転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】

転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】

転職したいけど、失敗したらどうしよう…

今の会社が辛いから転職したいんだけど、また変な会社だったら困るな…

 

年齢も年齢だし、もう最後の転職にしたい。

転職に失敗するパターンとか、失敗しないコツを知りたいな。

 

でも、結局は「入社してみないとわからない」が現実だと思う…

賭けみたいで不安だなぁ…

こういった悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職で失敗するパターンがわかる
  • 転職に失敗しないコツがわかる
  • 「入社してみないとわからない」という不安の解消方法

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談を受けてきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

 

転職に失敗した人たちの相談は、山のように受けてきました。

その結果、「転職に失敗するパターン」が見えてきたので記事にしました。

 

また、転職に失敗しないコツもまとめたので参考にどうぞ。

※僕がアドバイスして転職に成功した人は多いので、けっこう信ぴょう性があるかと。

でも、結局は「入社してみないとわからない」が現実でしょ?

という不安の解消方法も解説します。

 

この記事を読むことで、穏やかに安定して生きれる人生になりますよ。

転職に失敗するパターン5選【3000人以上の相談で見えた】

転職に失敗するパターン5選【3000人以上の相談で見えた】

結論、転職に失敗するよくあるパターンは、下記の5つです。

  1. 企業研究不足でミスマッチ
  2. 退職してから転職活動を始める
  3. 向いてない仕事に転職
  4. 転職先の人間関係で失敗
  5. ブラック企業に転職

1つずつ解説するので、反面教師にしてください。

①企業研究不足でミスマッチ

企業研究不足で転職に失敗した人が、一番多かったです。

具体的には、下記の失敗例が多かったですね。

  1. 有名企業だから大丈夫だろうと油断してしまう
  2. 早く内定がほしくて企業研究をしない
  3. シンプルに、企業研究がめんどくさい

 

当たり前ですが、マジで企業研究は徹底的にやりましょうね。

企業研究のやり方は、転職の企業研究のやり方2ステップ【メンドくさいときの対処法も解説】にまとめてます。

転職の企業研究のやり方2ステップ【メンドくさいときの対処法も解説】

②退職してから転職活動を始める

退職してから転職活動を始めると、失敗しやすいです。

収入がないので焦ってしまうから。

 

例えば、「早く内定がほしくて、うっかりブラック企業に転職してしまう」みたいなケースですね。

在職中に転職活動するコツは、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】をどうぞ。

在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

③向いてない仕事に転職

向いてない仕事に転職しちゃうと、地獄ですよ。

頑張っても頑張っても仕事ができないから。

自信もなくして、人生が楽しくないです。

 

あなたに向いてる仕事は、MIIDAS(ミイダス)など適職診断アプリでわかりますよ。

無料なので、やっといて損はないかと。

④転職先の人間関係で失敗

職場の人間関係の相談は、めちゃくちゃ多かったです。

 

ぶっちゃけ、人間関係は出勤初日が勝負です。

人の印象は、第一印象で決まってしまうから。

 

第一印象が良ければ、だいたいの人間関係トラブルは回避できます。

この辺は、転職初日に行きたくないときの3つの対処法【少し緊張が和らぎます】にまとめたので心配ならどうぞ。

転職初日に行きたくないときの3つの対処法【少し緊張が和らぎます】

⑤ブラック企業に転職

うっかりブラック企業に転職しちゃった人の相談も、かなりありました。

※前述の「企業分析不足」が原因です。

ブラック企業は、事前にわかるので転職する前に調べましょう。

 

例えば、夜遅くに事務所に行ってみて、電気がついてるか確認するといいですよ。

21時以降も電気がついてたら、ちょっと危険かも。

 

この辺は、ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめてます。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

転職に失敗しない5つのコツ

転職に失敗しない5つのコツ

転職に失敗しないためには、どうしたらいいの?

結論、下記の5つで失敗をかなり防げます。

  1. 先に転職の軸を決める
  2. 職場見学させてもらう
  3. わからないことは面接で聞く
  4. 転職エージェントに情報だけもらう
  5. スキルを身につけてから転職する

これでほぼ大丈夫。

1つずつ解説しますね。

①先に転職の軸を決める

まず、転職の軸を決めましょう。

たくさんの求人情報を見てもブレないから。

 

転職軸がないと、下記のように転職に失敗します。

  1. なんとなく求人情報を見る
  2. 給料とか休日とかに釣られてしまう
  3. 転職に失敗する

 

こうならないためにも、下記を考えてみましょう。

  1. なんのために転職するのか?
  2. 転職して何を叶えたいのか?
  3. どんな人生にしたいのか?

この辺のノウハウは、転職軸とは転職先に求めること【決め方3ステップで失敗を防げます】が参考になります。

転職軸とは転職先に求めること【決め方3ステップで失敗を防げます】

②職場見学させてもらう

内定を承諾する前に、必ず職場見学をさせてもらいましょう。

職場の雰囲気を見れば、あなたに合うか合わないか肌でわかるから。

 

普通の会社だったら、職場見学はさせてくれますよ。

※向こうもミスマッチは嫌なので。

 

反対に、職場見学させてくれない会社は避けた方がいいかも。

何か隠してる証拠です。

 

最近は職場見学が普通の風潮なので、堂々と職場見学をお願いしてOKですよ。

③わからないことは面接で聞く

企業研究してもわからなかったことは、面接で聞いてOKです。

面接は「雇用契約を結ぶか決める商談」だから。

 

例えば、下記も面接で聞いていいですよ。

  • 給料
  • 休日
  • 残業

えっ…?

