Webライターが企業と直接契約する7ステップ【単価アップ術も公開】

Webライターが企業と直接契約する7ステップ【単価アップ術も公開】

Webライターとして、企業と直接契約を結びたいな。

でも人脈もないし、どうやって案件をもらえばいいんだろう?

 

すぐ仕事になるからクラウドソーシングを使ってるけど、

手数料ぬかれるし、記事を書いてもお金もらえないこともある…

 

1ヶ月に書ける記事数には限界があるから、企業と直接契約して単価を上げないと、今以上に稼げない…

 

Webライターとして、もっと稼ぎたいな。

企業から必要とされるWebライターになりたいよ。

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • Webライターが企業と直接契約する7ステップ【営業ノウハウを公開】
  • クラウドソーシングのデメリット

僕、佐藤誠一はWebライターです。

 

収入源は、

  1. 企業と直接契約のWebライティング
  2. 自分のブログからの広告収入(アドセンスやアフィリエイト)

2本立てです。

 

月収は55万円を超えました。

ありがたいことに、毎月安定しています。

 

企業と直接契約のWebライティングは、

1文字4円くらいです。

 

僕はランサーズやクラウドワークスなど、

クラウドソーシングの仕事は一切やってません。

企業に営業して、案件を受注しました。

 

※というか、クラウドソーシングの存在を知ったのは、企業と直接契約を結んだ後です(笑)

 

クラウドソーシングじゃないので、手数料を抜かれることもありません。

 

ありがたいことに新規の依頼はくるのですが、現在は手が足りないのですべて断っています。

この記事では、僕がどうやって企業に営業して、直接契約を結んだかのノウハウを公開します。

企業と直接契約したい…

というWebライターさんの参考になればうれしいです(^^)

Webライターが企業と直接契約する7ステップ【営業ノウハウを公開】

Webライターが企業と直接契約する7ステップ【営業ノウハウを公開】

Webライターが企業と直接契約を結ぶまでの流れは、下記の7ステップです。

  1. まずはブログを書いて問い合わせを起こす
  2. 問い合わせが来ることを企業に伝える
  3. 企業と面談
  4. ブログに来た相談者を企業に紹介する
  5. 「自社メディア作ればずっと集客できますよ」と言う
  6. 自社メディアの設計・提案
  7. 契約・ライティングスタート

順番に解説します(^^)

①まずはブログを書いて問い合わせを起こす

まずは自分のブログを書いて、問い合わせを起こします。

「本当に問い合わせを起こせるスキル」があることを、企業に証明できるからです。

 

例えば、僕はまず下記の2つのサイトを作りました。

  1. 採用の難易度
  2. 全国資産相談センター

記事数は20記事くらいですね。

  1. ブログを書く
  2. 検索順位を上げる
  3. 問い合わせを起こす

3~6ヶ月で行います。

 

ここができないと、企業と直接契約しても「問い合わせが来ないじゃないか!」と契約を切られるので、Webライターとして最低限やるべきです。

②問い合わせが来ることを企業に伝える

問い合わせが来るようになったら、問い合わせ内容を解決できそうな企業をググって連絡します。

実際、自分じゃ相談者の悩みを解決できないからです。

 

例えば、僕が作った「採用の難易度」というサイトは就職・転職系のサイトなので、

  • 人材を募集してる企業(リクナビ・マイナビで検索)
  • 転職エージェント

などに連絡しました。

 

連絡は、企業のホームページの問い合わせフォームからすればOK。

「採用の難易度」というサイトを運営している、Webライターの佐藤と申します。

当サイトに「信頼できる転職先の会社を教えてほしい」と相談が来ています。

 

ネットで検索して御社を知りました。

御社は○○○に力を入れているように見えたので、相談者さんの要望に合うように思いました。

 

なので、思い切って問い合わせしました。

 

相談者に本当に信頼できる会社を紹介したいので、御社の話を聞かせてもらえませんか?

御社に伺いますので、御社の強みなど教えていただければ幸いです。

 

みたいに問い合わせフォームに書けばOKです。

10社連絡すると、2社くらいとアポ取れます。

 

理想的には、50社くらいと会ってください。

50社も会うと、10社くらいは契約になる可能性があります。

③企業と面談

アポが取れた企業に行って、企業の強みなどを聞きます。

この時点では相談者さんのための行動なので、こちらの営業をしてはいけません。

 

このアポのコツは、ついでに企業の悩みを聞き出すこと。

  • 集客で困っている
  • 人材獲得に困っている
  • 広告費が高くて困っている
  • 自社集客したい

などのニーズがないか、ヒアリングしましょう。

 

ヒアリングスキルについては、

営業のヒアリングの基礎14選【提案するときの2つのコツも解説】にまとめてるので、自信がない人は読んでおきましょう(^^)

