転職エージェントを使わないでも転職できます【どっちでもいい】

転職エージェントを使わないほうがいいケース5選【頼らなくてOK】

転職エージェントを使わないでも転職に成功できるの?

具体的な転職活動のコツを知りたいな。

どういう人は転職エージェントを使わない方がいいのかな?

 

ただ、転職エージェントを使わないデメリットがあるなら知っておきたい。

結局のところ、転職エージェントって使った方がいいの?使わなくていいの?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  1. 転職エージェントを使わないでも転職できるとわかる
  2. 転職エージェントを使わない転職活動の方法がわかる
  3. 転職エージェントを使わないメリットとデメリットがわかる
  4. 結局、転職エージェントを使った方がいいのか、使わない方がいいのかわかる

 

僕、佐藤誠一は5回転職してます。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 成功or失敗
21~22歳 国家公務員 失敗(ブラックだった)
22~26歳 フリーター 成功(人間関係が良好)
26~31歳 保険会社の営業 失敗(多重債務になった)
31~33歳 保険代理店の営業 失敗(破産した)
33~36歳 ベンチャー企業のWebマーケティング営業 仕事は成功したが、人間関係で失敗
36歳~現在 フリーランスのWebライター 成功(ノマド生活最高)

実は、転職エージェントを使ったことはありません。

結論、転職エージェントを使わなくても転職できます。

上記のとおり、転職エージェントを使わなくても転職に成功できたから。

 

ただし、

転職エージェントに相談しときゃよかったなぁ…

後悔したことはあります。

保険会社の営業に転職する前に、「第三者の意見を聞く」という意味で転職エージェントに相談しとけばよかったと後悔してます。

もし相談してたら、破産せずに済んだかもしれないので。

 

転職エージェントを使わずに5回も転職した僕が、転職エージェントを使わない転職のコツや、転職エージェントを使わないデメリットを解説するので信ぴょう性があるかと。

転職に失敗しないためにも参考にどうぞ。

目次

転職エージェントを使わないでも転職できます【転職に成功も可能】

転職エージェントを使わないでも転職できます【転職に成功も可能】

結論、転職エージェントを使わないでも転職は可能です。

僕を含め、転職エージェントを使わないで転職してる人はたくさんいるから。

転職エージェントは「転職活動方法の1つ」でしかないので、必ず使わなきゃいけないわけじゃないです。

転職エージェントを使わない6つの転職活動方法【割と簡単】

転職エージェントを使わない6つの転職活動方法【割と簡単】

転職エージェントを使わない場合は、具体的にどうやって転職活動すればいいの?

具体的には、下記の6つの方法があります。

  1. 企業の採用ページから直接応募
  2. 友人・知人の紹介
  3. 転職サイト
  4. 転職アプリ
  5. SNS
  6. ハローワーク

どれも簡単なので、やってみてください。

1つずつ解説しますね。

①企業の採用ページから直接応募

一番シンプルな方法ですが、企業のホームページの採用ページから直接連絡すればOKです。

  • 履歴書
  • 職務経歴書

など必要なものがホームページに記載されてるので、それに従えばいいだけ。

企業によっては採用ページを用意してるので、そこからエントリーすればOK。

②友人・知人の紹介

友人・知人に聞いて、求人してる企業を紹介してもらう方法もアリです。

転職エージェントとか、転職サイトに出てないような掘り出し物求人があることも。

 

