転職活動が辛い時の9つの対処法【辛すぎる=今はタイミングじゃない】

転職活動が辛い時の9つの対処法【辛すぎる=今はタイミングじゃない】

転職活動が辛い…

なかなか内定でないし、長期化して辛いなぁ…

何がいけないんだろう?

 

頑張らないといけないのはわかってるけど、

正直もう転職活動を辞めたいなぁ…

こういった悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職活動が辛い時の対処法がわかる
  • どうしても転職活動が辛すぎるなら、辞めていいことがわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系ブログで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

転職活動が辛いです…

という相談はけっこう多かったですね。

 

転職活動が辛い理由別に、具体的な対処法を解説してます。

この記事の内容を実践して、内定がでた人も多いですよ。

成果がでたノウハウなので信ぴょう性あるかと。

 

さらには、どうしても転職活動が辛すぎて辞めたいときの対策も解説します。

あなたが現状から抜け出せるきっかけになればうれしいです。

転職活動が辛い時の9つの対処法【だいたいこれでOK】

転職活動が辛い時の9つの対処法【だいたいこれでOK】

転職活動が辛い理由は、主に下記の9つかと。

  1. なかなか内定が出なくて辛い
  2. 転職回数が多くて内定が出ない
  3. 在職中の転職活動は時間がなくて辛い
  4. 転職活動自体がめんどくさくて辛い
  5. 面接が辛い
  6. 無職の転職活動で金銭的に辛い
  7. 希望の求人がなくて辛い
  8. 本当に良い会社か不安で辛い
  9. 転職活動に疲れてしまって辛い

理由別に対処法を解説します。

これで、辛い状態から抜け出せますよ。

①なかなか内定が出なくて辛い

内定が出ない理由は、下記の7つのうちのどれかです。

  1. 大手ばかり狙いすぎ
  2. 応募求人に対してスキル不足
  3. 事務職ばかり狙っている
  4. 応募数が少ない
  5. 自己PRが弱い
  6. 志望動機が弱い
  7. 面接が弱い

おそらくどれかに当てはまってるので、改善すればOK。

一気に内定率が上がりますよ。

 

詳しいノウハウは、転職が決まらない人の7つの理由と解決策【あなたはダメじゃないよ】にまとめたのでどうぞ。

転職が決まらない人の7つの理由と解決策【あなたはダメじゃないよ】

②転職回数が多くて内定が出ない

転職回数が多くて内定が出ない人の対処法は、下記の9つです。

  1. 向いてる仕事に応募する
  2. 中小企業に応募する
  3. 自己分析しまくる
  4. 退職理由をポジティブに伝える
  5. 前職までの反省を伝える
  6. 経験値をアピール
  7. 職歴の共通点をアピール
  8. 今回は長く働くと伝える
  9. 転職エージェントに助けてもらう

1つ2つ実践するだけでも、内定率がグッと上がりますよ。

 

具体的なノウハウは、転職回数が多い20代の転職活動の10のコツ【フリーランスもアリ】にまとめたのでどうぞ。

転職回数が多い20代の転職活動の10のコツ【フリーランスもアリ】

③在職中の転職活動は時間がなくて辛い

時間がなくて辛い人は、迷わず転職エージェントに助けてもらうと良いですよ。

あなたが働いてる時間も、

  • 企業選び
  • 履歴書の対策
  • 面接の対策

を考えてくれるから。

転職活動の手間を大幅にカットできます。

 

無料なので相談しておいて損はないかと。

紹介される企業が嫌なら、他の転職エージェントを使えばいいだけです。

 

信頼できる転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめたので、参考にどうぞ。

転職活動を大変にする意味はないので、

楽しましょう。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

④転職活動自体がめんどくさくて辛い

転職活動がめんどくさい人は、下記の3つの対処法でOK。

  • 友人・知人の紹介で転職する
  • 好きな仕事に転職する
  • 転職エージェントにやってもらう

スッキリと転職活動が終わりますよ。

 

