Webライターの勉強方法は実戦が基本【スキルアップできる本も紹介】

Webライターの勉強方法は実戦が基本【スキルアップできる本も紹介】

Webライターの勉強方法を知りたいな。

どうすれば短期間でスキルアップできるのかな?

 

在宅のWebライターだけで食っていきたい。

将来はノマドワーカーで、旅をしながらWebライターをやりたいな。

こういった疑問や要望に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • Webライターの勉強方法は実戦が基本
  • Webライターの勉強に役立つ3冊の本【SNSもチェック】
  • 爆速の勉強方法は「写経」

僕、佐藤誠一は現役のWebライターです。

  • ライター歴6年
  • 7000記事以上を執筆
  • 月収55万円くらい

って感じです。

 

僕以外に4人のライターさんもチームにいて、添削したり教えたりもしています。

 

Webライターだけで食ってる僕が書いた記事なので、信ぴょう性はあると思います。

初心者さんがどんな勉強をすれば、

短期間でスキルアップできるか解説しますね(^^)

Webライターの勉強方法は実戦が基本

Webライターの勉強方法は実戦が基本

結論、Webライターの勉強方法は、

実戦が一番です。

ようは、習うより慣れろですね。

 

なので、とにかく実践あるのみ。

では、具体的にどのように実戦を積むかを解説します。

クラウドソーシングで実戦を積む

一般的な方法は、クラウドソーシングに登録してライティング案件をこなすことです。

すぐに実戦に取りかかれるので、効果的。

 

代表的なクラウドソーシングは、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

などです。

 

無料で登録できるので、まず仕事を受けて書き始めましょう。

ここで躊躇しちゃうと、たぶんWebライターで食っていくのは無理です。

先輩Webライターから仕事をもらう

クラウドソーシング以外の実戦だと、先輩Webライターから仕事をもらう方法もあります。

売れてるWebライターは仕事をたくさん抱えているので、仕事を分けてもらうのもアリ。

 

人によっては添削や、添削の説明もしてくれるので、めっちゃ成長が早いですよ(^^)

 

ちなみに僕も添削や、添削の説明をしてます。

月に5記事書いてくれてるライターさんは、4ヶ月で言うことなくなりました(^^)

 

添削と添削の説明は、ある意味最速の勉強法ですよ。

自分のブログを書く

自分のブログを書くのも大事。

仕事がなくても実戦を積めるからです。

  • Webライティングスキル
  • ワードプレススキル
  • SEOスキル

が身につくので、やった方がいいですね。

 

自分のブログは失敗もOKなので、いろいろ実験できるのも強みです。

 

ちなみに、自分のブログを書くならワードプレス1択です。

企業から依頼される記事もワードプレスがほとんどなので、ワードプレススキルは役に立つからです。

 

ワードプレスの操作もできると、

単価も上がりやすいですよ(^^)

 

また、自分のブログのアクセスが上がってきたら、

  • Googleアドセンス広告
  • アフィリエイト

などもやってみましょう。

 

けっこうバカにできない広告料をもらえますよ(^^)

検索上位の記事は勉強になる

そもそも、検索上位の記事は勉強になります。

書き方が上手だから検索上位なので、研究の価値ありです。

 

「なぜ上位に来てるのか?」を考えながら見ると、勉強になりますよ(^^)

 

Webライティングはライバルサイトの研究も仕事のうちなので、仕事をしながら勉強できます。

失敗したときが一番伸びる

なんでもそうですけど、失敗したときが一番成長します。

人は失敗から一番多くを学ぶからです。

 

例えば、

  • クライアントから不可をもらった
  • クライアントに契約を切られた
  • 検索順位が下がった
  • 集客が落ちた

など、苦しくて必死にもがいたときが一番伸びます。

 

もちろん僕も、全部経験済み(^^)

やっぱり落ちたときにもがいた経験が、今でも基礎になっていますね。

 

だから、一番の勉強は失敗して立ち上がることです。

Webライターの勉強に役立つ3冊の本【SNSもチェック】

Webライターの勉強に役立つ3冊の本【SNSもチェック】

実戦がいいのはわかったけど、

やっぱりなんか本とかで勉強したいな。

という気持ちもわかります(^^)

 

でも、Webライティングの本は無数にあるので、読み始めたらキリがありません。

いつまでも本で勉強して、いつまでたっても実戦に入れないのは本末転倒。

 

