ワードプレスのプラグインおすすめ5選【ただしSEO効果はほぼない】

ワードプレスのプラグインおすすめ5選【ただしSEO効果はほぼない】

ワードプレスのプラグインでおすすめを知りたいな。

 

色々ググってみたけど、なんかよくわかんない…

とりあえず最低限入れるべきプラグインはどれだろう?

 

あと、SEOに強いプラグインってどれなのかなぁ?

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • ワードプレスのプラグインおすすめ5選【初心者が最低限入れるべき5つ】
  • 必須じゃないけど、入れとくと便利なプラグイン5選
  • プラグインとSEOはあんまり関係ない【入れすぎはNG】

僕、佐藤誠一はフリーランスのWebライターです。

 

自分のブログも複数運営しており、すべてワードプレスです。

ワードプレス歴は約2年です。(2019年10月現在)

 

プラグインは色々やってみた結果、

最低限入れるべきは5つに絞られると思います。

なので、とりあえず下記で掲載する5つだけ入れてみてください(^^)

 

ワードプレス初心者さん向けの内容となっています。

ワードプレスのプラグインおすすめ5選【初心者が最低限入れるべき5つ】

ワードプレスのプラグインおすすめ5選【初心者が最低限入れるべき5つ】

ワードプレスのプラグインでおすすめなのは、下記の5つです。

  1. Google XML Sitemap
  2. Table of Contents Plus
  3. TinyMCE Advanced
  4. BackWPup
  5. EWWW Image Optimizer

1つずつ解説しますね(^^)

①Google XML Sitemap

簡単にいうと、Googleにサイトの存在を知らせるためのプラグインです。

 

サイトマップ(Sitemap)とは、サイトの全体図のこと。

  • トップページ
  • カテゴリページ
  • 投稿
  • 固定ページ

などの配置をGoogleに送信してくれます。

 

正直、Google XML Sitemapを入れなくてもGoogleの検索結果には表示されます。

でも、入れた方が表示速度が全然早いので、入れておきましょう。

②Table of Contents Plus

記事内の目次を表示してくれるプラグインです。

こんなのです。

目次画像

  • 読者が記事の全体像を早くしやすい
  • 読みたい部分に飛んでいける

などのメリットがあります。

 

読者ファーストを実現するために有効なプラグインなので、入れておきましょう(^^)

③TinyMCE Advanced

文字に色をつけたり太字にしたり、

装飾ができるプラグインです。

全部同じフォントだと読者が読みづらいので、入れておきましょう。

 

読みやすい記事にすることで、離脱を防げます。

 

ちなみに、文字の色使いはルールを決めるとわかりやすいです。

  • 青文字:良い情報・メリット
  • 赤文字:悪い情報・注意点・リスク・デメリット

などです。

④BackWPup

ワードプレス内の情報の、バックアップをしてくれるプラグインです。

ワードプレスはWebシステムなので、

予期せぬトラブルが起きることも…

 

例えば、

  • 記事を執筆中に突然画面が落ちる→やり直し
  • うっかり記事を消してしまった
  • リライトしたけど、やっぱり前の記事に戻したい

などなど。

 

そんなときのためにも、きちんとバックアップを取っておきましょう。

BackWPupは毎日バックアップを取ってくれるので、安心です(^^)

⑤EWWW Image Optimizer

画像を軽くしてくれるプラグインです。

 

重い画像をアップすると、サイトの表示速度が低下します。

表示速度が低下すると、検索順位が下がるリスクがあるので入れておきましょう。

 

SEO効果はありませんが、SEOの評価が下がらないようにするプラグインとも言えますね。

必須じゃないけど、入れとくと便利なプラグイン5選

必須じゃないけど、入れとくと便利なプラグイン5選

必須じゃないけど、必要に応じて入れとくと便利なプラグインは下記の5つです。

  1. AddQuicktag
  2. Contact Form 7
  3. Search Regex
  4. All In One SEO Pack
  5. AddToAny Share Buttons

1つずつ解説しますね(^^)

AddQuicktag

けっこうたくさん使い道があるようなんですが、僕は文字を四角で囲うのに使っています。

 

四角で囲うことで、大事な部分を強調できるんですよね。

強調することで、読者を引きつけることができます。

 

最初に設定しちゃえば、あとはボタン1つでできちゃうので、重宝してます(^^)

Contact Form 7

問い合わせフォームを設置するプラグインです。

企業が運営するワードプレスは、問い合わせフォームは必須。

 

そして、個人ブログも問い合わせフォームが必要です。

仕事の依頼が来るからです(^^)

 

ちなみに、問い合わせを受けるためのメールアドレスも必要です。

ワードプレスで独自ドメインを取得すると、独自ドメインのメールアドレスを無料で作れます。

 

ワードプレスサイトの問い合わせ対応用のメアドにすると、管理が楽ですね(^^)

 

問い合わせを受けるにはメールシステムも必要。

普段使っている会社のメールシステムとか、Outlookとか、サンダーバードでOKです。

Search Regex

記事内に太字を使う場合は、Search Regexを入れておきましょう。

Googleから「過剰なSEO対策」と判定されて、検索順位が落ちるのを防ぐためです。

 

