辞めてから転職活動するメリットとデメリット【先に辞めてもOKです】

辞めてから転職活動するメリットとデメリット【先に辞めてもOKです】

辞めてから転職活動したいんだけど、いいのかな?

ググると「在職中に転職活動した方がいい」って書いてある…

 

でも、今の会社が嫌すぎるので、1日でも早く辞めたい。

だから、辞めてから転職活動がいいんだよね…

 

辞めてからだと、転職活動が不利になるかな…?

退職後の転職活動でも、転職に成功したい。

こういった不安や要望に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 辞めてから転職活動するメリットとデメリットがわかる
  • 先に辞めていい条件がわかる
  • 会社を辞める方法がわかる
  • 辞めてからの転職に成功する方法がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

 

結論、できれば在職中に転職活動した方がいいです。

なぜなら、辞めてからだとデメリットが多いから。

 

ただし、条件が合えば辞めてから転職活動してもOKなので、その条件も解説します。

 

また、辞めてからの転職活動は、焦ってブラック企業に転職しちゃう人も多いので要注意。

退職後の転職活動に成功するコツもまとめたので、参考にしてみてください。

※僕がアドバイスして、退職後の転職に成功した人も多いです。

 

この記事を読むことで、あなたも辞めてからの転職に成功できますよ。

辞めてから転職活動するメリットとデメリット【在職中と比較】

辞めてから転職活動するメリットとデメリット【在職中と比較】

辞めてからの転職活動と、在職中の転職活動のメリットデメリットを比較してみました。

メリット デメリット
辞めてから 早く今の会社から去れる

少し休める

転職活動に集中できる

転職活動期間を短縮できる

スキル習得の時間がある

すぐ入社できる→採用されやすい

無計画な人に見えて印象が悪い

無収入になる

ブランク期間ができて不利

焦ってブラック企業に転職しやすい

社員寮に住んでいると退去が必要

年金・保険・税金の手続きが必要

在職中 計画的な人に見えて好印象

収入が途絶えない

じっくり転職活動できる

焦らないのでミスマッチが少ない

今の会社に残ることもできる

年金・保険・税金の手続きが不要

すぐに今の会社を辞めれない

転職活動に割ける時間が短い

面接の日程が合いにくい

転職活動が長期化しやすい

スキル習得の時間が少ない

職場の人にバレない配慮が必要

結論、どちらもメリットとデメリットがありますが、総じて考えると在職中の方が無難です。

 

ちなみに在職中の転職活動のコツは、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】にまとめてます。

在職中の転職活動が可能なら、こちらにしておきましょう。

在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

辞めてから転職活動していい人の条件

メリットとデメリットはわかったけど、僕は辞めてから転職活動でもいいの?

結論、辞めてから転職活動してもいい人の条件は、下記のとおりです。

  • 体調を崩してる人
  • 今の会社がブラック企業
  • パワハラ・セクハラに合っている
  • 今の会社が犯罪行為をしている
  • 今の会社が倒産しそう
  • 忙しすぎて転職活動できない人
  • ハイスペックの人

忙しすぐて転職活動できない人は、仕方ないので先に辞めてOK。

ハイスペックの人も、内定が出やすいので先に辞めてOKです。

 

それ以外の条件の、深掘り解説をしていきますね。

体調を崩してる人はすぐに退職

本格的に体を壊すと、再就職が困難になるからです。

例えば、下記の症状が出てる人は先に辞めていいかも。

  • ずっと眠れてない
  • 食欲がずっとない
  • 涙が止まらない

すぐに辞めて、まずは回復が優先かと。

会社側が問題の退職は、面接で「自分も悪かった」と伝える

  • ブラック企業
  • 会社が犯罪をやってる
  • 会社が倒産しそう

などの退職理由は、すべてを会社のせいにしないのがコツ。

すべて会社のせいにすると「人のせいにする人」に見えて、印象が悪いから。

 

具体的には、面接で下記のように伝えればOKです。

企業分析が甘く、そういう会社だと見抜けなかったのは私の落ち度でもあります。

こう言っとくと印象が良く、採用されやすくなります。

パワハラ・セクハラなど人間関係の退職理由は言わない方がいい

人間関係トラブルは、印象が悪いから。

どう言ってもあまり印象が良くならないので、別の話をする方が無難です。

 

人間関係で辞めた場合の面接対策は、下記の記事にまとめてます。

辞めてから転職活動をおすすめしない人の条件

反対に、辞めてからの転職活動をおすすめしない人は、下記のとおり。

  • 貯金がない人
  • 社員寮に住んでいる人
  • ノースキルの人
  • 今の会社が1年未満の人

自ら辞めると失業保険がもらえるのは、退職から4ヶ月目。

つまり、向こう3ヶ月くらいの貯金がないと生活できません。

 

