30代が半年で転職するのはアリ【次はあなたの居場所に行きましょう】

30代が半年で転職するのはアリ【次はあなたの居場所に行きましょう】

転職してまだ半年だけど、すでに辞めたい…

この職場は合わなすぎる…

 

でも、30代が半年で辞めたら次に転職できない…?

やっぱり転職しちゃダメなのかな…?

本音は今すぐ辞めたいから、なんとか転職したい。

 

あーあ、半年で辞めたくなるなんて、僕はダメ人間なのかな…

自分の居場所を見つけたい…

こういった悩みや疑問に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 30代が半年で転職していいとわかる
  • 30代が半年で転職するコツがわかる
  • あなたの居場所の見つけ方がわかる

 

僕、佐藤誠一は「全国職業相談センター」というサイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

半年で退職したい30代の人からの相談も、多く対応してきました。

 

結論、どうしても今の会社が合わないなら、転職していいと思いますよ。

なぜなら、転職活動をしてみること自体は自由だから。

内定が出たらラッキーだし、行動しながら考えればOKです。

ただし、30代の人が半年で転職するのはたしかに不利なので、転職のコツも解説します。

 

あなたは決してダメ人間じゃないので、安心してください。

シンプルに、今の会社は「あなたの居場所」じゃないだけ。

 

次の転職で「あなたの居場所」を見つけるコツも解説します。

この記事を読むことで、人生の展望が見えると思うので、参考になればうれしいです。

30代が半年で転職するのはアリ【行動しましょう】

30代が半年で転職するのはアリ【行動しましょう】

結論、30代の人が半年で転職するのは、全然アリです。

なぜなら、転職活動すること自体は自由だから。

 

転職活動を始めてみて、内定が出ればラッキーじゃないですか。

行動しないで悩むよりは、行動しながら考えた方が良いと思います。

転職活動の始め方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

【注意】できれば在職中に転職活動を始めよう

ただし、できれば今の仕事を続けながら転職活動をしましょう。

先に辞めちゃうと、収入がなくなるから。

失業保険をもらえるのは、退職から4ヶ月目です。

 

収入がなくなると焦ります。

焦るとまた変な求人に飛びついてしまう危険があるので、在職中の転職活動がおすすめ。

在職中の転職活動のコツは、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】にまとめてます。

在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

「辞めれる」とわかれば意外と頑張れる

今すぐ辞めたい人

う~ん、できれば先に辞めたいんだけどなぁ…

という気持ちもわかります。

でも、「在職中に転職活動を始める=今の会社を辞めれる可能性ができる」って意味ですよね。

なんでもそうですが、「辞めれる」とわかれば意外と頑張れるかなと。

辛い筋トレも「あと3回で終われる!」と思えば、頑張れますよね。それと一緒です。

 

転職活動を始めることで元気が出て、今の仕事もこなせてしまうこともあります。

なので、まずは転職活動を始めてみましょう。

【ただし】どうしても無理なら先に辞めるのも仕方ない

ただし、下記の状態なら先に辞めても仕方ないと思います。

  • 体調不良が表れている
  • 暴力を受けている
  • 過度なセクハラを受けている

身が危険ですからね。

 

貯金がないなら、一度実家に戻るなども検討しましょう。

あなたの体が一番大切です。

参考:会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】

会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】

30代が半年で転職する3つのコツ【内定率がアップ】

30代が半年で転職する3つのコツ【内定率がアップ】

半年だけど、転職活動を始めてみようかな。

でも、半年だとどこも雇ってくれないんじゃないの…?

どうしたら半年でも転職できるかな?

半年でも転職できるコツは、下記の3つです。

  1. 友人・知人に良い求人がないか聞いてみる
  2. 即戦力になれる求人を狙う
  3. 転職理由を明確にして反省を伝える

1つずつ解説するので、実行してみてください。

①友人・知人に良い求人がないか聞いてみる

念のため、友人・知人に求人がないか聞いてみましょう。

友人・知人の信用を使えるので、採用される確率が高いから。

まだ世に出る前の求人が見つかることもあります。

お友達

知り合いの社長さんが「誰かいい人いないかなぁ」って探してたよ。

まだハローワークとかにも求人を出してないみたい。

聞いてみようか?

こんなことって、意外とあります。

聞くのはタダなので、聞いてみましょう。

【裏ワザ】狙い目は保険屋さん

世に出る前の掘り出し物求人は、保険屋さんがもってます。

なぜなら、彼らは中小企業の社長に人材募集をお願いされてるから。

 

保険屋さん=人脈が多いので、中小企業の社長さんが「誰か良い人いない?」と相談してるケースが多い。

保険屋さんも人材を紹介すれば、保険契約をもらえるかもしれないので人を紹介したがってます。

 

なんでこんなことがわかるかというと、僕も保険営業を7年やってたから。

実際に社長さんから人材の紹介を頼まれて、人を紹介して採用になったケースはたくさんあります。

 

結論、あなたが入ってる保険の担当者に、良い求人がないか聞いてみましょう。

これもタダなので、聞いてみて損はないですよ。

【注意】友人・知人の紹介で転職するのはデメリットもある

具体的には、下記のデメリットがあるので注意しましょう。

  1. 会社が合うとは限らない
  2. 不採用だとカッコ悪い
  3. 話が違うことがある
  4. 人間関係にヒビが入るかも
  5. 辞めづらい

詳しくは、友人や知人の紹介で転職するデメリット5選【人間関係を壊さない方法】にまとめてます。

友人や知人の紹介で転職するデメリット5選【人間関係を壊さない方法】

②即戦力になれる求人を狙う

あなたが即戦力で活躍できそうな求人に応募しましょう。

即戦力なら、半年でも採用される可能性があるから。

 

