Webライター初心者の収入は月収2〜5万円【でも徐々に上がります】

Webライター初心者の収入は月収2〜5万円【でも徐々に上がります】

Webライターの初心者の収入を知りたいな。

未経験でも在宅で稼げそうだからWebライターに興味あるけど、実際はどれくらい稼げるんだろう?

 

ググると「あまり稼げない」という声もあるなぁ。

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • Webライター初心者の収入は月収2~5万円【最初はあまり稼げない】
  • Webライターの収入アップの3つの方法
  • 【結論】Webライターは徐々に収入が上がる仕事です

 

僕、佐藤誠一はWebライターです。

  • 年収750万円
  • Webライター歴7年半
  • 7000記事以上を執筆
  • 5人のWebライターさんを教えてる

という感じです。

 

Webライター初心者の収入は、正直低いです。

何事も最初はそんなもんですよね。

 

でも、慣れてくると収入が上がってきます。

Webライターを始めてみようかなと考えてるあなたの、参考になればうれしいです。

Webライター初心者の収入は月収2~5万円【最初はあまり稼げない】

Webライター初心者の収入は月収2~5万円【最初はあまり稼げない】

Webライター初心者さんの収入は、月収2~5万円が相場です。

正直、最初はそんなに稼げません。

慣れてないのと、実績がないからです。

 

初月から10万円以上稼ぐ人もたしかにいますが、それはレアケース。

平均すると月収2~5万円スタートですね。

最初はクラウドソーシングで仕事をもらう

初月は、クラウドソーシングで仕事をもらうのが一般的。

「クラウドソーシング」とは、Webライターに仕事を紹介してくれるサービスです。

などが有名です。

 

登録は無料なので、まだ登録してない人は登録しておきましょう。

4つとも登録すると多くの案件を見れるので、仕事の選択肢が広がりますよ。

クラウドソーシングのデメリット

クラウドソーシングのデメリットは、報酬から手数料をとられること。

報酬の20%を引かれることが多いですね。

 

例えば、1万円稼いだときの手取りは8000円です。

 

無料で仕事を紹介してもらえるのと引き換えに、手数料をとられます。

満額もらえないのがデメリットですね。

※ただし、Bizseekの手数料は15%と低めです。

最初はどうしても単価が安い

Webライター初心者だと、どうしても仕事の単価が安いです。

実績がないからです。

 

安いものだと1文字=0.1円とか。

1000文字書いて100円なので、かなりきつい…

理想的には1文字=1円以上の案件が良いのですが、未経験の初月だと1文字=1円は任せてもらえないことも多いです。

 

なので、まずは1文字=0.5円くらいの案件で実績を作りましょう。

実績がついてくれば、1文字=1円以上の仕事を任せてもらえます。

 

最初は「Webライター見習い」だと思ってがんばりましょう。

初心者が1時間で書ける文字数は900文字くらい

初心者さんが、1時間で書ける文字数は900文字くらいが相場です。

僕が今までWebライターさんたちを教えてきて、だいたい最初はそれくらいのスピードだからです。

 

1文字=0.5円の仕事だと、1時間で900文字書けば時給450円となります。

20%の手数料を引かれて、手取りの時給は360円です。

ほんと、最初は儲かりません(^^;

副業タイプの収入シミュレーション

副業でWebライターをやる初心者さんの、月収のシミュレーションは下記のとおり。

文字単価 1文字=0.5円
1時間で書ける文字数 900文字
1日の稼働時間 3時間
週の稼働日数 6日
月の売上 32400円
手取り月収 25920円

副業だと月収2~3万円くらいが相場ですね。

本業タイプの収入シミュレーション

1日8時間働く本業タイプの人だと、月収シミュレーションは下記の感じ。

文字単価 1文字=0.5円
1時間で書ける文字数 900文字
1日の稼働時間 8時間
週の稼働日数 5日
月の売上 72000円
手取り月収 57600円

月収5~6万円ですね。

ただし、本業で月収5~6万円だと生活できません。

 

本業だと、6~8ヶ月で月収15万円を超えてくるイメージ。

なので、最初のうちは下記のよう対策が必要です。

  • 実家で始める
  • 貯金してから始める

 

難しければ、悪いことは言わないので副業からスタートしましょう。

ほとんどの人が、副業から始めてます。

Webライターの収入アップの3つの方法

Webライターの収入アップの3つの方法

Webライターって、稼げなそう…

やるのやめようかな…

と思った人も多いはず。

たしかに、本業でやっても5~6万円しか稼げないなら意味ないですよね?

