Webライターの収入5選【どれくらい稼げるかや今後の需要も解説】

Webライターの収入5選【どれくらい稼げるかや今後の需要も解説】

Webライターの収入を知りたいな。

どんな稼ぎ方があって、どれくらい稼げるのか知りたい。

 

できたら、在宅でWebライター1本で食べていきたいな。

 

月20万円以上稼げたら最高なんだけどなぁ…

自分にもできるかなぁ?

 

あと、なんか読んでおいた方がいい本とかも知りたいな

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • Webライターの収入5選【どれくらい稼げるかも解説】
  • Webライターはフリーランスでやるべき
  • Webライターの今後の需要【結論:伸びます】
  • Webライターに向いてる人の特徴
  • Webライターを始める前に読んでおくべき3冊【現役Webライターが厳選】

僕、佐藤誠一はWebライターです。

月収は55万円くらいです。

 

収入源は下記の3つ。

  1. 企業から直接依頼されるライティング
  2. アフィリエイト・Googleアドセンス広告
  3. 企業に案件を紹介して報酬をもらう

Webライター1本で生活しています。

 

日々の生活はこんな感じ。

  • 7時:起床
  • 8時~13時:1記事作成
  • 14時~18時:1記事作成
  • 18時以降:Youtube撮影・勉強・リラックスタイム
  • 0時:就寝

毎日、家かカフェでライティングをしています。

 

もちろんスーツは着ませんし、毎日私服。

通勤もありませんし、めんどくさい人間関係もありません。

 

毎日、妻と仕事をしています。

正直、実に平和です(^^)

 

実際にWebライター1本で食ってる僕が、Webライターの収入について書いたので信ぴょう性があると思います。

Webライターで稼いでみたいあなたの、参考になればうれしいです(^^)

Webライターの収入5選【どれくらい稼げるかも解説】

Webライターの収入5選【どれくらい稼げるかも解説】

Webライターの稼ぎ方と稼げる金額は、下記の5つです。

  1. クラウドソーシングでライティング:数千円~100万円以上
  2. 企業と直接契約でライティング:数万円~100万円以上
  3. アフィリエイト・Googleアドセンス広告:0~1000万円以上
  4. 企業に案件を紹介して報酬をもらう:0~100万円以上
  5. Webコンサル:数万円~100万円以上

ちなみに、僕は②③④の収入があります。

 

1つずつ解説するので、あなたに合いそうなものから始めてみてください(^^)

①クラウドソーシングでライティング

もっとも一般的なのは、クラウドソーシングです。

9割以上のWebライターは、クラウドソーシングで稼いでいます。

 

稼げる月収は、数千円~100万円以上です。

収入にずいぶんと開きがありますが、これはスキルの差です。

 

未経験から始めると、最初のうちは月収数千円~数万円

スキルが身についてくると、月収数十万円~100万円以上になります。

 

具体的なクラウドソーシングサービスは、下記が有名です。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • サグーワークス

クラウドソーシングのメリットは、下記の2つ

  1. すぐに仕事が見つかる
  2. 仕事を選べる

一方、デメリットは下記の3つです。

  1. 手数料を抜かれる(20%くらい)
  2. せっかく書いても報酬をもらえないことがある
  3. 単価が安い

 

とりあえず試しにWebライティングを始めてみたいな

という人向けです。

 

報酬体系は案件によりますが、

  • 1記事○○○○円
  • 1文字○円

みたいになってます。

 

初心者向けは1文字0.1~0.5円が相場かと。

 

例えば、1文字0.5円なら2000文字書いて1000円。

慣れないうちは、2000文字書くのも3時間くらいかかるでしょう。

 

1000円÷3時間=時給333円。

最初はそんなもんです。

 

書くスピードが速くなれば、2000文字は1時間くらいで書けるので時給1000円になります。

1日5記事書けば、日当5000円って感じ。

 

ただし、クラウドソーシングの会社に手数料20%くらいを抜かれるので、手取りの日当は4000円です。

 