上記で紹介したプラグイン「TinyMCE Advanced」などの太字ボタンは、

自動でストロングタグになります。

ストロングタグ→<strong>

 

ストロングタグとは太字にする目的ではなく、

Googleのコンピュータに、SEOで強調したいキーワードを伝えるためのコードなんです。

 

記事内でストロングタグが数カ所なら大丈夫ですが、数十カ所を超える場合、

ストロングタグは「過剰なSEO対策」と判定されて、検索順位が落ちることがあります。

 

ただの太字にしたいなら、<b>にしなければいけません。

 

でも、太字の箇所を1つずつ、

<strong>→<b>

 

に直していくのは超めんどくさい(^^;

 

そこで便利なのが、Search Regexです。

  • <strong>→<b>
  • </strong>→</b>

と入力すると、すべてのストロングタグをbタグに一瞬で変更してくれます。

 

超便利なので、記事に太字を多用する人は入れておきましょう。

All In One SEO Pack

サイトや記事に、

  • meta description(メタディスクリプション)
  • meta keywords(メタキーワード)

を入れられるプラグインです。

 

メタディスクリプションとは、記事の紹介文です。

Google検索すると、タイトルの下部に表示される文章ですね。

ディスクリプション画像

メタキーワードは、Googleにどんなキーワードで表示してほしいか伝えるものです。

 

数年前までは、メタディスクリプションとメタキーワードはSEO効果があったのですが、今はあんまり効果ないです。

 

でも少しでも検索順位を上げたい人は、メタディスクリプションとメタキーワードに狙いたいキーワードを入れておきましょう。

 

ただしワードプレスのテーマによっては、すでにメタディスクリプションとメタキーワードの入力欄が設置されてるものがあります。

 

その場合は、All In One SEO Packを入れる必要はなし。

メタディスクリプションとメタキーワードは1つずつあればいいので、テーマの入力欄を使えばOKです。

 

ちなみに、僕が使ってよかったワードプレステーマは、

人のサイトのワードプレステーマを調べる方法【SEOに強いテーマ】で紹介しているので、興味ある人は読んでみてください(^^)

人のサイトのワードプレステーマを調べる方法【SEOに強いテーマ】

AddToAny Share Buttons

SNSのシェアボタンを設置できるプラグインです。

 

今の時代は、

  • ブログ
  • SNS
  • Youtube

を連動させないとSEOは厳しい時代です。

なので、SNSのシェアボタンは必ず設置しましょう。

 

ただし、ワードプレステーマによってはシェアボタンがついてるものもあるので、重複する必要はなし。

 

ワードプレスにシェアボタンがない場合は、AddToAny Share Buttonsを入れておきましょう。

プラグインとSEOはあんまり関係ない【入れすぎはNG】

プラグインとSEOはあんまり関係ない【入れすぎはNG】

SEOが強くなるプラグインはどれなの?

と思いがちですが、

実はプラグインとSEOはあんまり関係ありません。

 

つまり、「このプラグインを入れれば検索順位が上がる!」という特効薬的なものはないんです。

 

むしろ、プラグインを入れすぎるとサイトが重くなって、検索順位が下がります。

20個以上は入れすぎ。

 

検索上位にくる方法は、ただ1つ。

読者の悩み解決に徹することです。

 

プラグインとか小手先の対策をするよりも、読者の悩みを解決できる記事を書くほうがよっぽど上位にきます。

 

なので、SEOの重要度は下記の感じ。

  • 記事の内容:90%以上
  • プラグインなど:10%以下

なので、どのプラグインを入れるかに時間を使うのはもったいない。

 

お伝えしてきた最低限のプラグインだけ入れたら、すぐに記事作成に入りましょう。

 

SEOに強い記事の書き方は、

SEOとはを初心者向けに解説【読者の悩み解決に徹すれば上位にくる】で解説しているので、読んでみてください(^^)

SEOとはを初心者向けに解説【読者の悩み解決に徹すれば上位にくる】

まとめ【ワードプレスのプラグインでおすすめは5つ】

まとめ【ワードプレスのプラグインでおすすめは5つ】

この記事をまとめます。

  • 最低限入れておくべきプラグインは5つ
  • 入れとくと便利なプラグインは5つ
  • プラグインとSEOはあんまり関係ない

ワードプレスのプラグインでおすすめを知りたいな。

とりあえず最低限入れるべきプラグインはどれだろう?

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、Webライティングの基礎を、

Webライター初心者がやるべきこと【ライティングの3つのコツ】にまとめたので、読んでみてください。

 

企業のマーケティング担当者さんも、

最初は自分で記事を書いた方がいいですよ。

自分で書かないと、ライターさんに指示を出せないからです。

 

ライターさんの気持ちもわからないと、良好な関係を続けられないので、

まずは自分で書くことが大事。

 

Webライティングの基礎からわかるので、おさえておきましょう(^^)

Webライター初心者がやるべきこと【ライティングの3つのコツ】

あなたのワードプレスの参考になればうれしいです!