【危険】転職回数をごまかすのはNG【ウソつかずに内定をもらう方法】

【危険】転職回数をごまかすのはNG【ウソつかずに内定をもらう方法】

転職回数をごまかすのってアリ?

転職活動してるんだけど、転職回数が多くて内定が出ない…

 

本当はダメなのはわかってるけど、

転職回数をごまかしたい。

 

転職回数をごまかさなくても内定をもらえる方法を知りたいよ。

こういった疑問や悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職回数をごまかすのはNGだとわかる
  • 転職回数をごまかさなくても内定をもらう方法がわかる
  • 次こそ安定して働いて、もう転職しない方法がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談を受けてきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

転職回数が多いので、ごまかしちゃダメですか?

という質問はけっこうありましたね。

 

結論、転職回数はごまかさない方がいいです。

リスクがデカすぎるので。

 

この記事では、転職回数をごまかさずに内定をもらう方法も解説します。

実際、僕がアドバイスして転職できた人も多いので、信ぴょう性あるかと。

 

転職活動の参考にどうぞ。

【危険】転職回数をごまかすのはNG【リスクがデカすぎる】

【危険】転職回数をごまかすのはNG【リスクがデカすぎる】

転職回数はごまかさない方がいいです。

必ずバレるから。

 

具体的には、

  • 社会保険の履歴
  • 源泉徴収票
  • 保険証
  • 年金手帳
  • 退職証明書

などですぐバレます。

 

面接でうまくごまかせて入社できても、人事や総務の人に上記の書類でバレますよ。

入社後にウソがバレるとやばい

入社後に転職回数のウソがバレると、下記のリスクあり。

  • 懲戒解雇
  • 6ヶ月の使用期間でクビ
  • 社内で信用を失って居づらい
  • 出世や昇給できない
  • 損害賠償

結論、転職回数をごまかすのはリスクがデカすぎます。

転職回数をごまかす罪が重いのは詐欺だから

簡単にいうと、詐欺罪だからです。

詐欺とは、

相手にウソを言って、お金を騙しとろうとする行為

 

なので、転職回数をごまかして給料をもらうのも詐欺ってことですね。

 

一般的には「経歴詐称」といいます。

最悪の場合は損害賠償まで発展するので、マジでやめときましょう。

ウソをつくと、ウソを隠すためのウソも必要

経験ありませんか?

1つウソをつくと、そのウソがばれないようにウソを重ねないといけませんよね。

 

で、最終的に罪悪感に耐えきれなくなって、ゲロっちゃう感じ。

一気に信用を失います。

 

子供のころから言われてきたとおり、ウソをついてはいけません。

【ちなみに】派遣や契約社員は転職回数に含む

一般的に、派遣や契約社員は転職回数に含みます。

派遣社員・契約社員といえども、社員は社員なので転職回数に含むイメージ。

 

ただし派遣の場合、派遣先が何回変わっていても社歴は1社とカウントします。

派遣会社を変えた場合は、転職とみなして転職回数が1増えます。

アルバイトやパートは転職回数に含まないのが一般的

アルバイトやパートは、暗黙の了解で転職回数に含まなくていい感じです。

おそらく、社会保険に加入してないからかと。

 

ただし、アルバイトやパートを履歴書に書かないと空白期間になるので、説明は必要です。

面接のときに聞かれたら答えればいい感じですね。

転職回数をごまかすことなく内定をもらう方法

転職回数をごまかすことなく内定をもらう方法

転職回数をごまかすのは危険だとわかった。

でも、僕の転職回数で内定をもらえるの…?

結論、転職回数をごまかさなくても、内定はもらえます。

転職回数が多い人も、見せ方を変えれば印象が良くなるからです。

転職回数が多い=経験豊富

経験が多いことをアピールしましょう。

経験豊富な人は印象が良いから。

 

例えば、下記のような履歴の人がいるとしましょう。

  • 事務職
  • アパレル販売
  • 不動産の営業
  • インフラエンジニア
  • タクシー運転手

一見めちゃくちゃな履歴ですが、表現を下記のようにすれば好印象です。

コミュニケーションをとれて、パソコンスキルもある

 

転職回数が多いからこそ、

掛け算することで希少性が上がります。

経験×経験=希少性が高い

  • 元料理人Youtuber
  • 元国体選手のアイドル
  • アメリカ人の寿司職人

とかって、◯◯×◯◯となってて希少性を感じますよね。

経験と経験をかけ合わせることで、あなたの希少性も上がる感じ。

 

転職回数が多いと、かけ合わせるネタが多くて有利です。

あなたの経験をかけ合わせて見せ方を変えれば、採用担当者も興味をもってくれますよ。

【コツ】あくまでも応募企業がほしがる見せ方をしましょう

経験と経験をかけ合わせるといっても、応募企業にメリットがないと意味なしです。

ただの自慢になってしまうから。

 

例えば、IT企業に応募するのに、

力仕事も品出しもできます!