ぶっちゃけ、1日10時間書いて1万文字が限界です。

なので、単価が収入を大きく左右します。

 

1日1万文字書けたとして、単価別の手取りは下記の表の通りです。

※クラウドソーシングの会社に20%抜かれた後の手取りです。

単価 手取り収入(1日1万文字として)
1文字0.1円 800円
1文字0.5円 4000円
1文字1円 8000円

しかも、1日1万文字書けるようになるには数ヶ月かかるので、最初からこんなに稼げません。

 

仕事に慣れてきたら単価の高い仕事や、単価交渉をしましょう。

 

また、専門性の高いジャンルだと高単価になりやすいです。

過去の経験から専門性の高いジャンルを書けるなら、チャンスです。

②企業と直接契約でライティング

企業と直接契約して、仕事をもらうこともできます。

稼げる月収は、数万円~100万円以上。

 

間にクラウドソーシングの会社が入らないので、手数料も抜かれず手取り100%です。

 

報酬体系は契約内容によりますが、

  • 1記事○○○○○円
  • 1文字○円
  • 月固定○○万円

みたいな感じが多いです。

僕は企業と直接契約で、1文字4円くらいでやってます。

 

企業と直接契約のメリットとデメリットは、下記のとおり。

  • メリット:単価が高い。クラウドソーシングより稼げる
  • デメリット:営業が必要

 

企業と直接契約する方法は、

Webライターが企業と直接契約する7ステップ【単価アップ術も公開】にまとめたので、興味ある人は読んでみてください(^^)

Webライターが企業と直接契約する7ステップ【単価アップ術も公開】

③アフィリエイト・Googleアドセンス広告

自分のサイト・ブログを書いて、アフィリエイトやGoogleアドセンス広告で稼ぐ方法もあります。

稼げる月収は、0~1000万円以上です。

 

企業から記事作成を依頼されるのではなく、自分の記事を書いていきます。

記事中にアフィリエイト広告や、サイト内にGoogleアドセンス広告を貼ることで稼ぎます。

 

ちなみに、このサイトもアフィリエイトとGoogleアドセンスで稼いでいます(^^)

 

アフィリエイトをするには、ASPというサイトに登録が必要。

ASPは様々な商品を扱えるサイトで、ASPに登録するとサイトで商品を紹介できます。

 

代表的なASPは、下記のとおり。

  • afb
  • a8
  • もしもアフィリエイト
  • バリューコマース
  • PRESCO
  • アクセストレード
  • Amazonアソシエイト

 

有名なアフィリエイターには、

  • イケハヤさん
  • クロネコさん
  • マナブさん

などがいます。

みなさん、月収数百万円以上のアフィリエイターです。

 

アフィリエイト・Googleアドセンスのメリットとデメリットは、下記のとおり。

  • メリット:一度書いてしまえば、働かなくても収入を得られる
  • デメリット:すぐに収入にならない

アフィリエイトやGoogleアドセンスに挑戦する人はたくさんいますが、9割以上の人が月に1万円も稼げてません。

1年以上、無収入・低収入が続くので、挫折する人がほとんどです。

 

ですが、一度仕組みができてしまえば強いです。

 

ちなみに僕は最初、企業と直接契約のライティングで収入を得ていましたが、

いつまでやるんだこれ…

不安になったんです。

 

1文字○円とかの仕事って、書かないと収入がないって意味です。

病気やケガで書けなくなったら、収入がなくなるリスクがあります。

 

アフィリエイトやGoogleアドセンスは、仕組みを作れば働かなくてもお金が入ってきます。

お金を生み出す資産をもつようなものなので、コツコツと作っておきましょう。

 

理想的には、企業からライティングを受注して稼ぎながら、アフィリエイトやGoogleアドセンスのために自分のブログを書くのが一番です。

④企業に案件を紹介して報酬をもらう

自分のブログやサイトから問い合わせを起こして、相談者さんを企業に紹介して稼ぐ方法もあります。

稼げる月収は、0~100万円以上ですね。

 