目的は転職活動じゃなくて内定なので、めんどくさいことはさっさと終わらせちゃいましょう。

詳しい解説は、転職活動がめんどくさいときの3つの対処法【良いことが待ってますよ】にまとめてます。

転職活動がめんどくさいときの3つの対処法【良いことが待ってますよ】

⑤面接が辛い

面接で緊張して辛い人は、まず基本を押さえましょう。

基本がわかれば、面接はそんなに大変じゃないから。

 

例えばこんな感じ。

  • 緊張して言葉に詰まる→「緊張してます」と言えばOK
  • 圧迫面接→その会社は入社しない方がいい

ある程度のルールがあるので、わかれば大丈夫ですよ。

 

面接のコツは、転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】にまとめたのでどうぞ。

転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】

⑥無職の転職活動で金銭的に辛い

先に会社を辞めちゃうと、金銭的に辛いですよね。

貯金があればいいですが、ないとジリ貧に。

焦ってブラック企業に転職しちゃうと、悪循環です。

 

無職期間中で金銭的に辛い人は、

20代の転職活動に必要な貯金は75万円【お金が少なくても転職できる】をどうぞ。

貯金がなくても転職できる方法を解説してます。

20代の転職活動に必要な貯金は75万円【お金が少なくても転職できる】

⑦希望の求人がなくて辛い

希望の求人がないなら、下記をやってみましょう。

  • SNSで検索
  • 転職エージェントに相談
  • 向いてる仕事で選ぶ

求人サイトに載ってる求人は限定的なので、それ以外にも情報を取りにいきましょう。

 

詳しいノウハウは、転職に後悔しない5つの方法【よくある3つの失敗理由も解説する】にまとめています。

転職に後悔しない5つの方法【よくある3つの失敗理由も解説する】

⑧本当に良い会社か不安で辛い

気になる会社はあるけど、

  • 本当に自分に合っているか
  • ブラックじゃないか
  • 職場の人間関係が悪くないか

などが不安で辛いときの対処法は、下記のとおり。

  • 口コミサイト、SNSで情報収集
  • ネットに載ってない情報を転職エージェントに聞く
  • 適職診断する

不安の正体は情報不足なので、情報がわかれば怖くありません。

 

上記は情報を集める具体的な方法なので、やってみて損はないかと。

詳しいやり方は、【理由別】転職が怖いときの対処法【それでも失敗した場合の対応策】にまとめてます。

【理由別】転職が怖いときの対処法【それでも失敗した場合の対応策】

⑨転職活動に疲れてしまって辛い

転職活動に疲れたら、休んでいいですよ。

疲れた状態でやっても、良い結果が出ないから。

1回休んで、エネルギーを蓄えましょう。

 

休み方とか、休んだ後の復活方法については、

【朗報】転職活動に疲れたら休んでいい【落ち着いて見直せば大丈夫】にまとめてます。

だいたいは休むと良い結果が得られるので、

ドーンと休みましょう。

【朗報】転職活動に疲れたら休んでいい【落ち着いて見直せば大丈夫】

転職活動が辛いので辞めたい→辞めても大丈夫【タイミングじゃない】

転職活動が辛いので辞めたい→辞めても大丈夫【タイミングじゃない】

転職活動が辛すぎて、もう辞めたくなってきた…

頑張らなきゃいけないのはわかってるけど、

転職活動やめちゃダメかなぁ…

あまりに辛すぎるなら、転職活動をやめていいですよ。

辛いと思ってる状態では、良い結果は出ないから。

 

物事にはタイミングがありまして、結論、

今は転職のタイミングじゃないだけです。

機会を待ちましょう。

【体験談】僕は36歳でWebライターに転職しました

僕の話で恐縮ですが、僕は10年も営業をやった後に、現在のWebライターに転職しました。

正直、営業より向いてたので「もっと早く転職すればよかった」と思いましたが、冷静に考えるとベストタイミングでした。

 

