Webライターを副業でやる8つの疑問に答えます【専業も可能です】

失敗しにくい脱サラビジネス3選

Webライターを副業で始めてみようかな…

 

会社の給料だけじゃ少ないから、もう少し収入を上げたいな。

でも、副業禁止だから会社にはバレたくない。

 

Webライターは始めやすそうだから、興味あるんだよね。

できたら、いつか在宅の仕事だけで生活したいなぁ。

こういった要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • Webライターを副業でやる8つの疑問に答えます
  • いずれWebライターだけで食っていけるか?【結論:食っていけます】
  • 【おまけ】Webライター以外に身につけておきたい3つの在宅ワークスキル

僕、佐藤誠一は専業のWebライターです。

 

毎日家やカフェで、文章を書く生活をしています。

  • ライター歴6年
  • 7000記事以上を作成
  • 月収55万円くらい

という実績です。

 

副業のWebライターさんにライティングを教えてもいるので、副業のWebライターがどんな感じかはわかっています。

 

実際にWebライティングの世界で生きている僕が書いた記事なので、信ぴょう性はあると思います。

あなたの副業の参考になればうれしいです(^^)

Webライターを副業でやる8つの疑問に答えます

Webライターを副業でやる8つの疑問に答えます

Webライターを副業で始める場合の主な疑問は、下記の8つかと。

  1. Webライターの副業はいくら稼げるのか?
  2. 1日どれくらい時間を割けばいいの?
  3. 本当に自宅でもできるのか?
  4. 何から始めればいいのか?
  5. 文章を書くのが下手だけどWebライターはできるのか?
  6. そもそも自分はWebライターに向いてるのか?
  7. 確定申告はどうすればいいの?
  8. 会社にバレずに副業できる?

1つずつ答えていくので、本当にWebライターの副業をするかの判断材料にしてみてください(^^)

①Webライターの副業はいくら稼げるのか?【結論:月収3~10万円】

Webライターの副業で稼げるのは、

月収3~10万円くらいですね。

 

普通にやって、3~5万円。

本気でやってスキルも身につけば、10万円もいける感じです。

 

実際、僕の仕事を手伝ってくれてる副業Webライターさんは、月5万円くらい稼いでます。

 

注意点は、1文字1円以上の案件じゃないと割に合わないこと。

1文字1円未満だと、月2~3万円が相場です。

 

ちなみに、Webライターの収入については、

Webライターの収入5選【どれくらい稼げるかや今後の需要も解説】にくわしくまとめているので、読んでみてください(^^)

Webライターの収入5選【どれくらい稼げるかや今後の需要も解説】

②1日どれくらい時間を割けばいいの?【結論:平日1~2時間、土日3~4時間】

1日にWebライティングに割く時間は、

  • 平日:1~2時間
  • 土日:3~4時間

って感じです。

慣れないうちは、これくらいが限界だと思うので。

 

上記で計算すると、1週間に割ける時間は、

平日10時間(2時間×5日)+土日4時間(土日どちらか1日)=14時間

 

くらいですね。

※週に1日くらいは休みがほしいと思うので、少なめに計算してます。

 

よって、1ヶ月に割ける時間は、

週14時間×4週間=56時間くらい

 

ってとこだと思います。

 

書く内容にもよりますが、5000文字を書くのにだいたい4時間かかると想定しておきましょう。

 

1文字1円の仕事なら、

5000文字×1円=5000円

 

時間換算すると、

5000円÷4時間=1250円

 

月に書ける文字数は、

月56時間×1250円=7万円

 

って感じ。

 

慣れてきたら、依頼主に単価交渉をしてOKです。

依頼主も優秀なライターを失いたくないので、単価交渉に応じてくれやすいですよ(^^)

 

仮に1文字=1.5円になれば、稼ぎも1.5倍になるので、

7万円×1.5=105000円

 

となります。

 

ただし、最初の3ヶ月くらいは不慣れなので、

1記事書くのに5~6時間かかる可能性もあります。

最初の3ヶ月は見習い期間だと思って、頑張りましょう。

 

文章を書くスピードはある日突然早くなるので、その日が来るまで諦めなければ稼げます。

③本当に自宅でもできるのか?【結論:パソコンとネット環境があればできる】

Webライターは、本当に自宅で仕事ができます。

パソコンとネット環境があれば、あとは何もいりません。

 

記事納品に対して報酬が発生するので、どこでいつ書こうが自由だからです。

 

自宅だと集中できない場合は、カフェがいいですね(^^)

