転職に失敗してニートになったときの5ステップ【社会復帰できます】

転職に失敗してニートになったときの5ステップ【社会復帰できます】

転職に失敗してニートになってしまった…

実家にいるし親もあまりうるさく言わないから、なんとなく数ヶ月たってしまっている…

 

これ、このままじゃ絶対やばいよね…

どうしたら社会復帰できるかな?

こういった不安や疑問に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職に失敗してニートになったときの対処法がわかる
  • スムーズに業務に戻れる方法がわかる
  • もうニートに戻らない方法がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

 

転職に失敗してニートになってしまった人の相談もあり、アドバイスして社会復帰できた人は多いです。

結論、ニートから社会復帰するにはコツがあって、そのノウハウを記事にまとめました。

 

あなたが「社会復帰したい」と思っているなら大丈夫。

スムーズに業務に戻れるコツや、もうニートに戻らない方法も解説します。

 

この記事を読むことで、将来の不安が減って、安定して生きていけますよ。

転職に失敗してニートになったときの5ステップ

転職に失敗してニートになったときの5ステップ

転職に失敗してニートになったときの対処法は、下記の5ステップです。

  1. 朝型のサイクルにする
  2. 運動する
  3. 単発のアルバイトから慣らす
  4. ブランク期間の理由を考える
  5. ニートの採用実績がある企業にも応募してみる

1つずつ解説しますね。

①朝型のサイクルにする

もし夜型の生活になってるなら、朝型に戻しましょう。

朝型にすると、働くイメージができるから。

 

具体的には、毎日15分だけ早く起きるようにしてください。

1ヶ月で7時間早く起きれるようになります。

②運動する

軽い運動をしてみましょう。

体を動かすと行動的になれるから。

 

散歩とかでOKですよ。

太陽の光を浴びながら散歩するだけでも、かなり前向きな気分になれます。

もちろん、スポーツで体を動かすのもアリですよ。

③単発のアルバイトから慣らす

いきなり正社員じゃなくていいので、まずは単発のアルバイトをしてみましょう。

無理なく社会復帰できるから。

 

まずは1日働いてみて、少しずつ働く日を増やしてみればOK。

具体的には、倉庫内作業とかがあります。

派遣会社に登録すれば働けますよ。

④ブランク期間の理由を考える

「なぜブランクがあるのか」の理由を考えましょう。

採用面接で必ず聞かれるから。

 

具体的には下記のような感じ。

  • 業務に必要なスキルを習得していた
  • 仕事に必要な資格の勉強をしていた
  • 家庭の事情

ブランク期間の説明ができると、面接官が納得するので内定率がグッと上がります。

開き直って正直に言うのもアリ

特に何もしてませんでした。

でも、このままじゃいけないと思い、きちんと働くことにしました。

これからは心を入れ替えて頑張ります。

と、開き直って正直に伝えるのもアリですよ。

採用してくれる企業もあるので。

 

特に中小企業は、採用になるケースがあります。

打率は下がりますが、変に取りつくろうのが嫌なら正直に言っちゃうのもアリです。

⑤ニートの採用実績がある企業にも応募してみる

ニートの採用実績がある企業に応募するのもおすすめです。

なぜなら、ニート期間があっても採用されやすいから。

 

ニートに対して偏見がないので、普通に採用されますよ。

ニートの採用実績がある企業の探し方

ニートの採用実績がある企業って、どうやって探すの?