アフィリエイトASPを通さないアフィリエイトみたいなものです。

 

この方法の大きなメリットは、アフィリエイトASPにない案件で稼げること。

ITリテラシーが低い業界では、アフィリエイトなんてやってないんです。

 

でも、お客さんはほしいから、お客さんを紹介してあげるんです。

企業と紹介料などの業務提携契約を結んでから、スタートしましょう。

 

報酬が高い紹介先は、下記のとおり。

  • 不動産会社
  • 管理会社
  • 建設会社

特に建設業界はITリテラシーが低いのにお金があるので、業務提携しておくと大きな収入になります。

 

ただし、デメリットは営業が必要なことです。

⑤Webコンサル

Webコンサルで稼ぐ方法もありますね。

稼げる月収は、数万円~100万円以上です。

 

Webコンサルのメリットとデメリットは、下記のとおりです。

  • メリット:労力の割に稼げる(文章は書かないから)
  • デメリット:実績がないとできない、期間が短い(3~6ヶ月が一般的)

Webコンサルの仕事内容を一言でいうと、やり方を教えることです。

自分で文章を書かずやり方を教えるだけなので、ぶっちゃけ楽です。

 

でも、実績がないと依頼されませんし、期間もずっとじゃないので単発っぽい仕事です。

 

コンサルをメインにすると収入は不安定になりがちなので、上記①~④と組み合わせてやると良いですね。

5つの稼ぎ方のメリットとデメリットを整理

Webライターの稼ぎ方を5つ紹介しましたが、それぞれのメリットデメリットを確認しておきましょう。

稼ぎ方 メリット デメリット
①クラウドソーシング すぐ仕事が見つかる 単価が安い、手数料を抜かれる
②企業と直接契約 高単価 営業が必要
③アフィリエイトやアドセンス広告 一度書けば働かなくてもお金が入る すぐにお金にならない
④企業に案件紹介 単価が大きい 営業が必要
⑤Webコンサル 労力の割に稼げる 実績が必要、期間が短い(数ヶ月)

あなたができそうなものから始めてみましょう(^^)

 

理想的には、①〜⑤を組み合わせてやると安定します。

Webライターはフリーランスでやるべき

Webライターはフリーランスでやるべき

Webライターって、正社員はないの?

と思うかもしれませんが、Webライターをやるならフリーランスが良いですよ。

 

理由は、下記の3つ。

  1. そもそも正社員の募集は少ないから
  2. 正社員になったら自由度が下がるから
  3. 最悪の場合、出勤があるから

Webライター=在宅ワーク・ノマドワーカーなので、正社員になったら醍醐味が半減しますよ。

自由に働きたいからWebライター目指す人が多いのに、わざわざ正社員になったらおもしろくない。

 

終身雇用も崩壊しましたし、どうせ手に職をつけなきゃいけないんです。

だったら、自由度の高いフリーランスが良いですよ(^^)

 

ちなみに、日本のフリーランス人口は1100万人以上。

もはや立派な産業です。

 

資格も経験もなく始められるし、フリーランスだから転職回数とかブランクも関係ありません。

パソコンとネット環境さえあれば、誰でも気軽に始められる仕事です(^^)

フリーランス=個人事業主or副業

最初は個人事業主でOKです。

サラリーマンをしながらWebライターをするなら、副業でOK。

 

年収が1000万円を超えたら、法人化を考えましょう。

 

税務署に開業届は提出した方がいいの?

と思うかもしれませんが、ぶっちゃけ必要なしです。

 

確定申告した時点で開業届を提出したのと一緒なので、気軽に始めてみましょう(^^)

 

ちなみに、月収5万円くらいで扶養の範囲内でおさめることも可能です。

Webライターの今後の需要【結論:伸びます】

Webライターの今後の需要【結論:伸びます】

結論、伸びます。

Webライターを欲しがってる企業が増えてるからです。

 

僕もありがたいことに新規の依頼をいただくのですが、手いっぱいですべて断ってます。

つまり、案件に対してWebライターが足りない状況です。

 

しかも、記事作成をライターに依頼しているのは、現段階では東京の企業がほとんど。

 

地方の企業はこれからコンテンツマーケティング(記事を書くこと)に取り組み始めるので、むしろこれからが本番です。

 

今のうちにWebライティングスキルを身につけておけば、しばらく稼げますよ(^^)

早く始めればスキルが身につくのも早いので、時代に乗り遅れずに済みます。

 

でも、AIに仕事をとられちゃうんじゃないの?

