僕がベンチャーに転職して後悔した話【でも起業できるから大丈夫】

僕がベンチャーに転職して後悔した話【でも起業できるから大丈夫】

ベンチャー企業に転職して、後悔した人って多いのかな?

今の仕事がつまらなくて、ベンチャーに興味あるんだよね。

 

なんか自由度高そうだし、クリエイティブな感じするし、将来は起業もできそう。

面白そうだなと思うけど、本当に転職して大丈夫?

こういった疑問や不安に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • ベンチャー企業に転職して後悔した人の体験談がわかる
  • ベンチャーに転職して後悔しない方法がわかる
  • ベンチャー転職に後悔しても大丈夫な理由がわかる

 

僕、佐藤誠一は、33歳でWebマーケティングのベンチャー企業に転職しました。

結論、仕事自体は楽しかったですが、人間関係で失敗して後悔してます。

 

この記事は、ベンチャーに転職して後悔した僕が書いたので、ある程度の信ぴょう性はあるかと。

今だから思う「こうすればベンチャー転職は失敗しない」という方法もまとめました。

 

ベンチャーに転職を考えてるあなたの、参考になればうれしいです。

僕がベンチャーに転職して後悔した話【人間関係に失敗】

僕がベンチャーに転職して後悔した話【人間関係に失敗】

手前味噌ですが、僕がベンチャーに転職した体験談を少し。

イメージになれば幸いです。

僕がベンチャーに転職した理由

僕は保険営業マンを7年やったんですが、最後は疲れ果ててしまいました。

  • そもそも保険は好きじゃない
  • 仕事がおもしろくない
  • 破産も経験した

など、もうウンザリしてたんですよね。

 

なんか今までとまったく違う仕事をしてみたいな…

と思ったのがきっかけ。

 

またまた知り合いだったWebマーケティング会社の社長と話が盛り上がって、その社長の会社で営業をやることになったんです。

ベンチャーに転職後、見えてきた現実

転職したベンチャーの仕事内容は、下記のとおり。

  • Webマーケティングを強化したい企業に営業して、仕事をもらう
  • Webサイトの設計
  • Webサイトの記事のライティング
  • 顧客との打ち合わせ
  • その他、顧客の業務の手伝い

最初は、

営業だけやってればいいんだよね?

だって僕は保険屋さんだったから、Webのことはよくわかんないし…

と思ってたんですが、結論、全部僕がやってました。

 

最初は社長も手伝ってくれたんですが、1年くらいすると何もしなくなったんです。

フルコミッションだったんですが、下記のような不均等な状態でしたね。

業務量 報酬
9割 5割
社長 1割 5割

社長に不信感を抱いて退職→起業

最終的に社長は、酒を飲んで偉そうに自慢話をするだけの人になってしまいました。

僕の手柄は社長の手柄、ミスやトラブルはすべて僕のせい。

 

さすがにここまでくると不信感が最高潮になり、3年ほどで起業して辞めました。

仕事自体は楽しかったですが、人間関係で失敗した感じです。

ベンチャーに転職して後悔しない3つの方法【やっときゃよかった】

ベンチャーに転職して後悔しない3つの方法【やっときゃよかった】

ベンチャー企業の転職で、後悔した人もいるんだなぁ…

ちなみに、後悔しないにはどうしたらいいの?

ベンチャー転職に後悔した僕が今だから思う、「こうしておけばよかった!」は下記の3つです。

  1. ノリで転職しない
  2. 社長のSNSをチェック
  3. 副業する

3つともやっておくと、かなり失敗を防げるかと。

 

1つずつ解説しますね。

①ノリで転職しない【超危険】

ノリでベンチャーに転職してはいけません。

僕のように後悔するから。

 

特に小規模ベンチャーやスタートアップベンチャーだと、ノリで転職しがち。

社長と意気投合して、

なんか面白そう!

と思ってしまい、条件とか仕事内容を確認しないで転職しちゃうことがあるんです。

 

ベンチャーの社長って人をやる気にさせるのだけがうまい人もいるので、ノリの転職は絶対NGです。

転職前に確認しておくべきこと

当たり前ですが、条件面は転職前に確認しましょう。

あとで、

思ってたのと違う…

と後悔しないために。

 

具体的には、下記を確認してください。

  • 仕事内容
  • 給料・報酬体系
  • 休日
  • 社会保険や福利厚生

ノリで転職したくなる気持ちはわかりますが、大事なことなので冷静に聞いておきましょう。

複数のベンチャー企業を比較する

必ず、複数のベンチャーを比較してください。

かなり性格が違うから。

 

できれば10社以上は比較した方がいいかと。

一口に「ベンチャー」といっても、

  • メガベンチャー
  • ミドルベンチャー
  • スタートアップ

など種類がわかれています。

 

冷静に判断できるので、必ず比較しましょう。

優良なベンチャー情報の集め方

ベンチャー企業の紹介に強い転職エージェントに聞いちゃうと楽です。

ネットに載ってない内部情報を教えてくれるから。

 