スタバはフリーWi-fiが飛んでるので、最高です。

④何から始めればいいのか?【結論:実戦と勉強】

結論、いきなり仕事を始めてOKです。

実戦をこなす方が、早く覚えるからです。

 

ようは「習うより慣れろ」です。

本とかで勉強するのも効果的ですが、実戦をやりながら勉強すると早く稼げます。

 

仕事の受け方は、クラウドソーシングが一般的。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

などで仕事を簡単に始められます。

※登録も無料。

 

Webライター初心者がやるべきことは、

Webライター初心者がやるべきこと【ライティングの3つのコツ】にまとめているので、読んでみてください(^^)

  • 実戦の始め方
  • 読むべき本
  • Webライティングのコツ

などを解説しています。

Webライター初心者がやるべきこと【ライティングの3つのコツ】

⑤文章を書くのが下手だけどWebライターはできるのか?【結論:できます】

文章を書くのが下手でも、Webライターはできます。

文章を書く能力は天性のものではなく、勉強と経験で身につくからです。

 

事実、僕も文章を書くのは苦手でした。

でも、勉強と経験で書けるようになっただけ(^^)

 

誰でも最初は初心者なので、問題なくできますよ。

 

Webライティングができるようになる勉強方法は、

Webライターの勉強方法は実戦が基本【スキルアップできる本も紹介】にまとめているので、読んでみてください(^^)

 

短期間でスキルが身につく方法を解説しています。

Webライターの勉強方法は実戦が基本【スキルアップできる本も紹介】

⑥そもそも自分はWebライターに向いてるのか?【結論:向いてる人には共通点がある】

Webライターに向いてる人の特徴は、下記のとおり。

  • コツコツやれる人
  • 継続できる人
  • インドアな人
  • 友達が少ない人
  • 根暗な人
  • 人づきあいが苦手な人

統計的に、Webライターってこういう人が多いです。

 

ぶっちゃけ、向いてない人はいます。

 

今までうちも6人のライターさんがいましたが、3人辞めてます。

向き不向きはあるし、向いてない人にはけっこうしんどい仕事です。

⑦確定申告はどうすればいいの?【結論:事業所得で申告】

収入がある以上、確定申告は必要です。

Webライターはフリーランスになるので、

事業所得でしょうね。

 

ただし、副業の年収が20万円未満の場合は、確定申告は不要です。

 

税務署に開業届は出さなくてOK。

確定申告すれば、事業届を出したのと同じだからです。

 

ちなみに、勉強に買った本などは経費扱いにできますよ(^^)

主婦の人は、扶養の範囲内で稼ぐことも可能です。

⑧会社にバレずに副業できる?【結論:できる】

会社にバレずに副業することも可能です。

なぜなら、Webライターは顔がでない仕事だから。

 

在宅ワークなので、バレようがありません。

 

でも、確定申告でバレる可能性あるよね?

という不安もあると思います。

 

給料に対してやたら住民税が高いと、

副業がバレるので要注意。

 

確定申告で会社に副業がバレないためには、

天引き(特別徴収)になっている住民税を、自分で申告する方式(普通徴収)に変更しましょう。

 

確定申告書類の中の「確定申告書 第二表」の住民税の項目で、「自分で納付」にチェックを入れればOK。

不安であれば、地方自治体に相談してみましょう(^^)

いずれWebライターだけで食っていけるか?【結論:食っていけます】

いずれWebライターだけで食っていけるか?【結論:食っていけます】

副業でWebライターをやってみたいけど、

もしうまくいくようなら、

いずれはWebライターだけで生活したいな。

 

毎日在宅で稼げたら、最高だよなぁ

というあなた。

 

結論、Webライターだけで食っていくことは可能です。

事実、僕はWebライターだけで食ってるからです。

 

Webライターだけで食っていくのに必要なことは、下記の5つ。

  1. Webライティングスキル
  2. SEOスキル(検索上位にするスキル)
  3. ワードプレスの操作
  4. 自分のブログを書く
  5. SNSをがんばる

やはり、副業よりはやることが増えます。

でも、すべて副業からやれることなので、

専業を考えている人は今からやっておきましょう。

 

企業からライティングの仕事を受ける以外に、

  • 自分のブログを書く
  • SNSをがんばる

の2つは、せめてやっておきましょう。

 

Webライターとして知名度が上がれば、

企業から直接依頼が来るようになるからです。

Webライターは今後も稼げるのか?【結論:今後の方が稼げます】

Webライターは、今後も稼げます。

というか、今後の方が稼げます。

 

まだまだ記事作成に力を入れてるのは、

  • 大手企業
  • 特定の業界(転職業界など)
  • 東京の企業

がメインだからです。

 

今後は記事作成をやってなかった業界や企業も参入してくるので、今よりWebライターの需要が伸びます。

 

事実、僕も新規の依頼をいただきますが、手が足りないのですべて断っています。

それくらい、需要に対してWebライターが不足しているのです。

 

だから、今からWebライティングスキルを身につければ、けっこう稼げますよ(^^)

Webライターの仕事はAIに奪われないのか?【結論:奪われない】

AIが発達してるから、

いずれWebライターの仕事も

AIに取られるんじゃないの?

