転職エージェントの費用は無料【ただし裏があるので騙されないでね】

転職エージェントの費用は無料【ただし裏があるので騙されないでね】

転職エージェントの費用を知りたいな。

無料って聞いたけど、本当に無料なの?

なんか「ここからは有料です」みたいな感じじゃない?

 

「タダほど高いものはない」っていうし、な~んか裏があるんじゃないかと不安だ…

転職エージェントに騙されずに、上手に利用する方法も知りたいな。

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職エージェントの費用がわかる
  • 転職エージェントのデメリットがわかる
  • 転職エージェントを上手に使う方法がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

転職エージェントって、お金かかるんですか?

無料って聞いたんですが、なんか怪しくないですか?

という相談は、けっこうありましたね。

 

結論、転職エージェントは無料です。

ただし、無料ならではのデメリットがあるので、デメリットを知った上で利用を検討しましょう。

 

転職エージェントに騙されず、上手に使いこなす方法もまとめたので参考にどうぞ。

この記事を読むことで、やりがいをもって働ける会社に出会えますよ。

転職エージェントの費用は無料【企業からお金をもらうから】

転職エージェントの費用は無料【企業からお金をもらうから】

結論、転職エージェントの費用は無料です。

なぜなら、転職エージェントは転職したい人からではなく、企業側から報酬をもらっているから。

 

関係性は下記の図のとおりです。

転職エージェントの仕組み

ちょうど、僕らが民放のテレビを無料で見れるのと似てます。

企業側からお金をもらってるから、無料ということですね。

民放テレビの仕組み

ちなみに、転職エージェントの報酬は年収の30%が相場。

例えば、転職エージェントに相談した人の転職先の年収が500万円なら、500万円×30%=150万円が報酬です。

転職エージェントが無料でやってくれること

転職エージェントが無料でやってくれるのは、下記のサービスです。

  1. ヒアリング
  2. 適職診断
  3. 企業の紹介
  4. 自己分析をしてくれる
  5. 応募企業ごとに自己PRと志望動機を作ってくれる
  6. 応募企業ごとに面接対策を考えてくれる
  7. 面接のスケジュール調整
  8. 面接後にプッシュしてくれる
  9. 年収交渉
  10. 入社書類の準備
  11. 退職のサポート
  12. 入社後のサポート

結論、すべて無料でやってくれます。

もちろん、途中で相談をやめても無料だし、転職エージェントから紹介された企業に転職しなくても無料です。

 

どこまで使ってもすべて無料なので、お金の心配は不要。

求職者を無理やり転職させると、転職エージェントにペナルティがある

てことは、転職エージェントは、僕らに転職してもらわないと儲からないわけでしょ?

だったら、無理やり転職させちゃえばいいってことじゃない?

 

それだと怖いな…

結論、転職エージェント側にも、無理やり転職させるのは大きなデメリットがあります。

なぜなら、紹介した人材が短期間で退職した場合は、企業に報酬を返金しないといけないから。

 

例えば、「半年以内に辞めたら全額返金」みたいな感じですね。

無理やり転職させるとすぐに辞めるリスクが高いので、基本的には転職エージェントもやりたがりません。

 

「すぐやめたら返金」は、転職する人と企業を守るためのルールなので、割と安心かと。

転職エージェントが無料ならではの3つのデメリット

転職エージェントが無料ならではの3つのデメリット

でも、無料ってな~んか怪しいよね。

「タダほど高いものはない」って言うじゃん。

 

なんかがあるんじゃないの?

結論、裏はあります。

無料ならではのデメリットは下記の3つ。

  1. 転職しやすい求人しか紹介されない
  2. 担当者の力量にかなり左右される
  3. 担当者のノルマに利用されることがある

 

デメリットを理解した上で、利用を検討してください。

1つずつ解説しますね。

①転職しやすい求人しか紹介されない

転職エージェントは、基本的に内定が出やすい企業しか紹介されません。

なぜなら、転職エージェントは転職してもらわないと儲からないから。

 

内定が出にくい人気企業を紹介しても儲からないので、わかりやすくいうと「無難な会社」を紹介されます。

結論、必然的に転職先の候補が少なくなります。

転職エージェントから他の求人を引き出す方法

下記の2つかなと。

  1. しつこく聞いて、他の求人も出してもらう
  2. 他の転職エージェントにも相談してみる

基本は「しつこく聞く」でいいと思います。

担当者によっては、他の求人も紹介してくれますよ。

 

ちなみに、ウズウズという転職エージェントは、割と攻めの紹介をしてくれます。

なぜなら、ウズウズの相談時間は、一般的な転職エージェントの約10倍だから。

 

転職対策が念入りなので、挑戦になる転職先も紹介してくれます。

参考:ウズキャリの評判・口コミをまとめてみた【社長に話を聞いてきた】

ウズキャリの評判・口コミをまとめてみた【社長に話を聞いてきた】

②担当者の力量にかなり左右される

相談者側が担当者を選べないからです。

無料なので、割とテキトーに担当者が決まる感じですね。

 

