Webライターの具体的な仕事内容【向いてる人の特徴や収入も解説】

Webライターの具体的な仕事内容【向いてる人の特徴や収入も解説】

Webライターの仕事内容を知りたいな。

在宅で生活できるくらい稼いでみたいなぁ。

 

手に職をつけたい。

文章を書くだけならできそうだけど、ほんとに僕にもできるかなぁ?

こういった疑問や要望に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • Webライターの具体的な仕事内容【現役ライターの業務手順も解説】
  • Webライターに向いてる人の6つの特徴
  • Webライターの収入【シミュレーションで解説】
  • Webライター未経験者向けの勉強方法【基礎を学べる本を2冊紹介】

僕、佐藤誠一はフリーランスのWebライターです。

 

Webライター歴は6年で、年収は750万円くらいです。

累計7000記事以上のWebライティングをしてきました。

 

また、これまで6人のWebライターさんを教えた経験もあります。

 

現役のWebライターとして働いている僕が、Webライターの仕事内容を解説します。

未経験からWebライターになることを検討しているあなたの、参考になればうれしいです(^^)

Webライターの具体的な仕事内容【現役ライターの業務手順も解説】

Webライターの具体的な仕事内容【現役ライターの業務手順も解説】

Webライターの具体的な仕事内容を解説します。

Webライターは文字通り、Web上の文章を書く仕事です。

 

具体的には、下記のような文章があります。

  • 企業のWebサイトの記事
  • ECサイトの文章
  • インタビュー記事
  • 口コミの文章

ググって見かける記事のほとんどは、Webライターが書いてるといっても過言ではありません。

 

普段見るようなWebサイトの文章を書くのが、Webライターの仕事です。

より具体的な仕事内容【僕の仕事を少し紹介】

僕は、企業のWebサイトの記事を書いているWebライターです。

具体的な仕事内容を解説します。

 

だいたいはクライアントからキーワードの指定があって、それに対して記事を書きます。

①ライバルサイトリサーチ

例えば「Webライター 副業」のキーワードで文章を書くなら、下記のような手順です。

  1. まずGoogleで「Webライター 副業」と検索する
  2. 検索1~10位の記事に目を通す

Web記事を書くなら、Googleの検索上位にこないと意味がありません。

検索上位にこないと、誰にも読まれないからです。

 

※検索上位にこない記事ばかり書くと、クビになることもあります。

 

どうしたら検索上位に来るかを知るには、

すでに上位のサイトを見るのが一番。

だから、検索1~10位のサイトを見ます。

②どんな人が、何を知りたいか想定する

1~10位の記事を見て「Webライター 副業」というキーワードでは、

どんな人が何を知りたいのか想定します。

 

誰に向けて、どんな情報を返すかがズレると、検索上位にこないで誰にも見られないからです。

 

例えば「Webライター 副業」なら、下記のような感じです。

  • どんな人:副業でWebライターを始めようか悩んでいる人
  • どんなことを知りたいか:自分にWebライターができるのか

③記事設計

検索1~10位の記事を参考に、自分はどんなことを書くか、大枠の設計をします。

大枠の設計もなく、いきなり文章を書き始めると、脱線して時間がかかるからです。

 

例えば「Webライター 副業」なら、下記のようなことを書くと読者が喜んでくれそうです(^^)

  • 副業でいくら稼げるの?
  • 1日どれくらい働けばいいの?
  • 本当に自宅でもできるの?
  • 何から始めたらいいの?
  • 文章を書くのが下手だけど、Webライターできるかな?
  • 確定申告はどうすればいいの?
  • 会社にバレずに副業できるの?
  • Webライターって、今後も稼げるの?
  • AIに仕事を奪われないの?