と心配になるかもですが、AIには人の心を動かす文章はまだ書けません。

 

AIが得意とするのは、単純作業です。

 

文章を書くという頭脳労働は、まだまだAIには難しい。

人の心を動かす文章は、もっと難しい。

 

つまり、まだまだ文章を書くのは人の仕事ということです(^^)

Webライターに向いてる人の特徴

Webライターに向いてる人の特徴

Webライターに向いてる人の特徴をまとめました。

※僕を含めWebライターが続いてる人と、辞めていった人の特徴から分析しました。

  1. 毎日コツコツと継続できる
  2. 勉強する意欲がある
  3. インドアの人
  4. 友達が少ない人
  5. 大人しい人
  6. 人付き合いが苦手な人

の6つですね。

 

3個以上あてはまってたら、Webライターの才能ありますよ(^^)

向いてる人は、始めてみましょう。

Webライターを始める前に読んでおくべき3冊【現役Webライターが厳選】

Webライターを始める前に読んでおくべき3冊【現役Webライターが厳選】

Webライターを始める前に、読んでおくべき本を3冊紹介します(^^)

Webライティングの勉強になります。

 

もちろん僕も読んだ本で、とても役に立った本を3冊に絞りました。

まずはこの3冊を買って勉強しましょう。

①20歳の自分に受けさせたい文章講義


20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

文章を書く基礎がわかります。

この本を読むと書くスピードも速くなるので、効率的に稼げますよ(^^)

 

特に、文章の基礎である、

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例

はこの本で勉強すると良いですね。

 

840円する本ですが、記事1本書けば回収できますよ(^^)

②人を操る禁断の文章術(メンタリズム)


人を操る禁断の文章術

ご存知、メンタリストDaiGoさんの本です。

この本を読むと、人を動かす文章が書けるので単価が上がります。

 

文章を書く目的はきれいな文章を書くことではなく、人を動かすことです。

 

行動を起こしてくれないと、売上も上がりませんからね。

メンタリズムを勉強すれば、企業から必要とされるWebライターになれます。

 

1400円する本ですが、1記事書けばすぐに回収できますよ(^^)

③沈黙のWebライティング


沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

 

この本を読むと、SEO(検索上位にくること)に強い記事を書けるようになるので、単価が上がります(^^)

まさしく「Webライターの専門書」といってもいいですね。

 

文章を書くことから一歩踏み込んで、プロのWebライターになれるノウハウが書かれています。

 

2000円する本ですが、1記事書けば投資回収はすぐです(^^)

まとめ【Webライターの稼ぎ方は5つ】

まとめ【Webライターの稼ぎ方は5つ】

この記事をまとめます。

  • Webライターの収入は5つ
  • Webライターはフリーランスでやるべき
  • Webライターの今後の需要は伸びる
  • Webライターに向いてる人の特徴
  • Webライターを始める前に読んでおくべき3冊

Webライターの収入を知りたいな。

どんな稼ぎ方があって、どれくらい稼げるのか知りたい。

 

自分にもできるかなぁ…?

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに手前味噌ですが、僕がWebライターを始めた経緯を、

僕が営業からWebライターに転職した話【営業を辞めたい人向け】にまとめたので、興味あれば読んでみてください(^^)

 

僕はもともと営業マンでしたが、営業が嫌になって36歳でWebライターに転職しました。

Webライターに転職した人の事例として、読んでみてください。

僕が営業からWebライターに転職した話【営業を辞めたい人向け】

あなたがWebライターを始めるきっかけになったらうれしいです!