Webライターの記事の書き方6ステップ【速く文章を書くコツも紹介】

Webライターの仕事内容【記事の書き方】

Webライターの記事の書き方を知りたいな。

 

在宅でできるWebライターに魅力を感じて始めてみたけど、

文章を書くのって大変…

 

どうやったら上手にスラスラ書けるのかなぁ?

こういった疑問や悩みに応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • Webライターの記事の書き方6ステップ【型に沿って書くと楽】
  • 記事を速く書く3つの方法

 

僕、佐藤誠一はWebライターです。

  • 在宅で年収750万円くらい
  • Webライター歴6年
  • 7000記事以上を執筆

という感じです。

 

Webライターを始めたばかりのときって、記事を書くのが大変ですよね(^^;

僕も最初はかなり苦戦しました。

 

でも、記事の書き方にはがあるので、それに沿って書けばに書けます。

 

この記事では、Webライター歴6年の僕が実際にやってる記事の書き方を解説します。

少しでもあなたの業務が楽になればうれしいです(^^)

Webライターの記事の書き方6ステップ【型に沿って書くと楽】

Webライターの記事の書き方6ステップ【型に沿って書くと楽】

Webライターの記事の書き方は、下記の手順です。

  1. キーワードリサーチ
  2. ライバルサイトリサーチ
  3. Yahoo!知恵袋をざっと見る
  4. 読者を想定する
  5. 記事を設計する
  6. 文章を書く

1つずつ解説しますね(^^)

 

依頼されてる内容によっては必要ない工程もあると思うので、そこは省いてもらって大丈夫です。

①キーワードリサーチ

まずはキーワードリサーチです。

需要がない記事を書いても意味がないので、需要のあるキーワードを探すためです。

 

キーワードリサーチは「Ubersuggest」を使うと楽ですね。

  • 検索ボリューム
  • SEO難易度

などがわかるので、検索されててライバルが弱いキーワードを狙いましょう。

 

また、関連のキーワードもわかるので、細かくどんな需要があるかもわかります。

 

例えば「Webライター 初心者」というキーワードなら、

  • Webライター 初心者 収入
  • Webライター 初心者 求人
  • Webライター 初心者 本

などの関連キーワードがあるので、記事内で書くと読者に読まれやすいです。

②ライバルサイトリサーチ

キーワードが決まったら、そのキーワードで検索1~10位のライバルサイトを見ましょう。

検索上位のサイトは、読者の知りたいことを書いてるので参考になるからです。

 

上位サイトで見るポイントは、下記の2つ。

  1. どんな読者に向けた記事か
  2. 読者に対して、どんなことを書いてるか

例えば、この記事は「Webライター 記事の書き方」というキーワードを狙って書いてます。

 

検索上位に出てくるライバルサイトを見てみると、

  1. 読者:Webライター初心者さん
  2. 内容:記事の書き方を知りたい

って感じだったので、自分が書く記事でも同じことを書いていくイメージです。

③Yahoo!知恵袋をざっと見る

念のため、Yahoo!知恵袋を見ておきましょう。

想定される読者の生の声がわかるので、けっこう参考になります(^^)

 

特に、自分が詳しくないジャンルだと、読者の悩みを想像しにくいので、Yahoo!知恵袋は重宝します。

 

Yahoo!知恵袋の検索窓にキーワードを入れて、検索2ページ目くらいまでざっと見る感じです。

④読者を想定する

ライバルサイトとYahoo!知恵袋を参考に、読者を想定しましょう。

読者の想定がぼんやりしていると、

刺さらない文章になるからです。

読者を想定する型

読者を想定するときは、下記を思い浮かべてみてください。

  1. 年齢
  2. 性別
  3. 世帯規模
  4. 所得
  5. 職業
  6. 学歴
  7. 住んでる地域
  8. 仕事の価値観
  9. お金の価値観
  10. 家族の価値観
  11. 人間関係の価値観
  12. 健康の価値観
  13. 読者のライフスタイル
  14. どんなことに悩んでいるか?

ちょっとめんどくさいですが、ここまでやると読者が浮かびあがってきます。

 

例えば、この記事の読者想定は下記のとおりです。

年齢 30歳
性別 女性
世帯規模 独身
所得 年収350万円
職業 事務職
学歴 大卒
住んでる地域 東京
仕事の価値観 在宅で副業できるWebライターを始めてみたけど、文章をうまく書けない。

どうしたらスラスラと良い文章を書けるかな?