営業のヒアリングの基礎14選【提案するときの2つのコツも解説】

④ブログに来た相談者を企業に紹介する

企業のヒアリングが終わったら、

実際に相談者さんを企業に紹介します。

ここまでは完全な人助けですね(^^)

 

無償で役に立つことに徹しましょう。

実際に相談者さんを紹介して、

まずは企業に儲けてもらうことが重要。

 

そうすれば、企業はあなたのWebライティングスキルを信じてくれて、提案も聞いてくれるからです。

なんせ実績出してますからね、これが最強です。

 

営業は、先に相手を儲けさせるのが王道です。

Giveしてあげれば返してくえるので、まずは与えましょう。

 

Giveする営業は、

営業で大事なこと10選【テクニックやノウハウも駆使する】にまとめているので、読んでみてください(^^)

営業で大事なこと10選【テクニックやノウハウも駆使する】

ちなみに、

もし、相談者さんにその企業が断られたらどうしよう…

うまく紹介できなかったらどうしよう…

と心配にならなくて大丈夫です。

 

その企業と会うか会わないかを決めるのは相談者さんなので、無理に売り込む必要はありません。

 

ここで相談者さんがその企業に興味を示さなかったら、魅力的な企業じゃないということです。

 

もし相談者さんに断られたら、企業には、

御社の話をしたんですが、今回は遠慮するそうです。

また良い人が出てきたら、ご紹介しますね。

でOK。

 

この段階で企業を選別してください。

そもそも、魅力がない企業に集客するのは大変だからです。

 

魅力ある企業と組まないと、クレームになります。

⑤「自社メディア作ればずっと集客できますよ」と言う

企業に儲けさせたら、次のアポを取るのは簡単です。

Webライター

もっと集客できる方法を提案したいんですが。

でOK。

 

企業は儲けさせてもらったがありますし、

あなたのスキルを信頼しているので喜んで会ってくれます(^^)

 

ここで初めて、

Webライター

自社メディアを持ちませんか?

と提案してください。

 

企業が興味を示せば、具体的な設計と提案に入ります。

⑥自社メディアの設計・提案

企業が自社メディア作りに興味をもったら、

具体案を設計して提案しましょう。

相手企業がITリテラシーが高いとは限りませんし、すでに実績を出したプロのあなたの提案の聞きたいからです。

 

設計でするべきことは、

  • キーワードリサーチ
  • キーワードのSEO難易度を調べる
  • 成果までの動線の設計
  • 月間の成果予測
  • 単価

まで出してあげましょう。

 

特に重要なのが、「月間の成果予測」です。

企業が知りたいのはキーワードでも成果までの動線でもなく、

ようは、どれくらい成果が出るの?

だけだからです。

なので、月間の成果予測を出しましょう。

 

ただし、成果の保証をしてはいけません。

  • アクセス数
  • 問い合わせ数
  • CV数

は保証できるものではないので、達成できないリスクがあることを伝えましょう。

 

また、単価は最初は1記事1万円くらいで出せばいいかなと。

わかりやすいですし、3000~5000文字で1万円にしておけばそんなに大変な仕事じゃありません。

 

単価は後から上げられるので、

まずは契約をもらってスタートさせましょう。

 

ちなみに、提案が通りやすい、

「プレゼンの9ステップ」があるので、この順番で提案すれば契約になります。

 

プレゼンの9ステップは、下記のとおり。

  1. ヒアリングで明らかになった相手の悩みを再確認
  2. サービスのメリットではなく、サービスから得られる結果を伝える
  3. 理由や根拠を数字で示す
  4. 他社と何が違うのか説明
  5. 1つデメリットを伝える
  6. こちらのメリットも伝える
  7. 他のお客様の声や事例(でっち上げも可)
  8. 手軽に始められることを伝える
  9. 希少性を伝える

順番は多少前後してもいいですが、

この順番で話せばOK。

 

プレゼンの9ステップは、

営業のプレゼンの9ステップ【成約率がグンと上がる法則】で解説しているので、読んでおきましょう。

 

稟議が通るプレゼン資料の作り方も解説してます(^^)

営業のプレゼンの9ステップ【成約率がグンと上がる法則】

⑦契約・ライティングスタート

業務委託契約書を交わしたら、ライティングを始めます。

 

ちなみに、業務委託契約書は自分で作りましょう。

企業に業務委託契約書を作らせてはいけません。

 

契約書を作るのって、けっこうめんどくさいからです。

契約書待ちで仕事のスタートが遅れれば、

報酬発生も遅くなります。

 

また、企業側が契約書を作るので挫折して、

契約自体が流れてしまうこともあるからです。

 