この辺の対策はシンプルで、担当者が気に入らないなら変えてもらいましょう。

 

転職エージェントも人間なので、相性は重要。

あなたと気が合う担当者に出会うまで、担当を変えてもらってOKです。

 

どうしても気の合う担当者がいなかったら、他の転職エージェントに相談すればOK。

この辺は、転職エージェントがムカつくときの3つの対策【嫌な会社を実名で公開】にまとめてます。

転職エージェントがムカつくときの3つの対策【嫌な会社を実名で公開】

③担当者のノルマに利用されることがある

無料ゆえに、担当者のノルマ達成に利用されることがあります。

担当者もノルマを抱えているためです。

 

例えば、「特定の企業を優先して紹介しないといけない」みたいなこともあるので、それに利用されてしまうことも。

やたらと特定の求人ばかりをやたら勧めてくる場合は、ノルマ達成に利用されてるので要注意。

 

そっと利用をやめるか、できる担当者に変えてもらいましょう。

転職エージェントに騙されず上手に使う3つの方法

転職エージェントに騙されず上手に使う3つの方法

無料ならではのデメリットはわかった。

じゃあ、どうすれば騙されずに上手に利用できるの?

結論、下記の3つが重要です。

  1. 自己分析、自己PR、志望動機だけやってもらう
  2. 初回面談をしてから利用するか決める
  3. 「怪しい」と思ったらバッサリと切る

 

基本的に、この3つを実行すればあまり失敗しません。

1つずつ解説しますね。

①自己分析、自己PR、志望動機だけやってもらう

自己分析、自己PR、志望動機だけやってもらって、それを使いまわして自分で企業に応募しちゃえばOK。

だって無料だし、いつ相談をやめてもいいから。

 

なんせ、プロの転職エージェントが作った、

  • 自己分析
  • 自己PR
  • 志望動機

なので、内定率は高いですよ。

 

具体的には、相談の途中で「やっぱり転職しないことにした」とか言えばOK。

あとは上記3つを使って、あなたが転職したい企業に直接応募すれば、転職エージェントに騙されることはありません。

②初回面談をしてから利用するか決める

発想の転換ですが、とりあえず転職エージェントに相談してから、利用を検討してOKですよ。

無料だし、前述のとおり担当者との相性があるから。

 

とりあえず相談だけしてみて、

なんか良さそう。

と思えば利用してみましょう。

必ず転職エージェントで転職しなきゃいけないわけじゃないので、まずは相談してから利用を決めればOK。

③「怪しい」と思ったらバッサリと切る

転職エージェントを利用してみて、途中で「怪しい」と思ったら、すぐに相談をやめましょう。

無料だし、いつ相談をやめても損がないから。

 

ようは「無料」を極限まで使いこなすなら、こういう思い切りも大事かと。

担当者に「悪いな」とか思う必要ないですよ、向こうも商売だし。

 

あなたは「すぐに相談をやめられる」というカードをもってるので、不穏な空気を感じたら逃げましょう。

そしたら、騙される心配はありません。

まとめ【転職エージェントの費用は無料なので、極限まで使い倒そう】

まとめ【転職エージェントの費用は無料なので、極限まで使い倒そう】

結論、転職エージェントは企業側からお金をもらってるので、転職したい人はどこまでいっても無料です。

「すぐに辞めたら返金」というペナルティもあるので、無理やり転職させられるケースも少ないですよ。

 

転職エージェントが無料ならではのデメリットは、下記の3つです。

  1. 転職しやすい求人しか紹介されない
  2. 担当者の力量にかなり左右される
  3. 担当者のノルマに利用されることがある

ウズウズは、割と攻めの求人を紹介してくれます。

参考:ウズキャリの評判・口コミをまとめてみた【社長に話を聞いてきた】

 

そして、転職エージェントに騙されずに上手に使う方法は、下記の3つです。

  1. 自己分析、自己PR、志望動機だけやってもらう
  2. 初回面談をしてから利用するか決める
  3. 「怪しい」と思ったらバッサリと切る

 

ということで、とりあえず相談してから、利用するか決めてもOKです。

転職エージェントの使い方は、転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】にまとめたので、参考にどうぞ。

転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】

【ぶっちゃけ】どの転職エージェントに相談するかは重要じゃない

結論、本気で転職したいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

ぶっちゃけ「どの転職エージェントに相談するか」はどうでもよくて、大事なのは「どの企業に転職するか」ですよね。

 

なので、転職エージェントなんてとりあえず何社か登録して、求人情報を集めましょう。

最後はあなたが決めればいいだけです。

 

転職は情報戦なので、行動あるのみですよ。

あなたの転職成功を祈っています。