お金の価値観 いずれは在宅のWebライターだけで生活したい。
家族の価値観 収入面で親に心配をかけたくない
人間関係の価値観 職場の人間関係が嫌い。

在宅で1人で稼ぎたい。

健康の価値観 職場の人間関係に疲れている
読者のライフスタイル 平日は事務の仕事。定時上がりで土日休みなので、給料が安い。

時間があるけどアルバイトに出るのは大変なので、在宅でできるWebライターに興味をもって始めた。

どんなことに悩んでいるか? Webライターの記事の書き方を知りたいな。

在宅でできるWebライターに魅力を感じて始めてみたけど、

文章を書くのって大変…

どうやったら上手にスラスラ書けるのかなぁ?

けっこうクッキリと読者が見えてきますよね(^^)

記事の目的は「読者に行動してもらうこと」

記事の目的は「読者に行動してもらうこと」です。

読んだ人が「私のことだ!」と思うと、行動してくれるからです。

 

あなたも経験ありませんか?

  • まるで、私に向けて書いてる文章じゃん!
  • まるで、私のことを歌ってる歌詞じゃん!

っていう感動。

 

クライアントの目的はアクセス数を増やすことではなく、読者に行動してもらうこと。

行動してもらわないと、売上にならないからです。

  • 企業の商品を購入する
  • 会員登録する

などなど。

 

あくまでも行動が目的なので、きちんと読者を想定しましょう。

読者を想定すると、書かなくていいことがわかる

記事を書いてると「あれもこれも書きたい」となりがち。

でも、あれもこれも書くと長文になるので、読者が疲れます。

 

読者を想定することで、書かなくていいことがわかるので、スッキリした文章を書けます。

 

例えば、上記「Webライター 記事の書き方」の想定読者は女性なので、男性向けの文章をカットできます。

書き手もになるので、読者に想定は大事です(^^)

 

ちなみに、読者の想定について詳しく勉強したい人は、

「10倍売れるWebコピーライティング」を読んでみてください。


10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方

 

細かい読者想定と、人が行動する文章の書き方がわかります。

1500円くらいする本ですが、

1記事書けばペイできます(^^)

⑤記事を設計する

読者を想定したら、読者の悩み解決になる記事の構成を設計します。

まずは記事の大枠を決める感じです。

 

記事設計をしないで文章を書き始めると、

内容がブレて読みにくい文章になるからです。

 

設計ができれば、あとは文章を肉付けしていくだけなので簡単です。

記事の設計が終われば、

工程の8割は終わっています(^^)

記事設計の例

例えば、この記事の設計は下記のような感じです。

記事設計

先にこういう設計をしておくと、最後までブレずに書けます。

記事設計しないと執筆に時間がかかる

僕は最初、記事設計をしないで書いてましたが、1記事2日くらいかかってました。

でも、記事設計するようになってからは、

1日2記事書けるようになりました。

 

記事設計は、仕事を効率化するためにも重要です。

⑥文章を書く【3つの注意点】

最後に文章を書きます。

 

文章を書くときの注意点は、下記の3つ。

  1. 主張・理由・具体例の順番で書く
  2. こそあど言葉はあまり使わない
  3. 漢字を使いすぎない

1つずつ解説しますね。

主張・理由・具体例の順番で書く

文章は、

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例

の順番で書きましょう。

わかりやすい文章を書けるからです。

 

例えば、下記のような感じ。

【主張】Webライターは、慣れるまでは大変な仕事です。

【理由】多くの人は、文章を書くことに慣れていないからです。

【具体例】例えば、僕も最初は書くのが苦痛でした。

 

主張・理由・具体例の順番で書くと、わかりやすくて説得力が増します。

文章を書く型なので、楽に文章を書けるメリットもあります(^^)

こそあど言葉はあまり使わない

こそあど言葉を使いすぎないようにしましょう。

文章がわかりにくくなるからです。

 

「こそあど言葉」とは、

  • これ、ここ、この、こちら、こう
  • それ、そこ、その、そちら、そう
  • あれ、あそこ、あの、あちら、ああ
  • どれ、どこ どの、どちら、どう

などの言葉のことです。

 

例えば、下記の文章はわかりにくいですよね?

まずジャガイモと人参を切ります。

それを鍋に入れて、約20分煮ます。

その後に豚肉を入れます。

それを砂糖、醤油で味付けします。

これはあまり入れすぎないのがコツ。

その後それをそのままにして、粗熱をとります。

 

わからないことはないですが、「それ」とか「これ」が何を指してるかわかりにくいですよね。

 

読者の中には活字に弱い人もいるので、

こそあど言葉の乱発は避けましょう。

漢字を使いすぎない

漢字の多い文章は読みにくいので、使いすぎに注意しましょう。

 

例えば、下記の文章はちょっと読みにくいですよね?