こうした疑問に答える記事にするために、大枠の設計を行います。

 

実際の記事設計は、下の画像のとおりです。

記事設計

④主張・理由・具体例の順に書く

記事設計が終わったら、

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例

の順番で文章を書いていきます。

 

主張→理由→具体例で書くと、

わかりやすい文章が書けるし、書くのも楽だからです(^^)

 

「Webライター 副業」なら、下記のような文章です。

【主張】

結論、いきなり仕事を始めてOKです。

 

【理由】

実戦をこなす方が、早く覚えるからです。

ようは「習うより慣れろ」です。

本とかで勉強するのも効果的ですが、実戦をやりながら勉強すると早く稼げます。

 

【具体例】

仕事の受け方は、クラウドソーシングが一般的。

・クラウドテック

・ランサーズ

・サグーワークス

などで仕事を簡単に始められます。

 

って感じです(^^)

 

ちなみに、僕が「Webライター 副業」で書いた記事は、

Webライターを副業でやる8つの疑問に答えます【専業も可能です】なので、完成品を見たい人は読んでみてください。

Webライターを副業でやる8つの疑問に答えます【専業も可能です】

 

また、文章の書き方はYoutubeでも解説しています。

くわしく知りたい人は、下記のYoutubeを見てみてください(^^)

仕事はクラウドソーシングからもらうのが一般的

Webライターには、大きく分けて下記の2種類の働き方があります。

  1. 正社員
  2. フリーランス

正社員は企業に勤務して文章を書きますが、

正社員のWebライターの求人はかなり少ないです。

フリーランス人口が多いので、正社員を雇うまでもないからです。

 

フリーランスのWebライターの多くは、

クラウドソーシングから仕事をもらいます。

 

「クラウドソーシング」とは、Webライターの仕事の案件を多く保有しているサイトです。

などが有名。

 

本来は自分で企業に営業して案件をもらわないといけないのですが、

上記のクラウドソーシングサービスがすでに案件を用意してくれてるので、営業しなくて大丈夫です。

 

クラウドソーシングに報酬の20%くらいを取られますが、営業が苦手な人には良いサービスですよ。

Webライターに必要なもの【パソコンとネット環境だけ】

Webライターの仕事に必要なのは、

  1. パソコン
  2. ネット環境

の2つです。

 

スマホでも文章を書けないことはないですが、やっぱり文章を早く書くにはパソコンの方が楽ですね。

 

パソコンのスペックは高くなくて大丈夫です。

中古のパソコンとか、古いパソコンでも問題ありません。

 

自宅にネットを引いてない人は、下記の2つのどちらからでOK。

  1. 投資だと思って、自宅にネットを引く
  2. Wi-Fiのあるカフェにいく(スタバとか)

パソコンとネット環境さえあればどこでも仕事ができるので、自宅でもカフェでも働けます。

 

フリーランスは社員ではなく個人事業主なので、通勤や出勤の必要もありません。

書いた文章をメールで納品すればいいので、

誰にも会わなくても仕事はできます。

Webライターに向いてる人の6つの特徴

Webライターに向いてる人の6つの特徴

Webライターに向いてる人の特徴は、下記の6つです。

  1. コツコツやれる人
  2. 継続できる人
  3. インドアな人
  4. 友達が少ない人
  5. 根暗な人
  6. 人づきあいが苦手な人

3つ以上あてはまれば、Webライターに向いてると思います(^^)

 

ちなみに「友達が少ない人」というのは、あんまり交友が広すぎる人だと仕事の時間を割けないからです。

文章を書くのが好きじゃなくてもWebライターはできる

ちなみに、文章を書くのが好きである必要はありません。

僕も文章を書くのは、別に好きじゃないです。

 

文章を書くのが好きな人は、

「書きたい文章を書いてしまう」という危険性があります。

 

Webライターは書きたい文章を書くのではなく、クライアントの意向に沿う文章を書くのが仕事。

なので、文章を書くことが好きじゃない方がいいですね。

 

前述の「主張・理由・具体例」のように、文章を書く型があるので、それに従って書けば大丈夫です(^^)

Webライターは誰でもできるのか?【結論:できない人もいる】

結論、Webライターはできない人もいます。

文章を書く仕事って、誰でもできる仕事じゃないからです。

 

冒頭でお伝えしましたが、僕は過去に6人のWebライターさんに教えてきました。

でも、うち3人は辞めてます。

 

やっぱり続かない人がいるのは事実です。

「日本語の文章を書くだけ」と言えば簡単に聞こえますが、文章を書くのはどうしても向き不向きがあります。

 

ただ、Webライターのメリットは、

始めやすくて辞めやすいこと。

とりあえずやってみて、ダメなら諦めるでも全然OKだと思います。

Webライターの収入【シミュレーションで解説】

Webライターの収入【シミュレーションで解説】

Webライターの収入シミュレーションを見てみましょう。

 

