飛び込み営業に向いてる人の7つの特徴【鋼のメンタルがないときつい】

飛び込み営業に向いてる人の7つの特徴【鋼のメンタルがないときつい】

飛び込み営業に向いてる人の特徴を知りたいな。

営業に転職を考えてて、一応飛び込み営業も選択肢に入れてるけど、どうなんだろう?

 

なんかキツそうなイメージだよなぁ…

周りの人からも「飛び込み営業はやめとけ」って言われる。

やっぱり飛び込み営業には転職しない方がいいのかな?

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 飛び込み営業の仕事内容がわかる
  • 飛び込み営業に向いてる人の特徴がわかる
  • 飛び込み営業が向いてない人の特徴がわかる
  • 飛び込み営業の辛いところがわかる
  • 結局、飛び込み営業に転職していいのかわかる

 

僕、佐藤誠一は元営業マンです。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 営業手法
26~31歳 メットライフ生命の営業 飛び込み営業、テレアポ、紹介営業
31~33歳 保険代理店の営業 紹介営業
33~36歳 Webマーケティングの営業 Webを使って新規開拓、テレアポ、紹介営業
36歳~現在 Webライター サイトから仕事の依頼がくる

いろいろな営業手法をやった僕の結論ですが、飛び込み営業への転職はやめておきましょう。

なぜなら、時代に合ってないから。

 

飛び込み営業はインターネットがない時代の手法なので、今からやるのは時代錯誤すぎます。

効率が悪くて売れにくいし、辛いだけなのでマジでやめましょう。

 

昔は飛び込み営業で活躍していた先輩もたくさん見てきました。

その人たちに見られた「飛び込み営業に向いてる人の特徴」を記事にまとめたので、参考にどうぞ。

 

この記事を読むことで、飛び込み営業に転職しない方がいいと確信できると思います。

佐藤誠一

転職に失敗したくない人は、最後まで読んでみてください。

【基礎情報】飛び込み営業マンの仕事内容【アポなしで法人や個人宅へ】

【基礎情報】飛び込み営業マンの仕事内容【アポなしで法人や個人宅へ】

前提として、飛び込み営業の仕事内容を知っておきましょう。

結論、アポなしで法人や個人宅に売りにいくのが仕事です。

 

飛び込み営業には、大きく分けて下記の2つのやり方があります。

  1. 新規開拓したい法人や個人宅を狙って飛び込む
  2. 片っ端から飛び込む

佐藤誠一

後述しますが、ほとんどは門前払いなので、けっこう効率が悪いです。

代表的な飛び込み営業の業界

飛び込み営業をする業界ってどこ?

よく飛び込み営業をやってるのは、下記の業界です。

  • リフォーム
  • 証券会社
  • 保険会社
  • 銀行
  • 先物取引
  • 広告
  • 光回線
  • 外壁塗装
  • 新聞の勧誘
  • ハウスメーカー
  • 不動産営業
  • 太陽光発電
  • コピー機

この辺は、営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】に詳しくまとめてます。

佐藤誠一

ぶっちゃけ、上記の業界はおすすめしません。

ノルマがきつい割に売れにくいからです。

飛び込み営業に向いてる人の7つの特徴【経験者がまとめた】

飛び込み営業に向いてる人の7つの特徴【経験者がまとめた】

で、飛び込み営業に向いてる人ってどんな人なの?

結論、下記の7つに当てはまる人は向いてます。

4つ以上に当てはまるなら、あなたは飛び込み営業に向いてるかと。

  1. 鋼のメンタルの持ち主
  2. 話がうまい人
  3. 第一印象が良い人
  4. 頭の回転が速い人
  5. 体力がある人
  6. クレームに強い人
  7. バカになれる人

1つずつ解説します。

①鋼のメンタルの持ち主

鋼のようなメンタルをもってる人は向いてます。

飛び込み営業は、けっこうメンタルをヤラれるから。

  • 門前払いされる
  • 無視される
  • 居留守を使われる
  • 通報される

って感じが普通でして、メンタルは傷つきます。

 

まるで悪いことをしているような気持ちになるし、人格否定もしょっちゅうなので、鋼のメンタルが必要。

佐藤誠一

メンタルが弱い人にはムリです。

②話がうまい人

一瞬で興味をもってもらわないと売れないからです。

考えてみたら「アポなしで初対面の人に売る」って、めちゃくちゃ難しいですよ。

なので、一瞬で相手の心をつかむトーク力が必要。

佐藤誠一

話すのが苦手な人はムリです。

③第一印象が良い人

第一印象で相手の心をつかめないと、門前払いだから。

具体的には、下記のような人が向いてます。

  • 美男
  • 美女
  • 清潔感のある人

佐藤誠一

ぶっちゃけ、生まれもった容姿はかなり重要。

なぜなら人間関係がないから。

見た目も重要な要素です。

④頭の回転が速い人

頭の回転が速くないと、飛び込み営業はできません。

なぜなら、どんな人が出てくるかわからないから。

 

