営業のロープレが苦手な人の克服方法【ロープレを免除される方法】

営業のロープレが苦手な人の克服方法【ロープレを免除される方法】

営業のロープレが苦手だなぁ…

 

ロープレが大事なのはわかるけど、本音はやりたくない。

緊張するし、恥ずかしいし、ダメ出しされたくないし。

 

どうせ現場と違うんだし、本番では普通に話せるからロープレ意味ないじゃん。

 

あーあ、今日もロープレで憂鬱だなぁ…

こういった悩みに応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業のロープレが苦手な人の克服方法【嫌いな理由ごとに解説】
  • ダメな営業ロープレは誰だって苦手
  • 営業ロープレを免除されるには売れるしかない

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験があります。

 

保険営業時代は、よくロープレをやってました。

 

正直、ロープレは苦手でした。

緊張するし、恥ずかしいし。

 

でも、ロープレをやった方が成約率が高いので、我慢してやってました。

その結果、ロープレが苦手じゃなくなった感じです。

 

もともとロープレが苦手だった僕が、苦手を克服したコツをまとめたので、けっこう信ぴょう性があると思います。

あなたのロープレ嫌いの克服につながればうれしいです(^^)

営業のロープレが苦手な人の克服方法【嫌いな理由ごとに解説】

営業のロープレが苦手な人の克服方法【嫌いな理由ごとに解説】

営業のロープレが苦手な人の克服方法を解説します。

 

結論、ロープレはやった方がいいです。

ロープレした方が、成約率が高いからです。

 

ぶっつけ本番は危険すぎますからね。

克服方法を、ロープレが苦手な理由ごとに解説しますね。

①恥ずかしい

営業のロープレが恥ずかしいと思う人は、演劇部だと思ってやってみてください。

みんなで演劇の練習をしているイメージです。

 

あなたは営業マンという役をもらって、練習する役者さんです。

役者になるとあなたとは別人格になるので、

恥ずかしさが軽減します。

 

まぁ営業の本番も演技みたいなものですから、売れるので大丈夫(^^)

 

それでも恥ずかしいなら、ロープレの人数を減らしてください。

みんなが見てるから恥ずかしいので、マンツーマンにするのがコツです。

 

マンツーマンも恥ずかしいなら、

自宅でロープレを撮影してください。

自分がしゃべってる姿を見れるので、ある意味ロープレより効果的です(^^)

 

スマホで撮影すればOK。

お客さん目線を体験できるのもメリットですね。

 

自分の動画を見るのは苦痛ですが、誰にも見せないでいいので続けてみましょう。

そのうち見れる動画なってくるので、上達した証拠です。

②緊張する

営業ロープレが緊張する人は、ロープレ時間を短くしてもらいましょう。

短時間だと、緊張から早く逃れられるからです。

 

営業といっても、様々な段階がありますよね。

  1. アポ取り
  2. アプローチ
  3. ヒアリング
  4. プレゼン
  5. クロージング
  6. 紹介依頼

などなど。

各工程ごとにロープレするのはもちろん、各工程の中でも切り分けましょう。

 

例えば、アプローチのロープレならこんな感じで切り分けが良いかと。

  1. アイスブレイク
  2. 最初のアプローチの一言
  3. アプローチトークの中身
  4. アポ取りトーク

というように切り分けて、短時間のロープレから慣れましょう。

 

徐々に慣れてきたら、つなげてロープレすればOKです(^^)

 

ちなみに、営業の段階については、

営業プロセスの図5選と運用方法【部下をやる気にさせる方法も解説】にまとめているので、読んでみてください。

営業プロセスの図5選と運用方法【部下をやる気にさせる方法も解説】

③ダメ出しされたくない

ロープレでダメ出しされたくない人は、みんなでロープレのルールを決めましょう。

 

そもそも、ダメ出しだけするロープレはNGです。

営業マンがやる気と自信を失うからです。

 

ロープレのフィードバックのルールは、

たくさんほめて、1ヶ所くらい改善点を指摘するくらいでOK。

基本的には長所を伸ばすロープレにしましょう。

 

上司がダメ出しばっかりするなら、この記事を見せてください。

それでもダメ出しばっかりなら、他の人とロープレしましょう。

お客さんはダメ出ししてくれない

ちなみに、ロープレのダメ出しを全否定してしまうと、傷つくことはないですが成長が止まります。

自分の弱点がわからないからです。

 

営業のダメ出しをしてくれるお客さんはいません。

なので、弱点がわからないまま現場に臨むと、「なぜかわからないが売れない」となりやすいです。

 

改善点がわからなければ、売れるようにはなりません。

前述のとおりロープレはほめるのが基本ですが、1ヶ所くらい改善点を指摘もらって直していきましょう。

 

営業の現場では失敗できませんが、

ロープレは失敗してもいい場所です(^^)

