営業マンのサボり防止GPSの6つのリスク【売れればサボってもいい】

営業マンのサボり防止GPSの6つのリスク【売れればサボってもいい】

営業マンのサボり防止のために、GPSを導入しようかな。

サボってる営業マンがいるっぽいんだよね。

 

営業マンの行動を管理して、売上を上げたいな。

 

でも、営業マンが不満を感じるだろうなぁ…

人材が流出したらどうしよう。

 

あと、プライバシーの侵害とかは大丈夫なのかな?

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業のサボり防止GPSの6つのリスク【GPSつけてもサボります】
  • 【根本論】営業マンがサボりたくなる環境を改善する【4つの方法】
  • 営業の本質は売上を上げること【サボっても売れればOK】

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

 

営業マンの立場からすると、

GPSを導入するような会社は辞めますね。

自由度を求めて営業マンになったのに、

自由を奪われるからです。

 

そして、営業マンを信用してない証拠になってしまうので、疑心暗鬼になります。

管理者側がGPSを導入したい気持ちもわかりますが、けっこうリスク高いですよ。

 

この記事では、元営業マンの僕が営業マンの立場でGPSについて解説します。

GPS導入のリスクを知った上で、慎重に検討してください。

営業のサボり防止GPSの6つのリスク【GPSつけてもサボります】

営業のサボり防止GPSの6つのリスク【GPSつけてもサボります】

営業マンのサボり防止のGPS導入は、下記の6つのリスクがあります。

  1. GPSを喜ぶ営業マンは1人もいない
  2. 営業マンのパフォーマンスが下がる
  3. 売れてる営業マンから信用を失う
  4. 売れてる営業マンが辞めてしまう
  5. 人材を採用しにくくなる
  6. プライバシーの侵害

1つずつ解説しますね。

①GPSを喜ぶ営業マンは1人もいない

そもそも、GPSを喜ぶ営業マンはいません。

1つもメリットがないからです。

 

あくまでも管理者側のメリットだけです。

 

仮にサボってなくても、監視されたい人はいません。

会社の信用が下がるリスクもありますよ。

②営業マンのパフォーマンスが下がる

GPSを使ってサボり防止をすると、営業のパフォーマンスが下がります。

営業マンが休めないからです。

 

そもそも、営業マンはサボるものです。

GPSを導入しようとしている管理職の人や経営者だって、サボったことあるでしょ?

 

例えば、商談場所に早くついてしまったので、時間を潰すとかはよくあること。

でも商談前の空き時間も飛び込み営業してたら、疲れてしまいますよ。

 

疲れた状態で商談に入るので、パフォーマンスが落ちるのは当然です。

③売れてる営業マンから信用を失う

GPS導入は、売れてる営業マンから信用を失います。

「自由に売らせてくれない」と感じるからです。

 

じゃあ、売れてない営業マンだけGPSを導入すればいいかな

と思うかもしれませんが、それも信用を失いますよ。

売れてる営業マンも、売れなくなったらGPSをつけることを意味するからです。

 

いい気分ではないですよ。

④売れてる営業マンが辞めてしまう

一番怖いのが、人材の流出です。

GPSなしで、自由に売らせてくれる会社の方がいいからです。

 

売れてる営業マンほど辞めていくでしょう。

売れてる営業マンは、どこにいってもやっていけますからね。

 

結果、売れてる営業マンだけが辞めて、

売れない営業マンだけが残ります。

売上は今より下がって、GPSが会社の首をしめる危険性があります。

⑤人材を採用しにくくなる

GPSで監視される会社に入社したい人はいません。

だって、あなただって嫌でしょ?

 

優秀な人材を獲得できなくなります。

⑥プライバシーの侵害

GPSがきっかけで、慰謝料を請求されるケースもあります。

プライバシーの侵害だからです。

 

一番やっちゃいけないのは、

営業マンに内緒でGPSを導入すること。

 

営業マンの同意を得ずにGPSを使用するのは、プライバシーの侵害にあたる可能性が高いそうです。

※僕は弁護士じゃないので、明言は避けますが。

 

プライバシーの侵害にあたらないとしても、

モラルの問題は残ります。

例えば、女性営業マンがトイレに行ったのを、男性の上司が見ているのと一緒ですからね。

【悲報】GPSをつけても営業マンはサボります

残念ながら、GPSをつけても営業マンはサボりますよ。

僕が現役だったら、100%サボる方法を見つけ出しますもん。

 

例えば、会社の携帯電話にGPSがついてるなら、電源を切ります。

  • 電池が切れたので
  • 電源が入らなくなりました
  • 携帯が壊れました

とかを理由にするでしょうね。

 

