転職がうまくいかない20代の5つの突破口【あなたはダメじゃない】

転職がうまくいかない20代の5つの突破口【あなたはダメじゃない】

20代の転職活動なのにうまくいかない…

若いから有利だと思ったんだけどなぁ…

何がいけないんだろう?

 

転職活動がうまくいく方法を知りたいよ。

あんまり内定が出ないと、自信がなくなる…

こういった悩みや要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 転職がうまくいかない20代の5つの突破口【内定率が一気に上がる】
  • あなたはダメじゃないから安心してOK【そっちに行かない方がいい理由】

僕、佐藤誠一はこのサイトや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで相談対応もしてました。

 

意外と多かったのが、

20代なのに、転職活動がうまくいきません…

という相談。

 

ネットとかを見ると「20代は転職に有利」と書いてあるのに、現実はうまくいかず悩む人が多いです。

 

僕がアドバイスしたことで無事に転職できた人も多いでの、そのノウハウを記事にしました。

成果がでたノウハウなので、信ぴょう性はあるかと。

 

転職活動がうまくいかない20代のあなたの、参考になればうれしいです(^^)

転職がうまくいかない20代の5つの突破口【内定率が一気に上がる】

転職がうまくいかない20代の5つの突破口【内定率が一気に上がる】

転職活動がうまくいかない20代の突破口は、下記の5つです。

  1. 自己分析を徹底する
  2. 企業分析を徹底する
  3. 面接の練習を徹底する
  4. 大手ばかり狙わない
  5. 転職エージェントに相談する

基本的なことばかりですが、基本を抑えないとなかなかうまくいきません。

1つずつ解説していきますね。

①自己分析を徹底する

自己分析を徹底しましょう。

自分のことがわからないと、

  • どんな職種に転職すればいいか
  • どんな業界に転職すればいいか
  • あなたの強みは何か
  • 志望動機

がわからないからです。

自己分析のやり方

自己分析では、下記を書き出してみてください。

  • 頑張らなくてもできたこと→向いてる仕事がわかる
  • 頑張ってもできなかったこと→向いてない仕事がわかる
  • あなたが楽しいと感じること→楽しめる仕事がわかる
  • あなたが嫌だと感じること→嫌いな仕事がわかる
  • 過去に達成したこと→あなたが得意な仕事がわかる
  • 過去に没頭したこと→あなたがのめり込める仕事がわかる

もちろん、1項目で複数書いてOK。

情報が多いほど、あなたのことが見えてきます。

 

簡単な自己分析の方法は、

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】にまとめてるので、参考にどうぞ。

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】

自己分析すると志望動機も自己PRも見える

自己分析するほど、勝手に志望動機も自己PRも見えてきます。

理由は下記のとおり。

  • あなたがやりたい仕事が見えるから=志望動機
  • あなたの強みが見えるから=自己PR

自己分析をおろそかにするほど、志望動機と自己PRが見えず不採用になります。

 

自己分析を徹底する=志望動機も自己PRもわかるなので、自己分析に力を入れましょう。

自己分析でわからないところは人に聞く

自己分析でわからないことは、人に聞きましょう。

どうしても、自分のことってわかりにくいですからね。

  • 友人

などに、客観的な意見をもらいましょう。

 

面接では、

あなたは周りの人からどう思われていますか?

と聞かれるので、面接対策にもなりますよ。

自己分析がめんどくさいならツールを使う

自己分析が重要なのはわかるけど、ぶっちゃけめんどくさい…

という人は、自己分析ツールを使いましょう。

簡単に自己分析が終わります。

 

精度の高い自己分析ツールは、

フューチャーファインダーです。

151の質問に答えるだけで、自己分析結果や向いてる仕事を診断してくれます。

フューチャーファインダー

フューチャーファインダー

フューチャーファインダー

しかも、フューチャーファインダー無料。

20分くらいで自己分析が終わるので、面倒な人はやってみると良いかと。

②企業分析を徹底する

企業分析を徹底してください。

相手を知らずに、勝負には勝てないから。

 

内定が出ない人ほど、企業分析がおろそかです。

企業分析を怠ると、ミスマッチのリスクもありますよ。

【極意】応募企業が求める人材と自己PRを合致させればOK

採用される最強のコツは、

  • 応募企業が求める人材
  • あなたの自己PR

合致点をアピールすることです。

 

面接官は、

あ!

