転職活動に疲れた30代の対処法5選【手を止めて作戦変更して休もう】

転職活動に疲れた30代の対処法5選【手を止めて作戦変更して休もう】

転職活動に疲れたなぁ…

やっぱり30代で転職は難しかったかな…?

転職できるか不安だし、正直やめてしまいたくなる…

 

とりあえず、この疲れをなんとかしたい…

どうすれば内定が出るんだろう?

もしどこからも内定が出なかったら、人生どうしよう…

こういった悩みや不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 30代が転職活動に疲れたときの対処法がわかる
  • 30代の転職活動のコツがわかる
  • 転職活動が全滅だったときの対処法がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談を受けてきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

 

転職活動に疲れてしまった30代の人も多かったですよ。

具体的な対処法を記事にまとめたので、参考にどうぞ。

実際、この記事の内容で転職が決まった人もいるので、信ぴょう性があるかと。

 

あと、現在の僕はフリーランスのWebライターなんですが、仮に転職が全滅でも人生は大丈夫ですよ。

正社員じゃなくても生きていける時代なので。

 

この記事を読むことで、人生の安定が手に入ります。

転職活動に疲れた30代の対処法5選

転職活動に疲れた30代の対処法5選

転職活動に疲れた30代の対処法は、下記の5つです。

  1. まず応募を止める
  2. 休んでいいけど自己分析する
  3. 理想の人生を想像して逆算する
  4. 考えてから思い切り休む
  5. 転職エージェントに投げる

 

30代は年齢的にスピード勝負なので、ガッツリ休むのはおすすめしません。

少しなら休んでもいいですが、休みつつ作戦を変えていくイメージです。

1つずつ解説しますね。

①まず応募を止める

まず、1回応募を止めましょう。

悪い連鎖を断ち切るためです。

 

もしかすると、何か根本的なことが違っているので、内定が出ないのかもしれません。

  1. 応募する求人が違う
  2. 履歴書に大きな問題がある
  3. 面接で大きな問題がある

やり方が間違っていると、内定が出たはずの求人も逃してしまいます。

とりあえず、応募を止めてみましょう。

②休んでいいけど自己分析する

疲れてるので休んでいいですが、自己分析してから休みましょう。

一度、あなた自身を見つめ直すと答えが見えてくるから。

 

もしかすると、まったく違う求人に応募し続けてるのかもしれませんよ。

具体的な自己分析のやり方は、【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】を参考にどうぞ。

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】

③理想の人生を想像して逆算する

あなたの理想の人生から逆算して、求人を見直しましょう。

いま応募してる求人は、あなたに合ってないかもしれないから。

 

具体的には下記の手順です。

  1. できる・できないは置いといて、あなたの理想の人生を思い描く
  2. それに合致する求人を探してみる

たったこれだけです。

 

具体例はこんな感じ。

理想の人生 応募する求人(職種)
手に職をつけて安定したい プログラマー、営業、マーケティング、宅地建物取引士など
たくさん稼げる人になりたい 営業、プログラマー、マーケティングなど
在宅ワークでのんきに暮らしたい CADオペレーター、プログラマー、Webデザイナー、マーケティングなど

改めて「どんな人生にしたいか」から逆算してみると、意外な職業が出てくるかもしれませんよ。

職業がわからなければ、ググればOKです。

④考えてから思い切り休む

自己分析や理想の人生から逆算などをやってから、思い切り休みましょう。

潜在意識は働いてくれてるので、休んでるときに良いアイデアが出るから。

 

あなたもよくありませんか?

ふっと力を抜いたときにひらめくこと。

あれって、潜在意識が考え続けてくれてるからみたいですよ。

 

ただ休んでしまうと潜在意識も働かないので、前述のとおり、

  1. 自己分析
  2. 理想の人生から逆算

などをやってから休めばOKです。

疲れもとった方がいいですからね。

⑤転職エージェントに投げる

めんどくさい転職活動を代行してくれるから。

まだ転職エージェントに登録してないなら、試しに登録するのもアリかもです。

  1. あなたに合う求人の紹介
  2. 内定が出やすい履歴書・職務経歴書の作成
  3. 面接で話すことを考えてくれる

などをやってくれます。

 

彼らは転職のプロなので、餅は餅屋に任せるのもありかなと。

無料なので、とりあえず相談してみたり、紹介される求人を見てから利用するか決めてもOK。

※メール1本で相談をやめられますよ。

 

30代に強い転職エージェントは、30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】にまとめてます。

30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】

30代の転職活動のコツ【内定が出て解放される】

30代の転職活動のコツ【内定が出て解放される】

早く転職活動から解放されたい…

どうしたらすぐ内定が出るかな?