④営業の現場ではちゃんとできるからロープレはいらない

現場では普通に話すから、ロープレはやらなくていいよ

という人もいますよね。

気持ちはめっちゃわかります(^^;

 

ただ、大事な商談をぶっつけ本番で臨むのは危険すぎます。

練習なしでスポーツの試合に臨むようなものです。

 

本番は1回きりですし、プロである以上失敗は許されません。

 

大事な商談の前ほど、ロープレを繰り返してください。

ロープレでできないことが、本番でできるはずがありません。

⑤どうせ本番と違うからやっても意味ない

ロープレやってもどうせ本番と違うから、やっても意味ないじゃん

という人もいますよね。

これも、気持ちはすごくわかります(^^;

 

たしかに、ロープレで本番を完全再現することは不可能です。

 

でも営業の本番で、

  • あ、この状況はロープレでやったな
  • あ、この状況はロープレと似てるな

と感じるシーンはいくつかあるはず。

 

「やったことがある」という安心感が、良い結果を生みやすいです。

 

ぶっつけ本番だと、商談の注意点もわからないまま進行してしまいます。

結果、

断られた営業マン

なんかうまくいかなかった…

なんでだろう?

となりがち。

 

ロープレをしておけば、失敗しやすいポイントがわかります。

結果、本番で失敗しにくいです(^^)

【大丈夫】人間は慣れる生き物【ロープレもそのうち慣れる】

結論、人間は慣れる生き物なので、ロープレもいつか慣れます。

最初は嫌でも、無理やりやってみてください。

正直、1週間もあれば慣れますよ(^^)

 

ロープレをやるメリットは大きいので、慣れるまで続けましょう。

そうすればもっと売れますよ。

ダメな営業ロープレは誰だって苦手

ダメな営業ロープレは誰だって苦手

ダメな営業ロープレは、かえって苦手になってしまいます。

売上にも直結しないので、無駄なだけ。

 

間違ったロープレは、やらない方がマシです。

 

ダメなロープレの例は、

【厳選】売れる営業ロープレの4つの例【やらない方がいい例も紹介】にまとめたので、読んでみてください。

 

もしチームでダメなロープレをしているようなら、すぐに直しましょう。

【厳選】売れる営業ロープレの4つの例【やらない方がいい例も紹介】

成果が出る正しい営業ロープレ

営業で売れる正しいロープレがあります。

僕も正しいロープレをしてたときは、

売上が高かったですね(^^)

 

売れる正しいロープレ手法については、

成果がでる営業のロープレのやり方【営業の練習方法も解説】にまとめたので、読んでみてください。

 

チームで取り入れてみましょう(^^)

成果がでる営業のロープレのやり方【営業の練習方法も解説】

営業ロープレを免除されるには売れるしかない

営業ロープレを免除されるには売れるしかない

営業ロープレを本気でやりたくないなら、たくさん売るしかありません。

たくさん売れてれば、上司も文句いわないからです。

 

売れてない人が、

売れてない営業マン

僕はロープレやらない主義なんで…

といっても説得力ないですよね。

 

でも、売れてる人が、

売れてる営業マン

僕はロープレやらない主義なんで!

といえば、なんか説得力があります。

 

幸い営業は実力主義の世界なので、売れてる人の発言は正しいんです。

※ちょっと乱暴に聞こえますが、事実ですよね。

 

だから、ロープレを免除されるには売れるしかないんです。

 

新人のときとか、売れてないときはどうしてもロープレを断りにくいです。

だから早く売れるようになって、ロープレを断りましょう。

 

営業で売れるようになる最強のコツは、

与えることですね。

僕も与える営業にシフトしてから、

大型の法人契約とかもらえるようになりました(^^)

 

与える営業については、

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】にまとめたので、読んでみてください。

 

マジで売れるようになりますよ。

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】

まとめ【営業のロープレが苦手でも克服できる】

まとめ【営業のロープレが苦手でも克服できる】

この記事をまとめます。

  • 営業ロープレが恥ずかしいなら、役者になる・人数へらす・1人スマホ撮影
  • 緊張するなら、ロープレを細かく切り分ける
  • ダメ出し中心のロープレはしない
  • ぶっつけ本番は危険すぎる
  • ロープレを免除されたいなら、売れるしかない

営業のロープレが苦手なあなたの、参考になればうれしいです(^^)

この記事の内容を、ロープレで実践してみてください。

 

ちなみに、ロープレに飽きたら営業ゲームが良いですよ(^^)

セールススキルが上がるし、ロープレのマンネリを解消できます。

 

営業ゲームについては、

営業の練習方法6選【雑談からセールスチャンスを作る方法】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業の練習方法6選【雑談からセールスチャンスを作る方法】

あなたのロープレ克服の参考になればうれしいです!