業務委託契約書の雛形がほしければ、僕に問い合わせください。

さすがに無料とはいきませんが、1万円で僕が使ってる業務委託契約書の雛形のデータをおゆずりします。

僕の営業手法のメリット

上記7ステップで解説してきた僕の営業手法のメリットは、下記の5つ。

  1. まず企業を儲けさせるので、信頼されて成約率が高い
  2. 他社比較されない
  3. コンテンツマーケティングをやってない企業も開拓できる(ブルーオーシャン)
  4. 企業のWebコンサル的な立場になれる
  5. 案件が欲しくなったら、いつでも新規開拓できる

実際、この営業手法で月収55万円くらい稼げてるので、悪くない方法だと思います(^^)

 

興味ある人は、マネしてみてください。

【おまけ】単価を上げる方法

ちなみに、単価を上げる方法は、

他社では○○円でやってます

競争させるのが有効です。

 

企業はできるだけたくさん記事を書いてほしいので、

単価を上げるから、うちを優先して書いてほしい!

と言ってくれます。

 

これをすべてのクライアント企業に言うと、

市場のセリみたいに単価が上がります(^^)

 

単価を上げたい企業は、わざと書く記事数を減らすのもアリ。

Webライター

実は大きな仕事の依頼が来てしまったので、

申し訳ないんですが、ちょっと記事数減ります。

と言っちゃってOK。

 

一見怒られそうですが、まったく怒られません(^^)

単価上げるので、なんとか書いてくれませんか?

単価が上がります。

 

絶対やっちゃいけないのは、下手(したて)に出ること。

企業側からすれば、良いライターを確保するのは大変なので、あなたに嫌われたら困るんです。

 

だから、堂々としてれば大丈夫です。

競争させて、単価を上げましょう(^^)

 

僕はこの方法で、1文字4円にしました。

クラウドソーシングのデメリット

クラウドソーシングのデメリット

直接契約と反対にあるのが、クラウドソーシングでしょう。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • サグーワークス

などがありますよね?

 

僕はクラウドソーシングを使ってないので偉そうなことは言えませんが、直接契約でやってる僕から見たクラウドソーシングのデメリットを解説します。

手数料を抜かれる

クラウドソーシングって、手数料ぬかれますよね?

たしか、20%くらいと聞いてますが。

 

直接契約だと、間にクラウドソーシングの会社がないので、100%手取りです。

シンプルに手取りが増えるので、稼げます。

クラウドソーシングは報酬をもらえないリスクがある

頑張って記事を書いたのに、OKをもらえずお金をもらえないときありますよね?

 

直接契約ではあり得ません。

だって、1記事○万円とか、1文字○円とかの契約を結んでるので不払いがないからです。

 

あと、クラウドソーシングで悪質な企業だと、

  1. 納品
  2. 不可、お金を払わない
  3. 納品された記事を修正して使う

ができちゃうので、ライターさんがタダ働きになっちゃうことも。

企業は直接契約したがっている

企業に直接営業に行ってわかったことは、

企業はライターと直接契約をしたがっていること。

 

企業側から見たクラウドソーシングのデメリットは、下記の4つ。

  1. ライターの顔が見えない
  2. 品質が安定しない
  3. 要望を伝えにくい(会議できない)
  4. 高い

※実際、僕のクライアントが愚痴ってた内容です。

 

ライターは手取りが低いし、企業側にも上記のデメリットがある。

つまり、クラウドソーシングはライターにも企業にもデメリットが多いんです。

 

だから、コンテンツマーケティングを頑張ってる企業は、意外にもライターからの問い合わせを待ってます。

 

思い切って問い合わせすると歓迎されることあるので、営業してみるもんですよ(^^)

まとめ【コツさえわかれば直接契約は簡単】

まとめ【コツさえわかれば直接契約は簡単】

この記事をまとめます。

  • Webライターが企業と直接契約する7ステップをやれば簡単
  • クラウドソーシングにはデメリットがある

Webライター

Webライターとして、企業と直接契約を結びたいな。

でも、どうやって案件をもらえばいいかわからない…

 

クラウドソーシングを辞めたいなぁ。

Webライターとして、もっと稼ぎたい。

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、法人営業をやったことがない人には、この手法けっこう緊張するはず。

 

なので、法人営業のコツを、

法人営業のコツを解説【本やネットに載ってない裏ワザも紹介】にまとめたので、まずは勉強してみてください(^^)

 

イメージが湧くと思います。

法人営業のコツを解説【本やネットに載ってない裏ワザも紹介】

結論、営業経験がなくても直接契約はもらえます。

良いWebライターと知り合いたいのは、企業の方だからです。

 

あなたから問い合わせすれば喜ぶ企業もあるので、行動すれば収入が変わりますよ(^^)

 

あなたの収入アップの参考になればうれしいです!