ニートに強い転職エージェントに相談すればOKです。

彼らはニートの採用実績がある企業リストをもってて、無料で紹介してくれるから。

 

ニートに強い転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

スムーズに業務に戻れるコツ【勉強と練習あるのみ】

スムーズに業務に戻れるコツ【勉強と練習あるのみ】

社会復帰する方法はわかったけど、スムーズに業務に戻れるか不安だなぁ…

けっこうブランクがあるし…

 

仕事でつまづいて、またニートに戻ったらどうしよう…

結論、業務の勉強や練習をしておきましょう。

勉強や練習をしておけば、スムーズに業務に戻れるから。

 

当たり前すぎる結論ですが、これしかないですよ。

時間があるうちに、しっかりと勉強・練習をすれば大丈夫です。

勉強や練習の方法はいくらでもある

  • Youtubeで勉強する
  • 本で勉強する
  • 実際に業務をやってみる

など、できることはけっこう多いです。

 

転職するまで仕事はできない…

ってことは決してないので、しっかりと勉強・練習をしておきましょう。

勉強・練習をしないと、入社初日の心的ストレスが大きいので、すぐやめたくなってしまいますよ。

業務の勉強や練習は面接でアピールできる→採用されやすい

業務の勉強や練習をしておくメリットは、面接でアピールできること。

本気の意欲も伝わるので、採用されやすくなります。

御社の業務をスムーズにこなせるよう、現在◯◯の勉強をしています。

の一言があるだけでも、面接官の印象はかなり良くなります。

 

ブランクがあり不利であることは変わりないので、少しでもプラス要素を増やすためにも勉強・練習をしましょう。

もうニートに戻らない方法【手に職をつけよう】

もうニートに戻らない方法【手に職をつけよう】

仮に転職できたとして、また辞めたくなったらどうしよう…

もうニートに戻らないためには、どうしたらいい?

結論、手に職をつけましょう。

手に職があれば、安定して働けるから。

 

仮に辞めたくなっても、手に職があれば他の会社にすぐ転職できるので、人生の安全度が上がります。

手に職がある人は転職市場で強者になれる

なぜなら、即戦力人材だから。

企業は即戦力人材をいつも採用したいので、手に職があれば転職市場では圧倒的な強者です。

 

簡単にいうと「あなたが企業を選べる立場」になれるので、人生が安定しますよ。

おすすめの手に職

ちなみに、どんな手に職がいいの?

結論、下記の手に職がこれからの時代も安定してます。

  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • Webデザイナー
  • 営業
  • マーケティング
  • 宅地建物取引士

 

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

もし時間があるなら、興味あるものを勉強してみればOK。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

手に職があればまたニートになってもいい

手に職があれば、またニートになってもOKですよ。

いつでも社会復帰できるから。

 

例えば「3ヶ月くらい休みたい」と思って仕事を辞めても、またすぐ転職できます。

人生の自由度が上がるので、手に職をつければニートにもなれますよ。

 

割と楽しい人生かと。

終身雇用も崩壊したことですし、手に職をつけとくのが安心です。

まとめ【転職に失敗してニートになったら少しずつ社会復帰の準備を進めよう】

まとめ【転職に失敗してニートになったら少しずつ社会復帰の準備を進めよう】

てことで、あとは行動あるのみ。

行動しないと何も始まらないので。

 

一番危険なのは「明日でいいや」でして、たぶん明日もやらないので1年後も今のままです。

さらに転職が不利になって、社会復帰できなくなってしまいますよ。

 

結論、できることからでいいので、今日から始めましょう。

 

想像してみてください。

あなたが無事に社会復帰して、自信をもって楽しく生きてる姿を。

 

今日から行動すればこういう人生になるので、今日から行動あるのみです。

 

具体的にやることは下記の5ステップ。

  1. 朝型のサイクルにする
  2. 運動する
  3. 単発のアルバイトから慣らす
  4. ブランク期間の理由を考える
  5. ニートの採用実績がある企業にも応募してみる

 

ニートの採用実績がある企業は、転職エージェントが無料で紹介してくれます。

参考:20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

 

また、転職に失敗しないコツは、転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】をどうぞ。

転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】

 

失敗しない転職活動の手順は、転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】にまとめてます。

転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】

 

今後の人生を安定させたいなら、手に職をつけるのがおすすめ。

具体的な手に職は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

 

あとは行動あるのみ。

できることからでいいので、今日から行動してみましょう( ̄^ ̄)ゞ