求めてる人材がきた!

と気づいてくれるから。

 

例えば、

  • 応募企業が求める人材=コミュニケーション能力が高い人
  • あなたの自己PR=コミュニケーション能力が高い

とアピールすれば、わかりやすいですよね。

 

面接って「あなたを売り込むこと」なので、面接官にわかりやすくあなたの価値を伝えましょう。

自己PRは応募企業に寄せること

自己PR=あなたの強みですが、応募企業と関係ない自己PRはNGです。

どんなに素晴らしい強みでも、応募企業が求めてないなら価値がないから。

 

例えば、営業職に応募するのに、事務スキルをアピールしても無意味ですよね。

そんなことする奴いないでしょ

と思うかもですが、意外とやっちゃってる人が多いので注意しましょう。

履歴書と職務経歴書は使いまわさない

手間を省くために、履歴書と職務経歴書を使い回す人がいますが、辞めましょう。

企業の採用担当者は人を見るプロなので、

使い回しに気づくから。

 

使い回し=どこでもいいから転職したいという意味なので、採用されません。

 

手間ですが、履歴書と職務経歴書は応募企業に合わせて1つずつ書きましょう。

1つずつ丁寧に書いた履歴書と職務経歴書は伝わるので、書類選考に通りやすいです。

③面接の練習を徹底する

面接の練習を徹底しましょう。

練習してない=本番でできるはずがないから。

 

特に、必ず聞かれる、

  • 自己紹介
  • 志望動機
  • 自己PR

は、何度も練習しましょう。

 

スマホで撮影して、あなたが話している姿をチェックしてください。

せっかく対策をしても、面接でうまく話せなかったら終わりです。

④大手ばかり狙わない

大手企業ばかりに応募すると、なかなか内定をもらえません。

倍率が高いからです。

 

大手に応募しつつ、中小企業にも目を向けましょう。

自己分析を徹底すれば中小企業も選択肢に入る

前述の自己分析を徹底すれば、中小企業でも良いことがわかります。

なぜなら、自己分析であなたのやりたい仕事が見えるから。

 

やりたい仕事ができる中小企業があるなら、そこで働くのが幸せってものです。

  • 大手企業だけど、やりたい仕事ができない
  • 中小企業だけど、やりたい仕事ができる

なら、中小企業の方が良いですよ。

人はいつ死ぬかわからないので、後悔のないように。

【朗報】中小企業でも優良企業はある

中小企業でも優良企業はありますよ。

前述の企業分析をすればわかることです。

 

そもそも、今の大手企業だって昔は中小企業だったわけです。

今は中小企業でも、後に大手になる企業はたくさんありますよ。

 

見るポイントは業績ですね。

業績が右肩上がりなら、後に大手企業になる可能性大です。

 

大手になっちゃうと人気が出て倍率が上がるので、入社しやすい今のうちに入社しちゃうのも手ですよ。

 

ちなみに、優良な中小企業を見つける方法は、下記の3記事にまとめてます。

中小企業の方がスキルが身につく

中小企業は1人あたりの業務の幅が広いので、結果的にスキルは身につきます。

大手企業は業務が細分化されてるので、他で使えないスキルが多いですからね。

 

今は転職が当たり前の時代だし、手に職をつけたいなら中小企業の方が成長が早いですよ。

大手企業に勤めてる人は「大企業病」とも言われて、使い物にならない人も多いです。

⑤転職エージェントに相談する

どうしても転職活動がうまくいかないなら、転職エージェントに相談してください。

転職のプロなので、内定率が上がるから。

 

転職エージェントは応募企業のこともよく知ってるので、内定が出やすい対策も教えてくれます。

すべて無料なので、助けてもらってもいいかと。

 

そもそも、あなたが転職のプロになる必要はないですからね。

餅は餅屋でサポートしてもらうと、

早く内定をもらえます。

 