なので、初心者さんが読むべき本を3冊に厳選しました。

とりあえずこの3冊だけ読んだら、即実戦に移ってください。

①20歳の自分に受けさせたい文章講義


20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

文章の書き方の教科書のような本です。

 

文章を書く基本の型は、

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例

です。

 

文章を書く基礎がわかるので、この本は絶対読むべき。

※小学生が読めば作文の宿題とか楽になりそう(^^)

 

1300円する本ですが、

1記事受注すればすぐに回収できますよ。

②沈黙のWebライティング


沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

 

Webライティングの教科書のような本です。

多くのWebライターが読んでいる本なので、押さえておきましょう。

 

Webライティングには、

SEO(検索上位にすること)が不可欠。

SEOに弱い記事しか書けないと、

単価が上がらないので絶対勉強しておきましょう。

 

2000円する本ですが、

1記事書けばすぐにペイできます(^^)

③一瞬で心をつかむ77の文章テクニック


一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

 

記事のタイトルを決めるのに役立つ本です。

タイトルは興味づけなので、興味を引くタイトルをつけないとクリックしてもらえません。

 

読みたくなるタイトルの勉強になるので、勉強しておきましょう。

 

1300円する本ですが、

1記事書けば投資回収できますよ(^^)

WebライターのSNSは勉強になる

忘れちゃいけないのは、WebライターさんたちのSNSです。

  • 最新情報がわかる
  • テクニック、ノウハウがわかる

などのメリットがあるので、フォローしておきましょう。

 

Webライターさんが多いSNSは、Twitterですね。

 

特にフォローすべきライターさんは、下記の4人。

  1. ウェブライダー松尾茂起さん(沈黙のWebライティングの著者)
  2. マナブ@バンコクさん
  3. クロネコ屋@ブログ×SNSマーケティングさん
  4. イケハヤ@FIRE(セミリタイア)生活中さん

僕ももちろんフォローしてます(^^)

 

最新情報や使えるスキルを発信してくれてるので、時代についていくためにも最低限フォローしておきましょう。

爆速の勉強方法は「写経」

爆速の勉強方法は「写経」

爆速の勉強方法は「写経」です。

自分より上手な記事を、まるまる書くことです。

  • 自分にはない言い回し
  • 文章の構成
  • 文章を書く順番

を体で覚えられるので、爆速で成長できますよ(^^)

 

僕も上記のマナブ@バンコクさんの運営する「マナブログ」を写経してます。

短い文章なのに情報量が多く、わかりやすいです。

 

マナブログさんの記事は検索上位が多いので、SEOライティングの勉強にもなりますよ。

 

誰か1人の師匠を勝手に決めて、写経すると成長が早いです。

ヤフー知恵袋でベストアンサーをとる

ヤフー知恵袋の質問に答えるのも勉強になります。

Webライティングは疑問にわかりやすく答えるスキルが必要なので、ヤフー知恵袋の質問に答えるのが合ってるからです。

 

ベストアンサー目指して、質問に答えましょう。

 

上記の「沈黙のWebライティング」の著者であるウェブライダー松尾茂起さんのTwitterに書いてあったので、僕もやってみました(^^)

 

最初はなかなかベストアンサーもらえないんですが、慣れてくるとできるようになりますよ。

 

Webライティングの基礎は、

「アンサーファースト」です。

つまり、答えを先に書くことが大事。

 

ググって情報を調べる人が求めてるのは美しい文章ではなく、答えです。

なので最初に答えを書く練習が必要ですが、ヤフー知恵袋が一番練習になります(^^)

まとめ【Webライターの勉強方法は実戦が一番】

まとめ【Webライターの勉強方法は実戦が一番】

この記事をまとめます。

  • Webライターの勉強方法は実戦が基本
  • Webライターの勉強は本やSNSも有効
  • 爆速の勉強方法は写経やヤフー知恵袋

Webライターの勉強方法を知りたいな。

どうすれば短期間でスキルアップできるのかな?

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、Webライター初心者さんがやるべきことを、

Webライター初心者がやるべきこと【ライティングの3つのコツ】にまとめているので、読んでみてください(^^)

 

Webライティングの3つのコツも解説しているので、文章を書くのが楽になりますよ。

Webライター初心者がやるべきこと【ライティングの3つのコツ】

あなたのWebライティングの勉強の、参考になればうれしいです!