車にGPSをつけるなら、車を降りてサボればいいだけです。

営業マンはバカじゃないので、あの手この手でサボれる方法を見つけ出しますよ。

営業マンに残業代がつかないのはサボれるから

営業マンに残業代がつかないのに、GPSをつけるのはちょっと問題があります。

営業マンは自由時間が多いので、残業代がつかない会社が多いですよね。

 

でもGPSを導入してしまったら、

  • 自由が奪われる
  • 残業代も出ない

となってしまいます。

 

ちょっとしたブラック企業ですよ。

今はSNSがあるので、こうしたブラック情報はすぐに出回ります。

 

一度噂になったら終わりですよ。

新しい人材を採用するのも困難です。

【根本論】営業マンがサボりたくなる環境を改善する【4つの方法】

【根本論】営業マンがサボりたくなる環境を改善する【4つの方法】

そもそも、営業マンがサボりたくなるような環境にも問題があります。

理想論かもしれませんが、本当にやりがいのある仕事なら、そんなにサボらないですよ。

 

会社に不満があるからサボる営業マンもいます。

営業マンがサボらない環境を作る方法を解説します。

【改善策①】魅力的な商品を扱う

そもそも、営業マンが売りたくなるような商品であることが大切です。

品質の低い商品は、誰でもモチベーションが上がらないからです。

 

例えば、

  • 世の中に必要とされている商品
  • 売りやすい商品
  • 利益率が高い商品

を扱いましょう。

 

商品選びは管理者側の仕事です。

【改善策②】売れる営業ノウハウを教えているか

営業は、売れるようになれば楽しいです。

なので、営業マンに営業ノウハウを提供しましょう。

 

営業スキルが上がれば売れるので、

楽しくなってサボりが減ります。

 

精神論や根性論で、ただ「売れ売れ」と言ってるだけならマネジメントではありません。

だって「売れ売れ」と言うのは、誰でもできるから。

 

自社の商品が売りやすいセールスノウハウを作って、営業マンに覚えてもらいましょう。

 

ちなみに、売れる営業ノウハウは下記の記事にまとめているので、社内で共有してください。

【改善策③】魅力的な歩合給になっているか

売れたら儲かる歩合給にしないと、やる気が出ません。

儲からないのに頑張る営業マンはいないからです。

 

モチベーションの上がる歩合給システムに、見直してみましょう。

【改善策④】営業マンのモチベーションを上げているか

営業マンのマネジメントに力を入れましょう。

サボる理由は、モチベーションが低いからです。

 

営業マンのモチベーションアップの方法は、

【管理職向け】営業のモチベーションアップ施策4選【背中を見せる】にまとめたので、読んでみてください。

【管理職向け】営業のモチベーションアップ施策4選【背中を見せる】

営業の本質は売上を上げること【サボっても売れればOK】

営業の本質は売上を上げること【サボっても売れればOK】

結論、営業マンがサボっても、

ちゃんと売ってくれれば問題ないですよね。

サボった方が売れるなら、むしろサボってもらう方がいいくらいです。

 

「GPSを導入する=売上が上がる」ではありません。

むしろ、売上が下がる可能性が高いです。

 

GPSを導入するかどうかではなく、

売れる営業マンを育てる方が重要です。

実戦的な営業研修をやりましょう

売れる営業マンを育てるには、

実戦的なトレーニングをしましょう。

日常的に営業の練習をすることで、スキルが上がっていきます。

 

営業の練習方法については、

営業の練習方法6選【雑談からセールスチャンスを作る方法】にまとめたので、実践してください(^^)

営業の練習方法6選【雑談からセールスチャンスを作る方法】

まとめ【営業マンのサボり防止のGPSはリスクが高い】

まとめ【営業マンのサボり防止のGPSはリスクが高い】

この記事をまとめます。

  • 営業のサボり防止GPSには6つのリスクがある
  • 営業マンは、GPSをつけてもサボる
  • そもそも、営業マンがサボりたくなる環境を改善すればいい
  • 営業の本質は売上を上げることなので、サボっても売れればいい
  • 売れる営業マンを育てるトレーニングをする

営業マンのサボり対策の参考になればうれしいです(^^)

 

記事を読んだだけでは変わらないので、できることから実践してください。

実践すれば必ず変わります。

 

ちなみに、どうしても営業マンのサボりを監視したいなら、サボりのパターンを知っておきましょう。

 

営業マンのサボりのパターンは、

営業のサボりはOK【おすすめのサボり方11選も解説】にまとめたので、読んでみてください。

営業のサボりはOK【おすすめのサボり方11選も解説】

あなたの会社の売上アップの参考になればうれしいです!