転職に失敗して半年で辞めたくなるのは問題ない【未来は大丈夫です】

転職に失敗して半年で辞めたくなるのは問題ない【未来は大丈夫です】

転職して半年だけど失敗したかも…

職場が合わないので辞めたい…

でも、さすがに半年で辞めるのは早すぎる…?

次の転職活動も不利になるよね…

 

もう少し頑張れば慣れるかもしれないけど、本音は今すぐ辞めたい…

半年で辞めたら、どこに行っても通用しないダメ人間になっちゃう…?

あーあ、自分に合う仕事で安定して働きたいな。

こういった悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職に失敗して半年で辞めたくなるのは問題ない
  • 半年で辞めたいときの対処法がわかる
  • 半年で辞めたくなってもあなたはダメ人間じゃない

 

僕、佐藤誠一は以前に郵便局に勤めていましたが、半年で辞めたくなりました。

理由は下記の3つ。

  1. 仕事がつまらない
  2. 人間関係が辛い
  3. 給料が安い(年収180万円)

一応、1年は続けてみましたが、やはり辞めたい気持ちは変わらず。

1年経ったときに退職を申し出て、そこから半年後に退職できました。

 

割とムダな時間だったなぁ。

もっと早く辞める決断をしてもよかった。

と今は思ってます。

 

結論、半年で辞めたくなるのは問題なし。

たぶん会社が合ってないです。※合ってる会社なら半年で辞めたいと思わない。

 

ちなみに現在の僕は、フリーランスのWebライターをやってます。

夫婦でのんきにノマド生活しており、割と幸せ。

 

すぐ仕事を辞めたくなった僕ですが、ちゃんと幸せに生きれてます。

なので、半年で辞めたい=ダメ人間じゃありません。

 

ちなみに、このブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談も受けてきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

 

僕がアドバイスしたことで、半年で転職活動を始めて転職に成功した人も多いです。

半年から次の転職に成功するコツも解説します。

 

この記事を読むことで、あなたも自分に合う会社で安定して働ける人生になりますよ。

転職に失敗して半年で辞めたくなるのは問題ない

転職に失敗して半年で辞めたくなるのは問題ない

結論、半年で辞めたくなってもいいんです。

仕事が合ってないなら、割と普通の感情だから。

 

合ってる会社なら、半年で「辞めたい」と思わないものです。

体が拒否反応を示してる証拠だし、どのみち長く続かないですよ。

とりあえず、転職活動でも始めてみましょう。

3年も働かなくていいですよ

だって、3年って長いですよ。

やりたくもない仕事を3年も続けるなんて、逆に人生の時間がもったいないですよ。

人はいつ死ぬかわからないんだから、1日1日を後悔のないように生きた方が良いかと。

 

3年働いた方がいいと思う人

でも、3年は働かないと次の転職が不利でしょ?

と思うかもですが、3年も働かなくて大丈夫。

記事中盤で、3年未満でも転職に成功するコツを解説してます。

【一応】なんで今の会社を選んだか振り返ってみる

ただ、一応「なんで今の会社を選んだのか?」は振り返ってみましょう。

今の会社であなたの理想とする人生に近づいてるなら、もうちょっと頑張ってみてもいいから。

 

あなたの理想とする人生に近づいてるなら、今の試練は耐える価値があるでしょう。

反対に、あなたの理想とする人生から遠ざかってるなら、今の会社にいる意味はありません。

 

遠ざかってるなら、すぐに転職活動を始めましょう。

【可能なら】あと3ヶ月だけ頑張ってみるのもアリ

もし可能ならでいいですが、あと3ヶ月だけ頑張ってみるのはアリですよ。

次の転職が有利になるから。

 

転職活動って3ヶ月くらいかかるので、「半年+3ヶ月だけ頑張る+3ヶ月の転職活動=1年の社歴」で1年の社歴が手に入ります。

 

転職って「1年未満と1年以上」で、けっこう評価が分かれます。

1年未満はどうしても「すぐやめる人」という印象があるので、転職は不利。

可能ならあと3ヶ月だけ頑張ってみて、1年以上の社歴を作りましょう。

 

ただし、どうしても無理なら1年未満でも大丈夫。

社歴が短くても転職活動に成功するコツは、次で解説します。

転職に失敗して半年で辞めたいときの対処法【転職活動のコツ】

転職に失敗して半年で辞めたいときの対処法【転職活動のコツ】

今の会社を辞めたい人

う~ん、やっぱり今の会社を辞めたい。

でも転職活動はどうしたらいい?

今の社歴が短いと不利だよね…

てことで、辞めたい場合の対処法を解説します。

社歴が短くても転職に成功しやすいコツも解説するので、実行してみてください。

在職中に転職活動を始める

基本は、今の仕事を続けながら転職活動をしましょう。

先に辞めちゃうと、無収入になっちゃうから。

 

失業保険は辞めて4ヶ月目からしかもらえないので、アテになりません。

在職中に転職活動するコツは、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】にまとめてます。

在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

 

ただし、体調不良でどうしても無理なら先に辞めてもOKですよ。

体を壊したら、再就職も難しくなるから。

辞めてから転職活動するコツは、辞めてから転職活動するメリットとデメリット【先に辞めてもOKです】をどうぞ。

辞めてから転職活動するメリットとデメリット【先に辞めてもOKです】

あなたが悪くないなら転職できることも

あなたが悪くないなら、社歴が短くても転職できることがあります。

まともな会社は理解してくれるから。

 

具体的には、下記の理由なら理解してもらえることアリ。

  1. ブラックだった
  2. 入社前に聞いてた話と違った
  3. 会社が犯罪をしていた

それは災難でしたね。

と理解してくれて、普通に採用してくれる会社もありますよ。

 

