【悲報】転職回数10回以上は厳しい【大丈夫、自信を取り戻せます】

【悲報】転職回数10回以上は厳しい【大丈夫、自信を取り戻せます】

10回以上転職してる人

転職回数10回以上って、転職できるの?

もう難しいのかな…?

 

今の会社こそ長く続けようと思ったけど、もう辞めたい。

また転職しようとしてる自分に嫌気がさす…

どうして僕はこんなに我慢できないんだろう…

 

転職回数10回以上でも、転職できる方法はあるのかな?

正直、自信をもって生きたいよ…

こういった悩みに答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職回数10回以上は転職が難しいとわかる
  • 転職回数10回以上で転職できる方法がわかる
  • もう転職できなくても自信を取り戻す方法がわかる

 

僕、佐藤誠一はフリーランスのWebライターです。

転職回数は5回。

フリーターもやってたんですが、アルバイトの転職も含めると10回以上の転職をしてます。

 

結論、転職回数10回以上でも人生は大丈夫。

現在の僕は年収750万円くらいで、自信をもててます。

 

転職回数10回以上の僕が書いた記事なので、かなり信ぴょう性があるかと。

どうすれば自信を取り戻せるかも解説するので、参考にどうぞ。

【悲報】転職回数10回以上は厳しい

【悲報】転職回数10回以上は厳しい

残念ながら、転職回数10回以上だと次の転職は難しいです。

すぐ辞める人に見えるから。

次こそ長く働きます!

と言っても説得力がないので、なかなか信じてもらえません。

あなたが採用担当者だったら、ちょっと不安ですよね。

ハイスキルの人じゃないと転職回数10回以上は難しい

転職回数10回以上でも転職できる人はいますが、ハイスキルな人だけです。

スキルがあれば転職回数は関係ないから。

 

具体的には、下記のようなスキルがあれば大丈夫。

  • 営業スキル
  • プログラミングスキル
  • Webマーケティングスキル
  • 施工管理スキル
  • 各種免許

でも、これらのスキルがない人の転職は、かなり難しいです。

転職回数10回以上の履歴書は真っ黒でビックリされる

転職回数10回以上だと、書類選考すら通らないことも増えます。

履歴書が真っ黒でビックリされるから。

 

わかりやすくいうと、ちょっと引かれるのでかなり苦戦します。

転職エージェントに相談しても門前払いが多い

転職エージェントに相談しても、ほとんど相手にしてもらえません。

あくまで商売なので、転職できる人を相手にしたいから。

転職エージェント

あなたに紹介できる求人はありません。

と言われるのがオチです。

転職回数10回以上だと派遣やアルバイトが現実的

現実的には、派遣やアルバイトで仕事をすることになります。

正社員より採用のハードルが低いので。

 

ただし、40歳をすぎると派遣やアルバイトも仕事が減るので、いよいよ危険な状態に。

転職回数10回以上でも、30代のうちに抜け出さないとヤバいです。

転職回数10回以上でも転職する3つの方法

転職回数10回以上でも転職する3つの方法

転職回数10回以上でも、一応、正社員で転職できる方法はあります。

具体的には下記の3つ。

  1. 採用されやすい会社を選ぶ
  2. 中小企業を狙う
  3. ハローワークを使う

100%とは言いませんが、正社員で転職できる可能性あり。

 

どうしても正社員で転職したい人は、実践してみましょう。

1つずつ解説します。

①採用されやすい会社を選ぶ

採用されやすい会社があるので、狙いましょう。

転職回数を気にしない会社もあるので。

 

具体的には下記のような会社ですね。

  • タクシー会社
  • 運送会社(運転手)
  • 介護

タクシーやトラックは、免許がなくても入社できる会社もあります。

会社が免許取得費用を出してくれるので。

※ただし、早期退職すると免許取得費用を請求されることも。

 

介護は資格は不要です。

いずれも激務の仕事なので、覚悟は必要ですが。

②中小企業を狙う

人柄重視の会社が多いので。

あまり転職回数を気にしてない会社も多いです。

 

友人・知人にあたってみるのも良いかと。

意外なところで社長さんとつながってて、隠れた求人を紹介してくれることもあります。

特に保険屋さんなんかは、中小企業の求人情報をもってますよ。

 

この辺は、転職回数が多い20代の転職活動の10のコツ【フリーランスもアリ】で少し触れてるのでどうぞ。

転職回数が多い20代の転職活動の10のコツ【フリーランスもアリ】

③ハローワークを使う

転職エージェントのように、門前払いされないから。

公共機関なので、誰でも対応をしてくれます。

 

職業訓練とかもあるので、転職できる可能性が上がりますよ。

ハローワークについては、第二新卒がハローワークを使うメリットとデメリット【ブラックあり】にまとめたのでどうぞ。

第二新卒がハローワークを使うメリットとデメリット【ブラックあり】

ただしブラック企業に注意

転職回数が多い人でも転職できる会社は、

ブラック企業の確率が高いので要注意。

誰でもいいから採用して、使い倒す気です。

 

入社前にブラック企業を見抜く方法は、

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめてます。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

【厳禁】転職回数はごまかしちゃダメ、絶対

転職回数って、ごまかしちゃいけないの?

10回以上転職してるんだし、ちょっとごまかしてもわかんないんじゃない?