参考:転職活動の期間は平均3ヶ月【さらに短くする2つの方法も解説する】

転職活動の期間は平均3ヶ月【さらに短くする2つの方法も解説する】

 

社員寮に住んでる人は、辞めたら家がなくなるので要注意。

ノースキルの人や、1年未満の退職は、転職自体が不利です。

 

詳しくは、【悲報】一年未満の第二新卒の転職は難しい【それでも転職できる】をどうぞ。

【悲報】一年未満の第二新卒の転職は難しい【それでも転職できる】

【ぶっちゃけ】本気で先に辞めたいなら、先に辞めていいと思う

ただ、どうしても辞めたいなら、先に辞めてもいいと思いますよ。

実家に帰るとかすれば、なんとかなるから。

 

なので、一応おすすめは「在職中の転職活動」ですが、どうしても無理なら辞めましょう。

我慢して体を壊す方が問題なので、本気で先に辞めたいならOKですよ。

今の会社を辞める方法【退職手順を知っておこう】

今の会社を辞める方法【退職手順を知っておこう】

一応、会社を辞める方法も解説しておきますね。

辞め方を間違えると、引き留めに遭うこともあるので。

 

具体的には、下記の手順で退職手続きを進めましょう。

  1. まずは就業規則を確認
  2. 直属の上司に退職の申し出
  3. 引継ぎ業務
  4. 退職

 

詳しくは、会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】にまとめたのでどうぞ。

引き留めに遭った場合の対処法も解説してるので、退職を申し出る前に読んでおくと良いかと。

会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】

辞めてからの転職活動に成功する3つの方法

辞めてからの転職活動に成功する3つの方法

辞めてから転職活動して、転職に成功する方法を知りたい。

焦ってブラック企業とかに転職しちゃうのは嫌だな…

結論、下記の3つの方法で転職に成功します。

  1. 75万円くらい貯金しておく
  2. すぐに転職活動を開始する
  3. 転職エージェントを利用する

事実、この3つの方法で転職に成功する人が多いです。

1つずつ解説しますね。

①75万円くらい貯金しておく

先に辞めると、3ヶ月くらい無収入になるからです。

「バイトでつなぐ」という方法もありますが、バイトで生活費を稼ぐのは大変ですよ。

 

詳しくは、20代の転職活動に必要な貯金は75万円【お金が少なくても転職できる】にまとめたのでどうぞ。

 

貯金がないけど、先に辞めたい人

貯金がないけど、先に辞めたい!

という人が転職に成功する方法もまとめてるので、貯金がない人は読んでおくと良いかと。

②すぐに転職活動を開始する

実際に辞めるまでは、1ヶ月くらいかかるからです。

なので退職を申し出たら、すぐに転職活動を始めましょう。

 

事実上、在職中に転職活動できるので、転職が有利になりますよ。

転職活動の手順は、20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめたので、さっそく行動開始です。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

③転職エージェントを利用する

転職エージェントを使った方が、内定率が高いからです。

プロのキャリアカウンセラーが対応してくれて、

  • 内定が出やすい履歴書の作成
  • 内定が出やすい面接対策

をしてくれるので、1人で転職活動するより早く内定が出やすいです。

 

そもそも、あなたが「転職のプロ」になる必要はないので、プロに任せた方が良いかと。

辞めてからの転職活動はスピードが命なので、内定率が高い転職エージェントを使うと無難です。

 

ちなみに、内定率が高い転職エージェントは下記の3社です。

 

3社の評判は下記の記事にまとめたので、参考にどうぞ。

まとめ【辞めてからの転職はデメリットもあるけど、可能です】

まとめ【辞めてからの転職はデメリットもあるけど、可能です】

結論、辞めてから転職活動していい人の条件は、下記のとおり。

  • 体調を崩してる人
  • 今の会社がブラック企業
  • パワハラ・セクハラに合っている
  • 今の会社が犯罪行為をしている
  • 今の会社が倒産しそう
  • 忙しすぎて転職活動できない人
  • ハイスペックの人

該当するなら、すぐに退職と転職活動を始めましょう。

 

辞めてからの転職に成功するコツは、下記の3つ。

  1. 75万円くらい貯金しておく
  2. すぐに転職活動を開始する
  3. 転職エージェントを利用する

貯金がないけど辞めてから転職したい人は、20代の転職活動に必要な貯金は75万円【お金が少なくても転職できる】をどうぞ。

 

また、辞めてからの転職活動は、転職エージェントを使うと無難です。

転職のプロなので、早く内定が出るから。

 

内定率が高い転職エージェントは、下記の3社です。

 

3社の評判は下記の記事にまとめてます。

 

結論、辞めてから転職活動しても大丈夫なので、どうしても先に辞めたいなら辞めましょう。

あなたが転職に成功するのを祈ってます。