不安になるかもしれませんが、

安心してください。

 

AIが得意なのは、ジャンルは下記のとおり。

  • 単純作業
  • 計算
  • 統計

などなど。

わかりやすくいうと、理系ジャンルが得意です。

 

文章を書くのは文系ジャンルなので、

AIの苦手分野。

特に、人を行動させるような文章は、まだまだ人間にしか書けません。

 

なのでWebライターの仕事は、

まだまだ人間の仕事です。

【おまけ】Webライター以外に身につけておきたい3つの在宅ワークスキル

【おまけ】Webライター以外に身につけておきたい3つの在宅ワークスキル

今後も踏まえて、Webライター以外に身につけておきたい在宅ワークスキルは、下記の3つ。

  1. キーワード選定スキル
  2. ワードプレスの操作方法
  3. 動画編集

特に、在宅ワークだけで食っていきたい人は、必ず読んでください。

 

1つずつ解説します。

①キーワード選定スキル

キーワード選定スキルがあると、

  • Webライティングの単価が上がる
  • Webコンサルの仕事をもらえる

などのメリットがあります。

 

Webライティングの依頼は、例えば、

「Webライター 副業」のキーワードで書いてください

みたいに、キーワードが指定されています。

 

でも、キーワードの選定自体も自分でやれれば、単なるWebライターの枠を超えます。

 

優れたWebライターは、企業から「すべてお任せします」と言われています。

コンサルティングの要素も含まれるので、単価はかなり上がります。

※1文字4円以上

②ワードプレスの操作方法

ワードプレスは操作できるようにしておきましょう。

多くの企業の記事は、ワードプレスで作られているからです。

 

ワードプレスとはサイトを作るシステムで、世界でもっとも使われています。

 

ワードプレスの操作方法がわかると、Webライティング以外に、

  • 記事をワードプレスに入れる
  • デザイン

なども頼まれるので、単価が上がります(^^)

 

ワードプレスの操作方法を覚える方法は、ただ1つ。

自分のブログをワードプレスで書くことです。

③動画編集

おそらく、企業はこれから記事作成以外に「Youtube動画の作成」に力を入れてきます。

 

今はGoogle検索だけでなく、

  • Youtube
  • SNS
  • メルマガ

などを、掛け合わせたWenマーケティングが主流だからです。

 

企業が外注したがるのは、

Youtubeの動画編集。

理由は、めんどくさいから。

 

だから、動画編集のスキルもあるとさらに稼げます(^^)

 

ぶっちゃけ、動画編集って難しいと思われてますが、実は簡単。

企業が「難しい」と先入観で思ってるので、大チャンスです。

 

僕もYoutubeやってるので動画編集やりますが、iMovieとかで十分です。

iMovieの操作方法は簡単だし、わからなければググればいいので、誰でもできます(^^)

 

ちょっと角度を変えれば、Webライティングが苦手な人は動画編集で稼ぐのもアリですね。

まとめ【結論:Webライターは副業で稼げる】

まとめ【結論:Webライターは副業で稼げる】

この記事をまとめます。

  • Webライターを副業でやる8つの疑問を払拭しよう
  • 結論、Webライターだけで食っていくことも可能
  • Webライター以外に身につけておきたいスキルは3つ

Webライターを副業で始めてみようかな…

できたら、いつか在宅の仕事だけで生活したいなぁ

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

手前味噌ですが、僕がWebライターを始めた話を、

僕が営業からWebライターに転職した話【営業を辞めたい人向け】にまとめたので、興味ある人は読んでみてください(^^)

 

僕は営業マンでしたが、

  • 実は人づきあいが苦手
  • 初対面の人が苦手
  • お世辞が嫌い
  • 稼げない

などの理由で、営業を辞めました。

 

結論、Webライターに転職してマジでよかったです(^^)

Webライターを始めた人の体験談として、参考になるかもです。

僕が営業からWebライターに転職した話【営業を辞めたい人向け】

あなたの副業のお役に立てば幸いです。