ちなみに、20代向けでサポートが手厚めの転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

あなたはダメじゃないから安心してOK【そっちに行かない方がいい理由】

あなたはダメじゃないから安心してOK【そっちに行かない方がいい理由】

転職活動がうまくいかないと、自信をなくすよ…

自分がダメ人間みたいに思えてくる…

 

自信をないから、転職活動もうまくいかない気がする…

落ち込まなくて大丈夫。

内定が出ない=あなたがダメではなく、

単に応募企業と合ってないだけです。

 

合ってない会社に採用されちゃうと地獄なので、入社する前にわかって良かったと思いましょう。

転職がうまくいかない=あなたはそっちに行かない方がいい証拠

やりたい仕事で内定が出ない人

やりたい仕事があるのに、なかなか内定が出ない…

という場合は、そっちに行かない方がいい証拠です。

なぜなら、あなたにピッタリ合うことは、

もっとすんなりいくはずだから。

 

あなたも経験ありませんか?

うまくいくことは、苦労せずにスルスルと進みます。

でも、うまくいかないことって、ずっと同じような問題に悩まされますよね。

 

なかなかうまくいかないこと=あなたに合ってない証拠です。

【体験談】僕は営業にこだわりすぎて後悔した

僕は営業を10年やりました。

でも、あんまり向いてなかったと思っています。

  • なかなか仕事が軌道にのらない
  • なかなか生活が楽にならない
  • ずっと売上に悩む

という感じで、10年も同じところをグルグル回っていた感じです。

 

その後、現在の仕事であるWebライターに転職したら、スルスルとうまくいきました。

 

営業時代の苦労に比べたら、1/10くらいしか力を出してません。

でも、営業時代より安定して楽に稼げてます。

 

正直なところ、

もっと早く営業を辞めればよかった…

後悔しているくらいです。

 

うまくいかないことに固執すると、

人生の大事な時間を損しますよ。

向いてる仕事は後から好きになる

ぶっちゃけ僕は、Webライターをやりたいわけじゃなかったです。

周りから求められてやっただけ。

 

別に文章を書くのは好きでもないし、経験もありませんでした。

でも、やってみたら向いてた感じ。

 

向いてる仕事って、

  1. 人から頼られる
  2. 人に喜んでもらえる
  3. さらに仕事が舞い込む
  4. どんどん収入が上がる

という好循環になり、いつの間にか好きな仕事になってる感じ。

 

今はWebライターが本業ですが、好きな仕事ですよ(^^)

結論、向いてる仕事って最初は興味なくても、やってるうちに好きになります。

転職活動も分散投資がコツ

でも、やりたい仕事を簡単に諦められないよ…

という人は、

  • どうしてもやりたい仕事
  • 向いてる仕事

分散して応募しましょう。

投資と一緒で、分散投資すればリスクが低いから。

 

※向いてる仕事がわからなければ、

前述のフューチャーファインダーで診断すればOK。

 

やりたい仕事に偏りすぎて、肝心の内定が出ないなら意味ないですからね。

こだわりも大事ですが、分散投資の意識も持ちましょう。

 

失敗しない投資家ほど、分散投資をしているものです。

まとめ【20代の転職がうまくいかないのは理由がある】

まとめ【20代の転職がうまくいかないのは理由がある】

この記事をまとめます。

  • 自己分析・企業分析・面接の練習を徹底する
  • 大手ばかり狙わない
  • 転職エージェントに相談する
  • 転職がうまくいかないのはあなたがダメじゃなくて、応募企業と合ってないだけ
  • うまくいかない転職は、そっちにいかない方がいい証拠
  • 向いてる仕事と分散して応募する

転職活動をうまくいかせたいなら、記事の内容をすぐに実行してください。

成果が出るノウハウだけをまとめたので、実行する価値があります。

 

今までの転職活動で抜けた部分は、実践してみましょう。

内定率が一気に上がりますよ。

 

ちなみに、この記事の中で紹介した無料の自己分析ツールフューチャーファインダーです。

 

また、20代向けでサポートが手厚めの転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめています。

 

あなたの転職活動の参考になればうれしいです(^^)