  • 多くの企業がWebライターを探し始めたときだった
  • 優秀なWebライターが少ないときだった
  • 営業の仕事に区切りがついて、次は何しようかと思っていた

など、市場と僕のタイミングがバチーンと合った感じ。

 

こういうときは、苦労しなくてもスルスルとうまくいくものです。

ようは、タイミングが合えば辛くないって感じです。

物事にはタイミングがある【今は転職のタイミングじゃないかも】

なんでもそうですが、物事にはタイミングがあります。

  • 出会い
  • 恋愛
  • 結婚
  • 中古車
  • 賃貸物件

すべてタイミングですよね。

タイミングがバチーンと合ったときは、苦労せずスルスルとうまくいくものです。

 

転職も同じことでして、タイミングが合えば辛さゼロですぐ内定でます。

希望の会社から内定が出ないのは、今はタイミングじゃないってことかもですよ。

うまくタイミングをつかむ方法=時代の波にのる

意図的にタイミングをつかむことってできないの?

結論、できます。

答えは「時代の波にのること」ですね。

時代に波にのると、スルスルとうまくいきやすいから。

 

例えば、僕はWebライターとしてIT業界にいますが、仕事はうまくいってます。

理由は簡単で、IT業界が時代の波にのってるから。

 

今から武士になるのが不可能なように、時代に合わない仕事に転職しようとすると障壁が多いです。

ちなみに、時代に合わない仕事は下記のとおり。

オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

出典:週刊現代『オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

気分転換に在宅副業が良いですよ【人生の価値観が変わった】

転職活動に疲れたときは、在宅副業で気分転換するのもおすすめ。

理由は、人生の価値観が変わるから。

 

今はサラリーマン以外の働き方も増えてまして、

え?

こんなことで稼げるの?

みたいな在宅副業が増えてます。

※僕もWebライターは在宅副業から始めました。

在宅副業→フリーランスという人生もあります

在宅副業で始めて、フリーランスに転向する人もいます。※僕もそうでした。

フリーランスは自分で稼げるので、

転職活動とかサラリーマンとは無縁の世界。

 

僕も毎日家でのんきに仕事をしながら、年収750万円くらいで幸せです。

 

在宅副業については、在宅ワークの13のメリットと5つのデメリット【仕事の選び方も解説】にまとめたので、興味あればどうぞ。

在宅ワークの13のメリットと5つのデメリット【仕事の選び方も解説】

【結論】転職活動が辛すぎるなら辞めてもいいんじゃない?

結論、タイミングじゃないので、辛すぎるなら転職活動をやめていいかと。

タイミングがくれば30代でも転職できるし、正社員だけの時代じゃないから。

 

深く考えすぎず、足を止めてみるのも全然アリですよ。

ガーっと苦労して、ふっと力を抜いたときの方が良い結果は出るものです。

まとめ【転職活動が辛い時も解決策があるし、辞めたいならやめていい】

まとめ【転職活動が辛い時も解決策があるし、辞めたいならやめていい】

この記事をまとめます。

  • 転職活動が辛い理由別に、対処法を実践しよう
  • 困ったら転職のプロである転職エージェントに相談すればOK
  • 転職活動が辛すぎるなら、辞めてもOK
  • 物事にはタイミングがあり、今はタイミングじゃないかも
  • 正社員がすべてじゃないから、気分転換に在宅副業もアリ

どうしても内定がほしい場合は、この記事で紹介した対処法を実践しましょう。

内定率がグンと上がりますよ。

 

困ったときは、転職のプロである転職エージェントに頼ればOK。

信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

で、あまりに転職活動が辛すぎるなら、1回活動をやめてみましょう。

タイミングがくれば、スルスルとうまくいきますよ。

 

あなたの転職活動の参考になればうれしいです。