出てきた相手を瞬時に理解して、心を開かせるトークが必要です。

※ぶっちゃけ、かなり難易度は高いです。

佐藤誠一

臨機応変な対応ができない人は、飛び込み営業に向いてません。

⑤体力がある人

1日中、歩き回る仕事だからです。

暑い夏の日も、寒い冬の日も外で営業なので、体力は絶対必要。

佐藤誠一

体力に自信がない人は、やめといた方がいいかと。

⑥クレームに強い人

飛び込み営業してると、けっこう怒られるから。

よくあるクレームは下記です。

  • 飛び込み営業自体への文句(忙しいのに来んな!)
  • 他社の営業マンの文句
  • 自社を解約した人にうっかり飛び込んでしまう

犯罪者扱いされて、1時間以上も説教をくらうこともありますよ。

佐藤誠一

僕もよく怒られました。

人に怒られるのがイヤな人にはおすすめしません。

⑦バカになれる人

良い意味で「バカになれる人」は、飛び込み営業に向いてます。

まともな精神ではやれない仕事だから。

 

具体的に、下記のようにマインドをシフトする必要あり。

  • 相手の迷惑を考えない
  • 図々しく中に入る
  • 空気を読まずにズケズケいく
  • 何を言われても気にしない
  • 人からどう思われても気にしない

佐藤誠一

バカになれない人はムリです。

飛び込み営業に向いてない人の6つの特徴【やめとこう】

飛び込み営業に向いてない人の6つの特徴【やめとこう】

反対に、飛び込み営業に向いてない人の特徴も知りたい。

結論、下記の6つです。

4つ以上に当てはまるなら、あなたは飛び込み営業に向いてません。

  1. メンタルが弱い人
  2. プライドが高い人
  3. 罪悪感に勝てない人
  4. 初対面の人が苦手な人
  5. 感情的な人
  6. マジメな人

こちらも1つずつ解説します。

①メンタルが弱い人

前述のとおり、メンタルがヤラれる仕事だから。

下記のような人は向いてません。

  • 些細なことを気にする人
  • 落ち込みやすい人
  • ネガティブな人

佐藤誠一

うつ病になる人もいるので、メンタルが弱いなら別の仕事にしときましょう。

②プライドが高い人

飛び込み営業は、プライドが傷つきまくる仕事だから。

具体的には、下記のようにプライドが傷つきます。

  • 底辺の仕事をしてるように思う
  • 社会の邪魔者みたいに扱われる
  • 売れない営業マンに見られる(行き先がなくて飛び込みしてる人に見えるから)

佐藤誠一

プライドが高い人は、他の仕事にしときましょう。

③罪悪感に勝てない人

飛び込み営業は、人に迷惑をかける仕事だから。

そもそも「アポもないのに勝手に行く=迷惑」ですよね。

人の時間を一方的に奪う迷惑行為なので、罪悪感に勝てない人にはムリです。

 

「人に迷惑をかけてでも売る!」というマインドシフトができないと難しいですね。

佐藤誠一

僕も罪悪感に勝てず、飛び込み営業をやめました。

④初対面の人が苦手な人

初対面の人にしか会わない仕事だから。

下記の人にはムリです。

  • 人見知りの人
  • 初対面の人とスムーズに話せない人

佐藤誠一

初対面の人でも、ズケズケと話せる度胸がないと難しいです。

⑤感情的な人

逆ギレして、トラブルになることがあるから。

感情的な人は、飛び込みして怒られると、逆ギレしてしまうことがあるんです。

 

考えてもみてください。

「勝手に飛び込んできて逆ギレしてしまう人」って、ハタから見たらヤバい人ですよね。

  • 本社にクレームが入る
  • 警察に通報される

って感じでトラブルになることも。

佐藤誠一

感情的な人は、マジで飛び込み営業はおすすめしません。

⑥マジメな人

マジメな人も向いてないですね。

「飛び込み営業は効率が悪い」と気づいてしまうから。

営業マン

売上をあげるためなら、他の営業の方が効率いいよな…

と気づいてしまうため、最終的に他の営業手法をやり出します。

 