 

なので、Webライターの収入アップの方法を解説します。

僕が実際にやって収入上がった方法なので、けっこう信ぴょう性あるかと。

①ワードプレスを覚える

ワードプレスを使えるようになると、単価が上がります。

多くの企業のサイトはワードプレスを使っているので、操作できるとワードプレスも任されるからです。

 

「ワードプレス」とは、サイトを作るシステムのこと。

世界で一番使われてるサイトシステムなので、操作できると潰しが効きます。

 

ワードプレスの操作を覚えるには、

自分のブログをワードプレスで開設するのが一番です。

 

自分のブログについては、Webライターで稼げないなら自分のブログを書く【年収750万円が解説】にまとめてます。

Webライターで稼げないなら自分のブログを書く【年収750万円が解説】

②SEOライティングを身につける

SEOライティングができると、単価が上がります。

書いた記事がGoogleの検索上位になれば、企業は売上に直結するからです。

 

ちなみに「SEOライティング」とは、検索上位にきやすくなる書き方のこと。

SEOに強い文章の書き方があるので、月収20万円以上稼ぎたい人は必ず勉強してください。

 

SEOライティングを学べる本は、「沈黙のWebライティング」です。


沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

 

僕もこの本でSEOライティングを勉強して、単価が上がりました。

SEOライティング独特の手法を学べます。

2000円くらいする本ですが、1記事書けばすぐに本代は回収できますよ。

 

また、僕がやってる「Webライターの学校」でも、SEOライティングは学べます。

月謝550円で学べる学校なので、興味あれば下記の解説動画からどうぞ。



③営業力を身につける

営業力があると稼げます。

クラウドソーシングを通さず企業と直接契約できるので、手取り100%になるからです。

えー…

営業はやりたくない…

という人も安心してください。

企業にテレアポとか飛び込み営業するのではなく、仕事の依頼がくるようにすればいいだけ。

 

例えば下記のように、向こうから依頼してくる仕組みを作ればOK。

  • あなたのブログに仕事依頼の問い合わせフォームを設置する
  • SNSを頑張って仕事の依頼がくるようにする
  • Youtubeを頑張って、仕事の依頼をもらう

 

できるところからでいいので、やってみましょう。

コツコツ仕込んでおくと、ほんとに仕事の依頼がきますよ。

【結論】Webライターは徐々に収入が上がる仕事です

【結論】Webライターは徐々に収入が上がる仕事です

まとめると、Webライターの収入は、最初は低いけど徐々に上がっていきます。

  • 慣れてきて、書くスピードが上がる
  • 単価を上げてもらえる
  • 仕事の本数が増える

などの理由で、徐々に上がっていきます。

 

ざっくりの収入イメージは、下記のような感じ。

半年 月収12万円くらい
1年 月収20万円くらい
2年 月収30万円くらい
3年 月収40万円くらい

月収40万円を在宅で稼げたら、人生変わりますよ。

最初から稼げるわけじゃないのは、人生そんなうまい話はないってことですね。

 

コツコツ続けていくとを、徐々に稼げるようになります。

最初はちょっと苦労しますが、前述のとおり「Webライター見習い」だと思って頑張ってみましょう。

僕の年収遍歴も公開

最後に、僕のWebライターの年収遍歴を公開します。

リアルにこんな感じです。

2014年 400万円
2015年 500万円
2016年 650万円
2017年 340万円
2018年 500万円
2019年 750万円

 

ちょっと高めの年収ですが、理由は下記の3つ。

  1. 本業でやってる
  2. 最初からクラウドソーシングを使わなかった
  3. 1日の作業時間が14時間くらい

 

しかも、2017年には年収が激減してます。

大きな仕事が1つ終わったからです。

 

フリーランスなので不安定さはありますが、毎日頑張ってる感じ。

参考になればうれしいです。

まとめ【Webライター初心者の収入は月収2~5万円】

まとめ【Webライター初心者の収入は月収2~5万円】

この記事をまとめます。

  • Webライター初心者の収入は月収2~5万円【最初はあまり稼げません】
  • 副業タイプで月収2~3万円
  • 本業タイプで月収5~6万円
  • Webライターの収入アップの方法は3つ
  • 【結論】Webライターは徐々に収入が上がる仕事です

Webライターの初心者の収入を知りたいな。

実際はどれくらい稼げるんだろう?

というあなたの参考になればうれしいです。

 

ちなみに、本記事で紹介したクラウドソーシングは、下記の4つです。

  1. ランサーズ
  2. クラウドテック
  3. サグーワークス
  4. Bizseek

無料なので、とりあえず登録して案件を見てみてください。

 

また、SEOライティングの参考書は、「沈黙のWebライティング」です。


沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

 

また、月謝550円の「Webライターの学校」でも、Webライターで収入アップする方法を学習できます。

 

ちなみに、さらに細かいWebライターの月収シミュレーションを見たい人は、Webライターの月収を紹介【事例別の収入シミュレーションも解説】も参考にどうぞ。

  • 月収3万円
  • 月収5万円
  • 月収20万円
  • 月収30万円
  • 月収50万円

のシミュレーションを解説しています。

Webライターの月収を紹介【事例別の収入シミュレーションも解説】

あなたのWebライタースタートの参考になればうれしいです!