条件はこんな感じ。

  • 文量:1記事5000文字を書く仕事
  • 報酬単価:1文字=1円
  • 作業時間:1日2時間、週6日稼働(週12時間稼働)

※副業でWebライターをやる場合のシミュレーションですね。

 

慣れないうちは5000文字を書くのに、6時間くらいかかります。

上記の条件だと週12時間稼働なので、5000文字を2記事書けることになります。

 

1ヶ月を4週間だとして、週2記事×4週間=月8記事書けることになります。

 

1文字=1円なので、5000文字書くと5000円。

5000円×8記事=月収4万円となります。

 

副業で月収4万円なので、まぁまぁですよね(^^)

【注意】クラウドソーシングだと20%引かれます

ただし、前述のクラウドソーシングの案件だと20%の手数料を引かれます。

 

4万円から2割引かれると、

4万円-8000円=32000円が手取りですね。

 

上記の条件だと月48時間労働なので、

32000円÷48時間=時給666円となります。

Webライターの収入を上げる方法

Webライターの収入を上げる方法は、下記の3つです。

  1. 実績を積んで、単価交渉して、単価を上げてもらう
  2. 書くスピードを速くする
  3. 企業と直接契約する(クラウドソーシングをはさまない)

①と②は、経験を積んでいけば可能です(^^)

 

③は営業や人脈が必要。

  • 自分のブログを書いて、企業から依頼をもらう
  • SNSで案件を募集する
  • 知りたいから直接受注する
  • 企業に営業に行く

の4つで、クラウドソーシングを通さず直接契約できます。

 

ちなみに、Webライターの収入については、

Webライターの収入5選【どれくらい稼げるかや今後の需要も解説】にまとめたので、読んでみてください(^^)

Webライターの収入5選【どれくらい稼げるかや今後の需要も解説】

Webライター未経験者向けの勉強方法【基礎を学べる本を2冊紹介】

Webライター未経験者向けの勉強方法【基礎を学べる本を2冊紹介】

Webライターを始める前に、文章を書く勉強をしたいな。

なんか良い本とかあるの?

という人は、とりあえず下記の2冊を買って読んでください。

 

Webライターの基礎がわかりますよ(^^)

20歳の自分に受けさせたい文章講義


20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)
 

 

Webライティング以前に、文章の書き方がわかる本です。

この本を読むと、文章を書くスピードも速くなるので、収入が上がります。

 

文章を書く基本中の基本を学べるので、避けては通れない本。

 

前述の「文章を書く型」である、

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例

も、この本で解説されています。

 

840円する本ですが、教科書だと思って買ってみましょう。

1記事書けば、すぐに元は取れますよ(^^)

沈黙のWebライティング


沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

 

Webライティングの基本を学べる本です。

Webライターって、SEOと切っても切れない関係なんです。

 

「SEO」とは、書いた記事がGoogleの検索上位にくるようにする対策のこと。

「SEOライティング」といって、検索上位にくる文章の書き方があるんです。

 

検索上位にくる記事を書けると、単価は一気に上がります。

Webライターとして、月収10万円以上稼ぎたいなら、読んでおいた方いい本です。

 

2000円しますが、1記事書けばすぐに元は取れます(^^)

僕もこの本を読んでから、一気に収入が上がりました。

まとめ【Webライターは、Web上の文章を書く仕事】

まとめ【Webライターは、Web上の文章を書く仕事】

この記事をまとめます。

  • Webライターは、Web上の文章を書く仕事
  • 業務手順は、ライバルサイト→想定読者と検索意図→記事設計→主張・理由・具体例
  • あなたがWebライターに向いてるかチェックしてみましょう
  • Webライターの収入は、文字単価・作業時間・書くスピードなどで決まる
  • Webライター未経験者向けの2冊の本から勉強しよう

Webライターの仕事内容を知りたいな。

文章を書くだけならできそうだけど、ほんとに僕にもできるかなぁ?

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、Webライターについてもっと詳しく知りたい人のために、Youtubeでも解説しています(^^)

こちらも参考になると思うので、見てみてください。

 

また、さらにWebライターについて勉強したい人は、

Webライターの勉強方法は実戦が基本【スキルアップできる本も紹介】に勉強法をまとめているので、読んでみてください(^^)

Webライターの勉強方法は実戦が基本【スキルアップできる本も紹介】

あなたの参考になればうれしいです!