転職の志望動機がないのは条件で選んでるから【選び直した方がいい】

転職の志望動機がないのは条件で選んでるから【選び直した方がいい】

転職の志望動機がない…

どんなに考えても出てこないんだよね。

本音は給料とか休みが理由なんだけど、それを履歴書に書くわけにもいかないし…

 

志望動機の作り方を知りたいな。

できたら、誰か代わりに志望動機を考えてほしい…

こういった悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 志望動機がない理由がわかる
  • 志望動機の作り方がわかる
  • 志望動機がないなら企業選びからやり直した方がいい

 

僕、佐藤誠一は元公務員です。

公務員の採用面接で、志望動機がなくて困った経験があります。

 

結局、テキトーな嘘の志望動機をでっち上げて採用されたのですが、1年半で辞めてます。

理由は「志望動機がなかったから」でして、ようは仕事にやりがいを感じなかったんですよね。

 

結論、志望動機がないなら、企業選びからやり直した方が良いですよ。

例え採用されても、辞めることになっちゃうので。

 

ちなみに、現在の僕はフリーランスのWebライターで、4人のライターさんに手伝ってもらっています。

つまり、人を採用する側です。

 

人を採用する側になるとわかるのですが、

志望動機がない人は絶対に採用しません。

なぜなら、やる気が感じないから。

 

この記事では、志望動機がない経験をしたり、今は人を採用する側になってる僕が書いたので、けっこう信ぴょう性があるかと。

志望動機の作り方も解説するので、転職活動の参考にどうぞ。

転職の志望動機がないのは条件で選んでるから

転職の志望動機がないのは条件で選んでるから

結論、志望動機がない理由は、条件で会社を選んでるからです。

ここでいう条件とは、下記のとおり。

  • 給料
  • 休み
  • 福利厚生
  • 安定性
  • 通勤距離

ようは、仕事自体に興味をもってないから、志望動機がないんです。

【体験談】公務員の採用面接で志望動機がなくて困った

冒頭でもお伝えしましたが、僕は公務員の採用面接で、志望動機がなくて困りました。

どんなに考えても、志望動機が出てこなかったんです。

 

本音の志望動機は「安定してるから」だったんですが、それを言うわけにもいかないですからね。

結局、条件で応募先を選ぶと志望動機で苦労します。

転職の志望動機がないときの志望動機の作り方【履歴書かけます】

転職の志望動機がないときの志望動機の作り方【履歴書かけます】

とはいっても、志望動機を用意しないといけない。

どうやって作ればいい?

志望動機を作るには、条件以外で興味ある企業を探せばいいだけ。

 

最初のきっかけは、

  • 事業内容がおもしろそう
  • 自分の過去の経験を活かせそう
  • 社長に興味をもった

そんな理由でOKです。

【最強のコツ】企業探しでは条件を見ないこと

応募する企業を探すときは、

  • 給料
  • 休み
  • 福利厚生
  • 通勤距離

などの条件面は見ないのがコツ。

なぜなら、条件に惹かれて志望動機を作れなくなるから。

 

具体的に見るポイントは下記のとおり。

  • 事業内容
  • 業務内容

つまり「どんな仕事をするのか」だけに注目すればOK。

 

仕事自体に興味をもてば、自然と志望動機は見えてきます。

条件面を見るのは、志望動機ができた後です。

志望動機を文章化して履歴書に書く方法

ぼんやりした志望動機を、履歴書に書けるくらい具体的にするには、

  • 事業内容や業務内容で興味をもった点
  • あなたが活かせるスキル

この2つの合致点を探せばOKです。

 

志望動機の文章の型は下記のとおり。

御社の◯◯事業にとても興味を持ちました。

なぜなら◯◯は、私が以前から□□□の理由で取り組んできたことだからです。

◯◯に関しては、前職で△△△のような実績があるので、御社に役立てると思います。

今まで培ってきた経験を活かして、御社に貢献したいです。

 

こんな感じで明文化してみてください。

 

