Webライターをフリーランスで始める方法【収入の相場も解説】

在宅のWebライターだけで食っていくことも可能です

フリーランスのWebライターになる方法を知りたいな。

 

どれくらい稼げるんだろう?

僕にもできるかなぁ?

 

在宅フリーランスのWebライターだけで、生活できたらいいなぁ。

親は就職しろっていうけど、正直サラリーマンにはなりたくない。

 

いずれはWebライターだけで、サラリーマン以上に稼ぎたいなぁ

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • Webライターをフリーランスで始める方法【簡単です】
  • フリーランスのWebライターの収入の相場
  • Webライターでサラリーマン以上に稼ぐ方法

僕、佐藤誠一はフリーランスのWebライターです。

年収は750万円くらい、結婚もしています。

 

Webライター歴は6年くらいです。

毎日、家かカフェでPCをカタカタ打ってる38歳です。(2019年11月現在)

 

結論、誰でもフリーランスのWebライターになれます。

フリーランスのWebライターになる方法や、稼ぎ方を解説します。

 

この記事は、実際にフリーランスのWebライターで生活してる僕が書いた記事なので、信ぴょう性があると思います。

 

フリーランスのWebライターになりたいあなたの、参考になればうれしいです(^^)

Webライターをフリーランスで始める方法【簡単です】

Webライターをフリーランスで始める方法【簡単です】

フリーランスのWebライターになるのは、簡単です。

文章は誰でも書けるからです。

 

例えば、

  • プログラミング
  • 翻訳
  • Webデザイン

とかは専門の知識が必要ですが、Webライティングは日本語の文章を書くだけ。

 

小学生の頃から文章は書いていると思うので、あなたのライティング歴はすでに10年以上あるはず(^^)

文章を書くだけの仕事なので、Webライターになること自体は簡単です。

フリーランスのWebライターになる具体的な方法

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • サグーワークス

などのクラウドソーシングサービスに登録すれば、すぐにWebライターになれます。

 

頑張って文章を書けばすぐ稼げます。

難しく考えず、依頼の内容のとおりに文章を書きましょう。

 

慣れないうちは否認されてお金にならないこともありますが、慣れてくるとお金を稼げます。

頑張れば、初月から月収10万円以上を稼ぐことも可能です。

【体験談】僕もいきなり仕事を受けました

僕は2014年からWebライターを始めましたが、すぐに仕事を受けました。

仕事で始める方が、早くスキルが身につくからです。

 

仕事をしながらWebライティングの勉強をしていった感じ。

しっかり勉強してから、仕事を始めたい!

という気持ちもわかりますが、座学と実戦なら、実戦の方が早く稼げます。

 

早く稼ぎたいなら、仕事をしながら勉強するイメージで。

Webライティング初心者向けの本【まずはこれだけ読めば大丈夫】

まったくWebライティング初心者さんは、

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読んでください。


20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

理由は、書くスピードが早くなるからです。

僕もこの本を買って、かなり書くスピード上がりました(^^)

 

Webライティングって、文章の基本の型である、

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例

で書けばOK。

 

型があれば当てはめて書くだけなので、簡単です。

 

840円する本ですが、書くスピードが速くなると稼げるので、投資回収はすぐです(^^)

【結論】あとは数をこなすだけ

Webライティング上達の最大のコツは、数を書くこと。

人間は慣れるので、数を書けば上手になるからです。

 

例えば、

  • 毎日1記事書く
  • 週に5記事書く
  • 週に10記事書く

など、継続して書けば上達するし、収入も上がってきます。

 

ほとんどの人が書くのに疲れて途中で挫折するので、書き続けた人の勝利です(^^)

ちなみに、僕もこのブログで毎日記事を書いてます。

フリーランスのWebライターの収入の相場

フリーランスのWebライターの収入の相場

フリーランスのWebライターの収入は、人によってバラバラです。

書く量や、単価によって変わるからです。

 

あまり稼げない人だと、月収5000円くらい。

稼げる人だと、月収1000万円以上稼ぐ人もいます。

 

なんせ会社員じゃないので、収入はほんとバラバラですね。

僕の収入遍歴

参考のなるかわかりませんが、僕のWebライター収入の遍歴は下記のとおり。

年収 月収
2014年 400万円 33万円
2015年 500万円 42万円
2016年 650万円 54万円
2017年 340万円 28万円
2018年 500万円 42万円
2019年 750万円 62万円

2017年に、年収がグッと下がっています。

 

このときは大口の仕事が終了したのに合わせて、他にも3本くらいの仕事が一気に終了。

急に苦しい生活になってしまいました。

 

なんせフリーランスなので、こういう浮き沈みはつきものです。

※この不安定さが嫌なら、フリーランスはやめた方がいいですよ。

フリーランスWebライターの5つの稼ぎ方

フリーランスのWebライターが稼ぐ方法は、下記の5つです。

稼ぎ方 想定月収
クラウドソーシング 数千円~100万円以上
企業と直接契約 数万円~100万円以上
アフィリエイト・Googleアドセンス広告 0~1000万円以上
企業に案件を紹介して報酬をもらう 0~100万円以上
Webコンサル 数万円~100万円以上

実は、クラウドソーシング以外にも稼ぎ方があるんです。

 

