転職回数の数え方は会社の数-1【転職回数が多くても成功する3つのコツ】

転職回数の数え方は会社の数-1【転職回数が多くても成功する3つのコツ】

転職回数の数え方を知りたいな。

派遣とかアルバイトは転職回数に含めるの?

 

実は、転職回数が多いので次の転職が不安なんだよね…

やっぱり、転職回数が多いと不利かな…?

 

転職回数が多くても転職に成功するコツを知りたい。

あと、次の会社では長続きしたいな。

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職回数の数え方がわかる
  • 転職回数が多くても転職に成功するコツがわかる
  • 次の会社では長続きする方法がわかる

 

僕、佐藤誠一は5回転職してます。

転職回数は多い方だと思います。

 

でも逆に言えば、5回も転職できたわけです。

現在はWebライターとして、安定して働いてる感じ。

 

結論、転職回数が多くても転職できるので、安心してください。

この記事では、転職回数の数え方や、転職回数が多くても転職に成功するコツを解説します。

 

また、次の会社では長続きするコツも解説。

あなたも次の転職に成功して、安定した人生になりますよ。

転職回数の数え方【勤めた会社の数-1】

転職回数の数え方【勤めた会社の数-1】

転職回数の数え方は「勤めた会社の数-1」です。

イメージは下の図のとおり。

転職回数の数え方

例えば、4社で働いたら、現在の転職回数は3回。

次に転職したら4回となります。

アルバイトやパートは転職回数に含めない

アルバイト・パートは転職回数に含めないのが一般的。

履歴書上では空白期間になりますが、面接で聞かれたら、

つなぎでアルバイトをしてました。

と答えればOKです。

派遣や契約社員は転職回数に含める

派遣や契約社員は、転職回数に含めるのが一般的です。

正社員ではないにせよ、一応社員なので。

 

ちなみに、もし派遣会社が複数の場合は、一番長かった派遣会社だけ書けばOKです。

登録したすべての派遣会社を書く必要はありません。

転職回数は4回以上だと転職が不利

転職回数って、何回目からが不利なの?

結論、次の転職が4回目だと不利です。

なぜなら、「すぐ辞める人」に見えるから。

 

具体的には、下記だとちょっと不利ですね。

  • 20代:次の転職が4回目
  • 30代:次に転職が6回目

この辺は、転職は何回までOK?【3回までがいいけど、対策すれば大丈夫だよ】にまとめてます。

転職は何回までOK?【3回までがいいけど、対策すれば大丈夫だよ】

転職回数をごまかすのは絶対NG

転職回数が多いから、ごまかしてもいいかなぁ…?

結論、転職回数をごまかすのは絶対NGです。

経歴詐称で、詐欺になるから。

 

下記のようなデメリットが待ってます。

  • 内定取り消し
  • 試用期間で解雇
  • ウソつき扱いで働きにくい

ということで、転職回数のごまかしはダメ、絶対。

 

この辺は、【危険】転職回数をごまかすのはNG【ウソつかずに内定をもらう方法】をどうぞ。

【危険】転職回数をごまかすのはNG【ウソつかずに内定をもらう方法】

転職回数が多くても転職に成功する3つのコツ

転職回数が多くても転職に成功する3つのコツ

転職回数が多いから、転職できるか不安だなぁ…

どうしたら、転職回数が多くても転職に成功できるかな?

結論、下記の3つで成功率がグンと上がります。

  1. スキルをアピールする
  2. 面接では反省を伝える
  3. 転職エージェントに助けてもらう

1つずつ解説しますね。

①スキルをアピールする

なぜなら、即戦力なら採用されるから。

転職回数が多くても、すぐに会社の利益になる人なら企業側にメリットありますしね。

 

すぐに利益を出せる=仮にすぐ辞められても黒字なので、かなり有利です。

スキルがないなら身につければいい

でも、アピールできるスキルがないよ…

という人は、スキルを身につければOK。

スキルが身について、採用されやすくなるから。

 

例えば、下記なんかでも良いかと。

  1. プログラミングスクールでプログラミングを学ぶ
  2. 資格スクールで資格を取得する

こういう努力を、企業は評価して採用してくれたりします。

参考:【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

②面接では反省を伝える

理由は、反省から学べる人に見えて好印象だから。

面接で「転職回数が多い理由」を聞かれるので、下記の順番で答えればOKです。

  1. 転職回数が多い理由を伝える
  2. 転職回数が多い反省を伝える
  3. 御社では長く働くと伝える

面接での回答例

具体的なセリフは下記のとおり。

転職回数が多い理由は、スキルアップのためです。

様々な会社で経験を積むことで、スキルアップできました。

 

ただ、たしかに転職回数が多くなってしまったことは反省しています。

なので、次こそは長く安定して働こうと思っています。

 

企業研究をしており、御社を見つけました。

御社ではやりたいこともできるので、御社では長く働いて貢献したいです。

ようは面接官は、「うちもすぐ辞めないかな…?」が心配なので、先回りしてその不安を払拭する感じ。

 

書類選考を通過して面接に進んでる時点で、企業側はあなたに興味があります。

なので、不安を払拭すれば内定率がグッと上がりますよ。

【さらに深掘り】退職理由・転職理由はポジティブにする

面接では退職理由や転職理由を聞かれるので、ポジティブに答えてください。

ポジティブな人に見えて、内定率が上がるから。

 

具体的には下記の感じです。

  1. スキルアップのため
  2. キャリアアップのため
  3. さらにハイレベルな仕事に挑戦したくなった

具体的な答え方は、下記の記事が参考になるかと。

 