ただし、友人・知人の紹介だと辞めにくいので要注意。

この辺は、友人や知人の紹介で転職するデメリット5選【人間関係を壊さない方法】で触れてます。

友人や知人の紹介で転職するデメリット5選【人間関係を壊さない方法】

③転職サイト

たくさんの求人を比較したいなら、転職サイトが便利ですね。

スマホでいつでも求人をチェックできます。

下記のような大手転職サイトにいくつか登録すれば十分だと思います。

  1. リクナビNEXT
  2. doda
  3. マイナビ転職

気に入った求人があれば、直接応募すればOK。

④転職アプリ

スカウトメールが届くアプリも有効かなと。

MIIDAS(ミイダス)とかが有名です。

企業と直接やりとりできるし、自己分析とか適職診断もできますよ。

ミイダス

ミイダスの適職診断

無料なので、情報収集の一環でダウンロードしといて損はないかと。

気に入った求人があれば、詳しく話を聞いてみるといいと思います。

⑤SNS

SNSでも転職活動は十分可能。

企業と直接やり取りできるからです。

具体的なSNSは下記のとおり。

企業が普通にアカウントを作って募集してるので、直接応募すればOKです。

⑥ハローワーク

一応、ハローワークという手もありますが、あまりおすすめしません。

ブラック企業の求人票も混ざってるから。

 

ハローワークは公的機関なので、企業差別ができないことが原因です。

この辺は、ハローワークで転職に失敗する5つの理由【使わない方がいいですよ】にまとめてます。

ハローワークで転職に失敗する5つの理由【使わない方がいいですよ】

転職エージェントを使わないで転職に成功するコツ

転職エージェントを使わないで転職に成功するコツ

転職エージェントを使わないと直接応募が多いね…

やっぱり1人で転職活動するのは不安だなぁ…

転職エージェントを使わないで転職に成功するコツってある?

結論、下記の3つだけでもけっこう失敗を防げます。

  1. 先に転職の軸を決める
  2. 職場見学させてもらう
  3. わからないことは面接で聞く

職場見学は必ずさせてもらいましょう。

実際に働く現場を見れば、なんか雰囲気がわかるから。

どんなに条件が良くても、なんか暗い職場だったら避けたほうがいいかと。

※この辺はフィーリングを頼ってOK。

 

あと、わからないことは面接で聞いて大丈夫ですよ。

面接って、応募者にも聞く権利があるから。

あくまで関係は50:50なので、企業分析でわからなかったことはズケズケと聞きましょう。

  • 給料
  • 残業
  • 休日

とかも普通に聞いてOK。

給料とか残業とか休日のことを聞いたら、印象が悪くなるんじゃないの?

と思うかもですが、最近のまともな企業は、給料・残業・休日のことも普通に答えてくれます。

なぜなら、隠すことがないから。

 

反対に、給料・残業・休日の質問をしてイヤな顔をされたら、なんか裏があるかもです。

この辺は、転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】にまとめてます。

転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】

転職エージェントを使わない方がいい転職のケース5選

転職エージェントを使わないほうがいいケース5選

ちなみに、転職エージェントを使わない方がいい転職ってあるの?

転職エージェントを使わなくていいのは、下記の5つのケースです。

  1. 転職したい会社が決まってる
  2. 他社から誘われてる
  3. 転職エージェントを使ってない企業に転職したい
  4. マニアックな転職したい
  5. 田舎で転職したい

当てはまるなら、1人で転職活動を始めましょう。

1つずつ解説します。

①転職したい会社が決まってる

わざわざ転職エージェントを通す必要がないから。

具体的には、企業の採用ページから直接応募すればOKです。

※というか、これが一般的な転職活動方法ですね。

②他社から誘われてる

うちにこない?

と声をかけられてて行く気になってるなら、転職エージェントはもちろん不要。

会社と直接やりとりして、転職しましょう。

③転職エージェントを使ってない企業に転職したい

転職エージェントに相談しても、紹介してくれないから。

具体的には、企業のホームページから直接応募して、面接を受けましょう。

④マニアックな転職したい

転職エージェントが扱ってないから。

例えば、

研究員

マニアックな研究職に転職したい!

