Webライターの平均年収は250万円【収入を上げる方法も解説】

Webライターの平均年収は250万円【収入を上げる方法も解説】

Webライターの年収を知りたいな。

ググってみると、Webライターの年収って低そうだけど、ほんとのところはどうなんだろう?

 

在宅で稼げたらいいだろうなぁ。

いずれはサラリーマン以上に稼ぎたい。

 

Webライターでたくさん稼ぐには、どうすればいいんだろう?

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • Webライターの平均年収は250万円くらい
  • Webライターの年収を上げる4つの方法

僕、佐藤誠一はWebライターです。

年収750万円くらいです。

 

Webライター歴は6年。

毎日、家かカフェでパソコン作業をしている38歳です。

 

現役Webライターの僕が、Webライターの年収を解説します。

これからWebライターをやろうと思ってるあなたの、参考になればうれしいです(^^)

Webライターの平均年収は250万円くらい

Webライターの平均年収は250万円くらい

Webライターの平均年収は250万円くらいです。

から算出しました。

 

年収250万円なので、Webライターは正直あんまり稼げないですね。

稼いでるWebライターもいる

平均年収が250万円ですが、

内情は「年収格差が大きい」が正解です。

稼いでるWebライターさんだと、

年収2000万円以上稼いでる人もいます。

 

ようは、

  • 一部の稼いでるライターさん
  • 多くの稼げていないライターさん

という構成なので、平均年収250万円くらいになっちゃう感じです。

Webライターは副業が多い

Webライターをしてる人のほとんどは、副業です。

在宅でできるフリーランスの仕事なので、副業として始めやすいからです。

 

例えば、

  • サラリーマンをしながら、平日夜と土日で副業
  • 主婦をしながら、空き時間に副業
  • 学生をしながら、アルバイト感覚で副業

という感じのWebライターさんが多いですね。

 

副業だと作業時間をたくさん取れないので、どうしても年収が低くなりがちです。

最初は低単価の仕事が多い

Webライター初心者のうちは、どうしても仕事の単価が安いです。

実績と信用がないので、高単価の仕事を任せてもらえないからです。

 

最初は、クラウドソーシングでWebライターを始める人が多いですね。

「クラウドソーシング」とは、Webライターの仕事の案件を紹介してくれるサービスです。

 

なんかが有名。

 

無料で仕事を紹介してくれるので、すぐにWebライターとして稼げます。

※これからWebライターを始める人は、とりあえず登録しておきましょう。

 

ただし、最初はどうしても低単価の仕事しか任せてもらえません。

 

あとクラウドソーシングは、仕事の報酬の20%を手数料として取られます。

ようは、営業代行の費用ですね。

  1. 最初は低単価
  2. 20%とられる

という理由で、どうしても最初の収入は低いです。

 

初年度で稼げなくて挫折する人が多いので、ググると「Webライター稼げねぇ」みたいな声が多いんだと思います(^^;

 

慣れてくると収入が上がるイメージです。

Webライターの初年度の年収は約150万円

Webライターの初年度の年収は150万円くらいを想定しておきましょう。

 

計算根拠は、僕が書いた別の記事で、

【未経験者向け】Webライターの始め方【挫折しない方法も解説】の初年度の収入シミュレーションを参考にしてます。

【未経験者向け】Webライターの始め方【挫折しない方法も解説】

もっと稼げる人もいますが、

平均的な初年度年収は150万円くらいがリアルだと思います。

 

年収150万円だと、ちょっときついですよね。

辞めていく人が多いのもわかります(^^;

 

ちなみに、2年目以降の年収イメージは、下記のような感じかなと。

  • 2年目:年収300万円
  • 3年目:年収400万円
  • 4年目:年収500万円

Webライターの年収は、最初は低いけど徐々に上がっていく感じです。

副業タイプの年収は約60万円

1日2時間稼働くらいの副業タイプは、年収60万円くらいです。

月5万円くらいなら稼ぎやすいので、5万円×12ヶ月=60万円って感じですね。

 

ちなみに、副業でWebライターをやろうと考えてる人は、

Webライターを副業でやる8つの疑問に答えます【専業も可能です】も読んでみてください(^^)

 

副業特有の質問に答えています。

Webライターを副業でやる8つの疑問に答えます【専業も可能です】

本業タイプの年収は約400万円

1日8時間くらい働く本業タイプは、年収400万円くらいです。

月30万円×12ヶ月+α=400万円ってイメージですね。

 

フリーランス白書2019」を見ても、フルタイムワーカーで年収400万円という感じです。

【結論】Webライターの年収はそんなに高くない

結論、Webライターの年収はそんなに高くないことがわかります。

でも、たくさん稼いでるWebライターさんがいるのも事実。

 

では次に、

  • 稼げるWebライターさん
  • 稼げないWebライターさん

の違いは何なのかを知るために、

Webライターの年収を上げる方法を解説していきます(^^)

Webライターの年収を上げる4つの方法

Webライターの年収を上げる4つの方法

Webライターの年収を上げる方法は、下記の4つです。

  1. 単価を上げる
  2. 作業時間を増やす
  3. 書くスピードを上げる
  4. 収入の口を増やす

1つずつ解説しますね(^^)

①単価を上げる【収入アップレベル:高い】

単価を上げると、けっこう年収が上がります。

初心者のうちは1文字=0.1円とかの案件もあるんですが、それだと稼げません。

 

例えば1000文字書くのでも、単価が違うと収入がけっこう違います。

1文字あたりの単価 1000文字書いた収入
0.1円 100円
0.5円 500円
1円 1000円
4円 4000円

同じ作業でも単価によって収入が大きく変わるので、単価を上げるのは超大事です。

 

