30代でベンチャーに転職するのはアリ【いつか起業したいなら今転職】

30代でベンチャーに転職するのはアリ【いつか起業したいなら今転職】

30代でベンチャー企業に転職ってアリ?

面白そうだなと思う反面、もう30代だから転職には失敗したくない。

 

メリットとデメリットを知りたいし、転職に失敗しないコツも知りたいな。

ベンチャーでスキルを貯めて、いつか起業したいな。

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 30代でベンチャー企業に転職するのはアリ
  • 30代でベンチャーに転職するメリットとデメリット
  • ベンチャーへの転職に失敗しないコツ
  • 30代でベンチャーに転職した後は起業がおすすめ

 

僕、佐藤誠一は、33歳でWebマーケティングのベンチャー企業に転職しました。

結論、33歳でベンチャーに転職するのは大アリだと思います。

なぜなら、スキルが身について起業できるから。

起業すると好きなことで食っていけるので、人生が割と自由で楽しいです。

 

現在の僕は、ベンチャー時代に身につけたWebマーケティングで起業しており、夫婦でのんきにノマド生活を送ってて幸せ。

自由な人生にしたい人は、まずはベンチャーでスキルアップするのがおすすめです。

 

実際に30代でベンチャー転職して、起業した僕が解説するので、それなりに信ぴょう性がある内容かなと。

この記事を読むことで、自由な人生への道筋が見えると思います。

30代でベンチャーに転職するのはアリ【スピード成長】

30代でベンチャーに転職するのはアリ【スピード成長】

結論、30代でベンチャーに転職するのは大アリです。

なぜなら、高速でスキルが身につくから。

 

ベンチャー企業って1人の業務量が多いし、業務の幅も広いです。

結果、高速でスキルアップできるので、1人のビジネスマンとしての価値も速く上がりやすい。

できるだけ早く起業したいな。

という人は、ベンチャーでいいんじゃないかと。

30代でベンチャーに転職するメリットとデメリット

でも、ベンチャーにもデメリットがあるでしょ?

もちろんデメリットがあるので、慎重に検討してください。

30代でベンチャーに転職するメリットとデメリットは、下記のとおりです。

メリット デメリット
裁量権が大きい

ビジネスのスピードが速い

社長と距離が近い

仕事は割と楽しい

スキルが速く身につく

成果を出せば稼げる

起業の練習になる

時代の最先端を行ってる感じが良い

役職がつきやすい

年下が上司になることアリ

新しい知識についていくのが大変

経営が不安定

1人の仕事量が多い

給料が下がるかも

ブラックもある

コロコロ方針が変わる

福利厚生は弱い

ワンマン社長もいる

メリットとデメリットをわかった上で、転職するか考えましょう。

起業が目的なら多少のデメリットは許容できるかと

なぜなら、やめる前提だから。

ベンチャーなんて、3年も働けば十分だと思います。

3年間はガムシャラに働いて、スキルを身につけて起業すればOK。

 

僕も33歳でベンチャーに転職して、36歳で起業してます。

ちょっとイヤな部分があっても、3年なら我慢できるかなと。

30代のベンチャー転職に失敗しない3つのコツ

30代のベンチャー転職に失敗しない3つのコツ

とはいっても、やっぱり転職には失敗したくない。

できるだけ良いベンチャーに転職したいんだけど、どうしたらいいかな?

結論、下記の3つがコツです。

  1. ベンチャーの規模で転職先を選ぶ
  2. 必ず複数のベンチャーを比較する
  3. ノリと勢いで転職しない

 

後述しますが、僕のベンチャー転職は仕事的には成功でしたが、人間関係で失敗してます。

僕の失敗経験も踏まえて解説しますね。

①ベンチャーの規模で転職先を選ぶ

なぜなら、ベンチャーといっても規模でぜんぜん内容が違うから。

大まかには、3つの規模で区分されます。

  1. メガベンチャー:大きい
  2. ミドルベンチャー:中くらい
  3. スタートアップ:小さい

 

各規模のメリットデメリットは下記です。

メリット デメリット
メガベンチャー 経営は安定している

給料は高い

うまくいくことが見えてる

即戦力じゃないと採用されない

裁量権は少ない

社長と距離が遠い

ミドルベンチャー 経営は軌道にのった感じ

給料が上がりやすい

社員が増えるのでリーダーになりやすい

スタートアップベンチャーのような自由さはない

ルーティンワークもある

経営が傾くリスクはまだある

スタートアップ 未経験でも採用されやすい(会社によっては30代後半もOK)

自由度が高い

起業の練習には最高

経営が不安定

方針がコロコロ変わる

1人の業務量が多い

結論、あなたとフィットしそうな規模で転職先を選びましょう。

例えば、未経験転職をしたいのにメガベンチャーばかり狙ったら、そもそも内定が出ません。

②必ず複数のベンチャーを比較する

当たり前ですが、複数のベンチャーを比較しましょう。

冷静に判断できるから。

1社しか選択肢がないと賭けになるので、最低でも3社くらい比較した方がいいかと。

 

でも、良いベンチャー企業の候補って、どうやって探すの?

