転職エージェントのメリット7選【今より良い会社に転職する方法】

転職エージェントのメリット7選【今より良い会社に転職する方法】

転職エージェントのメリットを知りたいな。

なんか良さげだけど、実際どうなんだろう?

僕は使った方がいいのかな?

 

あと、なんかデメリットはないの?

今より良い会社に転職したいから、良さそうなら使ってみようかな…

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職エージェントのメリットとデメリットがわかる
  • 求人サイトやハローワークとの違いがわかる
  • あなたは転職エージェントを使った方がいいかわかる
  • 今より良い会社に転職する方法がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

 

転職エージェントを使うメリットって何ですか?

という質問は、かなりありましたね。

 

個人的には、転職エージェントは使っといた方がいいと思います。

なぜなら、無料で情報収集できるから。

嫌なら途中で辞めればいいだけだし、本気で良い転職をしたいなら情報は取りにいくべきかと。

 

最終的な判断は自分でできるので、

転職エージェントに相談するべきか…

で時間を使うのはもったいないです。

結論、良い転職ができそうな可能性があることは、全部やってみるのがおすすめ。

 

この記事では、転職エージェントのメリットデメリットをまとめたので、利用するか判断基準にしてみてください。

転職エージェントを使っても使わなくても、今より良い会社に転職する方法がわかるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

転職エージェントのメリット7選

転職エージェントのメリット7選

結論、転職エージェントのメリットは下記の7つです。

  1. どんなに使っても無料
  2. とりあえず話を聞くだけもOK
  3. 適職診断してくれる
  4. あなたに合う会社を選んでくれる
  5. 内定が出やすい履歴書や面接の内容を考えてくれる
  6. 内定が出やすくなるようにプッシュしてくれる
  7. 年収交渉してくれる

1つずつ解説します。

①どんなに使っても無料

転職エージェントは、どこまで使っても無料です。

企業側からお金をもらうビジネスなので。

 

例えば、あなたが転職エージェント経由で転職すると、転職エージェントは企業から「紹介料」をもらって儲けています。

相談者側はすべて無料なので、使い倒していいですよ。

 

「とりあえず相談して、嫌だったら辞める」とかも全然OKです。

②とりあえず話を聞くだけもOK

「とりあえず話だけ聞いて、転職しない」とかもOKです。

なぜなら無料だから。

 

例えば、下記のような利用法もアリです。

  • 自分の市場価値だけ聞いて、相談をやめる
  • 転職の悩み相談だけして、相談を辞める
  • 転職エージェントに履歴書や面接の対策だけしてもらって、意中の企業に自分で応募する

「転職エージェントに相談したら、絶対に転職エージェントで転職しないといけない」みたいなルールはないので、とりあえず話を聞くのもアリですよ。

③適職診断してくれる

各社が独自の適職診断ツールをもっているからです。

例えば、「未経験の仕事に転職したいけど、どの業界や職種がいいかわからない人」は、転職エージェントに相談する価値あり。

 

前述のとおり、途中で相談を辞めてもいいので、適職診断だけ受けて終わりとかもOKです。

④あなたに合う会社を選んでくれる

ヒアリングしてくれて、プロのキャリアカウンセラーが企業を選定してくれます。

転職先候補って多ければ良いように思いますが、実際は多すぎると選べません。

なので、転職エージェントが絞ってくれるイメージですね。

 

求人サイトを見てても、

どれが自分に合う会社かわからない…

という人は、転職エージェントに相談しても良いかもです。

⑤内定が出やすい履歴書や面接の内容を考えてくれる

転職エージェントは、応募する企業のことをよく知ってるからです。

応募企業ごとに対策してくれるので、内定率はかなり上がります。

⑥内定が出やすくなるようにプッシュしてくれる

転職エージェントも、あなたが転職してくれないと儲からないから。

例えばこんな感じ。

プッシュする転職エージェント

◯◯さん(あなた)は、ああ見えてかなりガッツのある人なんです。

前職では、かなり良い評価をもらってたんですよ。

 

こういうのって、第三者に言ってもらうと効果的ですよね。

面接が終わった後もプッシュしてくれるので、内定率が高いです。

⑦年収交渉してくれる

年収が高い方が、転職エージェントも儲かるから。

転職エージェントの報酬って、転職する人の年収×30%くらいが相場でして、ようは年収が高い人の方が儲かるんです。

 

