を左右する転職なので失敗を防ごう】

30代前半って、まともな仕事に転職できるの?

今の仕事を辞めたいんだけど、年齢的に転職は厳しいのかな…?

 

どうすれば転職がうまくいくんだろう?

できれば楽しく働ける仕事に転職して、人生を安定させたいな。

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 30代前半は転職できるとわかる
  • 30代前半の転職のコツがわかる
  • 30代前半の人生設計がわかる

 

僕、佐藤誠一は、33歳で保険営業→Webマーケティング営業に転職しました。

Webマーケティング会社は36歳まで働いて、その後はフリーランスのWebライターをやってます。

夫婦でのんきにノマド生活しながら、年収は750万円くらいで幸せ。

 

結論、30代前半でも余裕で転職できるので、安心してください。

20代よりは不利ですが、未経験の仕事に転職できる可能性もあります。

ただし、30代後半になると転職は一気に不利になるので、転職するなら今ですよ。

 

30代前半の転職のコツや、今後の人生設計を解説するので参考にどうぞ。

この記事を読むことで、今後の人生の展望が見えると思います。

30代前半の転職は余裕です【男性も女性も経験を活かそう】

30代前半の転職は余裕です【男性も女性も経験を活かそう】

結論、30代前半の転職は余裕なので安心してください。

30代前半でも、会社に利益をもたらせる人なら採用されるから。

 

なので、今までの経験を活かして転職先に貢献できそうなら、採用されますよ。

これまであなたが身につけてきたスキルを武器に転職活動すれば、余裕で内定が出ます。

【体験談】保険営業→Webマーケティング営業に転職できた

冒頭でもお伝えしましたが、僕は33歳で保険営業→Webマーケティング営業に転職できました。

理由は、営業の経験があったからです。

 

営業って「人と話す仕事」なので、商材が保険からWebマーケティングに変わっても、やることは一緒なんですよね。

こんな感じでして、あなたが今までやってきたことを活かせる会社なら、普通に転職できます。

30代前半でも未経験転職は可能【ただし職種は絞られる】

未経験の仕事には転職できないの?

結論、20代よりは絞られますが、30代前半でも未経験で転職できる仕事はあります。

具体的には下記の4つかなと。

  1. 営業
  2. プログラマー
  3. インフラエンジニア
  4. Web系の職種

簡単に1つずつ解説します。

①営業:30代前半なら転職できる

コミュニケーション力があればできる仕事なので。

年収は営業の種類によりますが、300万~2000万円くらいでしょうか。

未経験で営業に転職するコツは、営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】にまとめてます。

営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】

②プログラマー:32歳くらいまでが限界

32歳くらいまでなら、未経験でもプログラマーに転職できます。

理由は、プログラマーが不足してるから。

厚生労働省のデータによると、プログラマーの平均年収は425万円。

技術職なので、スキルアップしていけば年収1000万円とかも可能です。

 

ただし30代だと、さすがにプログラミングの基礎を勉強しておかないと採用されないですよ。

30代=できれば即戦力がいいですからね。

なので、プログラミングスクールで勉強しましょう。

 

テックアカデミーだと、オンラインで1週間のプログラミング無料体験があるので、まずは触れてみて考えればOKかなと。

興味をもてれば才能あると思います。

参考:【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】

【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】

③インフラエンジニア:32歳くらいまでが限界

インフラエンジニアも、32歳くらいまでなら未経験で転職可能。

理由は、インフラエンジニアも不足してるから。

 

そもそも「インフラエンジニア」とは、ネット環境を作ったり、整えたりする仕事のことです。

平均年収500万円くらい。

ITインフラがなくなることは考えにくいので、スキルを身につければ安定して稼げますよ。

 

ただし、30代だと「CCNA」という資格を取得してないと未経験の転職は難しいです。

CCNA=インフラエンジニアの登竜門の資格。

20代ならCCNAをもってなくても許されますが、30代なら転職前に取得しておきたいところ。

 

ウズウズカレッジとかで、格安でCCNAを取得できるので良いかなと思います。

無料のオンライン説明会をやってるので、興味あれば話を聞きながら考えればOK。

参考:【格安】ウズウズカレッジの評判まとめ【3ヶ月で元はとれますよ】

【格安】ウズウズカレッジの評判まとめ【3ヶ月で元はとれますよ】

④Web系の職種:30代前半なら転職できる

僕が転職した仕事でして、30代前半で転職可能です。

職種は下記などがあります。

  1. Webの営業
  2. Webマーケティング
  3. Webライター

この辺は、【体験談】未経験でもWeb業界に転職できた【不安でも問題なしです】にまとめたので興味あればどうぞ。

【体験談】未経験でもWeb業界に転職できた【不安でも問題なしです】

【注意】一時的に年収が下がるかも

ただし30代前半の転職は、一時的に年収が下がるケースが多いので注意。

なぜなら、転職先の会社で実績がないから。

この辺は会社の給与制度によりますが、一般的には徐々に上がっていくことが多いですね。

ようは、転職先で「使える奴」と認定されれば、給料は上がります。

 

最初は試用期間を設けている会社も多く、会社側も様子を見たいってことですね。

この辺は、【悲報】30代の未経験転職は年収が下がる【でも収入アップできます】を参考にどうぞ。

【悲報】30代の未経験転職は年収が下がる【でも収入アップできます】

30代前半の転職のコツ3選【これでうまくいった】

30代前半の転職のコツ3選【これでうまくいった】

転職できるのはわかったけど、転職のコツとかある?