という人は、転職エージェントに企業リストを見せてもらえばOK。

キャリアカウンセラーがあなたをヒアリングした上で、フィットしそうなベンチャー企業を絞ってしてくれます。

 

登録して求人情報を見つつ、興味あるベンチャーがあれば話を聞いてみましょう。

会社によって雰囲気が違うので。

転職エージェントは、下記のような大手にいくつか登録すればOK。

  1. doda:求人数が約10万件の大手。ベンチャー企業の非公開求人も多い
  2. マイナビエージェント:求人数が約33000件。こちらも登録して損なし
  3. 【パソナキャリア】:関東・関西・東海で約3万件の求人。ベンチャーの求人も多い

3社の詳細は、30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】にまとめてます。

30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】

【失敗談】僕も比較すれば良かったかなとちょっと思う

僕がベンチャーに転職したキッカケは、Webマーケティングのベンチャー企業の社長と仲良くなったから。

他社と比較せずに転職しましたが、今思えば「比較くらいしておけばよかったな」と思います。

 

もっと良いベンチャーがあったかもしれませんからね。

※その後、社長と人間トラブルにもなったし。

なんでもそうですが、比較しましょう。

③ノリと勢いで転職しない

ベンチャーといっても、ノリと勢いで転職するのはNG。

転職に失敗しやすいので。

 

具体的には下記がコツです。

  1. 社長への憧れだけで転職しない
  2. 必ず条件を聞いてから検討する
  3. 伸びてるベンチャーに転職する

前述しましたが、僕はベンチャーの仕事的にはうまくいきましたが、社長との人間関係で失敗しました。

参考:僕がベンチャーに転職して後悔した話【でも起業できるから大丈夫】

くれぐれも、ノリと勢いの転職は禁止。

30代でベンチャーに転職した後は起業がおすすめ

30代でベンチャーに転職した後は起業がおすすめ

30代でベンチャーに転職した後って、どんなキャリアになるの?

結論、起業がおすすめです。

なぜなら、自由に生きられるから。

せっかくベンチャーに転職するなら起業しないともったいない

だって、サラリーマンでいいなら、むしろベンチャーに転職しない方がいいですよね。

ベンチャーは1人あたりの業務量も多いし、業務の幅も広い。

「起業の擬似体験」をしてるようなもんなので、ベンチャーに転職するなら起業を目指した方がいいかと。

 

もちろん、ベンチャーで実績を出せば大手に転職もできると思いますが、「起業」というカードも手に入る感じなので、人生の選択肢は広がります。

【体験談】ベンチャーでスキルを積んで起業して幸せです

冒頭でもお伝えしましたが、僕はベンチャーを3年で辞めて起業しました。

なぜなら、ベンチャー時代に起業スキルを身につけたから。

 

Webマーケティングのベンチャー企業で、やってた業務は下記のとおり。

  1. 営業
  2. Webメディアの設計
  3. Webメディアの構築
  4. 問い合わせ対応
  5. アフターサポート

これを1人でやってたら、普通に起業できますよね。

 

起業した結果、家で仕事ができると気づいたので、埼玉県の妻の実家の近くに引っ越しました。

埼玉県の田舎の方でして、のどかな景色の中、Webマーケティングビジネスをやってます。

  • 通勤なし
  • 家・カフェ・旅行先で仕事
  • 起きる時間も寝る時間も自由
  • 休憩も休日も自由
  • めんどくさい人間関係なし

という感じでして、控えめに言っても幸せ。

 

結論、ベンチャーで経験を積めば、自由な人生も可能です。

30代でベンチャーに転職するのは、大アリだと思いますよ。

まとめ【30代でベンチャーに転職するのは大アリ。さっそく行動しよう】

まとめ【30代でベンチャーに転職するのは大アリ。さっそく行動しよう】

ということで、あとは行動あるのみ。

行動しないと何も始まらないので。

 

30代でもベンチャーは転職しやすいですが、年齢が上がるのはデメリットしかありませんよ。

ベンチャー企業といえども、できれば若い人材の方がいいですからね。

 

転職活動ってなんだかんだで3ヶ月くらいかかるので、考えている間に年齢が上がって、転職が不利になってしまいます。

あなたに合うベンチャーの求人が、来週にはなくなってることもありますよ。

 

当然ですが、人気のあるベンチャー企業の求人から、他の人に取られていきます。

本来は転職できたはずのベンチャーを逃すので、けっこうな損失かと。

 

転職活動を始めるのは今日からでして、転職活動しながら考えるのが正解です。

できることから、さっそく始めてみましょう。

転職活動の始め方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

 

30代のベンチャー転職に失敗しないコツは、下記の3つです。

  1. ベンチャーの規模で転職先を選ぶ
  2. 必ず複数のベンチャーを比較する
  3. ノリと勢いで転職しない

 

ベンチャー企業の転職先候補をピックアップするのは、転職エージェントが便利です。

登録して求人情報を見つつ、興味あるベンチャー企業を探してみましょう。

  1. doda:求人数が約10万件の大手。ベンチャー企業の非公開求人も多い
  2. マイナビエージェント:求人数が約33000件。こちらも登録して損なし
  3. 【パソナキャリア】:関東・関西・東海で約3万件の求人。ベンチャーの求人も多い

参考:30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】

 

あとは行動あるのみです。

ベンチャーで経験を積んだ後の人生は、割と自由ですよ。

今日から一歩を踏み出してみてください( ̄^ ̄)ゞ