ってアピールしても欲しがられません。

 

パソコンの基礎スキルがあるのはもちろん、コミュニケーションスキルもあります

と伝えることで興味をもたれる感じ。

 

必ず、応募企業がほしがるアピールにアレンジしましょう。

【そもそも】転職回数をごまかす人よりは、正直な人の方が印象が良い

転職回数をごまかすよりは、正直に転職回数を伝える方がよほど良いです。

ウソをつく人は、いらないから。

 

というか、面接官は人を見るプロなので、

ウソはすぐバレますよ。

  1. 転職回数を多いことの反省を伝える
  2. 転職回数が多いことで、経験豊富なことを伝える
  3. 経験を活かして、応募企業に貢献できることを伝える

って感じで話せば、採用担当者はわかってくれるものです。

転職回数が多い人の転職活動ノウハウの深掘り

さらに細かいノウハウは、下記のとおり。

内定率がグンと上がります。

  • スキルを身につけてから転職する
  • 転職理由・退職理由をポジティブに伝える
  • 前職までの反省を伝える
  • 向いてる仕事に転職を狙う
  • 中小企業に応募する
  • キャリアカウンセラーに助けてもらう
  • 今回は長く働くことをアピールする

 

この辺の転職ノウハウの詳細は、下記の2記事にまとめたので参考にどうぞ。

これだけやれば、内定はかなり出やすくなります。

次こそ安定して働いて、もう転職しない方法

次こそ安定して働いて、もう転職しない方法

次こそ長く働きたい人

次の会社こそ、安定して長く働きたいな。

もう転職したくない…

という人は、面倒ですがもう1回だけ自己分析をやりましょう。

内定が出ない=合わない会社に応募してるから。

 

もう1回だけでいいので自己分析すると、突破口が見えます。

自己分析=あなたの進むべき道が見える

自己分析は手を抜かずガッチリやった方がいいです。

自分のことをわからないと、どういう会社に応募すればいいかわからないから。

 

あなた自身のことをよくわかって、あなたに合う会社に応募すれば内定でますよ。

万が一、合わない会社に採用されてしまうと、転職してからが地獄です。

 

進むべき道が見えるので、もう1回だけ自己分析をやってみましょう。

カンタンな自己分析のやり方

自己分析ってメンドくさいんだよね…

という人は、【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】をどうぞ。

簡単にできる自己分析の方法をまとめてます。

それでもメンドくさい場合は、無料の適職診断ツールがあるのでやってみてください。

 

結論、自己分析はやり方さえわかればカンタン。

自己分析がブレてなければ転職は成功するので、やってみましょう。

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】

キャリアカウンセラーにあなたに合う企業を紹介してもらう

う~ん、やっぱり、どの会社が自分に合ってるかわからない…

僕が長く安定して働ける会社はどこなんだろう?

という人は、キャリアカウンセラーに相談すればOK。

転職のプロなので、あなたに合う会社を紹介してくれます。

 

キャリアカウンセラーへの相談は、転職エージェントに相談すればOKです。

※在籍してるから。

 

具体的には、下記のことを無料でやってくれます。

  • あなたのヒアリング
  • 適職診断
  • あなたに合う企業の紹介
  • 内定が出やすい履歴書や面接のサポート

転職回数が多いと転職の難易度が高いので、プロに助けてもらうと内定率がグッと上がります。

 

信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

あなたが転職のプロになる必要はないし、無料なので力を借りちゃっても良いかと。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

まとめ【転職回数をごまかすのは危険だから、正々堂々と勝負してOK】

まとめ【転職回数をごまかすのは危険だから、正々堂々と勝負してOK】

この記事をまとめます。

  • 転職回数をごまかすのは、リスクがデカすぎる
  • 最悪の場合、損害賠償とかもあるのでウソはやめておこう
  • 転職回数が多い=経験豊富だとアピールする
  • 経験×経験=希少性アップなので、応募企業がほしがるようにアレンジ
  • 面倒だけどもう1回だけ自己分析してみよう【進むべき道が見えます】

結論、転職回数は正直にいきましょう。

そして、本気で転職したいなら記事の内容を実践してみてください。

 

行動を変えれば、結果が変わります。

 

ちなみに、記事内で紹介した信頼できるキャリアカウンセラー(転職エージェント)は、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

1つ1つやっていけば、内定は出るので安心してください。

あなたが無事に転職できることを祈っています。