志望動機の詳しい書き方は、【例文つき】転職の志望動機の書き方【未経験者も楽に書く2つのコツ】にまとめたのでどうぞ。

例文あるんで、パクってもらってOKです。

【例文つき】転職の志望動機の書き方【未経験者も楽に書く2つのコツ】

NGの志望動機

ちなみに、下記のような志望動機はNGです。

  • 企業理念に共感した
  • 世の中の役に立ちたい
  • 御社が好きだから

理由は、漠然としてるし、どの企業でも使いまわせるから。

入社意欲を感じないのでダメです。

 

上記の志望動機の書き方を参考に、具体的にしましょう。

志望動機がないなら転職先候補を選びなおした方がいい【辞めます】

志望動機がないなら転職先候補を選びなおした方がいい【辞めます】

どうしても志望動機がない人

う~ん、それでもどうしても志望動機がわからない…

という人は、悪いこと言わないので、また応募企業選びからやり直した方がいいです。

なぜなら志望動機がないと、仮に転職できても辞めちゃうからです。

【悲報】志望動機がない=やりがいがない

冒頭でもお伝えしたとおり、僕はウソの志望動機をでっち上げて公務員に採用されました。

しかし、わずか1年半で辞めてます。

理由は、仕事にやりがいを感じなかったから。

 

そりゃそうですよね、真の志望動機が「安定してるから」であって、仕事自体にはまったく興味がなかったんですから。

いざ仕事を始めると安定性なんてどうでも良くて、毎日の仕事が辛いだけでした。

 

土日のために生きるようになって、日曜日のサザエさんで憂鬱になって…

こんなことがしたかったんだっけ…?

と人生に迷いました。

 

結局また転職活動しないといけないし、転職回数が増えて不利になるし、あんまりいいことないですよ。

【コツ】仕事自体に興味をもってみる【仕事=我慢じゃない】

条件だけでなく、仕事自体に興味をもってみると良いかと。

条件だけで転職先を選ぶ人は「仕事=我慢」だと思いがち。

でも、仕事自体を楽しむこともできます。

 

事実、現在の僕はフリーランスのWebライターですが、仕事を楽しんでます。

その証拠に、毎日仕事をしても飽きないくらいです。

 

  1. 我慢して給料をもらう
  2. 楽しめる仕事をして給料をもらう

なら、どっちがいいですか?

 

「楽しめる仕事をして給料をもらう」が良いなら、条件だけでなく、仕事内容で転職先を選びましょう。

きちんと仕事や会社を選べば、あなたが楽しめる仕事は見つかりますよ。

プロに相談して合う企業と志望動機も作ってもらう

う~ん、でも自分がどんな仕事に興味あるかもわからない…

結果、志望動機もわからない…

という人は、最後の手段としてキャリアカウンセラーに相談してみましょう。

転職のプロなので、あなたが楽しめる仕事を教えてくれるから。

 

具体的には下記を無料でやってくれます。

  1. まずはあなたのヒアリング
  2. あなたに合う仕事・会社を紹介
  3. 応募企業ごとに、内定が出やすい志望動機も考えてくれる

本来は自分でやるべきことですが、どうしても難しいならキャリアカウンセラーを頼るとです。

キャリアカウンセラーは転職エージェントに在籍してるので、相談すればOK。

 

信頼できる転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

どうしても志望動機がわからないときは、相談すれば大丈夫。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

まとめ【転職の志望動機がないなら条件で選ぶのを辞める】

まとめ【転職の志望動機がないなら条件で選ぶのを辞める】

この記事をまとめます。

  • 志望動機がない原因は、条件で転職先を選んでるから
  • 志望動機を作るには、企業分析して興味ある企業を探せばいいだけ
  • 最強のコツは、条件を見ないで転職先候補を選ぶこと
  • 志望動機がないと仕事にやりがいをもてず、辞めてしまう可能性大
  • どうしても志望動機がないなら、キャリアカウンセラーに作ってもらう

というわけで、さっそく志望動機を作ってみましょう。

 

どうしても思いつかないなら、もう一度応募する企業から選び直しましょう。

志望動機がないのに採用されても、仕事にやりがいをもてず辞めるリスク高いですよ。

 

どんなに考えても志望動機がないときは、仕方ないのでプロのキャリアカウンセラーに頼りましょう。

信頼できるキャリアカウンセラー(転職エージェント)は、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

あなたの志望動機作りの参考になればうれしいです。