なので、あなたの年収を少しでも上げたい感じ。

利害が一致するので、あなたにもメリットありです。

 

自分で企業に応募しちゃうと年収交渉はやりにくいので、この辺はメリットかなと。

転職エージェントのデメリット5選

反対に、転職エージェントのデメリットは下記の5つ。

  1. 転職先の選択肢がせまくなる
  2. 担当者が悪いとうまくいかない
  3. ミスマッチ求人に転職させられることがある
  4. 転職を急かされることがある
  5. 攻めの転職ができない

 

詳しくは、転職エージェントのデメリット5選【失敗しない使い方がわかります】にまとめてます。

転職エージェントのデメリット5選【失敗しない使い方がわかります】

転職エージェントの上手な使い方

転職エージェントのメリットとデメリットはわかったけど、どうすれば良い利用ができるの?

結論、下記の3つです。

  1. 自分から積極的に行動する
  2. 転職エージェントに転職先を決めさせない
  3. 紹介された企業は口コミサイトでチェック

この3つで、転職エージェントの良い部分を利用しつつ、デメリットを排除できます。

 

詳しくは、転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】にまとめてます。

転職エージェントの選び方も解説してるので、参考にどうぞ。

転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】

【体験談】僕は転職エージェントを使わず失敗しました

ちなみに僕は、転職エージェントを使わずに失敗したタイプです。

現在はWebライターをやってて、天職だと思うくらい楽しいです。

 

ですが、Webライターの仕事に出会うまでに、15年もかかってしまいました。

年齢 職業 やめた理由
21~22歳 郵便局 ブラックだった
22~26歳 フリーター 就職が決まったから
26~31歳 保険会社の営業 多重債務になったから
31~33歳 保険代理店の営業 破産したから
33~36歳 ベンチャー企業の営業 社長と合わず
36歳~現在 Webライター

22歳で郵便局をやめた時点で転職エージェントに相談してれば、こんなに遠回りしないで済んだのに…

5回も転職して、15年も遠回りしたのは、かなり後悔してます。

 

こうなりたくない人は、情報収集のつもりでもいいから、転職エージェントの話も聞いてみて損はないと思います。

転職エージェントを使わずに失敗した僕の、かなり強い主張です。

転職エージェントと転職サイト・ハローワークの違い

転職エージェントと転職サイト・ハローワークの違い

ちなみに、転職エージェントと転職サイト・ハローワークって何が違うの?

違いを解説しますね。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェント 転職サイト
料金 無料 無料
相談 可能 不可能
担当者 あり なし
適職診断 あり なし
企業選定 あり なし
非公開求人 あり なし
履歴書添削 あり なし
面接対策 あり なし
面接日時の調整 あり なし
企業とのやりとり 代行してくれる 非対応
年収交渉 あり なし
アフターフォロー あり なし

簡単にいうと、転職サイトは「ぜんぶ自分でやらないといけない」ってことです。

転職エージェントは応募企業との連絡も代行してくれるので、けっこう楽ですよ。

転職エージェントとハローワークの違い

転職エージェント ハローワーク
料金 無料 無料
相談 可能 可能
担当者 あり あり
企業選定 あり なし
非公開求人 あり なし
企業の質 良い 悪い
履歴書添削 あり 一部あり
面接対策 あり 一部あり
面接日時の調整 あり あり
企業とのやりとり 代行してくれる 代行してくれる
年収交渉 あり なし
アフターフォロー あり なし

最大の違いは、企業の質です。

ハローワークは公共機関なので、企業側はすべて無料で利用できます。

そのため、貧乏な企業が多いです。

 

優良企業は「お金をかけてでも良い人材を採用したい」と思ってるので、ハローワークは使いません。

結論、優良企業は転職エージェントに集まります。

 

ハローワークは公共機関であるため、ブラック企業でも差別なく扱います。

その結果、ハローワークでの転職はトラブルが多いです。

 

詳しくは、第二新卒がハローワークを使うメリットとデメリット【ブラックあり】にまとめてます。

第二新卒がハローワークを使うメリットとデメリット【ブラックあり】

転職エージェントを使った方が良い人の特徴

転職エージェントを使った方が良い人の特徴

結局、僕は転職エージェントを使った方がいいのかな?

