【元郵便局員が暴露】郵便局の自爆営業はなくならない【体験談つき】

【元郵便局員が暴露】郵便局の自爆営業はなくならない【体験談つき】

郵便局は今でも自爆営業があるのかな?

郵便局に転職を考えてるんだよね。

割と採用されやすそうだし。

 

元公務員だし安定してそうだけど、

ノルマとか自爆営業があるなら嫌だなぁ…

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 【元郵便局員が暴露】郵便局の自爆営業はなくならない
  • 【体験談】郵便局の自爆営業は昔からあった【ブラックぶりを解説】

 

僕、佐藤誠一は元郵便局員です。

平成14年に入社して、平成15年に退職しています。

 

昔から自爆営業はありましたよ。

後述しますが、僕もいろいろ買いました(^^;

 

自爆営業があると実質の手取りが減るので、稼ぎたい人にはちょっときついかなと…

 

この記事では、元郵便局員の僕が自爆営業がなくならない理由を解説するので、ある程度の信ぴょう性があると思います。

郵便局に就職・転職を考えてるあなたの参考になればうれしいです。

【元郵便局員が暴露】郵便局の自爆営業はなくならない

【元郵便局員が暴露】郵便局の自爆営業はなくならない

おそらく、郵便局の自爆営業はなくならないでしょう。

なぜなら、郵便局の商品はちょっと売りにくいから。

 

例えばこんな感じ。

商品 売りにくい理由
かんぽ(簡易保険) 死亡保障1000万円まで
年賀状 年賀状を出す人が減り続けている
ふるさと小包 Amazonなど他の通販が強すぎる
かもめーる 暑中見舞いの文化が薄れている

ちょっと売りにくい商品が多いので、ノルマを達成できず、仕方なく自爆営業するイメージです。

世帯主の男性の平均死亡保障額は1406万円【かんぽだと足りない】

「死亡保障1000万円まで」を補足すると、世帯主の男性であれば、平均の死亡保障額は1406万円です。

参考:公益財団法人生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査

 

つまり、かんぽで1000万円の死亡保障をつけても、不足分の406万円を他の保険会社で加入しないといけません。

でも、他の保険会社は死亡保障額を1406万円以上つけられるので、だったら最初から他の保険会社で契約を1本化した方が管理が楽ですよね。

 

そのため、かんぽは売りにくいかなと思います。

ノルマを廃止したら誰も売らなくなる

郵便局は2019年のかんぽ不正販売報道を受けて「ノルマ廃止」を宣言しました。

でも、ノルマを廃止したら「誰も売らなくなる」ので、潰れてしまいます。

 

営業会社である以上、ノルマのような強制力がないと売れないので、またノルマは復活するんじゃないかと…

※上場企業がノルマ廃止したら、株価も下がりますしね。

 

「ノルマ復活」はあくまでも予測ですが、そもそも営業職である以上「ノルマなし」にはできないと思います。

この辺は、営業でノルマなしはありえない【あなたの天職に出会う3つの方法】にまとめてます。

【体験談】郵便局の自爆営業は昔からあった【ブラックぶりを解説】

【体験談】郵便局の自爆営業は昔からあった【ブラックぶりを解説】

郵便局の自爆営業は、昔からありました。

2019年にかんぽの不正販売や自爆営業が報道されましたが、元郵便局員の僕からすれば、

何を今さら…

自爆営業なんか昔からあったじゃん。

って感じですね(^^;

 

僕が郵便局員時代にやってた自爆営業は、下記のとおりです。

  • かんぽの養老保険で月払15000円
  • 年賀状
  • かもめーる
  • ふるさと小包

すべて郵便局長の「買え」の一言でしたね。

当時僕は21歳の新入社員でしたし、郵便局長には逆らえないので買うしかない感じでした。

【悲報】郵便局は給料少ないのに自爆営業をしている

正直、郵便局の給料は安かったです。

郵便局員時代の僕の勤務状況と給料は下記のとおり。

  • 8時~20時勤務(休憩1時間)
  • 額面の月給14万円
  • 手取り月給106,000円
  • 時給換算すると手取り418円/h
  • ボーナスは年2回で合計40万円ほど
  • 各種手当て含めて、手取り年収180万円くらい

もちろん今は改善されてると思いますが、当時は最低賃金を下回ってました。

この収入でさらに自爆営業するのは、なかなかきついんですよ(^^;

 

特にキツかったのは、かんぽの月払15000円ですね。

当時僕は職員アパートに住んでいたので家賃は安かったですが、それでもキツかったですよ。

少ない給料で自爆営業するのは本当に大変でした。

【郵便局のブラック体験談①】フレンチ自腹事件

自爆営業以外で、僕が体験したブラック体験談を紹介します。

まず1つ目は「フレンチ自腹事件」です。

 

初めて冬のボーナスで20万円くらいが入りました。

でも局の忘年会で、1人5万円のフレンチに自腹で参加を強制されました。

 

僕は毎月カツカツでボーナスを大切につかおうと思っていたので、断ろうとしました。

でも、局長の、

ボーナス入ったんだから払えるじゃねぇか

の一言で強制参加。

当時僕は21歳の新人だったので、反論することができませんでした。

 

年収180万円の男が、一食に5万円なんてあり得ないですよ。

入ったボーナスの使い道まで強要されるので、けっこうブラックかなと。

【郵便局のブラック体験談②】マイカー禁止事件

僕は長野県の郵便局に就職しました。

ぶっちゃけ、車がないと生活しづらい地域です。

 

でも、局長から「マイカー禁止」と言い渡されました。

理由は、「事故を起こすといけないから」という謎の理由。

 

どこに行くにも路線バスだったので、かなりキツかったです。

※まぁ最終的には、隠れて乗ってましたけどね(笑)

【郵便局のブラック体験談③】退職するまで半年

郵便局を辞めたいと思った僕は、1年経ったところで退職を申し出ました。

ところが、実際に退職できたのは退職を申し出てから半年後。

 

僕が勤めていた郵便局の局長は局長の中でも偉い人だったので、メンツにこだわってました。

ようは「自分の局で短期退職者を出すのは恥」と思ってたみたいですね。

 

普通、会社を辞めるのにかかる期間は長くて3ヶ月。

でも、ダラダラと半年も引きのばされてしまいました。

そんなに人生甘くないぞ!

と言われましたが、今は辞めてよかったと思ってます。

2016年にブラック企業大賞を受賞

2016年、郵便曲は「ブラック企業大賞」を受賞しています。

参考:ブラック企業大賞

 

もちろん局によっては、ブラックじゃないところもあると思います。

でも、自分で配属局を選ぶことはできないので、ブラックな局に当たる可能性もあります。

 

職業選択は個人の自由ですが、郵便局に就職・転職するなら、ブラック局があることを知った上で入社してください。

まとめ【郵便局の自爆営業はなくならない】

まとめ【郵便局の自爆営業はなくならない】

この記事をまとめます。

  • 郵便局の自爆営業はなくならない
  • ノルマ廃止は難しいと思う
  • 郵便局員は少ない給料で自爆営業している
  • 結論、郵便局はブラックだと思う

郵便局に就職・転職を考えているあなたの参考になればうれしいです。

 

もし郵便局が怖いと思ったなら、他の会社にしておいた方がいいかも。

超本気の覚悟がある人だけ、郵便局に転職しましょう。

 

おすすめの転職先は下記の記事にまとめたので、参考にどうぞ。

あなたの就職・転職の参考になればうれしいです。