という場合は、転職先を探して直接応募でOK。

マニアック=商売にならないので、転職エージェントの守備範囲じゃないです。

⑤田舎で転職したい

田舎には転職エージェントがないから。

こちらも、直接企業に連絡して面接を受けましょう。

田舎は「人を採用するのにお金を払う」という感覚がないので、転職エージェントを使ってません。

転職エージェントを使わない3つのメリット

転職エージェントを使わない3つのメリット

転職エージェントを使わないメリットをまとめると、どんな感じ?

結論、下記の3つがメリットですね。

  1. 転職活動をショートカットできる
  2. 転職先の選択肢が無限大になる
  3. 転職エージェントの担当者に左右されない

1つずつ解説します。

【メリット①】転職活動をショートカットできる

なぜなら、転職エージェントを経由する必要がないから。

  1. キャリアカウンセリングを受ける
  2. 求人の紹介を受ける
  3. 履歴書や職務経歴書に書く内容を考えてもらう
  4. 面接の台本を作ってもらって練習する

などの手順を踏まなくていいので、あなたのペースで転職活動できます。

ただし、上記はあなた1人で転職活動するときもやらなきゃいけないことなので、一緒っちゃ一緒ですね。

【メリット②】転職先の選択肢が無限大になる

なぜなら、あなた1人で転職活動すれば、どこでも応募できるから。

例えばあなたが「トヨタ自動車に転職したい!」と思えば、応募できますよ。

転職エージェントだと「可能性が低いから辞めといた方がいい」と言われて、応募させてくれない可能性大です。

 

ただし、実際に希望の会社に採用されるかは別問題。

自由に応募できるけど、採用されなかったら時間と労力がムダになってしまいます。

【メリット③】転職エージェントの担当者に左右されない

転職エージェントを使って転職するとき、成功or失敗を左右するのは、ぶっちゃけ担当者次第です。

  1. あなたと担当者との相性
  2. 担当者のスキル

で結果が左右されてしまう感じですね。

※転職エージェントも人間なので、担当者のスキルを均一に保つことは難しいです。

 

たまたま相性がよくてハイスキルな担当者にあたれば成功しやすいですが、担当者は運なのでこの辺はなんとも言えないところ。

あなた1人で転職活動すれば、担当者の相性とかスキルとか関係ないので左右されません。

ただし、1人で転職活動することになるので、あなた自身が転職活動に慣れてないと失敗する危険性もあります。

転職エージェントを使わない3つのデメリット【僕は失敗した】

転職エージェントを使わない3つのデメリット【僕は失敗した】

反対に、転職エージェントを使わないデメリットって何なの?

具体的には下記の3つ。

  1. 第三者の声が入らず客観的に判断できない
  2. 転職活動の手間が増える
  3. 公開求人しか応募できない

冒頭でもお伝えしたとおり、僕は転職に失敗した経験もあります。

第三者の意見を入れずに保険営業に転職してしまい、破産しています。

そのときは、

転職エージェントに相談しときゃよかった…

後悔しました。

僕の体験談も含めて、転職エージェントを使わないデメリットを解説します。

【デメリット①】第三者の声が入らず客観的に判断できない

1人で転職活動すると、どうしても主観的な判断しかできないから。

第三者の声が入らないので、下記のリスクがあります。

  1. 的外れな企業に応募してしまう
  2. 向いてない仕事に応募してしまう
  3. 向いてる仕事に気付けない
  4. ブラック企業に転職してしまう

転職エージェントがやってくれること

下記をやってくれるのがメリットかなと。

  1. 適職診断してくれる
  2. 適職診断結果をもとに、あなたと相性がよい求人を見せてくれる
  3. ブラック企業をできるだけ避けてくれる

転職エージェントって、紹介した人が短期間で退職したら、紹介先の企業に人材紹介料を返金しないといけないんです。

なので、あなたに向いてない仕事とか、ブラック企業を紹介しちゃうと、返金の嵐になってしまいます。

 