前述のとおり、バカになれないと飛び込み営業はできないので、マジメな人は難しいです。

また、マジメな人ほどうまくサボれないので、潰れてしまうことも。

佐藤誠一

マジメな人は、もっと効率的な仕事に転職した方がいいですよ。

飛び込み営業の辛いところ【楽しいところはあまりない】

飛び込み営業の辛いところ【楽しいところはあまりない】

飛び込み営業の辛いところを整理しておきたいな…

まとめると、下記が辛いです。

  • お客様に迷惑になる気がして罪悪感が強い
  • 訪問先で怒られるのがきつい
  • 個人宅だと通報されることアリ
  • 夏暑くて冬寒い
  • どんなに頑張っても契約にならない
  • 効率が悪い営業手法なのに売れないと上司に怒られる
  • モチベーションを維持できない

ぶっちゃけ、楽しいところはあまりないです。

 

この辺の詳細は、飛び込み営業が辛いときの対処法【無駄だし迷惑だから辞めましょう】にまとめてます。

佐藤誠一

僕も飛び込み営業はかなり辛かったです。

効率も悪いので、他の営業に切り替えたらうまくいきました。

【断言】飛び込み営業への転職はマジでやめましょう【無駄で迷惑】

個人的な意見を含みますが、飛び込み営業に転職しない方がいいですよ。

理由は下記の2つ。

  1. 人に迷惑だから
  2. 効率が悪くてムダが多いから

 

幼稚園で習ったと思いますが、自分がやられてイヤなことを人にしてはいけません。

あなたも、自宅でくつろいでるときに飛び込み営業されたらイヤですよね?

人の時間を一方的に奪う迷惑行為なので、飛び込み営業はやめましょう。

 

そして、飛び込み営業は効率が悪すぎます。

そもそも売りたいなら、きちんとアポをとってから訪問する方が効率的。

 

1日300件くらいに飛び込んでも成果ゼロとか普通なので、他の営業手法をやるべきかと。

佐藤誠一

営業は精神論や根性論ではなく、ビジネスです。

いかに効率よく売るかが大事なので、飛び込み営業はダメです。

参考:【実証済み】営業の新規開拓の方法4選【アポが取れたら与えればOK】

【そもそも】あなたが営業に向いてるか診断してみよう

飛び込み営業に転職を考える前に、そもそもあなたが営業に向いてるか診断してみましょう。

向いてないと辛いですからね。

 

詳しくは、【適職診断】営業職に向いている人の特徴49選【25個以上なら天職】でわかります。

佐藤誠一

営業に向いてるにしても、飛び込み営業以外がおすすめです。

営業でおすすめの4つの業界

営業に転職するなら、どういう業界がいいの?

結論、下記の4つがおすすめです。

  1. IT・Web系
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

理由は売れやすいから。

 

IT・Web系は常に新しいサービスが生まれてるので、目新しさで売れます。

※僕もWebマーケティング営業をやりましたが、楽に売れました。

 

インフラ系・石油・大手メーカーは、営業マンの立場が強いので売れやすい感じ。

 

もちろん4つとも飛び込み営業しなくても売れるので、効率的な仕事ができますよ。

4つの業界の詳細は、営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】にまとめてます。

佐藤誠一

業界選びの段階で売りやすさも決まってしまうので、業界選びを間違わないようにしましょう。

【ただし】あなたが好きな商材で転職先を選びましょう

営業に転職するときは、商材で転職先を選んでください。

あなたが好きになれない商材は売れないから。

 

「ホントは良いと思ってないけど、ノルマがあるから無理やり売る」とかって、罪悪感もあって地獄ですよ。

あなたがホントに良いと思える商材なら、心からすすめられるので売れやすいです。

佐藤誠一

結論、営業に転職するときは、好きな商材を扱ってる会社を選びましょう。

営業以外でおすすめの転職先7選

ちなみに、営業以外だったらどんな仕事がおすすめ?

結論、下記の7つかなと。

※すべて未経験から転職できます。

仕事 平均年収
プログラマー

(慣れれば在宅可)

450万円(振れ幅300万~2000万円)
インフラエンジニア

(残業少なめ)

500万円(振れ幅300万~1000万円)
Webデザイナー

(女性向けのデザインの仕事)

450万円
Webライター

(在宅可)

10万~700万円
マーケティング

(副業でも稼ぎやすい)

500万円
宅地建物取引士

(独占業務資格で安定)

450万円
CADオペレーター

(手に職がつく事務職)

470万円

おすすめの理由は、すべて「手に職がつく仕事」だから。

終身雇用も崩壊したので、これからは手に職をつけないと安定して食っていけません。

 