給料とか休みを面接で聞くのはNGでしょ?

と思うかもですが、近年は「聞いてOK」の風潮なので大丈夫。

というか「雇用契約」という重要な契約を結ぶのに、給料や休みがわからないで契約なんかできないですよね。

 

あなたにも会社を選ぶ権利があるわけだから、ズケズケと聞いていいんです。

これで、転職の失敗はかなり防げます。

 

ちなみに、給料や休みを聞いて嫌な顔をされたら、その会社は転職しない方がいいですよ。

何か隠してるかもしれないし、そもそも時代遅れの会社です。

④転職エージェントに情報だけもらう

転職エージェントで転職しなくていいので、情報だけもらいましょう。

彼らは、ネットに載ってない企業の内部情報をもってるから。

 

そもそも転職エージェントの相談は無料なので、うまく活用させてもらえばOK。

  1. あなたに合う企業を教えてもらう
  2. 履歴書や職務経歴書の書き方だけ教えてもらう
  3. 面接で話すことだけ考えてもらう

みたいな感じで、無料で情報収集すればOKですよ。

 

ポーズとして、1社だけは転職エージェントに紹介された企業に応募すればOK。

嫌だったら断って大丈夫です。※無料だから。

参考:転職エージェントの断り方【メールの例文付き、パクって送ればOK】

転職エージェントの断り方【メールの例文付き、パクって送ればOK】

もし、転職エージェントから紹介された会社が本当によかったら、普通に転職すればいいだけです。

 

「転職エージェントを使ったら、絶対に転職エージェント経由で転職しないといけない」というルールはないので、無料で上手に使わせてもらいましょう。

転職エージェントの使い方は、転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】にまとめてます。

転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】

⑤スキルを身につけてから転職する

もし転職に失敗しても、すぐ転職できるからです。

具体的には、下記のスキルがおすすめ。

  1. プログラミング
  2. インフラエンジニアのスキル
  3. Webデザイン
  4. マーケティング
  5. 営業
  6. 宅地建物取引士

 

少々時間はかかる方法ですが、手に職がつくので長い目でみればメリットあるかなと。

終身雇用も崩壊したので、現代で安定して生きていくには手に職をつけるしかありません。

 

上記のスキルの詳細は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたので参考にどうぞ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

「入社してみないとわからない」という不安の解消方法

「入社してみないとわからない」という不安の解消方法

転職に失敗しないコツはわかったけど、結局は「入社してみないとわからない」が現実でしょ?

失敗しないコツを徹底しても失敗したらどうしよう…

結論、転職したら「会社に合わせる努力」をしましょう。

なぜなら、あなたに100%合う会社は存在しないから。

 

あくまでも「人が作った会社」なので、あなたに100%合うことはあり得ません。

※あなたに100%合う会社=起業しかないです。

【コツ】100%合う会社を探そうとしない

イメージは60%以上あってそうなら、転職してOK。

あとはあなたが合わせていくだけで、転職の失敗は減らせます。

 

今まで相談を受けてきた感想ですが、

転職に失敗した…

という人ほど、自分に100%合う会社を探してる傾向にありました。

「100%合う会社はない」と割り切った方が、転職の失敗は減りますよ。

 

あなたが会社に合わせる方法は、転職先で慣れるまでの期間は3ヶ月【1ヶ月で慣れる3つの方法も解説】にまとめてます。

「ある程度合いそうな会社に転職して、あとは自分で合わせていく」が正解かと。

転職先で慣れるまでの期間は3ヶ月【1ヶ月で慣れる3つの方法も解説】

まとめ【転職に失敗しないコツを実践して成功しましょう】

まとめ【転職に失敗しないコツを実践して成功しましょう】

まとめると、転職に失敗するよくあるパターンは下記の5つです。

  1. 企業研究不足でミスマッチ
  2. 退職してから転職活動を始める
  3. 向いてない仕事に転職
  4. 転職先の人間関係で失敗
  5. ブラック企業に転職

 

転職に失敗しないコツは下記の5つでして、これだけでもかなり失敗を防げます。

  1. 先に転職の軸を決める
  2. 職場見学させてもらう
  3. わからないことは面接で聞く
  4. 転職エージェントに情報だけもらう
  5. スキルを身につけてから転職する

 

できることからでいいので、さっそくやってみましょう。

行動を変えれば、成果が変わります。

 

想像してみてください。

あなたが転職に成功して、穏やかに安定して働いてる姿を。

 

上記の「転職に失敗しないコツ」を実践すると、そういう未来が手に入ります。

 

あなたに合う仕事は、MIIDAS(ミイダス)など無料の適職診断アプリでわかります。

 

無料で転職エージェントを活用する方法は、転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】にまとめてます。

 

また、転職に有利なスキルは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】をどうぞ。

 

「いつから動くべきか?」は、今日が正解。

良い求人ほど他の人に取られていくので、1日も早く行動することが、あなたの運命の会社の出会いにつながります。

 

あなたの転職の成功を祈ります。