結論、転職回数をごまかすのはNGです。

必ずバレるから。

 

社会保険とか源泉徴収とかで、すぐにバレます。

「ウソをついた」という事実は、かなり重い罪。

経歴詐称、つまり詐欺だからです。

 

この辺は、【危険】転職回数をごまかすのはNG【ウソつかずに内定をもらう方法】にまとめてます。

【危険】転職回数をごまかすのはNG【ウソつかずに内定をもらう方法】

転職回数10回以上で、もう転職できない場合の進路【自信を取り戻せる】

転職回数10回以上で、もう転職できない場合の進路【自信を取り戻せる】

もう転職できなかったらどうしよう…

俺の人生オワリ…?

結論、大丈夫です。

なぜなら、サラリーマンだけが人生じゃないから。

 

手に職をつければ、サラリーマンじゃなくても稼げますよ。

事実、現在の僕はフリーランスのWebライターで、年収750万円くらいです。

 

転職できなくても自信を取り戻せるので、個人的にはけっこうおすすめ。

転職回数が多くても食っていける手に職3選

今後も食っていける手に職は、下記の3つ。

  1. プログラミング
  2. Webライター
  3. 動画編集

どれも需要が大きく、今後も需要が続きます。

 

上記のどれか1つを身につければ、転職回数関係なく食べていけますよ。

1つずつ解説します。

①プログラミング

プログラミングができるメリットは、下記の2つ。

  1. 転職回数が多くても、転職できる
  2. 在宅のフリーランスでも稼げる

プログラマーは不足してるので、スキルがあれば重宝されます。

 

今はクラウドソーシングといって、フリーランス(個人事業主)向けに仕事を紹介してくれるサービスもあるので、きちんと稼げます。

プログラマーの需要は、【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】にまとめてるので、興味あればどうぞ。

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

プログラミングは未経験からでも習得可能

特に、大学とか専門学校にいく必要なしです。

独学でも学べるから。

 

ただし、急ぐ人はプログラミングスクールに通った方がいいですね。

短期間で基礎スキルが身につくから。

 

おすすめのプログラミングスクールは、

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】にまとめてます。

 

受講料はかかりますが、プログラマーになれば余裕で回収できますよ。

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

②Webライター

僕の職業です。

文章を書く仕事なので、参入障壁は低め。

 

最初は単価が安いですが、慣れると時給5000円以上いけますね。

詳しくは、Webライターは未経験から始められる【仕事内容・収入・始め方も解説】をどうぞ。

Webライターは未経験から始められる【仕事内容・収入・始め方も解説】

僕のYoutubeでも解説してるので、動画が良い人はこちらも。

③動画編集

2020年以降は、動画編集がおすすめ。

なぜなら、多くの企業がYoutubeに参入してくるからです。

 

今から動画編集スキルを身につければ、普通に動画編集で食っていけるかと。

【朗報】動画編集は難しくない

僕も動画編集をやってみたんですが、ぶっちゃけ簡単でした。

もちろん細かいスキルはキリないと思いますが、最低限の品質にするなら1ヶ月もやれば身につきます。

 

唯一のデメリットは、手間がかかること。

もくもくと作業するのが好きな人に向く感じですね。

 

興味あれば、iMovieとかで試してみましょう。

無料で練習できます。

転職回数10回以上=サラリーマンが合ってないだけなので大丈夫

転職回数10回以上=サラリーマンが合ってないだけなので大丈夫

自信がない人

10回以上も転職して、僕はダメ人間なんだろうか…?

と気にしなくて大丈夫。

シンプルに、サラリーマンが合ってないだけなので。

 

サラリーマンって働き方の1つでしかないし、合ってないなら他の働き方があるだけ。

感情的にならず、ドライにとらえましょう。

僕もサラリーマンが合ってなかった

  • 通勤
  • 職場の人間関係
  • 日曜日の憂鬱

などなど、僕はサラリーマンで働くのが大嫌いでした。

なので、本気でサラリーマン以外の生き方を目指した感じ。

 

結果的に、毎日家でのんきにパソコン作業して年収750万円くらいなので、けっこう幸せです。

本気でつかみにいけば、つかめる感じでしたよ。

 

なので、転職できなくても大丈夫。

他の生き方があるので、あなたはダメじゃないです。

まとめ【転職回数10回以上は厳しいけど、他の生き方があるから大丈夫】

まとめ【転職回数10回以上は厳しいけど、他の生き方があるから大丈夫】

この記事をまとめます。

  • 転職回数10回以上だと、転職は難しい
  • 正社員の転職を目指すなら、採用されやすい会社や中小企業を狙う
  • ハローワークにも相談してみて
  • 手に職をつければ、サラリーマン以外でも食っていける
  • プログラミング、Webライター、動画編集がおすすめ

本気で人生を変えたいなら、すぐに行動しましょう。

早く行動するほど、早く自信を取り戻せるから。

 

迷ってる時間は無駄なので、即行動です。

 

ちなみに、この記事で紹介したおすすめのプログラミングスクールは、

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】にまとめてます。

 

また、Webライターに興味ある人は、

Webライターは未経験から始められる【仕事内容・収入・始め方も解説】をどうぞ。

 

転職回数が多くても、人生はぜんぜん問題なしです。

行動して手に職さえつければ大丈夫なので、行動あるのみです。

 

あなたの人生が好転するきっかけになればうれしいです。