スキルが上がってきたら、単価交渉をしましょう。

単価交渉の方法はYoutubeで解説してるので、見てみてください(^^)

②作業時間を増やす【収入アップレベル:まぁまぁ】

作業時間を増やすと、収入が上がります。

シンプルに、働く時間を増やして稼ぐ方法です。

 

初心者のうちは、5000文字書くのに約6時間かかります。

1日2時間と1日6時間では、当然収入が違います。

1日の作業時間 月収(週5日稼働・1文字=1円)
2時間 約3万円
6時間 約10万円

 

ただし、人間が1日に働ける時間は限られてますし、

集中力の持続も90分が限度なので、作業時間を増やすのには限界があります。

③書くスピードを上げる【収入アップレベル:まぁまぁ】

書くスピードが上がると、収入が上がります。

単純に「早く仕事をこなす」という稼ぎ方ですね。

 

例えば、5000文字書くのを6時間から4時間に短縮できたら、収入は上がります。

  • 1日の作業時間:6時間
  • 文字単価:1文字=1円
  • 週の稼働日数:5日

という条件で、5000文字を書く時間が6時間と4時間で収入を比較すると、下記のとおりです。

5000文字を書く時間 月収
6時間 約12万円
4時間 約15万円

文章を早く書ける型

ちなみに文章には型があって、

型どおりに書くと早く書けます(^^)

 

文章の型は、下記のとおり。

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例

この型どおりに書けば、説得力のある文章を早く書けます。

 

例えば、

  • 【主張】Webライターは、挫折する人が多いです。
  • 【理由】なぜなら、最初は稼げないからです。
  • 【具体例】事実、私も最初は稼げませんでした。

こんな感じで、型で書くとです(^^)

 

主張・理由・具体例など、文章を書く基礎を学べる本は、

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」です。


20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)
 

 

文章を書くのが苦手な人は、教科書だと思って買ってください。

スムーズに文章を書けるようになります。

 

900円くらいする本ですが、1記事書けばすぐに元は取れますよ(^^)

④収入の口を増やす【収入アップレベル:高い】

収入の口を増やすのが、けっこう有効です。

Webライターって労働収入なので、どこかで限界がきちゃうからです。

 

Webライターが稼げる別の収入は、下記のとおり。

  1. アフィリエイトなど広告収入
  2. ディレクション(現場監督)
  3. Webライティングを教えて稼ぐ

ちょっと解説しますね。

アフィリエイトなどで広告収入

自分のブログを開設して、

  1. アフィリエイト
  2. Googleアドセンス広告

などで広告収入を得ることができます。

 

Webライティング力があるなら、自分のブログで広告収入を稼げますからね(^^)

 

広告収入の良いところは、資産収入であること。

あなたが寝てる間もお金を稼いでくれます。

 

ただしデメリットは、収入になるまでに時間がかかること。

最初の1年間は無収入も覚悟しましょう。

 

なので、最初は企業から依頼されたWebライティングでお金を稼ぎつつ、

合間で自分のブログを育てると良いですね(^^)

ディレクション(現場監督)

企業から直接依頼された仕事だと、1人では作業をこなせないことがあります。

その場合は、親戚とか友達に手伝ってもらって業務をこなします。

 

  • 手伝ってくれる人への研修
  • 添削

などをして、ディレクション料をもらいましょう。

 

例えば、1記事1万円の仕事なら、下記のような感じ。

  • 手伝ってくれる人への報酬:8000円
  • 自分のディレクション料:2000円

 

1記事1万円の仕事を30記事こなすなら、

ディレクション料2000円×30記事=6万円の収入になります。

Webライティングを教えて稼ぐ

ようは、習い事の先生になる感じ。

2020年以降は本格的に、

  • 副業時代
  • 在宅ワーク時代

がやってきます。

 

だから、今のうちに在宅のWebライターで稼いでおくと、生徒さんをつけられます。

 

例えば、月謝3000円とかをもらって10人教えたら、月収3万円です。

今はYoutubeもあるので、全国の人に教えて月謝をもらえばもっと稼げます(^^)

 

人に教えるのが好きな人には良い仕事ですね。

まとめ【Webライターの平均年収は250万円くらい】

まとめ【Webライターの平均年収は250万円くらい】

この記事をまとめます。

  • Webライターの平均年収は250万円くらい
  • Webライターは収入格差が大きい
  • 最初は年収が低いけど、徐々に年収が上がる仕事
  • 副業なら年収60万円、本業なら年収400万円くらい
  • Webライターの年収を上げるなら、単価アップと収入の口を増やすのが効率的

Webライターの年収を知りたいな。

いずれはサラリーマン以上に稼ぎたい。

 

Webライターでたくさん稼ぐには、どうすればいいんだろう?

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

また、この記事で紹介したクラウドソーシングサービスは、下記の3つです。

無料なので、ひとまず登録して仕事を見てみましょう(^^)

 

あと、文章を早く書ける型を学べる本は、

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」です。


20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)
 

 

ちなみに、Webライターの月収を細かく知りたい人は、

Webライターの月収を紹介【事例別の収入シミュレーションも解説】を読んでみてください。

  • 月収3万円
  • 月収5万円
  • 月収20万円
  • 月収30万円
  • 月収50万円

のタイプ別に、どれくらい働けばいいか解説しています(^^)

Webライターの月収を紹介【事例別の収入シミュレーションも解説】

あなたがWebライターを始める参考になればうれしいです!