30代前半で転職に成功した僕が思う「転職のコツ」は、下記の3つです。

  1. 即戦力をアピールする
  2. 会社が求める人材に寄せる
  3. 面接官のトーンに合わせる

うまくいった方法なので、ある程度は信ぴょう性があるかと。

1つずつ解説するので、使えそうなのは使ってみてください。

①即戦力をアピールする

なぜなら、30代に求められるのは即戦力だから。

あなたの今までの実務経験を振り返ってみて、応募企業で役立ちそうな経験をアピールしましょう。

「少しでも即戦力に見せる」という努力が、30代の転職には必須。

【できれば】マネジメント力もアピールしよう

企業側は、30代にマネジメント業務もお願いしたいからです。

例えば、過去に後輩を指導した経験があれば、それもアピールしてください。

結論、「即戦力+マネジメント経験」が最強です。

業界未経験でも職種の経験があれば内定率アップ

未経験の業界に転職する場合も、職種の経験があればアピールしましょう。

業界が違っても職種が一緒ならやることも一緒だから、即戦力扱いされて採用されやすいですよ。

 

前述のとおり、僕も保険営業→Webマーケティング営業の転職でうまくいきました。

下記の職種は、業界が変わってもアピールしやすいですよ。

  • 営業
  • 事務
  • 運転手

②会社が求める人材に寄せる

20代と比較されると不利なので、30代は少しでも「会社が求める人物像」に寄せた方が採用されやすいです。

ようは面接官に「この人、うちに合ってる」と思わせればいいゲームなので、あなたから寄せればOK。

 

応募する会社が求める人物像は、求人情報とかホームページに書いてあります。

不安なら、転職エージェントに聞いてリサーチするのも有益ですね。

③面接官のトーンに合わせる

面接官のトーンに合わせて話しましょう。

なぜなら、人は「自分と似てる人」の親近感を覚えるから。

 

シンプルに「この人と働きたい」と思われれば採用されるので、親近感をわかせるのが大事です。

  • 面接官が落ち着いて話すタイプ→あなたも落ち着いて話す
  • 面接官が元気なタイプ→あなたも元気よく話す

こんな感じでOKです。

人間って感情で生きてるので「この人、なんかいいな」と思ってもらえれば採用されますよ。

【ちなみに】在職中に転職活動した方がいい

可能なら、在職中に転職活動してください。

30代の転職活動は、長引くことがあるから。

 

20代と比較されると不利な面があるし、先に辞めちゃって内定が出ないとお金がなくなりますよ。

失業保険の給付は辞めてから4ヶ月目なので、貯金がないとかなり不安かと。

在職中に転職活動するコツは、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】にまとめてます。

在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

【重要】30代前半の転職は今後の人生に大きく影響します

【重要】30代前半の転職は今後の人生に大きく影響します

転職のコツはわかったけど、転職先を間違えたらどうしよう…

もう失敗はできないよね…

結論、30代前半の転職は、けっこう慎重になった方がいいですよ。

なぜなら、人生最後の転職になるかもしれないから。

 

30代後半になると転職が不利になるので、ここの選択ミスは痛い。

くれぐれも安易な転職をしないのが鉄則です。

ある程度は楽しめる仕事がいいかなと

個人的な感想を含みますが、やっぱり楽しめる仕事がいいかなと思いました。

なぜなら、楽しめる仕事じゃないと長く続けられないから。

 

例えば、下記のような「条件」だけで転職先を選ぶこともできますが、それって仕事が楽しいんですかね?