ただし、今の会社の悪口は言わないこと。

印象が悪いので。

そういう会社だと事前に見抜けなかった自分にも、落ち度があったと反省してます。

というと、人のせいにする人に見えないので好印象ですよ。

今の会社を選んだ反省と学んだことを伝える

今の会社を選んでしまった反省と、今の会社で学んだことを面接官に伝えてください。

失敗から学べる人に見えて、印象が良いから。

今の会社は、企業研究が甘かったと反省しています。

同じ失敗を繰り返さないよう、今回は企業研究を徹底しました。

その結果、御社で働きたいと思いました。

今の会社では、業務の効率化を学びました。

かなり激務なのですが、激務なりに仕事をこなすことができるようになったのは、大きなレベルアップだと思います。

具体的には、独自の業務管理エクセルシートを作り、業務進捗や漏れを防ぐ対策を講じました。

こんな感じで伝えるとかなり前向きに見えるので、社歴が短くても内定が出やすくなります。

どうせ辞めるので最後に1回だけ頑張ってみる

どうせ今の会社は辞めるわけですから、最後に1回だけ仕事を頑張ってみましょう。

何か成果をあげれば、次の転職活動でアピール材料になるから。

 

何も挑戦しないと「ただ逃げた人」になっちゃうので、転職が不利ですよ。

「どうせ辞めるし」と思うと不思議と力が出るものなので、最後に1つ成果を作ってみましょう。

【裏ワザ】手に職をつけちゃう

裏ワザですが、手に職をつけちゃうと転職が有利になります。

手に職があれば、短期離職も転職回数も関係ないから。

 

例えば、プログラミングを勉強してみるとか。

IT企業はプログラミング経験者を求めてるので、今の社歴が浅くても転職できる可能性大です。

 

スクールで学べば短期間で基礎が身につくし、スクールの紹介でIT企業に転職できますよ。

参考:【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

次の転職で失敗しないコツ

社歴が短くても転職できるコツはわかったけど、次も会社選びをミスったらどうしよう…

結論、次の転職先選びで失敗しないコツは、下記の5つです。

  1. 先に転職の軸を決める
  2. 職場見学させてもらう
  3. わからないことは面接で聞く
  4. 転職エージェントに情報だけもらう
  5. スキルを身につけてから転職する

 

詳しいノウハウは、転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】にまとめておきました。

転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】

半年で辞めたいと思っても、あなたはダメ人間じゃない

半年で辞めたいと思っても、あなたはダメ人間じゃない

でも、半年で辞めたいと思っちゃう自分はダメ人間なのかな…?

こんなんじゃ、どこに行っても通用しないかな…?

結論、半年で辞めたくなっても、あなたはダメ人間じゃないです。

シンプルに、「他に合う仕事がある」というだけだから。

 

冷静に考えてみてください。

「たった1社をすぐ辞めたくなった=ダメ人間」って、おかしいですよね。

  • たった1回お菓子作りに失敗しただけで「僕にお菓子は作れない」と思う。
  • たった1打席を三振しただけで「僕には野球の才能がない」と思う。
  • たった1問、算数の問題を間違えただけで「僕は算数は向いてない」と思う。

みたいなのと一緒なので、いくらなんでも短絡的すぎます。

 

日本には400万社以上も会社があるのに、たった1社が合わないだけで「僕はダメ人間」ってのも変ですよね。

結論、あなたはダメ人間じゃないし、シンプルに今の会社が合わなかっただけです。

まったく落ち込むことじゃありません。

【体験談】郵便局でダメダメだった僕はWebライターでうまくいった

冒頭でもお伝えしましたが、僕は郵便局を半年で辞めたくなりました。

その後5回転職しまして、現在はフリーランスのWebライターをやってます。

 

この仕事は向いてました。※年収750万円くらい。

苦労することもたくさんありますが、もう7年以上やってます。

仕事自体が好きなので、もう600日以上も無休で働いてます。

仕事=趣味ですね。

 

結論、郵便局はダメダメでしたが、Webライターはうまくいった感じ。

こんな感じでして、あなたも今の会社が合わないだけで、他に合う仕事がありますよ。

 

あなたに合う仕事に向けて、行動あるのみです。

ちなみに、あなたに合う仕事に転職する手順は、転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】にまとめてます。

転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】

まとめ【転職に失敗して半年で辞めたいのは問題ない。転職活動しよう】

まとめ【転職に失敗して半年で辞めたいのは問題ない。転職活動しよう】

てことで、半年で辞めたくなるのは問題ないことなので、本気で辞めたいならさっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと、いつまでたっても今の会社から抜け出せないので。

 

求人って流動的なので、あなたに合う求人が来週にはなくなってることもあります。

社歴が短くても転職できたはずの「あなたに合う会社」に、転職できない機会損失。

 

行動すべきは今日からでして、本気なら今日から転職活動を始めてみましょう。

「明日でいいや」だとたぶん明日もやらないので、今の会社で人生を浪費します。

 

想像してみてください。

あなたが今の会社を抜け出して、新天地で安定して楽しく働く姿を。

今日から行動すればそういう未来になるので、今日からできることをやってみてください。

 

具体的にやることは下記のとおり。

  1. 在職中に転職活動を始める
  2. 今の会社を選んだ反省と学んだことを伝える
  3. どうせ辞めるので最後に1回だけ頑張ってみる
  4. 手に職をつけちゃう

 

次の転職に失敗しないコツは、転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】にまとめてます。

また、あなたに合う仕事に転職する手順は、転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】をどうぞ。

 

あとは行動あるのみ。

あなたは決してダメ人間じゃないので、今日から行動すれば安定して働ける人生になりますよd( ̄  ̄)