この辺は、あなたの職歴を棚卸しすればOK。

  • 営業経験がある→営業に応募
  • 事務の経験がある→事務に応募
  • 大型免許をもってる→運送会社やタクシー会社に応募

半年で転職というハンディキャップがあるので、即戦力が重要になってきます。

ようは、「半年で転職」というデメリットを上回るメリットがあれば、採用されます。

③転職理由を明確にして反省を伝える

転職理由は明確に伝えられるようにしておきましょう。

半年で辞める=必ず理由を聞かれるから。

 

コツは「仕方ない理由」に見せることです。

具体的には下記のとおり。

  • 入社前に聞いていた話と大きく違った
  • 社内でいじめが常態化していた
  • 悪質なセクハラを受けた

ようは「それなら半年で辞めても仕方ないね」という理由にすればOKです。

 

ただし、そんな会社を選んでしまった反省を伝えるのをお忘れなく。

「他人のせいにしない人」に見えて、内定率が上がるから。

そんな会社を選んでしまった自分も悪いと思います。

なので、今回は企業研究を徹底しました。

その結果、御社に入社したいと思いました。

みたいな感じで伝えるとかなり良いですね。

あなたの居場所の見つけ方【あなたはダメ人間じゃない】

あなたの居場所の見つけ方【あなたはダメ人間じゃない】

半年で辞めたくなるなんて、僕がダメ人間なのかな…?

結論、あなたはダメ人間じゃないので安心してください。

たまたま、今の会社が合わなかっただけだから。

 

日本には400万社以上の会社があります。

その中の1つが合わなかった=ダメ人間って方がおかしいですよね。

あなたの居場所は別にあります。

 

僕の居場所って何?

結論、あなたに向いてる仕事に転職すると良いですよ。

向いてる仕事に転職すると人生は楽しい

なぜなら、頼りにされるから。

向いてる仕事に転職すると、下記の好循環が発生します。

  1. 向いてるから仕事ができてしまう
  2. 上位にほめられる
  3. うれしくなってもっと頑張る
  4. もっと成果が出て、社内で頼られる存在になる
  5. 仕事が楽しくなる

最初は興味ない仕事でも、やっぱり人から頼りにされたら好きな仕事になるもんです。

結論、次はあなたに向いてる仕事に転職するのがおすすめ。

【体験談】僕も30代で向いてる仕事に転職した

実は、僕も30代で転職してます。

36歳でWebライターに転職しました。※今もWebライターです。

 

結論、この仕事は向いてました。

今までやった仕事の中で、もっとも少ない労力で、大きな成果が出るからです。

上場企業もクライアントにもつことができ、頼りにされるのはうれしいもの。

 

そんなWebライターですが、別に興味があったわけじゃありません。

仕事の都合上、Webライティングを勉強しなきゃいけなくなったので始めただけ。

そしたら、想像以上に向いてたし、おもしろくなってしまいました。

 

て感じでして、向いてる仕事に転職すると人生は楽しいです。

あなたに向いてる仕事の見つけ方

向いてる仕事がわからない人

でも、自分に向いてる仕事がわからない…

という人は、プロのキャリアカウンセラーに適職診断してもらえばOK。

適職診断ツールを使いつつ、あなたのヒアリングをしつつ、向いてる仕事を絞り込んでくれますよ。

 

適職診断アプリとかもありますが、精度はやっぱりキャリアカウンセラーの方が上ですね。

なぜなら、会話できるから。

キャリアカウンセラーと会話しながら向いてる仕事を見つけていくので、かなり絞れます。

 

転職エージェントのキャリアカウンセラーだと、無料で診断してくれます。

適職診断結果をもとに、あなたに合う求人の紹介もアリ。

 

登録して適職診断を受けつつ、求人情報をチェックしつつ、興味ある求人があれば応募してみましょう。

適職診断が強い転職エージェントは下記の大手3社でして、いくつか登録しておけばOKかと。

  1. doda:約10万件の求人数がある大手。適職診断も強い
  2. マイナビエージェント:サポート期間無制限の大手。高精度の適職診断あり
  3. 【パソナキャリア】:年収アップの転職が得意な大手。もちろん適職診断も強い

意外な天職が見つかるかも。

次の転職に失敗しないためにも、できることは全部やっておきましょう。

まとめ【30代で半年で転職してOK。あなたの居場所で人生を楽しもう】

まとめ【30代で半年で転職してOK。あなたの居場所で人生を楽しもう】

ということで、さっそく転職活動を始めてみましょう。

転職活動を始めない限り、今の会社を辞められないので。

 

前述しましたが、先に辞める方法もありますが、収入がなくなるので危険。

収入がなくなる→焦って内定を取りにいく→また転職に失敗…という悪循環が発生します。

 

転職活動を始めるべきは在職中でして、つまり今日からです。

悩んでもいいですが、転職活動しながら悩む方がよほど生産性が高いですよ。

転職活動の始め方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

 

半年でも転職できるコツは下記の3つ。

  1. 友人・知人に良い求人がないか聞いてみる
  2. 即戦力になれる求人を狙う
  3. 転職理由を明確にして反省を伝える

 

そして、次はあなたの居場所として「向いてる仕事」がおすすめです。

ここらで一度きちんと適職診断を受けて、長く続けられる仕事に転職しましょう。

適職診断が強い転職エージェントは下記の大手3社です。

  1. doda:約10万件の求人数がある大手。適職診断も強い
  2. マイナビエージェント:サポート期間無制限の大手。高精度の適職診断あり
  3. 【パソナキャリア】:年収アップの転職が得意な大手。もちろん適職診断も強い

 

あとは行動あるのみ。

今日をきっかけに、一歩を踏み出してみてください( ̄^ ̄)ゞ