今日は動物園に行って象と虎を見ました。

長時間歩いて疲れたので、晩御飯を普段より多く食べました。

 

漢字が多すぎると読むのが疲れます。

 

例えば、下記のようにすると読みやすくなります。

今日は動物園に行ってゾウとトラを見ました。

長く歩いて疲れたので、晩ご飯をいつもよりたくさん食べました。

 

漢字を減らすだけで、軽やかな印象になりますよね(^^)

 

「正しい漢字で書くこと」が目的ではなく、「わかりやすい文章」が目的です。

Webライティングの基礎を学べる本

Webライティングの基礎を勉強したい人は、下記の2冊を買って勉強しましょう。


20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

文章の書き方の基礎がわかります。

先ほどの「主張・理由・具体例」も、この本で解説されてます。

 

文章を書くこと自体に自信がない人は、読んでおきましょう。

900円くらいする本ですが、

1記事書けばペイできます(^^)

 

また、文章を書くスキルに加えて、Webライティング独特の書き方を勉強したい人は、

「沈黙のWebライティング」を読んでみましょう。


沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

 

SEOで上位にきやすい文章の書き方がわかります。

僕はこの本を勉強してSEOスキルが上がったので、単価が上がりました。

 

Webライターとして月収20万円以上稼ぎたい人なら、避けては通れない本ですね。

2000円くらいしますが、1記事書けばすぐに投資回収できますよ(^^)

記事を速く書く3つの方法

記事を速く書く3つの方法

記事の書き方はなんとなくわかったけど、

できれば速く書けるようになりたいな

という人向けに、記事を速く書く方法も解説します(^^)

 

速く書いて、効率的に稼ぎたいですもんね。

下記の3つを実践してみてください。

【速く書く方法①】準備に重点をおく

上記の記事の書き方6ステップのうち、

  1. キーワードリサーチ
  2. ライバルサイトリサーチ
  3. Yahoo!知恵袋をざっと見る
  4. 読者を想定する
  5. 記事を設計する

の5ステップに重点をおく方が、速く書けます。

 

ようは、書く準備をしっかりすること。

 

文章を書き始めたい気持ちはわかるのですが、いきなり無計画に文章を書くと、

  • 書いては消し、書いては消しの繰り返し
  • 文章が空中分解する
  • 調べものが増える

などの理由で、かえって時間がかかります。

 

なので、キーワードリサーチ~記事の設計までの5ステップをしっかりやりましょう。

前述のとおり、記事の設計まで終われば8割おわった感じです。

 

6ステップ目の「文章を書く」は、5ステップで準備したものをまとめるだけなので、実は楽です(^^)

はやる気持ちを抑えて、

準備に重点をおきましょう。

【速く書く方法②】決まった時間で休憩をとる

一定の時間仕事をしたら、強制的に休んだ方が速く書けます。

集中力が持続するからです。

 

例えば、

  • 1時間書いたら、10分休憩
  • 1時間半書いたら、20分休憩

など、時間を決めて仕事と休憩をしましょう。

 

集中力が切れちゃう人によくあるのが、

「キリのいいところまで書いちゃう」ケース。

よーし!

1記事終わったー!

ってキリがいいと、やり切った感がして2時間くらい平気で休んじゃいますよね(^^;

 

これが効率低下を生んでます。

 

スマホでアラームとかかけて、1時間たったら強制的に休むとかしましょう。

キリが悪いと仕事が気になるので、集中力が続きます(^^)

【速く書く方法③】カフェとかで書く

やっぱり家は誘惑が多いですからね(^^;

  • テレビ
  • Youtube
  • 冷蔵庫

などなど。

 

学生のころも、図書館とかの方が集中できましたよね?

理由は、誘惑がないから。

 

だから、仕事しかやることがない環境に行くのが一番です。

  • カフェ
  • 図書館
  • 公園

なんかが良いですかね(^^)

まとめ【型に沿って書けば楽です】

まとめ【型に沿って書けば楽です】

この記事をまとめます。

  • 記事の書き方6ステップに沿って書くと楽
  • 誰に向けて、何を書くかをライバルサイトからリサーチする
  • 読者の想定は細かい方がいい
  • きちんと記事を設計してから書きましょう
  • 記事を速くには準備が大事

Webライターの記事の書き方を知りたいな。

どうやったら上手にスラスラ書けるのかなぁ?

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

なお、この記事で紹介した本は下記の3冊です。


10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方

 


20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 


沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

きちんと勉強したい人は、読んでみてください。

 

ちなみに、Webライターと切っても切れないのがSEO。

書いた記事がGoogleの検索上位に表示されれば、単価も上がって稼ぎやすくなります。

 

月収20万円以上稼ぎたいなら、SEOは必須。

 

SEOもできるようになりたい人は、

SEO対策の方法7選【売上を上げるセールスライティングも解説】も読んでみてください(^^)

 

基礎的なSEOを解説してるので、知識がなくても読みやすいと思います。

SEO対策の方法7選【売上を上げるセールスライティングも解説】

あなたのWebライター業務の参考になればうれしいです!