ベンチャー企業の弱点は情報が少ないことなので、転職エージェントの担当者にこっそり聞いてみましょう。

 

ベンチャー企業の紹介に強い転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

あなたとベンチャー企業の相性も診断してくれるので、本当に転職して大丈夫かわかります。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

②社長のSNSをチェック

社長のSNSは必ずチェックしましょう。

本音が見えるから。

 

例えば、下記のようなSNSの投稿は要注意。

  • 自慢話が多い
  • アイデアばかりで成果報告がない
  • いいねがやたら少ない

あまり人望がない社長の証拠です。

 

良い社長のSNSは、下記のような感じ。

  • 謙虚
  • 成果報告が多い
  • いいねが多い

SNSは本音が見えるので、必ずチェックです。

③副業する

ベンチャーに転職したら、念のため副業を始めましょう。

もしそのベンチャーがダメでも、食っていけるように。

 

副業の種類は、ベンチャーでやってる業務と一緒がおすすめです。

例えば、

  • ベンチャーでWebマーケ→副業もWebマーケ系
  • ベンチャーでプログラマー→副業もプログラミング
  • ベンチャーでWebライター→副業もWebライティング

みたいな感じでOK。

 

本業と副業でスキルアップできるので、急速に稼げます。

副業の向こうには起業があるので、やっといて損はないかと。

僕も副業だけはやってました

ベンチャー時代に、Webライターを副業で始めました。

本業でもWebライティングがあったので。

 

結果、副業だったWebライターが、今は本業になってます。

フリーランスのWebライターとして起業しまして、現在の年収は750万円くらいです。

【ちなみに】ベンチャー企業に向いてる人の特徴

そもそも僕は、ベンチャーに向いてるのかな?

と気になる人は、【第二新卒版】ベンチャー企業のメリットとデメリット【起業診断あり】をどうぞ。

ベンチャーに向いてる人の特徴をまとめてます。

 

※第二新卒以外の人にも参考になるかと。

【第二新卒版】ベンチャー企業のメリットとデメリット【起業診断あり】

【結論】ベンチャーに転職したら起業できるから後悔しても大丈夫

【結論】ベンチャーに転職したら起業できるから後悔しても大丈夫

仮にベンチャー転職に後悔してもOKです。

数年で起業できるから。

 

ベンチャーの仕事って1人で何でもやるので、起業してるのと同じ。

そもそもベンチャーで生き残る企業は少ないし、起業するための助走期間だと思って働けば問題なしです。

【体験談】ベンチャーの経験をそのままやったら起業できた

前述のとおり、僕がベンチャーでやってた業務は下記のとおり。

  • Webマーケティングを強化したい企業に営業して、仕事をもらう
  • Webサイトの設計
  • Webサイトの記事のライティング
  • 顧客との打ち合わせ
  • その他、顧客の業務の手伝い

これって、1~10までやってる感じでして、起業してもやることは一緒。

事実、起業したらまったく同じでした(笑)

 

搾取されなくなったので、収入も倍増しましたよ。

【結論】仮にベンチャー転職に後悔してもOK

てことで、数年で起業する目標なら、仮にベンチャー転職に後悔してもOKですよね。

どうせ辞めるし。

 

僕もベンチャー時代の人間関係の失敗は後悔がありますが、起業できて自由な人生になったので、今はあんまり後悔してません。

むしろ、ベンチャーの経験があったから起業できたので感謝してるくらい。

 

結論、起業を目標にするなら、ベンチャー転職に後悔しても大丈夫です。

 

ちなみに、起業に向いてる人の特徴は、

あなたが会社員に向いてないか診断【向いてない人の生き方も解説】にまとめたので、診断してみてください。

あなたが会社員に向いてないか診断【向いてない人の生き方も解説】

まとめ【ベンチャー転職に後悔しても起業すればオールOK】

まとめ【ベンチャー転職に後悔しても起業すればオールOK】

ということで、本気でベンチャーに転職したいなら、すぐに転職活動を始めましょう。

1歳でも若いうちにベンチャーでスキルを積んだ方が、起業も早いですしね。

 

最後にもう一度、ベンチャー転職に後悔しない3つの方法をまとめておきます。

  1. ノリで転職しない
  2. 社長のSNSをチェック
  3. 副業する

念のため、複数のベンチャー企業を比較すると危険度が下がります。

 

ベンチャー企業の情報はネットで探しにくいので、ベンチャーの紹介に強い転職エージェントに聞いてみると良いかと。

ネットに載ってない裏情報を教えてくれます。

 

ベンチャーの紹介に強い転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめておきました。

 

適職診断とか企業との相性を見てくれるので、あなたが本当にベンチャーに転職していいかわかりますよ。

 

結論、ベンチャー転職を考えてる人って、少なからず起業も考えてるかと。

数年で起業する目標で動けば、仮にベンチャー転職に後悔してもへっちゃらですよ。

 

あなたのベンチャー転職が、人生の転機になることを祈ってます。