転職エージェントを使った方が良い人は、下記のとおり。

  • 初めて転職する人
  • 在職中に転職活動する人
  • 転職活動に慣れてない人
  • 求人サイトで企業を選べない人
  • 自分に向いてる仕事がわからない人
  • 履歴書に何を書けばいいかわからない人
  • 面接に自信がない人
  • あわよくば年収を上げたい人

1つでも当てはまるなら、転職エージェントに話だけ聞いても損はないかと。

転職エージェントを使わなくていい人の特徴

反対に、転職エージェントを使わなくていい人は下記のとおり。

  • 転職したい会社が決まってる人
  • すでに他社から誘われてる人
  • 転職エージェントを使ってない企業に転職したい人
  • マニアックな職種に転職したい人
  • 田舎で転職したい人

 

詳しくは、転職エージェントを使わないほうがいいケース5選【頼らなくてOK】にまとめたので、参考にどうぞ。

転職エージェントを使わないほうがいいケース5選【頼らなくてOK】

今より良い会社に転職する方法【転職エージェント以外も行動すべし】

今より良い会社に転職する方法【転職エージェント以外も行動すべし】

なんていうか、転職エージェントがどうのこうのって言うより、今より良い会社に転職できればそれでいいんだよね。

良い会社に転職するには、どうしたらいいの?

結論、良い会社に転職できる可能性は、すべて実行すべし。

転職は人生の一大イベントなので、手を抜かない方がいいですよ。

転職は情報戦なので、あらゆる方法を同時進行がベスト

転職の成功=情報です。

なので、良い会社の情報を集められる方法は、できるだけやった方が良いかと。

 

具体的には、下記のような情報収集の方法があります。

  • 転職エージェント
  • 求人サイト
  • SNS(社長さんをフォロー)
  • WANTEDLY
  • 知り合いの紹介
  • ハローワーク
  • 転職アプリ(MIIDAS(ミイダス)VIEWなど)

上記を同時進行で進めていくと、良い求人にぶち当たります。

もちろん全部やるのが大変なら、できるものだけでもOK。

 

ダメなのは「転職エージェントに任せきりにする」みたいなことでして、それって受け身の転職だから失敗しやすいです。

本気に人生を変えるために、本気で情報を取りにいく姿勢が、転職の成功につながります。

まとめ【転職エージェントのメリットとデメリットを知って利用してみよう】

まとめ【転職エージェントのメリットとデメリットを知って利用してみよう】

ということで、転職エージェントは無料なので、気になるなら話だけ聞いてみても損はないかと。

嫌なら相談をやめましょう。

 

最後にもう一度、転職エージェントの7つのメリットをまとめておきますね。

  1. どんなに使っても無料
  2. とりあえず話を聞くだけもOK
  3. 適職診断してくれる
  4. あなたに合う会社を選んでくれる
  5. 内定が出やすい履歴書や面接の内容を考えてくれる
  6. 内定が出やすくなるようにプッシュしてくれる
  7. 年収交渉してくれる

 

反対に、デメリットは下記の5つです。

  1. 転職先の選択肢がせまくなる
  2. 担当者が悪いとうまくいかない
  3. ミスマッチ求人に転職させられることがある
  4. 転職を急かされることがある
  5. 攻めの転職ができない

参考:転職エージェントのデメリット5選【失敗しない使い方がわかります】

 

転職エージェントを使った方が良い人は、下記のような人です。

  • 初めて転職する人
  • 在職中に転職活動する人
  • 転職活動に慣れてない人
  • 求人サイトで企業を選べない人
  • 自分に向いてる仕事がわからない人
  • 履歴書に何を書けばいいかわからない人
  • 面接に自信がない人
  • あわよくば年収を上げたい人

1つでも当てはまれば、転職エージェントに話だけ聞いて損はないかと。

 

転職エージェントのメリットとデメリットを理解した上で、上手に使う方法は下記の3つ。

  1. 自分から積極的に行動する
  2. 転職エージェントに転職先を決めさせない
  3. 紹介された企業は口コミサイトでチェック

詳しくは、転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】にまとめてます。

 

目的は「良い会社に転職すること」なので、転職エージェント以外の転職経路も行動しましょう。

  • 転職エージェント
  • 求人サイト
  • SNS(社長さんをフォロー)
  • WANTEDLY
  • 知り合いの紹介
  • ハローワーク
  • 転職アプリ(MIIDAS(ミイダス)VIEWなど)

これで今より良い会社に転職できます。

 

あとは行動あるのみ。

さっそく転職活動を始めてみましょう。

 

転職活動の手順は、20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめてます。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

あなたの転職成功を祈ってます。