ちなみに、僕の収入は、

  1. 企業と直接契約
  2. アフィリエイト・Googleアドセンス広告
  3. 企業に案件を紹介して報酬をもらう

の3本立てです。

 

Webライターの5つの稼ぎ方については、

Webライターの収入5選【どれくらい稼げるかや今後の需要も解説】にまとめているので、読んでみてください(^^)

 

収入のシミュレーションも紹介しています。

Webライターの収入5選【どれくらい稼げるかや今後の需要も解説】

Webライターでサラリーマン以上に稼ぐ方法

Webライターでサラリーマン以上に稼ぐ方法

現在の僕は、フリーランスのWebライターとして年収750万円くらい稼いでます。

上場企業の部長クラスには及びませんが、一般的なサラリーマンよりか稼いでるかと。

 

Webライターとして突き抜けていくために、

サラリーマン以上に稼ぐ方法を少し解説します(^^)

①自分のブログを書く

1つ目は、自分のブログを書くこと。

自分のブログがあれば、クライアントに「どんな文章を書く人か」が伝わるので、仕事をもらいやすいからです。

 

自分の得意分野で、ブログを書きましょう。

 

例えば僕の場合は、

  • 営業を10年やってた
  • 今はフリーランスのWebライター

という経験を活かして、このブログを書いてます。

 

このブログを見て、企業から依頼が来ることもありますよ(^^)

自分のブログを書くと収入が増えます

自分のブログを書くことで、

  • アフィリエイト
  • Googleアドセンス広告

などの広告収入を稼ぐことも可能。

 

これはやっといた方がいいですよ。

働かなくても入ってくるから。

 

企業から依頼されて記事を書くには労働収入なので、書かないとお金になりません。

でも、アフィリエイトやGoogleアドセンスなどの広告収入は資産的な収入なので、働かなくても入ってくる。

 

労働時間をお金に変えるんじゃないから、

収入がガンと上がります(^^)

  1. 企業から依頼がくる
  2. 資産的な収入が入る

で一石二鳥です。

②企業と直接契約する

企業と直接契約しましょう。

100%手取りだからです。

 

クラウドソーシングで書くと、クラウドソーシングの会社に報酬を抜かれます。

だいたい相場は、20%くらい抜かれますね。

 

だから、あなたが10万円分書いても、

手取りは8万円です。

手取りが減るので、クラウドソーシングは稼ぎにくい。

 

最初は仕事をもらいやすいクラウドソーシングで始めて、徐々に企業と直接契約の案件を増やしましょう。

 

Webライターが企業と直接契約する方法は、

Webライターが企業と直接契約する7ステップ【単価アップ術も公開】にまとめたので、読んでみてください(^^)

Webライターが企業と直接契約する7ステップ【単価アップ術も公開】

③慣れてきたら仕事は断る

Webライティングに慣れてきたら、企業からの依頼は断るようにしましょう。

あなたの価値が上がるからです。

 

断り文句でベストなのは、

Webライター

キャパオーバーなんで、できません

あなたが人気のWebライターだと伝わるので、単価が上がりやすいです。

 

単価アップのコツは、一度断ってから単価を上げてもらって受けることです。

 

僕もこの方法で、月収を30万円くらい増やしました(^^)

④SEOに強くなる

Webライティングと検索順位は、切っても切れない関係です。

文章を書いても、Googleで検索上位に来ないと読まれないから。

 

検索上位にする方法を、SEOといいます。

  1. 検索上位にくる
  2. たくさんの人に見られる
  3. 企業の商品が売れる

となるので、SEOに強いWebライターは単価が上がります。

 

SEOに強くないWebライターの報酬相場は、

1文字=1円くらい。

SEOに強いと、1文字=4円以上になります。

 

※僕もだいたい1文字=4円くらい。

 

SEOに強くなって稼ぎたいなら、

「沈黙のWebライティング」を読んでください。


沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

 

SEOに強い記事の書き方が、全部書かれてます。

フリーランスのWebライターでサラリーマンの収入を超えたいなら、避けて通れない本。

 

僕もこの本を読んでから、サラリーマンの収入を超えました。

2000円する本ですが、稼げるようになるので、

投資回収はすぐです(^^)

まとめ【誰でもフリーランスのWebライターになれる】

まとめ【誰でもフリーランスのWebライターになれる】

この記事をまとめます。

  • 誰でも簡単にフリーランスのWebライターになれる
  • 仕事をしながら勉強すると早く稼げる
  • フリーランスのWebライターの収入の相場はバラバラ
  • Webライターには5つの稼ぎ方がある
  • Webライターでサラリーマン以上に稼ぐ方法を実践しよう

フリーランスのWebライターになる方法を知りたいな。

どれくらい稼げるんだろう?

 

いずれはWebライターだけで、サラリーマン以上に稼ぎたいなぁ

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、Webライター初心者がやっておくべきことを、

Webライター初心者がやるべきこと【ライティングの3つのコツ】にまとめたので、読んでみてください。

 

Webライティングのコツや、収入のイメージも解説してます(^^)

Webライター初心者がやるべきこと【ライティングの3つのコツ】

あなたのフリーランス転向の参考になればうれしいです!