ただし、退職理由が「人間関係」の場合は、答え方に注意が必要。

結論、真実を語らない方が無難です。

 

詳しいノウハウは、退職理由が人間関係の場合の伝え方【例文や突っ込まれた対処法も解説】にまとめてます。

退職理由が人間関係の場合の伝え方【例文や突っ込まれた対処法も解説】

③転職エージェントに助けてもらう

転職回数が多い人は、転職エージェントに相談すると良いですね。

彼らは転職のプロなので、転職回数が多くても内定でやすくなるから。

 

具体的には、内定率が高い転職エージェントが良いかなと。

  1. ウズウズ:内定率86%
  2. ジェイック:内定率81.1%

あたりが、割と内定率が高いです。

 

無料なので、とりあえず相談してみて、紹介される求人を見たり、フォロー体制を見ながら行動していけばOK。

「なんか違う」と思ったら、利用をやめればいいだけです。

 

結論、使える武器はすべて使うと、転職回数が多くても転職に成功します。

2社の評判は下記にまとめたので、興味あればどうぞ。

  1. ウズキャリの評判・口コミをまとめてみた【社長に話を聞いてきた】
  2. ジェイックの評判や口コミまとめ【研修のメリットとデメリット】

転職回数が多くてもブラック企業だけは避けよう

転職回数が多いとブラック企業につかまりやすいですが、絶対に避けましょう。

ブラック企業だと、すぐに辞めてしまうから。

 

さらに転職回数が増えて、ますます転職が不利になります。

なかなか内定が出ないで、ようやく出た内定がブラック企業だったとかよくある話。

 

内定承諾をする前に、ブラック企業か見抜きましょう。

具体的な見抜き方は、ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめてます。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

どこにも転職できなかったらフリーランスがあるから大丈夫

転職回数が多いから、もうどこにも転職できなかったらどうしよう…

結論、フリーランスがあるから大丈夫です。

なぜなら、コロナをきっかけにフリーランスに転向した人が多いから。

 

フリーランス=個人事業主ですが、今はクラウドソーシングサービスとかもあるので、割と仕事はあります。

※クラウドソーシング=フリーランスに仕事を紹介してくれるサイト。

 

個人事業主なので、転職回数は一切関係ありません。

具体的には、下記の仕事なんかがありますね。

  1. Webライター
  2. 動画編集
  3. ブロガー

 

最初は稼げないので、アルバイトをしながらスキルを磨きましょう。

頑張って継続すれば、そのうちフリーランス1本でも食っていけます。

 

フリーランスについては、「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】にまとめてます。

「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】

次の転職先では長続きする方法【向いてる仕事を選ぶ】

次の転職先では長続きする方法【向いてる仕事を選ぶ】

また辞めるのが不安な人

もし転職できたとしても、また辞めたくなったらどうしよう…

結論、向いてる仕事に転職しましょう。

なぜなら、向いてる仕事は長続きするから。

 

向いてる仕事だと、

  1. 仕事ができるから心に余裕ができる
  2. 人よりできちゃうから評価される
  3. 仕事が面白くなってますます頑張る
  4. いつの間にか長続きしてる

という好循環ができますよ。

あなたに向いてる仕事を見つける方法

MIIDAS(ミイダス)など、無料の適職診断アプリですぐわかります。

僕もやってみましたが、割と当たってました。

ミイダスの適職診断

無料だし、意外な才能があるかもしれないので、念のためにやっとていそんはないかと。

次の転職先で長続きするヒントになりますよ。

【体験談】向いてる仕事はマジで長続きした

冒頭でもお伝えしましたが、現在の僕はWebライターです。

歴は7年ほどで、けっこう続いてます。

 

たぶん向いてるのかなと。

なぜなら、仕事がうまくいってるから。

 

毎日家でパソコン作業するだけで、年収750万円くらいなので割と幸せです。

仕事自体も好きなので、毎日仕事してます。

特に飽きたりもしませんね。

 

結論、向いてる仕事は長続きするだけでなく、仕事自体も楽しむことができますよ。

まとめ【転職回数の数え方は勤めた会社の数-1。転職回数が多くても大丈夫】

まとめ【転職回数の数え方は勤めた会社の数-1。転職回数が多くても大丈夫】

結論、転職回数が多くても、コツを押さえれば無事に転職できます。

転職って1歳でも若い方が有利なので、転職回数が多い×加齢はマズいですよ。

さっそく転職活動を始めましょう。

 

転職回数が多くても転職に成功するコツは、下記の3つ。

  1. スキルをアピールする
  2. 面接では反省を伝える
  3. 転職エージェントに助けてもらう

 

転職回数が多くても内定率が高い転職エージェントは、下記の2社です。

  1. ウズウズ:内定率86%
  2. ジェイック:内定率81.1%

無料なので、とりあえず相談してみてから、本格的に利用するか決めてもいいくらい。

2社の評判は下記にまとめてます。

  1. ウズキャリの評判・口コミをまとめてみた【社長に話を聞いてきた】
  2. ジェイックの評判や口コミまとめ【研修のメリットとデメリット】

 

また、次の転職先では長続きするように、向いてる仕事を選びましょう。

MIIDAS(ミイダス)など無料の適職診断アプリで、簡単にわかります。

 

結論、転職回数が多くても人生はぜんぜん大丈夫だったので、安心してください。

まずは行動あるのみ。

正しい転職活動をすれば、落ち着いて安定した人生を送れますよ。

 

あなたの人生が安定するきっかけになればうれしいです。