転職エージェントも商売なので、返金は避けたいところ。

だから、あなたにできるだけ合いそうな求人を紹介しようと努力してくれる感じですね。

【失敗談】僕は転職エージェントに相談しないで7年ムダにした

冒頭で僕の経歴を紹介しましたが、ぶっちゃけ下記の2つの仕事は経験しなくてよかったかなと思ってます。

年齢 職業 成功or失敗
26〜31歳 保険会社の営業 失敗(多重債務になった)
31〜33歳 保険代理店の営業 失敗(破産した)

26歳で保険会社の営業に転職する前に、転職エージェントに相談して第三者の声を入れとけばよかったと後悔してます。

そしたら、破産せずに済んだかもしれないのに…

もちろん、営業スキルが身についたことは財産になりましたが、あまり良い思い出ではありません。

 

その後、33歳でWebマーケティングの営業、36歳でWebライターに転職しましたが、これはかなり向いてました。

安定して稼げるし、収入も右肩上がりで、正直楽しいです。

 

個人的な意見ですが、転職エージェントで転職するかどうかは置いといても、相談くらいはして損がないと思います。

僕のように7年もムダにしてほしくないので、超本音のアドバイス。

【デメリット②】転職活動の手間が増える

1人の転職活動は、ハッキリ言って手間です。

  1. 応募する企業選び
  2. スケジュール管理
  3. 企業とのやりとり

を全部あなたがやらないといけないので。

転職エージェントは、この辺の面倒な作業を全部やってくれるのがメリット。

履歴書や面接の対策をしないといけない

転職のプロでもないのに、あなた1人で履歴書や面接対策をするのも辛いところ。

履歴書や面接も、転職エージェントが無料で対策してくれます。

 

また、面接が終わった後に、転職エージェントが採用担当者の背中を押してくれるのもメリットですね。

◯◯さんは、ああ見えてすごく頑張り屋さんなんですよ。

と第三者話法が使えるので、内定率は上がります。

年収交渉もやりにくい

1人で転職活動すると、年収交渉もやりにくいです。

だって、自分から「給料もっとくれ」って言いにくいじゃないですか。

 

この辺も、転職エージェントが裏で交渉してくれます。

第三者から言ってもらうので、嫌らしくありません。

【デメリット③】公開求人しか応募できない

あなた1人で転職活動すると、基本的には公開されてる求人しか応募できません。

だって、それしか情報がないから。

非公開求人、つまり「掘り出し物求人」に応募できません。

 

非公開求人をもってるのも転職エージェントの強み。

大手の転職エージェントはたくさん非公開求人をもってるので、世に出ない掘り出し物求人を見ることができます。

 

転職エージェントを使うかどうかは置いといて、一応、非公開求人もチェックしておきたい人は、登録だけして求人情報を見せてもらうのもアリかなと。

※ビミョーなら断ればいいだけ。

非公開求人がある転職エージェントは、下記の3つですかね。

  1. doda:求人数は約10万件で非公開求人も多数
  2. マイナビエージェント:こちらも大手。非公開求人が多数
  3. 【パソナキャリア】:こちらも大手で非公開求人多数。女性にも強い。

 

3社の評判は、下記の3記事にまとめたのでどうぞ。

  1. doda(デューダ)の評判や口コミのまとめ【期限は3ヶ月まで】
  2. マイナビエージェントの評判や口コミまとめ【サポート無制限を使う】
  3. パソナキャリアの評判・口コミ【担当者を指名できるのが唯一無二】

転職エージェントは使った方がいい?使わなくていい?【答え:どっちでもいい】

【結論】転職エージェントは使わなくていい【結果がすべて】

結局、転職エージェントって使わなくていいの?

それとも、使った方がいいの?