結論、30代の転職活動は下記がコツです。

  1. 即戦力になれる求人に応募する
  2. 不足してるスキルは補う
  3. 履歴書を強化する
  4. 面接を強化する
  5. 30代に強い転職エージェントを使う

 

具体的なノウハウは下記の2記事にまとめたので、参考にどうぞ。

もし転職活動が全滅でも人生は大丈夫【他の生き方もある】

もし転職活動が全滅でも人生は大丈夫【他の生き方もある】

でも、もし転職活動が全滅だったらどうしよう…

我慢して嫌な仕事をしていくしかないのかなぁ…?

そんな人生イヤだなぁ…

結論、もし転職活動が全滅でも、人生は大丈夫です。

なぜなら、正社員じゃなくても食っていける時代だから。

フリーランスで食っていけますよ

冒頭でもお伝えしましたが、僕はフリーランスのWebライターです。

  1. 通勤なし
  2. 家かカフェでパソコン作業
  3. めんどくさい人間関係なし
  4. 休憩も休日も自由
  5. 年収750万円

控えめにいっても最高です。

 

今はネットの進化で、フリーランスで食いやすい時代。

スキルは未経験からでも身につくので、問題なしです。

 

結論、正社員で理想の転職ができなくても、人生は大丈夫です。

参考:年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】

年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】

フリーランスの生き方

具体的には、下記のようにスタートすると良いかと。

  1. 派遣+フリーランス
  2. 契約社員+フリーランス
  3. アルバイト+フリーランス

 

派遣・契約社員・アルバイトで最低限の生活費を稼ぎつつ、フリーランスで手に職をつければOK。

フリーランスの仕事で収入が上がってきたら、フリーランス1本にすればOKです。

 

この辺は僕のYoutubeでも解説してるので、興味あればどうぞ。

フリーランスの職種

下記がおすすめ。

理由は在宅で稼げるから。

  1. プログラマー
  2. Webデザイナー
  3. Webライター
  4. 動画編集

この辺は、在宅ワークの13のメリットと5つのデメリット【仕事の選び方も解説】にまとめてます。

 

フリーランスで生活してる人は普通にたくさんいるので、正社員がダメなら他の生き方もどうぞ。

在宅は気軽で、けっこういいものですよ。

在宅ワークの13のメリットと5つのデメリット【仕事の選び方も解説】

まとめ【転職活動に疲れた30代は、作戦変更しつつ休んで再スタート】

まとめ【転職活動に疲れた30代は、作戦変更しつつ休んで再スタート】

ということで、あとは行動あるのみです。

うまくいかないやり方を続けると、運命の会社すら逃してしまいます。

 

一度、転職活動の手を止めて、作戦を練り直しましょう。

やり方を変えれば、良い転職先に出会えて、人生が安定しますよ。

 

なかなか内定が出ず、転職活動に疲れてしまったときの対処法は下記の5つ。

  1. まず応募を止める
  2. 休んでいいけど自己分析する
  3. 理想の人生を想像して逆算する
  4. 考えてから思い切り休む
  5. 転職エージェントに投げる

 

30代に強い転職エージェントは、30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】にまとめてます。

無料なので、とりあえず相談しつつ、様子を見ながら転職活動を進めればOK。

嫌なら、メール1本で相談をやめましょう。

 

もし転職活動が全滅でも、フリーランスなど他の生き方もあるので問題なしですよ。

ひとまず作戦変更して、ちょっと休んでから再スタートしましょう。

 

ちなみに転職活動に疲れた人は、【朗報】転職活動に疲れたら休んでいい【落ち着いて見直せば大丈夫】も参考にどうぞ。

【朗報】転職活動に疲れたら休んでいい【落ち着いて見直せば大丈夫】