  • 給料
  • 休暇制度
  • 福利厚生
  • 通勤時間

肝心の仕事内容をおろそかにすると、「つまらない仕事を我慢してやる人生」になっちゃいますよ。

それって、たぶん地獄ですよね。

もちろん条件も大事なのはわかりますが、くれぐれも条件だけで仕事を選ばないのがコツです。

【体験談】僕は今の仕事が楽しいです

33歳でWeb業界に転職しましたが、仕事は好きですよ。

今はWebライターですが、家でもくもくと書いた文章が、誰かの役に立ってるのがうれしいんですよね。

技術職だからどこにいっても通用するし、Webが世界からなくならない限りは楽しめるかなと。

 

割と引きこもりタイプの僕にも合ってる仕事でした(笑)

家でパソコン作業するだけでお金をもらえるのも、なんか不思議ですがうれしいところです。

やっぱり、仕事はある程度は楽しい方がいいかと。

向いてる仕事に転職するのもアリ

良い機会なので、あなたに向いてる仕事に転職するのもアリかなと。

なぜなら、向いてる仕事は楽しめるから。

 

最初は興味がなくても、向いてる仕事なら下記の好循環が発生します。

  1. 向いてるから、他の人よりできてしまう
  2. 上司にほめられる
  3. うれしくなって、もっと頑張る
  4. もっと成果が出てしまう
  5. 自信がついて、いつの間にか仕事が楽しくなる

結論、生きてて楽しくなります。

こんな人生もアリかと。

【体験談】Webの仕事が向いてたので人生が楽しい

また僕の体験談で申し訳ないですが、Web系の仕事は完全に向いてました。

小さな労力で、大きな成果が出るから。

 

前職は保険営業ですが、完全にWeb系の仕事の方が楽しいし、稼げてます。

営業系より、もくもくと作業する系の仕事の方が向いてたのもありますね。

 

今は上場企業を含めていろんなクライアントさんから頼りにされており、やりがいもあります。

特にやりたい仕事が決まってないなら、向いてる仕事に転職すると人生は楽しいですよ。

あなたに向いてる仕事を見つける方法

でも、自分に向いてる仕事がわからない…

という人は、プロのキャリアカウンセラーに適職診断してもらえばOKかと。

適職診断ツールを使いつつ、ヒアリングしてくれつつ、あなたに向いてる仕事を絞ってくれます。

 

30代前半の転職は最後の転職になるかもなので、情報収集しといて損はないかと。

失敗するよりはマシですよね。

 

転職エージェントのキャリアカウンセラーだと無料です。

適職診断結果を元に、あなたに合う会社の紹介もしてくれますよ。

 

登録して適職診断を受けつつ、求人情報をみつつ、興味ある会社に話を聞いてみつつ、気に入った会社があれば応募してみましょう。

適職診断が強い転職エージェントは、下記の大手にいくつか登録すればOKだと思います。

  1. doda:求人数が約10万件の大手で非公開求人も多数。適職診断が強い
  2. マイナビエージェント:サポート無制限なので、納得いくまで天職を探せる
  3. 【パソナキャリア】:関東・関西・東海に強い大手。もちろん適職診断も強い

まとめ【30代前半の転職は余裕です。あとは行動あるのみ】

まとめ【30代前半の転職は余裕です。あとは行動あるのみ】

ということで、30代前半の転職は余裕です。

さっそく転職活動を始めましょう。

 

転職できるならよかった、じゃあ大丈夫だね。

と安心して、行動を止めるのはNGですよ。

なぜなら、年齢的に不利なのは変わらないから。

 

転職活動って最低3ヶ月くらいかかるし、30代はもっとかかることも。

転職活動してる間に年齢が1歳上がると、さらに転職が不利になってしまいます。

 

「う~ん」と慎重に考えてもいいですが、30代は転職活動しながら考えないと危険ですよ。

行動すべきは今日からでして、今日から転職活動を始めましょう。

人生で一番若いのは、今日です。

 

転職活動の始め方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

基本的には即戦力の求人に応募すると、内定率が高いです。

 

未経験から転職できる職種は下記の4つ。

  1. 営業
  2. プログラマー
  3. インフラエンジニア
  4. Web系の職種

 

プログラマーは、さすがにプログラミングの基礎が必要。

結論、スクールで学びましょう。

テックアカデミーでは、オンラインで1週間のプログラミング無料体験があるので、体験しながら考えればOK。

参考:【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】

 

インフラエンジニアは「CCNA」の資格が必要でして、ウズウズカレッジで最短1ヶ月で取得できます。

参考:【格安】ウズウズカレッジの評判まとめ【3ヶ月で元はとれますよ】

 

30代前半で転職に成功するコツは、下記の3つです。

  1. 即戦力をアピールする
  2. 会社が求める人材に寄せる
  3. 面接官のトーンに合わせる

 

最後の転職になるかもしれないので、楽しめる仕事とか向いてる仕事に転職するのもおすすめ。

あなたに向いてる仕事は、転職エージェントのキャリアカウンセラーが適職診断してくれます。

適職診断を受けつつ、求人情報をみてみましょう。

  1. doda:求人数が約10万件の大手で非公開求人も多数。適職診断が強い
  2. マイナビエージェント:サポート無制限なので、納得いくまで天職を探せる
  3. 【パソナキャリア】:関東・関西・東海に強い大手。もちろん適職診断も強い

 

あとは行動あるのみ。

さっそく今日から転職活動を始めてみてください( ̄^ ̄)ゞ