結論、どっちでもいいです。

なぜなら、大事なのは転職エージェントを使うかどうかではなく、転職する会社選びだから。

 

「あなたに合う会社に転職すること」がゴールなので、道筋はなんでもいいと思います。

転職エージェントで良い会社を見つければそれでいいし、転職サイトとかで良い会社を見つければそれもOK。

 

転職エージェントを使うかどうかで迷うのは「目的と手段の混同」でして、そこはあまりこだわるところじゃないです。

例えば「ハワイに行く」が目的なら、ANAで行こうがJALで行こうが、行ければどっちでもいいですよね。

複数の転職活動方法を試せばいい

転職エージェントを使うべきか…

と悩むのは時間がもったいないので、いろいろ試しながら考える方が時短できますよ。

下記のうち、気になるものは試してみればOKかと。

  1. 企業の採用ページから直接応募
  2. 友人・知人の紹介
  3. 転職サイト
  4. 転職アプリ
  5. SNS
  6. ハローワーク
  7. 転職エージェント

できそうなものから試してみて、良さげな求人を探せばいいだけです。

マジで経路はなんでもいいし、いろんな経路を試すことで、より良い求人が見つかります。

転職エージェントに登録してから断っても大丈夫

なぜなら、無料だから。

無料=リスクがないので、転職エージェントが気になるならとりあえず登録して、まずは求人情報を見てから判断すればいいと思います。

 

「転職エージェントに登録したら、絶対に転職エージェントで転職しなきゃいけない」とかのルールもないので、紹介される求人がビミョーなら断ればいいだけかなと。

転職エージェントの利用を断る方法は、転職エージェントの断り方【メールの例文付き、パクって送ればOK】で詳しく解説してます。

結論、メール1本で辞められるので、転職エージェントを利用するのに覚悟は不要です。

転職エージェントの断り方【メールの例文付き、パクって送ればOK】

転職に失敗したくないなら分散投資

投資の世界の「分散投資」と一緒です。

一箇所に投資すると危ないから、投資先を分散してリスクを下げる方法。

 

転職もこれと一緒でして、不安だったら分散すればOK。

  1. 直接応募しつつ
  2. 転職エージェントに登録しつつ
  3. 求人サイトを見つつ
  4. SNSもチェックして
  5. 友人・知人にも声をかけとく

というくらい行動すれば、良い転職はできますよ。

 

例えば、まず転職エージェントに登録して、求人の紹介を待つ間に自分で転職活動するとかもアリ。

結論、転職も分散投資してリスクを下げましょう。

まとめ【転職エージェントを使わないでも転職に成功できる。いろいろ試せばOK】

まとめ【転職エージェントを使わないほうがいいケースはあるけど、分散すればOK】

ということで、転職エージェントを使わなくても転職できるので、さっそく転職活動を始めましょう。

 

当たり前ですが、良い求人ほど他の人に取られていくし、今も取られてますよ。

来週にはあなたに合う求人がなくなってることもあるので、けっこうな損失かと。

 

転職エージェントを使うべきか?

を考えるのに時間を使うのはもったいないので、興味ある方法から試せばいいだけだと思います。

求人を探す方法は下記の7つがあるので、できそうなことから始めてみましょう。

  1. 企業の採用ページから直接応募
  2. 友人・知人の紹介
  3. 転職サイト
  4. 転職アプリ
  5. SNS
  6. ハローワーク
  7. 転職エージェント

 

転職サイトは、下記のような大手サイトにいくつか登録して、求人をチェックすればOKだと思います。

  1. リクナビNEXT
  2. doda
  3. マイナビ転職

 

転職アプリは、ミイダスとかが良いかなと。

自己分析も適職診断もできちゃいます。

 

念のため非公開求人もチェックしたい場合は、下記のような大手転職エージェントで非公開求人を見せてもらうといいと思います。

  1. doda:求人数は約10万件で非公開求人も多数
  2. マイナビエージェント:こちらも大手。非公開求人が多数
  3. 【パソナキャリア】:こちらも大手で非公開求人多数。女性にも強い。

 

ちなみに転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】を参考にどうぞ。

 

てことで、あとは行動あるのみ。

今日から一歩を踏み出してみてください( ̄^ ̄)ゞ

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】