7つの仕事の詳細や、転職する手順は下記の記事にまとめてます。

佐藤誠一

現在の僕はWebライターでして、手に職をつけたので安定して稼げてます。

あなたに向いてる仕事に転職するのもアリ

適職診断をやってみたけど、飛び込み営業は向いてないっぽいし、営業自体も向いてないかも。

でも、他にやりたい仕事がない…

という人は、あなたに向いてる仕事に転職するのもアリかと。

やりたい仕事がないなら、向いてる仕事に転職すればだいたいアタリだから。

 

あなたに向いてる仕事に転職すると、下記の好循環が生まれます。

  1. 最初は興味なくても、向いてるから仕事ができてしまう
  2. 向いてるから周りからほめられる
  3. うれしくなってもっと頑張る
  4. 向いてる×頑張る=もっと成果が出る
  5. 仕事の自信がついて、いつの間にか好きな仕事になる

佐藤誠一

向いてる仕事は、人から求められるのでやりがいが大きいです。

「人や社会の役に立ててる」という実感も強いですね。

【体験談】僕も向いてる仕事に転職したら好きな仕事になった

前述のとおり、現在の僕はWebライターでして、ありがたいことに向いてました。

Webマーケティング営業をやってたらWebライティングが必要になったので、仕方なく始めた感じ。

 

最初は興味なくて副業的な感じでしたが、成果が出て、周りから求められたらうれしくなって本業にしました。

今では完全に「好きな仕事」です。

佐藤誠一

結論、やりたい仕事がないなら、向いてる仕事に転職するとアタリです。

あなたに向いてる仕事が一発でわかる方法

でも、自分に向いてる仕事なんてわからないよ…

という人は、プロのキャリアカウンセラーに適職診断してもらうといいかと。

適職診断ツールを使いつつ、ヒアリングしてくれつつ、高精度であなたに向いてる仕事をピックアップしてくれます。

 

転職エージェントのキャリアカウンセラーだと無料。

適職診断結果をもとに、あなたと相性がいい求人情報も見せてくれますよ。

 

特に適職診断が強い転職エージェントは下記の3つ。

登録してサクッと適職診断を受けつつ、求人情報をみつつ、興味ある求人があれば詳しく話を聞いてみるといいと思います。

  • doda:求人数が約10万件の大手。適職診断の精度も高い。カウンセラーのレベルが高い
  • ウズウズ:20代向け。他社の10倍のカウンセリングで向いてる仕事を徹底追求。転職後の定着率95%
  • マイナビエージェント:高精度で独自の適職診断ツールあり。サポート無制限だから納得いくまで向いてる仕事がわかる

※複数の転職エージェントで適職診断を受けると、より高精度であなたに向いてる仕事がわかります。

佐藤誠一

ついでに「あなたが営業に向いてるか」もプロに適職診断してもらうと、転職の失敗を防げます。章

まとめ【飛び込み営業に向いてる人の特徴で適職診断してみよう】

まとめ【飛び込み営業に向いてる人の特徴で適職診断してみよう】

最後にもう一度、飛び込み営業に向いてる人の7つの特徴をまとめておきます。

※4つ以上に当てはまるなら、あなたは飛び込み営業に向いてます。

  1. 鋼のメンタルの持ち主
  2. 話がうまい人
  3. 第一印象が良い人
  4. 頭の回転が速い人
  5. 体力がある人
  6. クレームに強い人
  7. バカになれる人

 

飛び込み営業に向いてなさそうなら、他の仕事に転職しましょう。

※飛び込み営業は迷惑だし効率が悪いので、個人的にはおすすめしません。

 

営業職なら下記の4つの業界がおすすめ。

  1. IT・Web系
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

4つの業界の詳細は、営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】にまとめてます。

 

営業以外だったら、下記の「手に職がつく仕事」が良いかなと。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング
  6. 宅地建物取引士
  7. CADオペレーター

上記7つの仕事の詳細や、転職する手順は下記の2記事を参考にどうぞ。

 

特にやりたい仕事がないなら、あなたに向いてる仕事がおすすめ。

プロのキャリアカウンセラーに適職診断してもらうと、高精度であなたに向いてる仕事がわかります。

  • doda:求人数が約10万件の大手。適職診断の精度も高い。カウンセラーのレベルが高い
  • ウズウズ:20代向け。他社の10倍のカウンセリングで向いてる仕事を徹底追求。転職後の定着率95%
  • マイナビエージェント:高精度で独自の適職診断ツールあり。サポート無制限だから納得いくまで向いてる仕事がわかる

 

あとは行動あるのみ。

今日から一歩を踏み出して、転職に向けて動き出しましょう。

 

「う~ん」と考えてても答えは出ないので、行動しながら考えるのがコツです。

あなたの今回の転職活動の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